オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Bloodborne公式サイトへ
読者の評価
89
投稿数:23
レビューを投稿する
準備中
Bloodborne
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS4「Bloodborne」はやはり人気。全世界累計実売本数が100万本を突破
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/15 11:14

ニュース

PS4「Bloodborne」はやはり人気。全世界累計実売本数が100万本を突破

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは本日(2015年4月15日),PlayStation 4用アクションRPG「Bloodborne」の全世界における累計実売本数が,100万本を突破したとの発表を行った。本作は3月26日に発売されたタイトルで,発売後1か月を待たず,100万本の大台に乗ったことになる。

Bloodborne

 Bloodborneは,Sony Computer Entertainment JAPANスタジオとフロム・ソフトウェアがタッグを組み,あの「Demon's Souls」と「DARK SOULS」を作り上げた宮崎英高氏をディレクターに据えて制作されたタイトル。ヴィクトリア朝をモチーフにデザインされた古都「Yarnum(ヤーナム)」を舞台にした“完全新作”で,「未知の探索」「死闘感」「新たなオンライン体験」をテーマに,獣狩りの狩人の物語を描いた作品となっている。

「プレイステーション 4」(PS4)専用ソフトウェアタイトル
『Bloodborne』
全世界累計実売100万本を突破

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売する「プレイステーション4」(PS4)専用ソフトウェアタイトル『Bloodborne(ブラッドボーン)』は、2015年4月5日時点で全世界の累計実売本数が100万本を突破※1いたしました。骨太で戦略性の高い確かなゲーム性と、未知の探索、そして新たなオンライン体験をプレイヤーにもたらす本作品は、世界中のユーザーの皆様から絶大なご支持をいただきながら、PS4プラットフォームの普及拡大に大きく貢献しています。

「『Bloodborne』は新たな挑戦として、PS4だからこそ実現できる世界観、雰囲気、そして手応えを目指して開発してきました。それをユーザーの皆様に存分に感じていただき、多くの方にお楽しみいただいていることを大変嬉しく思います。SCE ワールドワイド・スタジオは、今後もユーザーの皆様の期待にお応えするPS4ならではのゲーム体験をお届けしてまいります。」
(SCE WWS プレジデント 吉田 修平)

『Bloodborne』は、今なお世界中で支持されている『Demon's Souls』を生んだ、SCE JAPANスタジオとフロム・ソフトウェアのタッグによる新作アクションRPGです。「未知の探索」「死闘感」「新たなオンライン体験」をテーマとして、呪われた古都ヤーナムを舞台に獣狩りの狩人(ハンター)の物語を描きます。
SCEは、今後も魅力的なソフトウェアタイトルやネットワークサービスの提供を通じ、PS4の普及拡大を強力に推進してまいります。

※1 実売数量は、Blu-ray Disc版の当社調査による推計値およびPlayStation Store等からのダウンロード数の総数です。日本は2015年3月26日から2015年4月5日までの数値、アジアは2015年3月24日から2015年4月5日までの数値、北米は2015年3月24日から2015年4月4日までの数値、欧州各国・地域は2015年3月25日から2015年4月4日までの数値です。
※ 「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。また、「PS4」は同社の商標です。
※ Blu-ray Discは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
※ その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

関連記事:ついに獣狩りの夜が始まる。「Bloodborne」の戦闘とアクションをプレイムービーでお届け

「Bloodborne」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Bloodborne

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月