オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Logitech G,「PRO Wireless Gaming Mouse」を発表。第2世代のHEROセンサー採用ワイヤレスマウスは重量わずか80gを実現
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/21 18:51

ニュース

Logitech G,「PRO Wireless Gaming Mouse」を発表。第2世代のHEROセンサー採用ワイヤレスマウスは重量わずか80gを実現

 北米時間2018年8月21日,Logitech International(日本ではロジクール)のゲーマー向け製品ブランドであるLogitech G(日本ではLogicool G)は,新作となる左右対称形状のワイヤレスマウス「PRO Wireless Gaming Mouse」(以下,PRO Wireless)を発表した。

PRO Wireless。50を超える数のプロゲーマーと協力して,2年の歳月をかけて開発したという
Logitech G/Logicool G

 Logitech独自の光学センサー「HERO」,その第2世代モデルとなる「HERO 16K」を搭載する初のマウスは,HEROセンサー搭載のマウスとして初めてワイヤレス給電技術「POWERPLAY」に対応し,さらにバッテリー込み約80gという驚異の軽さを実現したのが特徴だ。

Logitech G/Logicool G
 80gという重量の実現にあたってLogitech Gは,1mmという薄壁構造の実現と,それを支えるユニークな骨格設計を行ったという。
 実際,その見た目や,約63.5(W)×125(D)×40(H)mmという公称サイズは,PROシリーズのワイヤード版マウスである現行製品「PRO Gaming Mouse」とは異なるっており,「軽量化のために設計をやり直した」というストーリーからはむしろ,世界初の「LIGHTSPEED」ワイヤレス技術採用マウスとなった「G900 Chaos Spectrum Professional Grade Wired/Wireless Gaming Mouse」(以下,G900)的な臭いも感じられる。
 税別149.99ドルという価格設定的にも,Pro Gaming Mouseのワイヤレス版というよりは,G900系のPRO版と見たほうがいいのかもしれない。

PRO Wirelessの分解イメージ。スクロールホイールの“肉抜き”1つとっても,G900系に近い雰囲気だ。なおCGで黄色く見えるのはリチウムポリマーバッテリーとのこと
Logitech G/Logicool G

Logitech Gaming Softwareのスクリーンショット。G900やG903と同様に,サイドボタンは使うところを指定できる
Logitech G/Logicool G
 ちなみにPRO Wirelessは,G900やその後継製品である「G903 LIGHTSPEED Wireless Gaming Mouse」(以下,G903)と同じように,左右に2個ずつあるサイドボタンのうち,使うものだけを選んで,使わないボタンは外してカバーに換装できるようになっている。
 たとえば右手で持つ場合,激しいゲームプレイ中に薬指や小指側のサイドボタンを押すことはまずないのだから,物理的に無効化してしまいましょうというわけだ。このあたりも“G900系感”の強化につながっている印象はある。

 さて,そんな筐体に新しく搭載されるHERO 16Kセンサーは,第1世代のHEROセンサーと比べて,セットになるレンズが完全に新しくなり,トラッキングアルゴリズムもアップデートすることで,設定可能なDPI全域において正確なトラッキングを実現できたという。

HEROセンサーのイメージCG
Logitech G/Logicool G

 公称スペックを見ると,最大トラッキング速度が400 IPS,最大加速度が40Gというのは変わっていないが,設定できるトラッキング解像度はHEROの200〜12000 DPIからPRO Wirelessで100〜16000 DPIになっていた。なので,「安定した動作の期待できるDPIレンジ」が従来よりも広がったという理解でいいのではないだろうか。

 一方,HEROセンサーでは,G900などPixArt Imaging製センサーを搭載するマウスの一部で利用可能な「リフトオフディスタンスを最適化するためのサーフェスキャリブレーション機能」を利用できない制限があった。その点で何か変化はあるかだが,HERO 16Kで対応とは謳われていないので,少なくとも現時点だと「新たに対応した」と期待するのは難しそうだ。

USBワイヤレスレシーバーと,それをしまっておけるスペースの蓋
Logitech G/Logicool G
 冒頭でPOWERPLAY対応という話をしたが,このあたりの仕様は既存のPOWERPLAY対応マウスと完全に同じ。本体底面にある円形のUSBワイヤレスレシーバー保管部カバーを外し,別途購入した「POWERPLAY Wireless Charging System」(以下,POWERPLAY WCS)に付属する充電モジュール「POWERCORE」をPRO Wirelessへ取り付ければ,POWERPLAY WCS上で使う限り,PRO Wirelessでバッテリー切れを心配する必要はなくなる。

こちらは本体底面。下に見えるのが本文で触れている蓋だ。HERO 16Kセンサーに向かって右のスライドスイッチは電源オン/オフ切り換えで,センサーを挟んで反対側にあるボタンはDPI切り替え用となる
Logitech G/Logicool G


ワイヤード版PRO Gaming Mouseも第2世代HEROセンサーを搭載


 北米市場では2016年8月,日本市場では2017年3月に発売となっていたワイヤード版PRO Gaming Mouseも,PRO Wirelessに合わせてマイナーチェンジが入った。筐体デザインは従来そのままに,センサーを第2世代HEROへ入れ替えてきたのだ。

新しくなったPRO Gaming Mouse。見た目は初代モデルと変わっていない
Logitech G/Logicool G

PRO with HEROの底面
Logitech G/Logicool G
 第2世代のPRO Gaming MouseをLogitech Gは「PRO Gaming Mouse with HERO sensor」や「PRO Gaming Mouse with HERO 16K」と呼んで区別しているため,本稿では以下「PRO with HERO」と表記するが,センサーのスペックがPRO Wirelessと同等になったのを除けば,ケーブル抜きの本体重量が83gである点も含め,仕様は従来同様という理解でよさそうである。

 2製品のスペックは下にまとめておくので,参考にしてほしい。
 現在のところロジクールはこれといった動きを見せていないが,今回は北米市場における発表から間をおかず出してくれるのかどうか。期待しながら続報を待ちたいところだ。

●PRO Wirelessの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤレスタイプ
  • 搭載センサー:「HERO 16K」
  • ボタン:左右メイン,センタークリック付きスクロールホイール,左サイド×2,右サイド×2(※左右メインボタン用には5000万回の押下に耐えるスイッチと「Mechanical Button Tensioning System」搭載)
  • トラッキング速度:最大400IPS
  • 最大加速度:40G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜16000 DPI
  • USBレポートレート(ポーリングレート):1000Hz
  • オンボードフラッシュメモリ:搭載(※最大5プロファイルを登録可能)
  • データ転送フォーマット:16bit/axis
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • LEDイルミネーション:搭載(※LIGHTSYNC RGB対応)
  • 公称最大バッテリー駆動時間:48時間(※LED点灯時),60時間(※LED消灯時)
  • 公称本体サイズ:約63.5(W)×125(D)×40(H)mm
  • 公称本体重量:80g(※バッテリー込み)
  • マウスソール素材:未公開
  • ケーブル長:1.8m(※USBレシーバの延長用ケーブル付属)
  • 対応OS:Windows 7以降,macOS 10.11以降,Chrome OS
  • 発売予定時期:2018年8月
  • 北米市場におけるメーカー想定売価:149.99ドル(税別)
  • 保証期間:2年間

●PRO with HEROの主なスペック
  • 基本仕様:光学センサー搭載ワイヤードタイプ
  • 搭載センサー:「HERO 16K」
  • ボタン:左右メイン,センタークリック付きスクロールホイール,スクロールホイール隣接×1,左サイド×2(※左右メインボタン用には5000万回の押下に耐えるスイッチと「Mechanical Button Tensioning System」搭載)
  • トラッキング速度:最大400IPS
  • 最大加速度:40G
  • フレームレート:未公開
  • 画像処理能力:未公開
  • トラッキング解像度:100〜16000 DPI
  • USBレポートレート(ポーリングレート):1000Hz
  • オンボードフラッシュメモリ:搭載(※最大5プロファイルを登録可能)
  • データ転送フォーマット:16bit/axis
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • LEDイルミネーション:搭載(※LIGHTSYNC RGB対応)
  • 公称本体サイズ:約62.15(W)×116.6(D)×38.2(H)mm
  • 公称本体重量:83g(※ケーブル含まず)
  • マウスソール素材:PTFE
  • ケーブル長:2.1m
  • 対応OS:Windows 7以降,macOS 10.11以降,Chrome OS
  • 発売予定時期:2018年8月
  • 北米市場におけるメーカー想定売価:69.99ドル(税別)
  • 保証期間:2年間

Logitech GのPRO Wireless製品情報ページ(英語)

Logitech GのPRO with HERO製品情報ページ(英語)

Logitech Gによるプレスリリース(英語)

  • 関連タイトル:

    Logitech G/Logicool G

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
注目記事
「黒い砂漠MOBILE」,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装。クイズに正解すると報酬が手に入る「GMのクイズ」イベントも開催中

 Pearl Abyssは本日(2019年6月20日),サービス中のスマホ向けRPG「黒い砂漠MOBILE」で,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装することを発表した。これを記念して,ゲーム内では特別な「GMのクイズ」イベントの開催ほか,新コンテンツや新地域追加を含むアップデートも実施されている。[2019/06/20]

プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月19日〜06月20日