オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
NieR:Automata公式サイトへ
読者の評価
84
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
88
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に「ニーア」シリーズのヨコオタロウ氏が登壇。11月23日に九州産業大学で開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/04 12:40

ニュース

「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に「ニーア」シリーズのヨコオタロウ氏が登壇。11月23日に九州産業大学で開催

画像(002)「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に「ニーア」シリーズのヨコオタロウ氏が登壇。11月23日に九州産業大学で開催
 CEDEC+KYUSHU 2019実行委員会は本日(2019年9月4日),11月23日に九州産業大学で開催予定のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に,ゲームディレクターのヨコオタロウ氏が登壇すると発表した。

 ヨコオ氏と言えば,「ニーア」シリーズや「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズなど,独特の世界観を持った作品を生み出した人物。モデレーターはサイバーコネクトツーの松山 洋氏が担当する。
 そのほかのセッションにも,フロム・ソフトウェアの中谷洋貴氏井手 匠氏,ポリフォニー・デジタルの齋藤 彰氏など,著名なクリエイターが登壇する予定となっている。受講希望の人は,以下のリリース文で詳細をチェックしよう

「CEDEC+KYUSHU 2019」公式サイト


「ニーア」シリーズを手掛ける鬼才、
ヨコオタロウ氏による基調講演が決定!
受講申込受付中!
早期購入割引は10月31日(木)まで!

2019年11月23日(土)に福岡市の九州産業大学 1号館にて、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けのカンファレンスとして「CEDEC+KYUSHU 2019」(主催:CEDEC+KYUSHU 2019実行委員会、共催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)を開催いたします。
※セッションの詳細は後日ご案内いたします。

画像(001)「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に「ニーア」シリーズのヨコオタロウ氏が登壇。11月23日に九州産業大学で開催

■開催日時:2019年11月23日(土)
■開催場所:九州産業大学 1号館(福岡県福岡市)

基調講演として、ゲームディレクター・ヨコオタロウ氏の登壇が決定!
「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演として、「ニーア」シリーズをはじめ、独特な世界観を持つ作品で知られるゲームディレクター・ヨコオタロウ氏の登壇が決定いたしました!

【プロフィール】

ヨコオタロウ
株式会社ブッコロ代表取締役 兼 ゲームディレクター
1970年生まれ。愛知県出身。神戸芸術工科大学を卒業後、株式会社ナムコ、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントを経て、株式会社キャビアへ入社。デザイナーとして経験を積んだ後、「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズや『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』のディレクションを担当する。

株式会社キャビアを退社後に株式会社ブッコロを立ち上げ、2017年には『ニーア オートマタ』をリリースした。その独特な世界観や物語は「ヨコオワールド」と呼ばれており、最近はスマートフォン向けアプリ『シノアリス』や、漫画『君死ニタマフ事ナカレ』や舞台の原作などでも、幅広く活躍する。
主な作品:「ドラッグ オン ドラグーン」シリーズ、「ニーア」シリーズ、『シノアリス』など。

【モデレーター/松山洋】

画像(003)「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に「ニーア」シリーズのヨコオタロウ氏が登壇。11月23日に九州産業大学で開催

【プロフィール】
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役
1970年生まれ。ゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。アニメや映画、もちろんゲームも漫画も幅広く、こよなく愛している。非常に“濃く”“熱い”人間である。主な作品:「NARUTO−ナルト− ナルティメット」シリーズ、「.hack」シリーズなど。

受講申込受付中!早期購入割引価格は10/31 (木 23:59 まで!
参加対象は、コンピュータエンターテインメント開発に関わる技術者やクリエイター、学生など。技術セッションを中心に全40セッションを予定しています。受講をご希望される方は是非お申し込みください!

画像(004)「CEDEC+KYUSHU 2019」の基調講演に「ニーア」シリーズのヨコオタロウ氏が登壇。11月23日に九州産業大学で開催

受講受付詳細

http://cedec-kyushu.jp/2019/entry.html

フロム・ソフトウェアやレベルファイブ、サイバーコネクトツー、ガンバリオンなどによるCEDEC+KYUSHU 2019でしか聞けないセッション多数!
CEDEC+KYUSHU 2019で実施されるセッションの一部をご紹介いたします。株式会社フロム・ソフトウェアによるユーザビリティとアートの両立に関するセッションや、KLab株式会社によるモバイルオンラインゲームの安定運用に関するセッション、株式会社ポリフォニー・デジタルによるモデリング手法に関するセッションなど、当イベントでしか聞けない貴重なセッションを実施予定です。

招待セッション

GD(ゲームデザイン)/VA(ビジュアルアーツ)
ユーザビリティとアートの両立 -SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEの背景グラフィック制作
登壇者:株式会社フロム・ソフトウェア:中谷 洋貴氏/井手 匠氏

公募セッション

VA(ビジュアルアーツ)/ENG(エンジニアリング)
Procedural Hard surface Modeling メカデザインを周波数で分解したモデリング手法の紹介
登壇者:株式会社ポリフォニー・デジタル:齋藤 彰氏

PRD(プロダクション)/ENG(エンジニアリング)
大規模モバイルオンラインゲームにおける安定運用のための仕組み
登壇者:KLab株式会社:作田 政幸氏/山田 雅人氏

VA(ビジュアルアーツ)/PRD(プロダクション)
オリジナルアニメ『メカウデ』少人数体制での3DCGを活用した2Dアニメ制作とそのワークフロー
登壇者:TriFスタジオ:河村 翔太氏

VA(ビジュアルアーツ)
『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』〜世界に惹き込むビジュアル表現術〜
登壇者:株式会社レベルファイブ:梁井 信之氏/田中 悠路氏

BP(ビジネス&プロデュース)/PRD(プロダクション)
2年で現地スタッフ30名!カナダ・モントリオール現地開発スタジオ設立とその経過
登壇者:株式会社サイバーコネクトツー:山之内 幸二氏/宮崎 太一郎氏

ENG(エンジニアリング)
広大なフィールド制作における問題点と解決方法
登壇者:株式会社ガンバリオン:吉田 遼平氏/小田垣 寛樹氏
※セッションのタイトルは変更となる可能性がございます。
  • 関連タイトル:

    NieR:Automata

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日