オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/06 13:53

リリース

「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

マジック:ザ・ギャザリング
配信元 Wizards of the Coast 配信日 2019/03/06

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

『マジック:ザ・ギャザリング』世界最高峰の戦い!
ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019レポート
〜優勝はオータム・バーチェット選手!
日本からも井川良彦選手が準優勝!〜

 Wizards of the Coast LLC(本社:ワシントン州レントン, アメリカ合衆国、CEO:Chris Cocks)は、トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング(以下、マジック)』の世界大会ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019を2019年2月22日(金)〜24日(日)にアメリカのクリーブランドで開催しました。世界47の国と地域から参加した499名のプレイヤーが技を競い、3日間にわたる激戦を勝ち抜いたオータム・バーチェット選手(イングランド)が優勝、賞金50,000米ドルを獲得しました。

ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019優勝のオータム・バーチェット選手
画像(001)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019イベント特設ページ
https://mtg-jp.com/coverage/mccle19/

イベント名称:ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019
開催期間:2019年2月22日(金)〜2月24日(日)
開催場所:アメリカ・クリーブランド
参加者数:499名(世界47の国と地域から)
賞金総額:500,000米ドル
優勝賞金:50,000米ドル

 マジック:ザ・ギャザリングの「ミシックチャンピオンシップ」は、これまでに高い実績を残してきたトッププロと、世界各地の予選を勝ち抜いて招待権利を獲得したプレイヤーが集い、新しいセットを舞台に高額の賞金と名誉を懸けて競われる、マジック:ザ・ギャザリング最高峰のイベントです。昨年まで開催されていた「プロツアー」が名前を変えての初開催となりました。

 今回のミシックチャンピオンシップは、アメリカのクリーブランドにて2月22日(金)〜24日(日)に開催されました。このミシックチャンピオンシップに、日本からは合計46名のプレイヤーが参加しました。

 本大会は「スタンダード」と「ブースタードラフト」の2種目で競技が行われました。「スタンダード」は、直近約1年半の間に発売された、『イクサラン』『イクサランの相克』『ドミナリア』『基本セット2019』『ラヴニカのギルド』『ラヴニカの献身』の合計6セットに収録されたカードを使用してデッキを構築する形式です。「ブースタードラフト」は『ラヴニカの献身』を使用し、その場で配布されるブースターパックからカードを選んでデッキを構築する形式です。

 日本からもマジック・プロリーグ所属の渡辺雄也選手、八十岡翔太選手、行弘賢選手、佐藤レイ選手などが参加。多くの実績を持つトッププロが、調整と情報交換を重ね戦いに臨みました。

マジック・プロリーグ所属の4名。左から佐藤選手、八十岡選手、行弘選手、渡辺選手
画像(002)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

 初日となる2月22日(金)にブースタードラフト3回戦、続いてスタンダード5回戦が行われ、4勝4敗以上の成績を残した315名が2日目のトーナメントに進出。翌日2月23日(土)にはさらにブースタードラフト3回戦、続いてスタンダード5回戦の試合を経て上位8名が決定。この8名による決勝トーナメントに、日本から井川良彦選手が進出しました。

優勝を懸けて戦う権利を手にした8人の選手
画像(003)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

トップ8に進出した井川良彦選手
画像(004)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

 2月24日(日)に行われた決勝トーナメントで井川良彦選手は、準々決勝でデンマークのミカエル・ボンデ選手と激突します。

準々決勝、井川良彦選手 vs. ミカエル・ボンデ選手
画像(005)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

 事前の練習ではデッキの相性がとても悪く、全く勝てないと本人も話していましたが、井川選手はこの逆境を見事はねのけ準決勝に進出します。

準決勝、井川良彦選手 vs. ルイス・スコット=ヴァーガス選手
画像(006)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

 井川選手は準々決勝を勝ち抜いたそのままの勢いでスター選手であるルイス・スコット=ヴァーガス選手に勝利。決勝戦まで突き進みます。

 決勝戦に進出したのは、日本の井川選手と、2年連続でイングランド選手権を優勝しているオータム・バーチェット選手 。

決勝戦、オータム・バーチェット選手 vs. 井川良彦選手
画像(007)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

 攻撃的な青単テンポを操るオータム・バーチェット選手の攻撃を、エスパー・コントロールを使用する井川選手がさばく一進一退の攻防が繰り広げられます。ゲームカウントは2-2となり、最終ゲームに決着は持ち越されました。

決着の瞬間。井川選手が、チャンピオンを称えるべく手を差し出します
画像(008)「マジック:ザ・ギャザリング」の世界大会「ミシックチャンピオンシップ・クリーブランド2019」公式レポートが公開

 最後のゲームを勝利し、チャンピオンとなったのは、オータム・バーチェット選手。自身の経歴に初のミシックチャンピオンシップ王者の称号を加えると共に、賞金50,000米ドルと、2019年の世界選手権への出場権を手にしました。

 大会の結果や試合の模様を取材した記事など、詳しくはイベント特設ページ(https://mtg-jp.com/coverage/mccle19/ )をご覧ください。また、今回のイベントについての解説番組を、3/7(木)の20時よりニコニコ生放送とTwitchにてお届けする予定です。

ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/gate/lv318835353
Twitch
https://www.twitch.tv/mtgjp

◆マジックのミシックチャンピオンシップとは?

 マジック:ザ・ギャザリングのミシックチャンピオンシップとは、マジック最高峰の大会です。厳しい条件をクリアし参加権を得たプレイヤーのみが参加できる招待制の世界大会で、各大会には総額250,000米ドル以上の賞金が上位入賞者に与えられます。 また、大会の順位に応じて多量のプロ・ポイントが付与され、プロとして活動する上での待遇に大きく影響します。

「マジック:ザ・ギャザリング」公式サイト

  • 関連タイトル:

    マジック:ザ・ギャザリング

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日