オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/06/07 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

画像(001)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」
「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamで公開されている気になるタイトルを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,Oculus Questを付けているのに足元が気になって動けない上級Steamerにジョブチェンジできるかも。これがファントムペインか(違う)。

 ハロー!Steam広場 第242回は,「Diablo」の生みの親デイビッド・ブレヴィック氏が手がけるテラリア風アクションRPG「It Lurks Below」を紹介しよう。プレイヤーは,魔物の巣窟と化したダンジョンを“ピッケルで掘り進み”,アイテムを手に入れ,キャラクターをひたすら強くしていくのだ。

4Gamer公式キュレーター



画像(002)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

Diabloの父が手がけるテラリア風アクションRPG「It Lurks Below」


 今回は,「Diablo」の生みの親として知られるデイビッド・ブレヴィック氏の個人スタジオ,Graybeard Gamesが手がける「It Lurks Below」を紹介しよう。

 本作は,魔物の巣窟と化した巨大な地下ダンジョンを掘り進み,アイテムを手に入れ,キャラクターをひたすら強くしていく,ハック&スラッシュタイプの2Dアクションゲームだ。
 グラフィックスだけ見ると「テラリア」クローンといった印象を受けるが,世界観そのものはさすがブレヴィック氏の作品と思えるダークファンタジーな味付けになっており,疲労度や空腹度といったサバイバル要素も相まって,なかなかコア向けなタイトルに仕上がっている。

テラリアよろしく,本作はピッケルで地面を掘りながらダンジョンを探索していく
画像(006)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

 プレイヤーは,「ウォリアー」「パラディン」「ウィザード」「ローグ」「バード」「ネクロマンサー」「クレリック」「エンチャンター」という異なるクラスの中から1つを選択して,ゲームの世界に降り立つ。
 各クラスには専用のスキルが用意されており,それによって戦闘での立ち回りも変わるわけだが,クラスを決める段階ではどういったスキルを覚えるのか不明なのだ。ただ,どのクラスを選んでもちゃんと戦えるので,ここは自分の好みで選ぶのが良いだろう。

筆者がとりあえず選んでみたローグはけっこう使いやすかった。ステルススキルを使って安全にダンジョンを探索できるうえ,奇襲攻撃も得意なので,初心者にもオススメだ!
画像(013)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

 ゲームの中心は,ハック&スラッシュとトレジャーハントなので,ほとんどの時間はダンジョンで過ごすことになる。ダンジョンでは,さまざまなタイプの魔物がうごめいるが,基本的にプレイヤーのほうが強いので,複数の魔物に囲まれても問題なく蹴散らせるだろう。ただ,通常の魔物よりも強力なネームド(名前付き)が,雑魚の中に混じっていることもあるので,油断は禁物だ。

画像(012)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

 魔物を倒したり,宝箱を開けたりすると装備が手に入ることがある。装備には,攻撃力や防御力といった基礎ステータスのほか,攻撃スピードや属性,「獲得経験値アップ」といった特殊効果がランダムで付与されており,同じ名前の装備でも性能はさまざま。いろいろな効果が重なっていると,テキストの数値だけでは性能の良し悪しが判断し辛いので,そういった場合は,とりあえず使って見るのが一番だ。
 剣なのに攻撃力が低いと思ったら,斬撃が飛ぶ仕様になっていたりと,使って初めて真価が分かることもあり,これがトレハンの醍醐味と考えるプレイヤーも多いはず。そのあたりのツボをしっかりと押さえているところは,さすがDiabloの生みの親といったところか。

レベルは生活系と戦闘系に分けられており,採掘したりクラフトしたりすると生活,敵を倒すと戦闘の経験値がもらえる
画像(009)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

戦闘レベルがあがるとステータスポイントの振り分けが発生,生活レベル上がるとさまざまなスキルをアンロックできる
画像(014)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」 画像(015)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

 ダンジョン探索中は回復手段が乏しいうえ,プレイヤーにはHPだけでなく疲労度や空腹度もある。なので,消耗してきたら地上に戻って食事や睡眠を取らなければならない。ただ,魔物は地上にもいるので,安全に休息が取れる場所――つまりは我が家も必要になるわけだ。
 本作では,土や岩を掘るとブロック素材として入手できるので,それを配置して家を作っていく。とりあえずは魔物が入ってこれなければ良いので,プレイヤーの周りをブロックで囲っただけの簡素な家でも問題ないが,作業台やベットなどを配置することを考えると,広めにスペースを取っておいたほうが無難だろう。

家の中からダンジョンに潜れるようにしておくと,何かと便利なのでオススメ
画像(016)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

 また,チュートリアルクエストのようなものを進めていくと,ホームストーンというアイテムがもらえる。これを家に設置しておけば,ダンジョンから瞬時に帰還できるだけでなく,もう一度ホームストーンに触れれば,先ほどまでいた場所にすぐ戻れる。ダンジョン探索がたいへん捗るようになるので,本格的なダンジョン潜りを始める前に,チュートリアルクエストはこなしておくと良いだろう。

画像(010)ハロー!Steam広場 第242回:見た目は「テラリア」中身は「Diablo」なアクションRPG「It Lurks Below」

 全体的な印象としては,生活系よりも戦闘に重きを置いた「テラリア」といった感じだが,ダークファンタジーな世界観や複数のクラス,爽快感のある戦闘,トレハンでキャラクターを強くしていく成長ロジックなど,ブレヴィック氏の作品らしさがふんだんに盛り込まれており,ハック&スラッシュが好きな人には刺さる作品になっているので,興味のある人はぜひ遊んでみてほしい。



  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    It Lurks Below

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月