オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
86
投稿数:69
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会Worlds 2018,DFMはKBMとの再戦で敗北。C9との試合にすべてがかかる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/03 21:26

ニュース

「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会Worlds 2018,DFMはKBMとの再戦で敗北。C9との試合にすべてがかかる

 2018年10月1日から開催されている,PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」(以下,LoL)の世界大会「2018 League of Legends Worlds Championship」(以下,Worlds)。日本代表のDetonatioN FocusMe(以下,DFM)は,1日の試合は1勝1敗という成績で,次のステージへ進めるかどうかが,10月3日の試合結果にかかった。まずはブラジルのKaBuM! e-Sports(以下,KBM)との戦いをレポートしよう。

関連記事

「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「World Championship 2018」初日をレポート。逆転に次ぐ逆転で,DFMは惜しくも1勝1敗

「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「World Championship 2018」初日をレポート。逆転に次ぐ逆転で,DFMは惜しくも1勝1敗

 2018年10月1日,「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「2018 League of Legends Worlds Championship」が開幕した。2018年の世界最強の座をかけて争う本大会で,日本代表のDetonatioN FocusMeの戦果はどうだったのか。Worlds初日に行われた,プレイインステージの模様をレポートしよう。

[2018/10/02 15:00]

日本からDFMの応援にかけつけたファンの姿も
リーグ・オブ・レジェンド

 1日に2敗したため,ここで負けると後がないKBM。DFMとしては,プレイインノックアウトに進むため,絶対に勝ちたい試合だ。
 KBMは1日の試合と同様,まずはカミール,ハイマーディンガー,アーゴットをバン。さらに,1日のKBM戦,Cloud9(以下,C9)戦のどちらもDFMを支えたタム・ケンチを先にピックしてしまう。対するDFMは,グラガス,ソラカ,そしてなんとヴェインをピック。ヴァルスがあいている状況であえてヴェインという予想外の選択に,会場から歓声が上がる。
 後半のバンでは,ジグス,そして1日の試合でEvi選手が大活躍を見せたオーンを封じ,KBMは徹底的に得意チャンプを使わせない方針で攻める。そこでDFMがピックしたのは,サイオンとシンドラだ。
 KBMの構成は,エイトロックス,スカーナー,アジール,ヴェル=コズ,タム・ケンチ。勝敗の鍵を握るのは,Botレーンの攻防だろう。メイジのヴェル=コズがDFMを押さえ込むのか,それともヴェインが育ち切ってKBMを破るのか,戦いの火蓋が切られた。

リーグ・オブ・レジェンド
リーグ・オブ・レジェンド

 試合序盤は,1日の試合と同様に,Jungle・Ranger選手の活躍により,KBMに有利な状況となる。トップでエイトロックスと共にサイオンからファーストブラッドを奪い,さらにグラガスとサイオンがエイトロックスへのタワーダイブを試みたタイミングで,きっちりカバーに入って再度サイオンをキル。お次はBotレーンに顔を出し,ヴェインのキルをヴェル=コズに譲るなど,大活躍を見せる。

序盤から終盤まで素晴らしい働きを見せる,Ranger選手のスカーナー。スカーナーってこんな何もかも強いチャンピオンだったっけ? と錯覚してしまう
リーグ・オブ・レジェンド
ヴェインを倒し,レーンをプッシュするヴェル=コズだったが,viviD選手のソラカが謎の火力を出し始末してしまう。これには会場も,カメラに映された別室で観戦しているKBM関係者も「え?」という反応
リーグ・オブ・レジェンド
Steal選手もTopに顔を出し,サイオンと共にエイトロックスを撃破。KBMに食らいつく
リーグ・オブ・レジェンド

 さらに試合開始から14分過ぎ,Bot側の川でグラガスを見つけたスカーナーは,フラッシュでスキルを回避して猛追。そこにCeros選手のシンドラがカバーに入るものの,dyNquedo選手のアジールによるUltで2人まとめて弾き飛ばされ,一緒にキルされてしまう。
 DFMは,そのままドラゴンを取られ,BotとTopのタワーを取られ,さらにはリフトヘラルドとMidのタワーも取られと,一気にオブジェクト差もつけられてしまう。そこから2連続で,Botレーンをスプリットプッシュするエイトロックスを,サイオンとヴェインで対処し,ヴェインにゴールドを集めることに成功するものの,チームのゴールドは約7000もの差になっていた。集団戦でどれだけヴェインが動けるかに,勝敗が掛かる。

リーグ・オブ・レジェンド
リーグ・オブ・レジェンド

 試合が盛り上がったのは23分を過ぎたあたりだ。バロン付近での小競り合いからDFMがダメージを負い,これをチャンスと見たKBMはバロンに攻撃を始める。ただでさえ,オブジェクトも,ゴールドも,レベルも差のある状況で,バロンまで取られてしまっては,DFMの勝ち目はここで潰されてしまうことだろう。この絶体絶命のピンチに,今試合で苦戦していたSteal選手のグラガスが,腹を揺らしながらバロンピットに執念の突進を仕掛ける。そしてなんと,1日の試合のYutapon選手に続いて,バロンスティールを成功させてしまったのだ。これには実況も「Stealのスティールだーーー!!」とナイスなコメント。会場のディスプレイには,ドヤ顔を決めるSteal選手が映し出された(筆者は興奮のあまり写真を撮り損ねた)。

リーグ・オブ・レジェンド

 しかしながら,それまでについた差が大きく,DFMはバロンバフを生かせずに追い詰められていく。集団戦も,横から入ってきたZantins選手のエイトロックスにヴェインを襲われ,仕事をさせてもらえず敗走してしまう。
 そのままインヒビターを1つ,2つと破壊され,次のバロンも取られて,序盤から終盤までKBMがリードを保ったまま,DFMの敗北という結果で試合終了となった。

 果たして,DFMはプレイインノックアウトに進めるのか。3日の最後に行われる,C9との試合に注目だ。

リーグ・オブ・レジェンド

「League of Legends Japan League(LJL)」公式サイト

「League of Legends Japan League」公式Twitchチャンネル

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月