オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/05 16:56

ニュース

ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

 ドイツ時間2019年9月4日,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)は,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場に向けて発表した。既報(関連記事)のとおり,ASUSは7月に同製品のプレビューを行い,中国国内では中国IT大手Tencentの子会社であるTencent Gamesを通じて,販売も始まった。発表後24時間以内に200万件の予約があり,販売開始から73秒で1万台以上が売れたと,ASUSはアピールしている。

ROG Phone II。7月のプレビューイベントではタイトルだけが発表された,「ROCKMAN X DiVE」がプレイアブルになっていた
画像(001)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

 今回発表となったのは欧州向けの価格と発売時期で,標準モデルは容量12GBのメインメモリと,容量512GBのストレージを搭載して899ユーロ(税込,約10万5800円)となる。同日より予約受け付けを開始しており,出荷は9月20日の予定だ。

ヨーロッパ地域では税込899ユーロで,9月20日から出荷の予定。単純に日本円に置き換えると,税込10万5800円程度といったところだが,国内価格はどうなるか
画像(002)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

中国市場では,Tencent Gamesを通じて販売されている。中国でも7月末に独自の発表会を開催,同時に予約を開始したが,開始から73秒で1万台以上を売り上げたという
画像(003)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

ROG Phone IIのスペックをおさらいすると,SoC(System-on-a-Chip)にQualcomm製のハイエンド市場向けである「Snapdragon 855 Plus」を採用。ディスプレイパネルは,リフレッシュレート120Hz,応答速度1ms,HDRに対応する有機ELパネルで,6000mAhのバッテリを搭載する。

画像(004)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場
ROG Phone IIの主なスペック
画像(005)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場
120Hz表示対応の有機ELパネルは,タッチ入力が処理されるまでの遅延時間が49msとのこと

画像(006)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場
ASUS独自のゲームモード「Armoury Crate」を搭載。CPUの動作クロックやタッチのレイテンシなど,ゲームタイトルごとにプレイ時の各種設定を保存しておける
画像(007)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場
ASUSによると,100タイトル以上のゲームが,120Hz表示と専用ゲームパッド「ROG Kunai GamePad」に対応するという


通信機能とストレージを強化した上位モデル
「Ultimate Edition」をラインナップ


 今回のイベントでASUSは,LTE Cat.20に対応して,理論上の最高ダウンロード速度が2Gbpsに達するモデム機能を搭載した「ROG Phone II ULTIMATE Edition」の存在も明らかとした。Ultimate Editionは,通信機能の強化に加えて,内蔵ストレージとして標準モデルの2倍となる容量1TBを搭載しているのが,大きな違いだ。Ultimate Editionの価格は,1199ユーロ(税込,約141000円)で,2019年第4四半期の出荷を予定している。

スマートフォンに容量1TBのストレージを内蔵したUltimate Edition。本体カラーはマットブラックを採用する
画像(008)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場


最大リフレッシュレート300Hz対応の液晶パネルを採用したゲーマー向けノートPCを予告


 さて,ROG Phone IIが,120Hz表示に対応した有機ELパネルを採用するように,ゲーマー向け製品において,ディスプレイパネルの高性能化はトレンドとなっている。ゲーマー向けノートPCでも,もはや144Hz表示程度は当たり前で,240Hz表示をアピールする製品も出てきた。そうした状況のなか,ASUSは,最大フレームレートが300Hzに達する17.3インチ液晶パネルを採用するゲーマー向けノートPC「ROG Zephyrus S GX701」(以下,GX701)を2019年10月に世界市場で発売すると予告した。
 ASUSでは,今後も数製品で,300Hz表示対応の液晶パネルを採用したPCを展開する予定であるそうだ。

GX701の液晶パネルは,最大フレームレート300MHz,3msの応答速度に対応する
画像(009)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

GX701の主なスペックを示したスライド。搭載GPUは「GeForce RTX 2080」で,CPUには第9世代Coreプロセッサを採用する
画像(010)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

COMPUTEX TAIPEI 2019でも展示された,240Hz表示対応の17.3インチモバイルディスプレイ「ROG STRIX XG17」。
画像(011)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場


NVIDIAの“ACE”リファレンスデザインを採用するクリエイター向けハイエンドノートPCも発表


 ゲーマー向けではないが,IFA 2019では,さまざまなクリエイティブ用途に向けたハイスペックな製品がトレンドだ。ASUSが今回の目玉の1つとして用意したのがクリエイター向けのノートPC「ProArt StudioBook One」(関連記事)である。

世界初をうたうQuadro RTX 6000搭載ノートPCであるProArt StudioBook One
画像(012)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

 ProArt StudioBook Oneは,ノートPCとして世界で初めて,GPUに「Quadro RTX 6000」を搭載し,容量24GBのグラフィックメモリを備える。特徴的なのは,NVIDIAが“ACE”と呼称するリファレンスデザインの採用だ。
 NVIDIAでは,“ACE”リファレンスデザインにおける重要な要素として,以下のような項目を挙げている。

  • 24GBの高速グラフィックスメモリを備えたTuring世代のGPU
  • チタン製ベイパーチャンバーによる熱冷却ソリューション
  • NVIDIA製のディスクリートGPUとCPUの統合型グラフィックス機能を自動的に切り替える「Enhanced Optimus Technology」
  • 一般的なACアダプタと比べて,半分のサイズを実現した300W ACアダプタ
  • 4K解像度かつ,最大リフレッシュレートが120Hz,Adobe RGBカバー率100%,Pantoneの認証を受けたカラーキャリブレーションを施したディスプレイ

 ProArt StudioBook Oneは,一見すると普通のノートPC製品に見えるが,天板を開けると,ディスプレイ部分の側面が開く構造になっている。インタフェースがディスプレイ側面に並んでいることからも分かるように,CPUやGPUをはじめとするマザーボード部分は,ディスプレイ側に組み込まれており,ボトムケースの中はほとんどバッテリーが占めている。
 ゲーマー向けノートPC「Zephyrus」シリーズでは,筐体底面の後部を浮かせてエアフローを確保する冷却機構である「Active Aerodynamics System」を搭載しているが,ProArt StudioBook Oneではディスプレイ側に開口部ができるわけだ。

「ProArt StudioBook One」。正面からみると一般的なノートブックに見えるが……
画像(013)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

天板を開けた状態では,天板とディスプレイ側の本体側面の間に隙間ができる
画像(014)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

利用時の開口部は,側面に加えて下部も大きく拡がっている。ディスプレイ側にマザーボードが組み込まれているため,インタフェースもこちらに配置されている
画像(015)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

 現時点では,ProArt StudioBook Oneのみだが,将来的にこうした構造がゲーマー向け製品で採用される可能性もあるだろう。

2019年における1つのPCトレンドである「モダンモバイルノートブック」は,Intelが定義した次世代ノートPCのリファンレンス仕様である「Project Athena」に準拠する製品だ。第10世代Coreプロセッサの搭載に加え,Thunderbolt 3,Wi-Fi6(IEEE802.11ax)などの高速転送に対応する。写真のASUSPRO B9は,14インチパネルを搭載し,880gという本体重量を実現しているのが見どころだ
画像(016)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場 画像(017)ASUS,ゲーマー向けスマートフォン「ROG Phone II」を世界市場向けに発表。1TBストレージ搭載の「Ultimate Edition」も登場

ASUSTeK Computer公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Republic of Gamers

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日