オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/08/14 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

画像(013)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」
「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamで公開されている気になるタイトルを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,ゲームごとに最適なマウスを使い分ける上級Steamerにジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第294回は,Steppe Hare Studioが手掛ける一人称視点の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」を紹介しよう。主人公は,家族を養うために空き巣を繰り返す盗人で,本作では閑静な住宅街の丘の上にある豪邸に忍び込むのだが,そこでさまざまな怪奇現象に見舞われることになる。

※来週のハロー!Steam広場は,筆者取材のため休載となります。次回の更新は8月28日です。



画像(014)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」


 俺は盗みで生計を立てている。褒められたもんじゃないが,これで家族を養ってるんだ。狙うのは富裕層の家で,今夜も大きな屋敷で仕事をする予定だった。入口がどんなに強固に守られていようと俺には関係ない。長年の仕事で培ってきたこの腕と頭があれば,俺に入れない家なんてないからだ。ただ,今回の屋敷は話が違った。入るのは簡単だったが,生きて出られる気がしない――。

画像(018)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

 今回紹介する「HOUSE ON THE HILL」は,海外のインディーズ系デベロッパSteppe Hare Studioが手掛ける一人称視点の謎解きホラーアドベンチャーだ。主人公は,家族を養うために空き巣を繰り返す盗人で,本作では閑静な住宅街の丘の上にある豪邸に忍び込むのだが,そこでさまざまな怪奇現象に見舞われることになる。まあ自業自得なのだが,操作するのはプレイヤーなので他人事ではない。

画像(016)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

 このゲームには5つのエンディングが用意されており,どのエンディングにたどり着くかはプレイヤーの行動によって変わってくる。宝石が保管されている部屋まで直行してもいいし,地下へと続く階段が気になるのならばそっちに向かっても良い。いずれにせよ,ルートが決まると不思議な力によって閉じ込められ,引き返すことができなくなるので,あとは決心を固めてただ進むのみだ。

画像(015)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

 本作には走ったりしゃがんだりといったアクションがなく,基本的には歩いて探索をすることになる。道中にはちょっとした謎解きもあるが,難解なものはないので,探索に行き詰まるようなことはないだろう。
 そうして屋敷内を探索していると,奇妙な出来事が次々と起きる。扉が勝手に開閉したり,電気が突然消えたり,ひそひそと話す声が聞こえてきたりと,演出はベタなものばかりだが,これから起きることの前菜のようにも思え,気の抜けない時間が続く。まるで,お化け屋敷の中を歩かされているような気分だ。

画像(003)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

 そんな心細い中で,プレイヤーの支えとなってくれるのが相棒の存在である。彼は屋敷の設計図を持っているようで,無線越しにプレイヤーを手助けしてくれるのだ。それだけでなく,くだらない雑談を投げてきたり,プレイヤーに合わせてオーバーに怖がってくれたり。ピンチのときには頼りになるサポートだが,気が気でない状況の向こう側でおちゃらけているその温度差が,変に海外ドラマちっくで面白かったりもする。

画像(010)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

 本作は終始何かに追われたりするゲームではないが,ゲームオーバーの概念はちゃんとある。その要因を書くとネタバレになってしまうので控えるが,ゲームオーバーになっても少し手前に戻されるだけなので,トライ&エラーはしやすいはず。
 そうしていくつもの困難を乗り越えていずれかのエンディングに到達すると,屋敷に入る直前まで時間が巻き戻され,またいちからのスタートとなる。これを繰り返していくことで,屋敷の秘密が徐々に明らかになるという仕掛けなので,5周する(エンディングをすべて見る)ことを前提として考えるならば,なかなかのゲームボリュームだ。

画像(017)ハロー!Steam広場 第294回:空き巣に入った先はお化け屋敷。自業自得の謎解きホラーアドベンチャー「HOUSE ON THE HILL」

 そんな本作は2020年9月までアーリーアクセス中だが,現時点でエンディングはすべて実装済みとなっており,正式リリースまでにより多くのイベントやシーンを追加していくとのこと。また,ストーリーラインとエンディングの拡充も予定しているそうだ。
 1つ残念なのは日本語ローカライズされていないところで,本作の醍醐味でもある相棒とのやりとりを楽しむのであれば,それなりの英語力が求められる。それを踏まえたうえで,興味のある人はぜひ遊んでみてほしい。


  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
93
66
54
VALORANT (PC)
44
VALIANT TACTICS (PC)
2020年03月〜2020年09月