オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
龍が如く5 夢、叶えし者公式サイトへ
読者の評価
60
投稿数:8
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

龍が如く5 夢、叶えし者

龍が如く5 夢、叶えし者
公式サイト http://ryu-ga-gotoku.com/five/
発売元 セガゲームス
開発元
発売日 2012/12/06
価格 8800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
60
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 多くの改善点があるものの・・・ 45
    • 投稿者:Jrank0(男性/30代)
    • 投稿日:2016/01/07
    良い点
    ・ミニゲーム関係

    多くのミニゲームで改善点、追加要素があります。
    例1:ダーツのカスタマイズ概念が登場、うまく組み合わせればプレイがかなりやりやすくなる
    例2:バーチャファイター2がミニゲームとして登場、昔のまま実装したとの事
    例3:UFOキャッチャーに別タイプが登場
    などがあります。

    ・アナザードラマ

    大型サブストーリーと言える新規要素です。
    タクシードライバー、狩猟、アイドル活動、野球対決があります。
    ストーリーも作られており、今までに無い仕様ばかりなので面白かったです。

    ・キャバクラ

    全てのキャバ嬢をプロの声優さんが演じているので、棒読み感は無いです。
    また、仕様も大きく変更されており、UIの見やすさ等が大きく改善されています。

    ・五大都市

    東京と大阪以外は新規で登場の都市ですが、何といっても新鮮です。
    雰囲気もきちんと出ており、東京以外の都市に専用のミニゲームが追加されているのも良かったです。

    ・新主人公

    「品田」という新主人公が追加されていますが、3枚目な感じがすごくいいです。
    勿論、かっこいい部分もありますが、今までの主人公にはない魅力があります。

    ・戦闘関係(澤村遥以外)

    龍が如く4で主人公だった3人は、色んな部分で改善されています。
    攻撃モーション、新規ヒートアクション、新規技などがあるので、使い勝手は今までと似ていますがかなり面白くなっています。
    新主人公の品田も新たに作られた独特の戦闘スタイル、独特な必殺技という部分がとても面白かったです。
    悪い点
    ・ダンスバトル

    ただのリズムゲーで、やっていてそこまで面白くはありませんでした。
    良い点で書いた、アナザードラマぐらいの規模ならまだしも、メインストーリーでやらされると面白くはないです。

    ほとんどの難易度は、今までのシリーズであったミニゲーム「カラオケ」の下ぐらいです。

    ・アナザードラマ

    メインストーリーに組み込まれる形でアナザードラマが始まるため、メインシナリオにも拘わらずミニゲームをやらされている感が非常に不愉快でした。

    また、なぜか主人公の一人・秋山にはアナザードラマがありません。
    アナザードラマは進めていけばいくほど経験値が入ります。
    アナザードラマが無い秋山は一人だけレベルが低くなりがちで戦闘でも苦戦を強いられがちです。

    他にも、主人公の一人・遥のアナザードラマは「アイドルへの道」というものなのですが、5つくらいのパターンに分けられる同じことの繰り返しで作業感がひどいです。
    そもそも遥はアイドルになりたいので「アナザー」ドラマじゃない点なども不満点です。

    ・戦闘関係

    男主人公4人の能力、特に対ボスクラスに差がありすぎます。

    桐生・冴島は強力なカウンター技、能力があるのでかなり強いです。
    しかし、秋山・品田は攻撃力が低くボスクラスにはほぼ能力の効果が発揮できない場合が多いので苦戦を強いられがちです。

    また武器熟練度という要素が追加されました。
    しかい、これは邪魔でしかありませんでした。
    武器を使うことで熟練度が上がっていくのですが、熟練度を上げないと装備ができない武器が登場したからです。
    いちいち武器を使わないと好きな武器を装備できない。
    これはかなり面倒でした。

    この辺りは後述する闘技場の件と合わせて調整不足のように思います。

    ・闘技場

    試合中に実況が加わりました。しかし、これがうるさい上に同じようなコメントの繰り返しなので邪魔でしかないです。

    仕様は大きく改悪されました。
    ポイントによるランキング形式になり、上位にランクインしなければ全ての大会が出ません。
    このポイントがかなり貯まりにくく、上位になるにはポイント3桁必要なのにも関わらず、1桁づつしか貯まらないので、制覇には必然的に作業を強いられる形となります。

    攻撃をガード→弾き返し、スウェイからのタックルといった行動を色んな敵が同じモーションでやってくるので面白みがなくなりました。

    この辺りはきちんとプレイ感をチェックしたのか疑います。

    ・ミニゲーム

    改善点も多いですが不満点もできました。

    例1:バーチャファイター2

    只の格ゲーなのでできる人は面白いでしょうが、できない人は全くつまらないです。
    私はできないので、全く面白くありませんでした。
    コンプリートなどには必要なので頑張ってやりましたが、二度とやりたくはないです。
    そもそも古いゲームなので、操作性も最悪でした。

    その他:全般

    色々改善されたとはいえ、そもそも同じようなゲームばっかりなので、正直マンネリ化してます。
    一度、廃止も含めた整理を行うべきだと思います。

    ・ロード時間

    OFTHEEND程ではないですが、結構長いです。

    ・メインストーリー関係

    色んな部分で最低のできです。

    登場キャラがやたら「夢」というワードを使います。
    サブタイトルが「夢、叶えし者」だからなのかは知りませんが、ほんとにやたら使います。
    今まで、ほぼ言っていなかった言葉をことあるごとに言うのですから、正直気持ち悪いです。

    また、とある登場人物(Aとする)が労働条件の契約書をこっそり書き換え、とある人物(Bとする)にそのことを告げずに契約するのですが、その事も含めたトラブルでAは殺されてしまいます。
    Bは後にその事に関して文句を言うシーンがありますが、それに対してとある主人公(C)がAの行いを全面擁護するシーンがあります。

    上述のシーンを見たときはびっくりしました。私は法律には詳しくありませんが、そんな私でもAの行いはやってはいけない最低の悪い事だとはわかります。
    それを主人公に全面擁護させるというのは、話を書いた人間の考えが理解ができませんでした。

    そのほかの細かい部分でいえば、冴島は4に続きまた脱獄、秋山は実質第3部には2章しか出てこない、品田編に出てくるとある人物の品田に対する呼び方、およびその関係性の話の破綻ぶり、どれも酷いです。

    色々書きましたが、結局言いたいことは『「龍が如く5」のシナリオは最悪の出来』ということです。
    総評
    使いまわしでは無くなった龍が如く5。

    しかし、量だけで質はシリーズでも最低の出来でしょう。
    改善点も多いですが、不満点が大きすぎました。

    ストーリーも悪い、戦闘も結果としてマイナスに近い。

    とてもではありませんが、人にはお勧めできかねる作品です。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 1 4
  • 5作目 50
    • 投稿者:kei1230(男性/40代)
    • 投稿日:2013/05/13
    良い点
    良い意味でのマンネリ化(笑)
    基本的にはメインストーリーを進めつつサブストーリーも楽しむ。
    悪い点
    バッティングやダンスゲームが苦手な人は進めない様な…。
    総評
    もう5作目なんで惰性と言うか…買ってしまいます(汗)
    アクションはおまけみたいな感じになっちゃってますが。
    ストーリーも自分は楽しめたかな?
    都市が増えたから地元や行ったことのある土地なら面白いかも。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 4 3
  • 次回作にも期待 80
    • 投稿者:Meiellink(男性/40代)
    • 投稿日:2013/04/06
    良い点
    ・従来のシステムを踏襲しつつ進化したスピーディーな戦闘
    ・やり応えのあるサブストーリーとアナザーストーリー
    ・前回の神室町、蒼天掘に加え3都市が追加され更にボリュームアップ
    ・マップ表示が一番上の項目になって表示しやすくなった
    ・ほぼフルボイスのキャバ嬢
    悪い点
    ・ローディングがかなり長い
    ・前作より判りづらいエンカウント(敵)の位置
    ・イベントの可視化
    ・キャラクターの顔は非常にリアルになった反面、その分表情に乏しくなった気がする
    ・ボリュームが多い分、弛みがちになるメイン以外のストーリー部分
    ・なぜ氷室京介?挿入歌のミスマッチがひどい
    総評
    前作同様、序章から最終章まで4つの異なるストーリーが複雑に絡み合い、1つのストーリーとして完成していく流れ。

    前作の警官・谷村に代わり、元プロ野球選手・品田が加わっているものの、シリーズを通してプレイしている人ならば馴染みの顔ぶればかりで、操作もしやすい。
    ただシリーズを重ねる毎に戦闘が温くなってきている気がする。
    アクションが苦手な人用にバランス調整しているのかもしれないが、ザコ敵では回復を使う必要が無く、やや拍子抜けという感じ。
    やりなれた人はクリアしてハードモードをプレイしろという事かもしれない。
    また敵のセリフがかなり遠くからでも聞こえてくるので最初はどこにいるか判らず、かなり戸惑う。
    (ゲーム内のアイテムでミニマップに表示可能)

    サブストーリーやアナザーストーリーは非常にボリュームがあり、用意されたミニゲームもタクシーの運転、狩猟、ダンスと多彩でやり応えは十分。
    ただサブストーリーの同じ系列のイベントがすべて同じセリフだったり、時系列がおかしかったりともう少し工夫が欲しかった。
    あとイベントがマップ上に【?】で全て表示され、探す楽しみが無くなったのが残念。

    メインストーリーは最後の方で、「?」な部分があったものの感動出来るところもあり、個人的には次回作(続き)がどうなるか非常に気になるところです。

    最後にこのゲームの一番の欠点はローデングの長さです。
    これが非常に長い、店に入るとローディング、出るときもローディング、イライラしっぱなしです。
    動画の合間にもローディングがあるので話に集中しづらい。
    プレイする際は何か暇つぶしになるものを用意しておくのがいいかもしれません。

    なんか欠点ばかり挙げてしまった気もしますが、非常に好きなシリーズなので次回作も期待しています。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 4 5
  • 充分面白い! 85
    • 投稿者:shortshort(男性/40代)
    • 投稿日:2013/03/17
    良い点
    たいした操作をしていないのに、爽快感あるアクション。
    複雑な操作は面倒な人でも、比較的すんなり操作できると思います。

    人々の息づかいがかんじられるリアルな街並みは5都市に展開され、ボリュームアップ。

    タクシードライバー、猟師としてハンティング、など新たなゲームの要素も面白かった。
    バッティングセンターは品田さんタイプのやつがやりやすくてよいですね。
    いままでのは難しすぎだったけど、操作しやすかった。
    とても遊びきれないほどのミニゲームの数々。
    どれもかなりクオリティ高い丁寧な作り。

    第1作から継承される世界観。
    あの小さな女の子が、いまやアイドルを目指すというのはちょっと感慨深いものがありました。
    悪い点
    メインストーリーが雑。
    意外感を出すためなのか、無理やりとってつけたような展開になってたけど、それ、いらないです。
    あの人とあの人が首謀者なら、あまりにもまわりくどすぎ。
    最後の最後にとても残念な気持ちになりました。



    総評
    相変わらずのハイクオリティ。
    こういうゲームをよく頑張って作ってくれました。
    感謝。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 4 5
  • ボリューム「は」過去最高 40
    良い点
    お馴染みの喧嘩バトル
    各種タイアップによるリアルな町並み
    多種多様なミニゲーム
    セガらしいギャグ、演出
    その他数々のゲーム内コンテンツ
    ぶっ壊れ性能のヒートアクション「逆転の極み」削除
    悪い点
    今回ストーリーがかなり弱いです。
    突拍子もないどんでん返しや今までのシリーズをやってると「このキャラクターがここでこんな事するか?言うか?」と少し首をかしげてしまう点がいくつか。
    個人的な感想になってしまいますが前作龍が如くOF THE ENDのほうがまだリアルなストーリーだと感じる程の違和感でした。

    バトルシステムについてはシリーズを重ねるごとに難易度がライトユーザー向けに調整されているのですが、例のあの一族が大幅に弱体してしまって達成感が薄くなってしまいました。
    ただ、難易度はハード以上を選ばない限りさくさくと楽しめるのでゲームが苦手な人でも楽しめます。

    が、今回遥以外の主人公たちのバトル性能にすごい差があります。
    設定上伝説の二人はほぼ無双、個人の意見でしかないかもしれませんが残り二人がすごく使いづらくて項目によっては残り二人がかなり足を引っ張ります。
    難易度調整のしわ寄せかと思いました。

    あと私のプレイ環境のせいだとは思いますが、プレイ中のキャラクターのセリフ文字が小さすぎて読みにくいです。
    総評
    全体的に誰にでも楽しめる様に難易度を始め色々な部分で調整やTIPSが追加されていて円滑にプレイ出来ます。
    それでいて闘技場のようなやり込み要素も楽しめます。
    が、悪い点にも書きましたが今回ストーリーがかなり消化不良&電波です。
    ストーリーも龍が如くのウリの一つなのでもう少し練ってもらいたいと思いました。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 3 5
  • 今まで通り面白い 85
    • 投稿者:青リンゴ(男性/20代)
    • 投稿日:2013/01/24
    良い点
    ・チンピラとの挨拶がなくなりスムーズな戦闘に
    ・飽き飽きしい神室町からの解放
    ・絶大なボリューム
    ・作り込まれてるアナザーストーリー
    ・ミニゲームがより豊富に
    悪い点
    ・ロードが長い。
    ・一部走れない場所がある。
    ・メインでミニゲームをやらされる
    総評
    今回も安定した作りになってます。
    一から作り直したらいしいが、
    シリーズ経験者からみるとあまり変わってない感じを受けました。

    ボリュームは過去最大で40〜50時間でクリア。
    アナザーストーリーはよくできているので遊んでいて苦になりません。
    また神室町はほんの少ししかでてきませんので、
    神室町を歩き疲れたとか、見飽き方たにも新鮮にプレイできると思います。

    また戦闘も少し変わっており、絶技の登場によりまた違う戦闘も楽しめます。

    そして問題はロード時間。
    これをどうするかが今後のシリーズの課題でしょう。

    龍が如くスタジオの意地を見せてくれた今作。
    次回作も期待です。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 4 5
  • 初作のダークな部分はどこへいった? 30
    • 投稿者:たぬー(男性/40代)
    • 投稿日:2013/01/22
    良い点
    ・都市が増えて走り回る場所が増えた。
    ・どこにケンカをふっかけてくる人がいるか分かりやすく回避がしやすい。
    ・前作と違い、『バイオをパクりたいんじゃ〜』と総監督が言わなくなった。
    ・初作の思い入れのある東城会本部が出てきたこと。
    ・やっぱ真島の兄さんでしょ。
    悪い点
    ・都市が増えた分神室町の屋上や地下MAPは消滅。
    ・サブストーリーがどの人に話せばいいかMAPに一目瞭然のため、街で探し回る楽しみはゼロに。
    ・極道社会を扱うダークな作品がなぜプロ野球・アイドル。。。
    ・キャラクターの顔が描写がキレイなぶん、顔の表情が変わらないまま動くのが気持ち悪い
     特にダンスバトルシーン
    ・単なる話題集め以外に氷室京介の意味は???
    ・制作陣はミニゲームにばかり熱中して本来のストーリーを詰め込む隙間がないのでは?
    ・真島の兄さんはいつも突拍子もないことをやるのがウリなのに今回は。。。

    総評
    今回は少しは極道社会中心のシナリオに戻ってきましたが、やっぱり内容に重厚さを感じられない仕上がりになっている。
    初作・第2作がダークなシナリオがどんどん深くなっていくのとは対称に
    今作はただ『どんでん返し』がたくさんあるだけのビックリゲームに。

    あと、キャラクターを声優の顔にしたりするのはやめてほしい。
    単なる話題集めにしかならずチープさを醸し出している。

    やっぱり馳星周じゃないとムリ。
    人気が出た途端急にかっこつけて写真に載りたがる総監督には限界が。

    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 2 1 2
  • これまた微妙な・・・ 65
    • 投稿者:逆撫(男性/30代)
    • 投稿日:2012/12/17
    良い点
    精密に再現された日本の五都市
    進化したバトル
    ボリューム満点のストーリー
    さらにボリューム満点なサブストーリー
    真島の存在じたい
    新しい性格の品田
    有名人の登場人物も良かった(特に哀川翔)
    感動のラスト
    悪い点
    物語が少々複雑で一回で理解するのはむずかしい
    QTE多すぎる ←これによりボス戦のやる気はかなり損なわなれる
    アナザーストーリーがあまりたのしくない
    ダンスバトルがつまらない
    ミスマッチな主題歌
    総評
    とりあえずQTEの多さに唖然
    がっかりした
    五都市のできは良かったと思う
    あと真島はやはり真島だった
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 3 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日