オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ArcheAge公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:123
レビューを投稿する
準備中
ArcheAge
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
収穫祭とBBQを楽しんだ「ArcheAge」オフラインイベントをレポート。5月に蒔いた種はどんな“実”を付けたのか?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/08/21 18:17

イベント

収穫祭とBBQを楽しんだ「ArcheAge」オフラインイベントをレポート。5月に蒔いた種はどんな“実”を付けたのか?

 ゲームオンがサービス中のMMORPG「ArcheAge」は,2017年7月23日をもって運営4周年を迎えた。ArcheAgeといえば,ゲームと関係があるのか疑問を抱くような企画やイベントを積極的に展開しており,周年記念のオフラインイベントでも,島をめぐったり,屋形船で宴会を開いたりと,ほかのタイトルとは一線を画している。

 4周年となる今年は,「花が咲き,実が成るように」という意味が込められた4年目の結婚記念日「花婚式」をテーマとしたオフラインイベントを,全国5か所で開催する。

 そして2017年8月19日に,その皮切りとなる東京会場でのオフラインイベントが開催された。しかし,やはりArcheAgeらしいというか,ゲームオンから届いた取材概要には,

 「収穫祭をやるので,汚れてもいい格好で来てください!」

という一言が添えられていた。

 今度は一体何をやるのか……と考えていたが,ふと以前に参加した取材を思い出した。そう,5月初旬に行われた,ArcheAge3.5を始めとする2017年下半期のロードマップ発表の取材だ。
 アップデートの種を蒔きに行くということで,山梨県鳴沢村まで連れて行かれた“アレ”である。どうやら,あの種が芽吹いて,収穫の時期を迎えたのだという。というか収穫? 自分は何の種を植えたんだろう……。


 ともあれ,そういうことであれば,種を蒔いた1人として,ここも参加せねばなるまい。ということで,約40名のArcheAgeファンとともに参加した,4周年記念の収穫祭&バーベキュー大会の模様をレポートしたいと思う。


プロデューサー兼添乗員(?)石元氏による楽しいバス旅行。参加者から寄せられた質問にフランクかつ真摯な返答も


 収穫祭を行う鳴沢村のある山梨県南都留郡まで,都内からバスで約3時間。並のオフラインイベントなら,これだけで完結してしまいそうな時間だ。早朝に集合場所からバスに乗るなど,オフラインイベントというよりも遠足気分。

バスには「ArcheAgeご一行様」の文字。時期が時期だけに渋滞が心配だったが,そんなこともなく快適な旅だった

 行きのバスでは,ArcheAge日本運営プロデューサー 石元一輝氏が,参加したファンからの寄せられていた「サーバー統合後の,各サーバーの勢力バランスについて」や,「アップデート後の貿易システムの変更により,貿易そのものが衰退した対応についてどう考えているか」といった質問に答えていた。


 勢力バランスについては,ある程度想定していたとおりだったサーバーがある一方,予想外の状況になったサーバーもあるとのことだが,基本的には静観する構えとのこと。差が広がりすぎてしまった場合は,新キャラクターの作成制限を設けるかもしれないと話していた。
 一方,貿易ではシステム部分の変更に着手しており,時期はまだ不明だが完了し次第手を入れていくとのことだった。

 こうしてファンとの交流をすること約2時間半。予定よりも少し早く,山梨県南都留郡に到着した。


畑に広がる“実”をみんなで収穫! ガッチリ働いた後はバーベキューで乾杯!!


 バスを降りて約10分ほど歩いて到着した畑。そこには……青々としたトウモロコシが実っていた! あれ,トウモロコシだったのか。
 種を蒔いたときの写真と見比べてみると,わずか3か月でこれほどまでに変わるのかと驚きを隠せない。

上が種を蒔いた5月の様子。茶色い土が一面に広がる光景だが,その3か月後にはトウモロコシが一面に広がっていた

 すでに一部は収穫されていたが,それでもかなりの数のトウモロコシ畑が一面に広がっていた。あとから聞いた話では,全体で約800本もの収穫があったとのことだ。


 さすがにArcheAgeで農民プレイしている参加者も,この光景には驚いていた様子。だが,すぐさま軍手を装備し,この日のため(?)に蓄えた労働力をフルに消費してトウモロコシをもいでいく。逞しい。


参加者達に混ざって,石元氏も収穫に精を出していた。獲物を手に満足そうな石元氏。ただ,5月に石元氏や我々メディア陣が蒔いた種のうち,半分ぐらいは芽が出なかったらしい。農家の人も不思議がっていた

 トウモロコシの収穫という労働をたっぷり行ったあとは,慰労のバーベキュー大会だ。しっかりと働いた参加者一同は,消費した労働力を回復するために配られた労働力ポーションを手に乾杯した。


ゲーム内アイテムと同じく黄色い液体が入った労働力ポーション。まるで三角フラスコのようだが,これを手に乾杯というのもArcheAgeらしいと言えるだろう。このポーションの入った瓶は,イベント後に参加者にプレゼントされた

労働して疲れた身体には,やっぱり肉! か,どうかは個人によって異なると思われるが,参加者達はめいめいに肉やら野菜やらを焼き,バーベキューをしながら歓談を楽しんでいた

せっかくなので,もぎたてのトウモロコシも焼いて食べてみた。正直,会場に用意されていたトウモロコシとは比べものにならないほど,甘みのある旨さだった。ちなみに,トウモロコシを一番美味しく食べるなら,もいでから2時間以内に食べるのがよいとのこと

 食事を楽しむ合間に,ゲーム大会も実施。今回行われたゲームは,4チームに分かれた参加者が,石元氏の出したお題を参加者達がリレー形式でイラストに描いていくというものだ。提示されたお題は「レッドブルトラクター」。日頃よく目にしている乗り物でありながら,イラストにしろと言われると「あれ,どんなだっけ?」となることが多い。参加者達も多分に洩れず,頭をひねっていた。

手渡されたイラストに,いろいろと付け加えて完成させていく参加者達。意図せず余計な部分を描き足してしまう,なんてこともよくある

 完成されたイラストは,GMオーキッドナ氏の独断と偏見で順位が決定。順位の高いチームから,労働者ポーションなどのゲーム内アイテムが配布された


バーベキューのラストには,参加者全員にトートバックとクリアファイル,キーチェーン,スマホスタンドをプレゼント。トートバック以外のグッズはヤタかフェピーがランダムで入っていて,もらったあとにトレードする人達の姿も

 バーベキューを堪能したあとは,みんなそろって記念撮影。鳴沢村に訪れたときは曇り気味で過ごしやすい天気だったが,いつの間にか雲も晴れて青空が見えており,絶好の記念撮影日和となった。



ArcheAge3.5アップデート第3弾は9月に実施。スイカ割りを始めとするイベントも目白押し!


 長旅と収穫で疲れてしまい,寝てしまった参加者が相次ぐ帰途のバスでは,石元氏より直近のアップデートやイベントについての発表が行われた。

 7月19日よりスタートした「ArcheAge3.5」アップデートの第3弾のメインコンテンツとして,戦闘系コンテンツに関わる建物が,既存のフィールドマップに建築できるようになるという。
 石元氏によると「戦闘民(戦闘コンテンツを主にプレイしているプレイヤー)が忙しくなるかも」とのことで,この建物は勢力バランスにも大きな影響をもたらしそうなものらしい。詳細については9月中旬ぐらいに発表するとのことなので,忘れずにチェックしよう。

 そのほかに,直近のイベントについても発表された。

 8月下旬には,昨年も行われたスイカ割りイベントが実施される。今年は実施予定がなかったそうだが,プレイヤーからの強い要望により実現することになったという。内容的には昨年のイベントにクエストが追加される形となり,クエストをクリアすると「ゾービング(キャラクターが巨大なエアボールに入って転がれる)」のような遊びができるアイテムが手に入るらしい。
 また,9月から10月にかけて「戦いたい人」と「生活系したい人」と「倒したい人(PvE)」のそれぞれに向けた3つのGMイベントの実施も予定していて,現在仕込んでいる最中だそうだ。

 発表の最後に石元氏は,「今年は畑を借りて,収穫祭を行うことができました。大きなトラブルがなければ,来年もみんなでお祝いができると思います。5周年に向けて,これからもたくさん遊んでいただけるよう頑張っていくので,よろしくお願いします」と述べ,締めくくった。


「ArcheAge」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ArcheAge

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日