オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ALIENWARE公式サイトへ
  • Dell
  • 発表日:2009/06/03
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
15.6型としてAlienware史上最薄最軽量のゲーマー向けノートPC「ALIENWARE m15」が10月30日に国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/09 14:59

ニュース

15.6型としてAlienware史上最薄最軽量のゲーマー向けノートPC「ALIENWARE m15」が10月30日に国内発売

 2018年10月9日,Dellの日本法人であるデルは,折り畳み時の厚さが約21.1mm未満,重量が約2.16kgと,Alienware製の15.6型ノートPCとして史上最薄かつ最軽量の「ALIENWARE m15」を10月30日に国内発売すると発表した。
 現在のところ,BTO構成や構成価格は未公開。「NEBULA RED」(ネビュラレッド)とされる天板を採用するモデルの製品画像は公開済みだが,天板の色を選べるかどうかも分かっていないので,どちらかというと「発表」より「発売予告」に近いかもしれない。

横からのイメージだと薄さが際立つALIENWARE m15。北米市場においては税別,送料込み1299ドル(約14万6900円)からというBTO構成価格になっているが,北米市場では極端にロースペックの選択肢が用意されることも多いため,実のところあまり参考にはならない
ALIENWARE

 ALIENWARE m15が採用する新型筐体は,液晶パネル左右のベゼル幅が狭いデザインを採用し,本体サイズは363.2(W)×274.3(D)×21.1(H)mmとなっている。これは,現行の13インチモデルである「ALIENWARE 13」の約330(W)×269(D)×24(H)mmと比べてもやや大きい程度だ。もちろん「ALIENWARE 13は13.3インチ液晶パネル搭載モデルとして極端に大きい」という事実を無視するわけにはいかないだろうが,数字のインパクトはある。

ALIENWARE m15を正面から見た様子(左)。液晶パネルの左右ベゼル幅が狭いのが分かる。右は本体正面向かって左奥側から見たところだが,ボディの薄さがよく分かる。背面側にはDisplayPort出力やHDMI出力,USB Type-Cポートが並んでおり,薄型筐体であってもインタフェースの並びには配慮があると分かる
ALIENWARE ALIENWARE

 搭載するGPUは,「GeForce GTX 1070 with Max-Q Design」またはクロックアップ仕様の“GeForce GTX 1060”(※GeForce GTX 1060 6GBとGeForce GTX 1060 3GBのどちらなのか,そしてMax-Q Design版と“無印”のどちらなのかはいずれも未公表)で,CPUには第8世代Coreプロセッサを採用するとのことなので,既存のALIENWARE 15と比べてもスペック面でそれほど見劣りしないものを用意してきたようだ。
 面白いのは,BTOオプションとされる90WHr仕様のバッテリーを組み合わせる――差し替えなのか追加なのかは分からない――ことで最大17時間のバッテリー駆動を実現するとされていること。オプションバッテリーのサイズや重量次第ではあるが,ALIENWARE m15をモバイルノートPCとしても使いたい人には気になるポイントとなりそうだ。

 そんなALIENWARE m15だが,キーボードが,17インチ未満のALIENWAREノートPCでは初採用という10キー付きのものになっている点は少し気になった。ことゲーム用途において,ノートPCにおける10キー付きキーボードというのは,誰にでも歓迎できる要素というわけでもなかったりするので,この判断がどう出るかはたいへん興味深い。


Dell公式Blogにおける当該ポスト(英語)



#### 以下,リリースより ####

デル、ALIENWARE史上最軽量・最薄の
15インチ ゲーミング ノートパソコン「ALIENWARE m15」を発表
―10月30日に国内販売開始予定―

デルのプレミアム ゲーミングパソコン ブランドであるALIENWAREは、ALIENWARE史上最軽量・最薄の15インチ ゲーミング ノートパソコン「ALIENWARE m15」を発表しました。日本においては、2018年10月30日に販売開始予定です。


「ALIENWARE m15」はパワーとポータビリティー双方を考慮して設計され、表面にマグネシウム合金を採用した至高のインダストリアル デザインを備えています。エピックシルバーとネビュラレッドのカラー バリエーションを展開し、従来通りのハイパフォーマンスを維持しつつ場所や方法を選ばずにプレイできます。「ALIENWARE m15」は、その薄さと軽さによって、友人の家でのバトルロイヤルゲーム参戦、外出先でeスポーツやゲーム実況を観戦したり、ゲームに熱中したい時などに強力なPCゲーミング エクスペリエンスを提供する武器となります。

数々の賞を受賞したALIENWAREのポートフォリオは拡大し続けていますが、今回発表した「ALIENWARE m15」は、モバイル化が進むゲーマーのライフスタイルの変化に伴い、持ち運べるよう重量と薄さにこだわるゲーマーに最適なソリューションです。卓越したパフォーマンスを維持しながらマシンをより小型化、軽量化することは一朝一夕には成しえません。ALIENWAREのDNAには卓越したハイパフォーマンス デスクトップやノートブックなどのPCゲーミング デバイスを設計してきた22年間の歴史が刻み込まれています。ALIENWAREとデルは、先進的な企業としてのプライド、ゲーマーの要望、コミュニティーによって推進されるイノベーションに対するコミットメントを共有しています。

ALIENWAREのデザインおよびエンジニアリング チームは、約14.3 x 10.8インチ(約36.32 x 27.43 cm)、正面から背面カバーまで0.83インチ(約2.11 cm)未満、わずか4.78ポンド(約2.16キロ)の重量というフォームファクターに、パフォーマンス、品質、最大限のモビリティーを詰め込むためにすべての力を注ぎ込みました。スタイリッシュなデザインは、迫力あるアクションを表示する画面スペースを最大化するためにスリムベゼルを採用し、また、ALIENWAREの17インチ未満のノートブックでは初となるテンキー パッドを搭載しています。新しいALIENWARE mシリーズ キーボードは、1.4mmのキーストローク、アンチゴーストキー、4つのALIEN FXライティング対応ゾーンを備え、あらゆるゲームのプレイ中に室内を照らすと同時に150タイトル以上のゲームのゲーム ライティング リアクションにも対応しています。

「ALIENWARE m15」には、第8世代IntelプロセッサーとVRなどに対応したNVIDIA GeForce GTX 1060 OCおよび1070 Max-Qグラフィックスカード、およびALIENWARE Graphics Amplifierの追加サポートが搭載されています。もちろん、6つのユニーク ゾーンにまたがるカスタマイズ可能なALIEN FXライティングを備えるALIENWARE Command Centerテクノロジー、優れた冷却機能を提供するALIENWARE Cryo-Tech 2.0、オプションの90Whrバッテリーによる最大17時間のアイドリング時バッテリー寿命*1など、ゲーマーが求める付加機能も備えています。まさに無駄のない効率的なゲーミングマシンです。

販売開始日:2018年10月30日
標準価格:価格未定
※米国など一部の国と地域では、Alienware.com、および小売店にて最低価格1,299米ドルで10月25日に発売されます。

製品ページ:販売開始に合わせ公開予定

*1 Based on internal testing in Dell labs, running the system on idle, using an Alienware m15 equipped with the optional 90Whr battery as well as the Intel Core i5 processor and an NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti graphics card.
m15 with Intel Core i5 processor and NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti configuration available in Mid-November based
on regional availability.
  • 関連タイトル:

    ALIENWARE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月