オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ROCCAT,ボタン1つでPCとスマートフォンへの入力を切り替えられるゲーマー向けキーボード「Skeltr」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/08/19 12:47

ニュース

ROCCAT,ボタン1つでPCとスマートフォンへの入力を切り替えられるゲーマー向けキーボード「Skeltr」を発表

 ドイツ時間2016年8月17日,ROCCATは,新型ゲーマー向けキーボード「Skeltr」(スケルター)を9月1日に世界市場で発売すると発表した。PC用のUSB接続型ワイヤードキーボードでありながら,Bluetooth通信機能も内蔵しており,スマートフォンやタブレットと接続してこれらのデバイスを操作したり,着信に応答したりといった連携を行えるようになっているのが大きな特徴だ。
 メーカー想定売価は未公表で,国内での販売予定も明らかになってはいないが,日本語の製品情報ページも用意されているので,国内販売の可能性は高そうである。

Skeltrの使用シーンをイメージした写真。本体,ブラック,グレイ,ホワイトの3色展開になるという
ROCCAT

 Skeltrの外観は,ROCCATのメカニカルキーボードであるRyosシリーズとよく似たものとなっている。10キー付きのフルキーボードで,メインキー左側には縦に並んだ5つのマクロキー,[Space]キーの手前側には,3つの「Thumbster」キーを配置するというレイアウトは,Ryosシリーズとよく似ている。

 大きな違いの1つは,本体奥側にある横長の溝「Universal Device Docking Port」(以下,ドッキングポート)だ。ドッキングポートはスマートフォンやタブレット端末を差し込めるスタンドになっているので,ここに立てかけておけば,ゲーム中にもこれらデバイスの画面を確認できるというわけである。
 あるいは,スマートフォンやタブレットにPCのCPU負荷やネットワーク通信情報を表示したり,アプリやゲームを操作できるROCCAT製のアプリ「Power-Grid」を使って,スマートフォンやタブレットからPCのステータスモニタリングを行ったりするのもありだろう。

ドッキングポートにスマートフォンやタブレットを立てかけたイメージ。大型のパームレストは取り外し可能だ
ROCCAT

こちらはG910のスタンド部分。確かにちょっと壊れやすそうにも見える
ROCCAT
 ゲーマー向けキーボードにスマートフォンやタブレット用スタンドを立てかけて使える機能自体は,「Logicool G」の「G910 Orion Spark RGB mechanical gaming keyboard」(以下,G910)が先鞭をつけたものだと記憶している。だが,未使用時にはキーボード内に収納しておき,使うときにはひっぱり出すG910のギミックに対して,可動部分のないSkeltrのドッキングポートは簡単に壊れたりしないと,ROCCATは主張している。

 冒頭でも触れたとおり,Skeltrは,単にスマートフォンを立てかけるだけでなく,デバイス側とBluetoothで接続して,Bluetoothキーボードとしても利用できるのが大きなポイントだ。Skeltrの右奥側には,PCとBluetooth接続デバイスのどちらを操作するか選択できるボタンがあり,ボタンを押すだけで,PCからスマートフォン,スマートフォンからPCへと入力を切り替えられるとという。
 また,左奥側には通話着信用の「Call button」とサウンド入出力切り替え用の「Audio button」ボタンがあり,ボタンを押して通話を受けたり,スマートフォンの音声をSkeltrのヘッドフォン出力につないだヘッドセットで聞いたりといった使い方もできるそうだ。

Skeltrの左奥側にはCall buttonとAudio button,右奥側には操作対象切り替えボタンをそれぞれ装備
ROCCAT

背面側左から見た状態。背面左に3.5mmミニピンのマイク入力とヘッドフォン出力があり,アナログ接続したスマートフォンの音声をここから聞いたりできる。また,USB 2.0ポートも備えており,立てかけたデバイスの充電も可能とのことだ
ROCCAT

 肝心のキーボード部分だが,キースイッチはメンブレンタイプとなっている。同時押し関連の仕様については記述がないので,ロールオーバーやアンチゴーストがどうなっているのかは分からない。
 キーボードバックライトや側面のLEDイルミネーションの発光色や,マクロキーの設定などは,ROCCATの統合設定ソフトウェア「Swarm」でカスタマイズ可能とのことだ。

 率直に述べて,スマートフォンやタブレットと連携するギミックがユーザーに受け入れられるものかどうかは見当がつかない。ただ,ゲームをしながらでもボタン1つで入力を切り替えて,スマートフォンのメッセンジャーアプリやTwitterクライアントに入力できると聞けば,「それは便利だ」と考える人もいるだろう。
 ともあれ,続報を待ちたいところだ。


ROCCATのSkeltr製品情報ページ


  • 関連タイトル:

    ROCCAT

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ