オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
86
投稿数:69
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「リーグ・オブ・レジェンド」の国内リーグ「LJL 2018 Spring Split」レポート。開幕戦を制したのは,王者の貫禄を見せつけたPENTAGRAM
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/10 19:18

イベント

「リーグ・オブ・レジェンド」の国内リーグ「LJL 2018 Spring Split」レポート。開幕戦を制したのは,王者の貫禄を見せつけたPENTAGRAM


 2018年2月9日,東京都中野区のRed Bull Gaming Sphere Tokyoで,ライアットゲームズがサービス中のMOBA「リーグ・オブ・レジェンド」(以下,LoL)の国内リーグとなる「LJL 2018 Spring Split」がスタートした。今期から観戦がチケット制(先着順。無料)となり,すべての試合を会場で観戦できるようになったLJL。本稿では,その開幕戦の模様をお伝えしたい。

会場のRed Bull Gaming Sphere Tokyo。JR中野駅の南口から,徒歩3分ほど
リーグ・オブ・レジェンド リーグ・オブ・レジェンド

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト


 「LJL 2018 Spring Split」は毎週金曜日の20:00,土曜日の17:00開始というスケジュールで,10週にわたって試合が行われる。試合形式はBO3(2試合先取制)で,上位3チームがプレイオフに進出する。

観戦するのは50人ほど。初日ということでメディアや関係者が多かったが,今後,観戦できる人数は増える予定とのこと
リーグ・オブ・レジェンド
LJLの実況および解説でおなじみのeyes氏(左)Revol氏(右)

 開幕戦で激突したのは,PENTAGRAM(以下,PGM)とV3 Esports(以下,V3)の2チームだ。PGMは,LJL3連覇中のRampageが名称を変更したチームで,昨シーズンから残留しているのは,Ramune選手YutoriMoyashi選手の2人。今シーズンから,韓国・LMS地域(台湾,香港,マカオ)でプロ経験を持つOnce選手と,中国でのプロ経験を持つGaeng選手を韓国から迎え,さらなる飛躍を目指している。

リーグ・オブ・レジェンド

 対するV3は,LJL CS(Challenger Series)を勝ち上がり,今期からLJLへの参戦を果たした新しいチームだ。ただし,Kaz選手cogcog選手Keymaker選手の3人はいずれもLJL経験者。また,E Hi選手Smile選手の2人は海外からの助っ人であり,今シーズンの台風の目となる可能性は十分にあるチームだ。

リーグ・オブ・レジェンド

 なお,PGMは関係者にルール違反があったため,第1週から第5週までのマッチにおいて,各1ゲームの没収となるペナルティを受けている(経緯については,LJL公式サイトに記事が掲載されている)。

Red Bullのスタジオということで,会場内ではレッドブルが飲み放題
リーグ・オブ・レジェンド
 以上の2チームによって繰り広げられた開幕戦。一試合目は,YutoriMoyashi選手とGaeng選手のコンビがV3のbotレーンをゲーム序盤から圧倒し,その優位を活かしてタワー破壊のプレッシャーをかけ続けたPGMが勝利した。

 二試合目は試合開始後25分までシーソーゲームだったが,相手の陣形の乱れをうまくついたPGMが集団戦に勝利し,バロン・ナッシャーを獲得した。いったん大きな差がついてしまうとV3側になすすべはなく,二試合目もPGMが勝利を収めた。なお,試合ではPGMの2連勝だが,上記のようにペナルティの1敗が加わるため,記録は2-1で勝利を収めたという形になる。

■試合アーカイブ
twitch
https://www.twitch.tv/videos/227219566

openrec
https://www.openrec.tv/live/rLh4OIKLqbX

試合に勝利し,ハイタッチするYutoriMoyashi選手とRamune選手
この日のMVPには,PGMのYutoriMoyashi選手が選ばれた。YutoriMoyashi選手は,チームに新しく加わったOnce選手について「アグレッシブなプレイが得意で,みんなが考えつかないようなスーパープレイをしてくれる」,またGaeng選手に関しては,「うますぎてついていけないことがあるほどなので,自分もこれからもっとうまくならなければいけない」と語った

 こうして,10週にわたる戦いが幕を開けたLJL。処分によって大きなハンデを課せられたPGMだが,初戦に勝利したこともあって選手の表情は明るく,Paz選手からは「ペナルティはとくに気にしておらず,優勝を狙えると思っている」という力強い言葉が飛び出した。

 今回が日本での初めての試合であったOnce選手とGaeng選手は,「1試合目は緊張したが,2試合目からは緊張が解けた」とのこと。日本での生活について聞いたところ,「ゲーミングハウスの練習環境はとてもよく,食事もおいしい。これからは日本語を勉強して,チームに溶け込んでいきたい」と語った。

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日