オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/10 01:32

イベント

TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ

 12月9日(木)〜12日(日)の4日間,トレーディング・カードゲームの元祖である「マジック:ザ・ギャザリング」世界選手権が,千葉の幕張メッセにて開催されている(入場無料)。
 本来ならば4Gamerとはあまりゆかりのない,アナログゲームのイベントではあるが,日本での世界選手権開催となれば,我が編集部も黙っていられない。世界最高峰のデュエルが繰り広げられ,関連したさまざまな催しが盛りだくさんの本大会を,会場風景と共にお伝えしていこう。

会場外で出迎えてくれる巨大なバナー

「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイト

「マジック:ザ・ギャザリング」公式イベントカバレージ(試合結果速報)



これが「マジック」の今だ!


※「マジック:ザ・ギャザリング」の知識はバッチリ! という方はここを読み飛ばして下に進んでください。

日本マジック界の生き字引きとまで言われる,ウィザーズ・オブ・ザ・コースト日本支部代表の真木孝一郎氏。「普通の写真にしてほしい」と頼んでも撮らせてくれなかったので,これで載せてしまおう
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
 世界初のトレーディング・カードゲームである「マジック:ザ・ギャザリング」(以下,マジック)は,1993年にアメリカで生まれ,現在では9つの言語に翻訳されて世界60か国,約500万人に遊ばれている。

 数あるカードゲームの中でも,世界規模の賞金制トーナメントが定期的に開催されるというのがマジックの特徴で,世界中の大会をめぐって賞金などで生活している「プロプレイヤー」も存在する。
 そして日本人プレイヤー達も,今や世界最強の一角を占めるようになっている。

 ゲームの遊び方(フォーマット)は,大きく分けて「構築」「リミテッド」の2種類。
 「構築」はあらかじめ自分で作ったデッキを持ち寄って戦うが,「リミテッド」は対戦時に新品のパックを開け,出てきたカードでデッキを作る。
 また「構築戦」の中にも分類があり,使えるカードの種類がどれだけ多いかによって,「スタンダード」「エクステンデッド」「レガシー」「ヴィンテージ」と分けられる。
 一方「リミテッド」は,パックを開けてそのままデッキを作る「シールド」と,8人でパックを順に回しながら,1枚ずつ選んでカードを取っていく「ブースタードラフト」の2種類が主にプレイされる。

カードゲームのイベントお約束のカードショップも,そこかしこに。どのショップも,真剣な目をしたマジックプレイヤーの人だかりで埋もれている。カードゲームを遊ばない人こそ,写真に写っているカードの値段に注目だ
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ


世界の50か国以上から「マジック」プレイヤーが集合


選手団の最後に入場したのは,日本チャンピオンの森 勝洋(もり・かつひろ)氏
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
 毎年末におこなわれるマジック世界選手権。今年は世界の50か国以上から招待された352人のプレイヤーが,幕張メッセに集まった。
 この本戦に招待されるのは,国別選手権の代表3名のほか,過去のトーナメントの成績を総合して決められるランキングの上位者に限られる。
 世界の強豪に混じって日本人プレイヤーも42名参加しており,地元の利を生かしての活躍に期待がかかる。

 初日9日に行われた開会式では,各国代表が旗を持って行進した後,2010年のマジック・イベントを映像と共に振り返った。
 世界選手権を制して,2010年におこなわれた18回のグランプリ,3回のプロツアー,50回以上の国別選手権の頂点に立つのははたして誰だろうか?


前日12月8日の夜から前夜祭が行われていた世界選手権。誰もいないかのように見える幕張メッセも……
会場の中に入ると,この熱気。マジックの世界的人気を表すかのような,人種のるつぼだ
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ


世界に挑む日本代表プレイヤー達


 今年の日本代表の顔ぶれをご紹介しよう。夏におこなわれた日本選手権を勝ち抜いたのは,この3名だ。

TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
森 勝洋(もり・かつひろ)氏
2005年の世界選手権で優勝経験があるほか,数えきれないほどの戦績を誇る天才系プレイヤー
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
池田 剛(いけだ・つよし)氏
マジック黎明期から第一線で戦い続けており,現在はカードショップのオーナーとして全国に4店舗をかまえる
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
田籠 渉(たごもり・しょう)氏
日本選手権で彗星のように現れたプレイヤー。父親でもあり,なんと今日が息子さんの誕生日だとか

 彼ら3名の個人戦の成績と,チーム戦でおこなわれる国別代表戦の成績を合計して,上位の2チームのみが最終日の決勝戦に進むことができる。つまり日本代表の3名は,ほかの日本人プレイヤー達と違ってチーム戦も戦わなくてはならず,かなりの長丁場となるのだ。
 日本チームは2005年にチーム優勝をなしとげており,毎年好成績を残しているので,今年も是非とも頑張ってほしい。


3日に渡る世界選手権,まずは本戦をチェック


TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
 世界選手権は,3日間毎日違うフォーマットで全18回戦にわたる激闘をおこなった末,総合成績の上位8名のみが最終日の決勝ラウンドに進めるという形式でおこなわれる。決勝ラウンドに進んだ後は,勝ち抜きによるトーナメントで優勝が争われることになるのだ。

 初日9日のフォーマットは,もっとも一般的な「スタンダード構築戦」だ。
 ちなみに,現在の環境で一番強いといわれているデッキは「赤緑ヴァラクート」というもので,高速でマナを展開し,《溶鉄の尖峰,ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle(ZEN)》という土地カードと,巨大クリーチャーを使って一気に勝負をかける。

 最強デッキといわれるだけに,今大会でもこれを使用しているプレイヤーが多かったが,これに対抗するさまざまなデッキもしのぎを削っており,対抗馬として有力な青黒もしくは青白コントロール系デッキが上位に多く勝ち残った。

 この日の日本人プレイヤーは,6戦全勝のプレイヤーはおらず,5勝1敗のラインに4人という結果になった。

トッププレイヤーの戦いを見ようと,フィーチャーマッチ・エリアに観客がつめかける


まさに「マジック」尽くしの会場風景


 会場では世界選手権本戦以外にも,さまざまな併催イベントが開催されている。
 本戦には招待されたプレイヤーしか出られないが,以下に紹介する併催イベントには誰でも参加可能で,海外からの来場者も多く賑わっている。
 どんなイベントが行われているのか,見てまわることにしよう。

見物人や時間の空いた選手は,めいめい思い思いに過ごす……のだが,さすがマジックの世界選手権。試合以外のことをしている人はほとんどいない
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ


スクウェア・エニックスが「ロード オブ ヴァーミリオン2」を出展


 会場に入ってすぐのところでは,マジックとのコラボカードが登場していることで知られているスクウェア・エニックスのアーケードTCG「ロード オブ ヴァーミリオン2」の体験プレイブースを発見。
 《ニコル・ボーラス》,《シヴ山のドラゴン》,《セラの天使》など,マジックのクリーチャー達を使って体験プレイができ,外国人プレイヤーが「俺はニコル・ボーラスだぜ!」などといいながら喜んでプレイしていた。

マジックの生みの親,リチャード・ガーフィールド博士(右から2人目)とその息子さんも「ロード オブ ヴァーミリオン2」に夢中
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
見慣れたマジックのクリーチャーが3Dモデルになって動く様子に,本国アメリカのスタッフらも興味津々
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ


古いプレイヤーにはおなじみの《ネクロポーテンス》イラストにサインを入れるマーク・テディン氏ほか,計4名が来場
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ

アーティストサイン会


 お気に入りのカードにサインを入れてもらえるほか,大きなプリントや原画を購入することもできるイラストレーターサイン会には,長い行列ができていた。


レガシー・トーナメント


 副賞としてプレミアイベントでの特典が得られる併催イベントも,ひっきりなしにおこなわれている。
 たとえばこのレガシーによる大会は「グランプリどこでもトライアル」というもの。上位入賞者には,来年おこなわれるグランプリ(だれでも参加可能な大規模大会)のうちいずれかで,不戦勝を得る権利が与えられる。

 ちなみに,最近日本で非常に人気があるフォーマットが,この「レガシー」だ。
エクステンデッドよりも使えるカードプールが広く,古くからのプレイヤーになじみ深いデッキが活躍している。

豪華賞品をかけたトーナメントも多数開催。例えばこれ(写真右)は,日本限定発売の商品「デュエルデッキ ジェイスVSチャンドラ」の,裁断前の箔押しカードというレアアイテム
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ


TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
そのほかのブースも写真で紹介。こちらは「チャンピオン・チャレンジ」。マジックの開発元である,ウィザーズ・オブ・ザ・コーストの開発スタッフ達と対戦できるコーナー。勝つと賞品ももらえる
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
「ディーラーブース」コーナー。世界のカードショップが集まるゾーンには,うなりをあげるほどのカードまたカードが。円高の今なら貴重なカードを安く手に入れられるチャンス!?

マジックのネット対戦ができるPCゲーム「Magic:The Gathering Online」を使った大会風景。厳しい予選を突破した16人が参加する同作の世界選手権が,今会期中に同時におこなわれている。日本人プレイヤーも2名参加
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ

会場にはもちろん「アーティスト」(マジックのカードのイラストを描いている人)も来ているが,そんな中で異彩を放っているのがこのシャドーアート。同じカードを,隙間を空けて何枚も重ねて絵を切り出して,立体に見せているものだ。今回の会場でも,マジックのシャドーアートの始祖である大久保成士郎氏(写真左)と,山本祐輔氏(写真右)が陣取っている。「(版権上の理由で)販売はできないので,ぜひトレードをお願いします(笑)」とのこと
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ

真木孝一郎氏の司会による「マジッククイズ大会」。合間にはこういうイベントも多く行われる。写真のプレイヤーは,なんと札幌からわざわざこの日のために! じゃんけんに勝ち残れてよかったですね


12月10日以降の見どころは……


 本戦は12月10日がブースター・ドラフト,12月11日がエクステンデッドでますますヒートアップするほか,ユニークな併催イベントもどんどん続く。とくに土曜日の夜は,観客に巨大なカードを持たせておこなうエキシビジョン・マッチ「人間マジック」が注目の的だ。そして日曜日の決勝ラウンドは,世界最高峰の戦いが日本語解説つきの大画面で中継される。

 朝から晩までマジック三昧のこの祭典,最近カードゲームはちょっとご無沙汰気味という人も,この機会にぜひご来場あれ!

夜中だというのに国別対抗戦に明け暮れるプレイヤー達。知らない人にとっては「たかが」カードゲームだが,世界最大規模のカードゲームともなると,ルールも,それに伴うジャッジも厳密だ。世界50か国以上から集まった選手は,3人一組で,自国の国旗を立てて戦う。もはやどこの国のイベントなのかさえも分からない風景だ
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ
TCG「マジック:ザ・ギャザリング」の世界選手権が幕張メッセにて開幕。世界最高峰のデュエルをしかと見よ

「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイト

「マジック:ザ・ギャザリング」公式イベントカバレージ(試合結果速報)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月