オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
87
投稿数:70
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/11 21:00

ニュース

「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

 Riot Gamesは本日(2018年12月11日),PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会「World Championship 2018」の視聴者数に関する公式データを発表した。
 発表によると,韓国・仁川で行われたWorld Championship Finalにおける放送のユニークビューワー数(※)は9960万人を記録し,また,同時視聴者数は4400万人,平均視聴者数は1960万人/分を記録したという。なお,昨年の同大会のユニークビューワー数(重複なしの視聴者数)は8000万人だったので,1年間で25%ほど視聴者数が増加したこととなる。

画像(002)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

 そのほかに発表では,参加チームとプレイヤーに関する情報や賞金総額,大会で使用されたチャンピオンなどの詳細な情報などが公開されている。発表情報は,以下のリリース文にまとめられているので,こちらにも目を通してほしい。

画像(005)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


リーグ・オブ・レジェンド
2018 World Championship 公式データ発表
Finalのユニークビューワー数は9,960万人で記録更新!

※以下の内容は、Riot Gamesがグローバル発表したプレスリリースを抄訳したものです。

米・カリフォルニア州ロサンゼルス - Riot Gamesはリーグ・オブ・レジェンド(以下、LoL)の「2018 World Championship」の視聴者数に関する公式データを発表します。本大会は年に一度開催されるLoLの国際大会で、14の地域リーグからトップチームが集い、優勝トロフィーである「サモナーズカップ」を掲げる栄光を目指して競い合うものです。

韓国・インチョン(仁川)で開催された今年の World Championship Final(決勝戦)では、放送のユニークビューワー数(重複なしの視聴者数)が9,960万人、最大同時視聴者数が4,400万人、平均視聴者数/分が1,960万人を記録しました。この平均視聴者数/分(Average minute audience 、AMA)とは、放送するプログラムの任意の1分間における平均視聴者数を示す指標で、従来はメジャースポーツ大会のテレビ視聴率を示す際に使用されてきたものです。(なお昨年のWorld Championshipの最大ユニークビューワー数は8,000万人)

画像(001)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

中国リーグ LPLのInvictus Gamingがヨーロッパリーグ EU LCS(2019年よりLeague European Championship:LEC に改称)のFNATICを破り優勝したFinalでは、用意した23,000席以上が満員となり、会場はファンの熱気に包まれました。また、今大会では北米リーグ NA LCSのCloud9が北米代表チームとして史上初となる準決勝進出を果たしました。

Whalen Rozelle(Riot Games eSports 部門 共同ヘッド)のコメント:
「この8年間、私たちはリーグ・オブ・レジェンドを次の世界的プレミアスポーツとするべく尽力してきました。ここまで国際的な注目を集めることができたのは、各地域レベルと世界レベルの両方で奥深い競技エコシステムを構築するべく取り組んできた成果と言えると思います。私たちは今後も、リーグ・オブ・レジェンドを世界初の“複数世代が楽しめるサステイナブル(持続可能)な eSports”にするという大きな目標に向けて歩みを進めていくつもりです」

eSportのその先へ
今年のWorld Championshipでは、世界中の数百万というファンがMastercard提供のオープニングセレモニーを見守る中、Riot Gamesプロデュースのミュージックグループ「K/DA」を発表し、デビュー曲の『POP/STARS』を披露しました。ステージ上にはアーティスト Madison Beer、(G)-IDLE、Jaira Burns が並び、さらに「K/DA」の拡張現実(AR)キャラクターがアーティスト達と並んでパフォーマンスを披露しました。(動画はコチラ

『POP/STARS』のミュージックビデオはBillboard 音楽チャート 1位、Google Play Top Songs 1位、iTunes K-Pop チャート 1位、さらにiTunesのポップス全般チャートでも2位を獲得。動画と 音楽ストリーム配信の累計再生数は2億4,280万回以上を記録しています。さらにRiot GamesがThe Glitch Mob、Mako、The Word Aliveとパートナーを組んでプロデュースした2018 World Championshipの公式テーマソング『RISE』も、動画と音楽ストリーム配信の累計再生数で1億4,370万回以上を記録しました。

Jarred Kennedy(Riot Games eSports 部門 共同ヘッド)のコメント:
「今年のWorldsオープニングセレモニーはスポーツ史上でも屈指の規模となったのではないでしょうか。『POP/STARS』と『RISE』がコアなファンとポップカルチャー層の両方に響いたこと、そして彼らがイベントを視聴してくれたことが純粋に喜ばしいです。キャラクターたち、アート、リーグ・オブ・レジェンドの世界。そこにWorld Championshipという大舞台と競技大会としての盛り上がりが加わるのですから、記憶に残る瞬間を生み出すには絶好の場と言えます。これほど大きく熱心なコミュニティがあるという幸運にも恵まれています。これからも誰も見たことがないようなパフォーマンスやコラボレーション、そして体験を届けていきます。」

記憶に残るシーズン
リーグ・オブ・レジェンドの2018 年シーズンは、12/7〜12/9(日本時間)に米・ラスベガスで開催された祝賀的イベント「All-Star Event」で締めくくられたばかりですが、シーズン最後の「競技的」大会はその前に行われたWorld Championshipでした。これは14の競技地域から24のトップ チームが集い、世界一の象徴であるサモナーズカップを目指して1ヶ月にもわたり競い合う国際大会です。2018 World Championshipには合計30の国・地域から総勢144名のプロプレイヤーが出場を果たしています。

2018年の世界王者となった Invictus Gaming は中国リーグ LPL史上初めて世界王者の称号を獲得したチームとなりました。この大会の様子は30以上の放送プラットフォームおよびテレビ局で中継され、北アメリカおよびヨーロッパではTwitchや Youtube、中国ではテンセントのストリーミングプラットフォームやテレビ局ESPTV、韓国ではテレビ局OGNやAfreecaTVでも放送されています。

1月より開幕する2019年のリーグ・オブ・レジェンドシーズンでは、ヨーロッパで開催される「2019 World Championship」(決勝の舞台はフランス・パリ)の出場権獲得を目指して世界各地で合計113のプロチームが競い合います。また2018年に中国と北アメリカの両リーグでの導入が成功したケースに続き、今シーズンはヨーロッパおよびトルコが各組織/チームとの長期的パートナーシップ体制を導入します。また中国リーグ LPLは今シーズンより16チーム制へと拡大し、各チームがホーム地域を拠点とするモデルを強化していきます(昨シーズンには5チームが専用アリーナでプレイしました)。またベトナムやブラジルといった新興地域でも放送およびコンテンツのチャンネル増強を予定しています。

【参考資料】「 数字でみる 2018 World Championship 」

視聴者数
・2018 World Championship Final のユニークビューワー数【9960万人】*重複なしの視聴者数
・2018 World Championship Final の最大同時視聴者数【4400万】
・2018 World Championship Final の平均視聴者数【1960万/分】

画像(002)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

参加チームとプレイヤー
・2018 World Championship に出場したチーム【14のリーグから24チームが出場】
・2018 World Championship に出場したプレイヤー数【144人】
・2018 World Championship に出場したプレイヤーの国籍合計【30以上】

画像(003)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

放送言語とプラットフォーム
・2018 World Championship Final は【19言語・30以上のプラットフォーム/TV チャンネル】で世界中に中継された。

画像(004)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

賞金総額
・2018 World Championship の賞金総額は【645万ドル(約7億2000万円)】
*Riot Games 提供の賞金【225万ドル(約2億5000万円)】に加え、ファンから寄せられた【420万ドル(約4憶7000万円)】が賞金総額に加算されました。

チャンピオン
・2018 World Championship の期間中にプレイされたチャンピオンは【合計90体】
※World Championship 史上最多
・2018 World Championship で最も多くピック&バンされたチャンピオン【エイトロックス 99.2%(42ピック/76バン)】
・2018 World Championship で最高勝率のチャンピオンは【ルブラン66.7%(18勝9敗】
※5試合以上で使用されたチャンピオンに限る

画像(005)「LoL」の世界大会「World Championship 2018」の視聴数に関する公式データが発表に。ユニークビューワー数は9960万人を記録

その他
・2018 World Championship Final で披露されたK/DAのデビュー曲『POP/STARS』の再生回数【2億4280万回以上】
※動画&音楽ストリーム合計
・2018 World Championship の公式テーマソング『RISE』の再生回数【1億4370万回以上】
・2018 World Championship のPick’em(ピッケム:プレイヤー参加型の、大会勝敗結果予想ゲーム)参加者数【300万人】
※全ステージの勝敗結果をて当てたプレイヤーは【0】

◇その他の詳細は >コチラをご覧ください。

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月24日〜03月25日