オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
黒い砂漠公式サイトへ
読者の評価
95
投稿数:150
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/01 12:00

プレイレポート

最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 ゲームオンは2019年1月28日,同社がサービス中のMMORPG「黒い砂漠」の新コンテンツ「影の戦場」のメディア合同体験会を,秋葉原アイ・カフェで開催した。

画像(001)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 「影の戦場」は,1月16日に実装されたばかりの新PvPコンテンツだ。最大50人による大規模PvPとなることから,実装前のテストプレイではプレイヤー人数の確保が難しく,本コンテンツの魅力が伝えられないということで,実装後の“本番環境”での体験会が行われることになったわけだ。本稿では,その体験会の模様をレポートしよう。


新コンテンツ「影の戦場」は最大50人のプレイヤーが戦うサバイバルゲーム


 まずは「影の戦場」の概要から紹介しよう。
 影の戦場は,最大50人で戦う,いわゆるバトルロイヤルゲームに似たルールのコンテンツだ。チュートリアルを終えたキャラクターであればレベルに関係なく参加でき,装備品などを持ち込めないため,誰でも同じ条件で対戦できる。

主なモードはソロで戦う個人戦と,3人までのパーティを組んで挑めるチーム戦の2つ。秘密ルームは,プレイヤーが作れるルームでバトルロイヤルが楽しめる
画像(002)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 プレイフィールドに入場すると,プレイヤーは闇の精霊の姿となる。ランダムマッチングで40人以上になるとゲームがスタートし,それぞれがマップ内に飛ばされる。その後,プレイヤーは封印されたようなキャラクターを見つけ,それに憑依することでキャラクターを操作できるようになる。

マップ内には,様々なクラスのキャラクターがいる。慣れ親しんだキャラクターを選ぶか,スキルが強いキャラを選ぶかはプレイヤー次第。いつまでも憑依せずにいると,闇の精霊のHPが減って死亡してしまう
画像(003)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 キャラクターに憑依したら,サバイバル開始だ。周辺にいるモンスターを倒したり,点在する宝箱を開けたりして,装備品やスキルを取得していく。何が拾えるかは運次第だが,スキルを得られないと圧倒的に不利な状態で戦うことになるので,積極的に箱を開けていきたい。

装備品やスキルの他に,HP回復ポーションや気絶トラップなどの消耗品が得られることもある。うまく活用して生き延びよう
画像(004)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 ほかのバトルロイヤルゲームと同様に,時間経過で活動できるフィールドは狭まっていく。常に安全なエリアを渡り歩きつつ,モンスターや他のプレイヤーを倒し,最後の1人になるまで生き残れば勝利だ。

浸食するように黒い霧がフィールドを多い,活動できる範囲を狭めていく。黒い霧の中はダメージを受けるので,安全なエリアに素早く移動する必要がある
画像(005)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート
画像(006)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

力尽きると,順位やスコアなどのリザルトが表示される。「憑依解除」をすると闇の精霊の姿に戻り,フィールドを移動して他のプレイヤーの戦いを見ることも可能だ
画像(007)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート
画像(008)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート


メディア対抗バトルロイヤル開幕! 最もサバイバルに長けたメディアはどこだ!?


 会場に集まったメディア陣は,ひとまず秘密ルームで練習プレイを行うこに。秘密ルームは,ルーム名とパスワードを知っている人のみが入場できるため,練習にはもってこいだ。

 説明を受けながら影の戦場をプレイしてみると,なるほど,これは面白い。FPS系のバトルロイヤルゲームと違い,フィールド上にいるモンスターを倒すことでも装備が集められるため,とくに最序盤はプレイヤーと戦わなくてもなんとかなりそうだ。また,スナイパーのような狙撃ができるほどの遠距離攻撃がなく,一方的に狩られるという理不尽さがないのも嬉しい。周囲を警戒して立ち回っていれば,結構生き残れそうだ。

画像(009)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート
画像(010)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 かといって,戦闘が起こらずダラダラと進むわけでもない。思ったよりも安全なフィールドの収縮が早いこともあり,10分も経過すれば中盤戦といった感じで,プレイヤー同士の戦闘が活発になる。最終的には,20分ほどで1プレイが終わるスピーディさのため,手軽に楽しむにはちょうど良い長さだ。
 ただ,個人的に気になったのは,スキルの獲得について。いくら装備がそろっても,スキルが獲得できないと他のプレイヤーとの戦闘に生き残れないのだ。ランダムでの入手とはいえ,まったくと言っていいほど太刀打ちできないのは少々厳しく感じられた。

使い慣れたクラスに憑依できたとしても,スキルを得られないとその腕前を発揮できない。得られるスキルはランダムみたいで,運の要素が大きい気がする
画像(011)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 さて,体験会に集まったのは4Gamerを含む6メディア。コンテンツがPvPとなると……そう,勝負である。ここでは,個人戦によって,最もサバイバーなメディアを決めることになった。とはいえ,マッチングはランダムなので,各メディアがそれぞれ挑戦し,終了時の順位で競うというのがルールだ。
 もちろん賞品も出るので,頑張るしかない。一般のプレイヤーも混ざった状態での勝負。とにかく順位が高ければいいのであれば,できるだけプレイヤーと戦わず,アイテムを集めながら生き延びることを目標にしてみる。

今回は盾を持っていて生存率が高そうなウォリアーに憑依
画像(012)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

とにかく宝箱を漁りまくり,フィールド収縮のギリギリまでアイテムを集めまくる。戦闘は極力回避だ
画像(013)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート
画像(014)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 筆者が参加したマップは全50人でスタートし,開始5分程度で10人が脱落するスピーディな展開となっていた。それを傍目にアイテムを集める筆者だったが,フィールド収縮とともに市街地に潜入。ここでもさらにアイテムを集めながら,他のプレイヤーの動向を探る。しかし,出会い頭に他のプレイヤーとの戦闘になってしまい,あえなく敗北。トータル順位は32位という結果になった。

マップ内にある数少ない建築物のある農場へ侵入。隠れるところも多く,ここでもう少し慎重に立ち回っていれば……と,今さらながらに思う
画像(015)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

倒されると所持しているアイテムをフィールドに落とす。生き残ったプレイヤーは,それを拾って装備をさらに充実させられるのだ
画像(016)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 全メディアのプレイが終了し,4Gamerの順位は……3位タイ。ともあれ,3位として得られるアイテムのシリアルコードをもらったので,記事の最後に掲載する。ぜひ冒険に活用してもらいたい。

 影の戦場はガチなPvPとは違い,ライト感覚で短時間でも遊べるコンテンツとなっていた。参加条件が緩く,装備品などを揃える必要がないので,手軽にプレイできるのも魅力だろう。また,賞金総額100万円相当の「影の戦場 賞金争奪バトルロイヤル」が開催中で,本稿の掲載時点でまだ2戦が残っている。腕に自信のあるプレイヤーはぜひ参加してみよう。



「黒い砂漠」2019年のテーマは「新たな試み」。Pearl Abyssから届いた最新情報を公開


 体験会の後,「黒い砂漠」日本運営プロデューサーの麥谷将人氏から,影の戦場や2019年の展開について,開発元であるPearl Abyssのメッセージが紹介された。これは,麥谷氏ら日本運営チームがPearl Abyssに質問し,同社の「黒い砂漠」開発総合プロデューサー キム・ジェヒ氏から返答を得たものだ。それぞれ,スライドを交えて掲載しよう。

画像(017)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

「黒い砂漠」日本運営プロデューサーの麥谷将人氏
画像(018)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

●「影の戦場」について

日本を含め,世界各国で参加率が高いとのこと
画像(019)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

プレイヤースキル差について,「現状でも運要素で勝利できたり,逆転できるような調整」としながらも,実力に合わせたランク戦のプランはあるようだ
画像(020)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

一撃必殺のような「逆転要素」は,あまり積極的ではないようだ
画像(021)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

まずは「影の戦場」の完成度向上が最優先とのこと。ただ,その先に大会などを開催する余地がありそうな回答だと言える
画像(022)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

●2019年の黒い砂漠

 2019年は「今までの『黒い砂漠』にはなかった,新たな試みに挑戦」という方針で開発を進めていくという。具体的な内容は語られなかったが,既存のコンテンツの修正よりも,新コンテンツの開発に注力していくということなのかもしれない。

画像(024)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

画像(025)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

総合取引所は今後,ブラウザ上での取引も可能になるという。2月後半から3月上旬に日本での実装が予定されているとのこと
画像(026)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

「領地戦」は,カルフェオンとバレンシアにある3〜4段階の拠点を占領したギルドが参加できる最上位の大規模PvP。NPCの総大将を旗印に戦うPvPとなるようで,HPの回復などに少々手間がかかる仕様になっており,いかに死なないように戦い続けるかがポイントとなるそうだ
画像(027)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

ギルドに所属していないプレイヤーが,傭兵として拠点戦や占領戦に参加できる「戦場の英雄」システム。ちゃんと報酬も設定できるという
画像(028)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

画像(029)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 「冒険者の古書」のような,オープンワールド内の冒険そのものが楽しめるコンテンツの開発も進んでいる。その1つとして,2018年夏に開催された謎解きイベント「テルミアンの秘密」のような新コンテンツの実装を予定しているとのこと。「テルミアンの秘密」はゲーム内だけでなく公式サイトにもヒントが散りばめられていたが,新コンテンツはゲーム内で完結する内容で,いつでもチャレンジできるそうだ。

どういう形になるか明言はされなかったが,コンテンツ開放への導線を容易にし,初心者でも迷わずにプレイできるような調整を検討しているとのこと
画像(030)最もサバイバーなメディアは? 2019年の展望も明かされた「黒い砂漠」新コンテンツ「影の戦場」メディア合同体験会をレポート

 今回公開された内容のほかに,3体めの幻想馬やオーディリタの実装など,過去に発表されているコンテンツにも触れており,実装時期は未定だが準備は進められているとのことだ。年始早々に実装された影の戦場を含め,2019年の「黒い砂漠」の飛躍に期待したい。


メディア対抗バトルロイヤル賞品のシリアルコード

<Web倉庫での受け取り時のアイテム名称>

■ 影の戦場実装記念プレイレポート読者プレゼントfor 4Gamer.net

ラビエンシャのシルバーダイヤリング

<シリアルコード>
BDPUmEaLJHxk

<シリアルコード有効期限>
2019/2/28(木)23:59:59

<アイテムの詳細>
■ラビエンシャのシルバーダイヤリング:下記のいずれか1個を入手

魔女の耳飾り、ベンショのネックレス、影の証、青い珊瑚礁イヤリング、凝縮された魔力のブラックストーン(武器)、凝縮された魔力のブラックストーン(防具)、先の尖った黒結晶の欠片、堅い黒結晶の欠片、クロン石、ヴォルクスの叫び、闘魂の馬具ボックス、疾風の馬具箱、魔力が込められた道具箱、[混合]経験-死神のエリクサー、[混合]歳月-調教のエリクサー、 [混合]迅速-風-呪のエリクサー、[混合]人間狩り-怒りのエリクサー、ブラックストーン(武器)、ブラックストーン(防具)、有機農飼料


「黒い砂漠」公式サイト

  • 関連タイトル:

    黒い砂漠

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日