日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 2018年7月4日のインテックス大阪公演から始まり,東京公演の最終日までを駆け抜けた「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」。通称「スタライ」と呼ばれる本イベントは,2017年の秋冬に行われた1st Tour(Morning Star!)に続く2度目のバーチャルライブツアーです。本稿では,7月23日に行われた幕張メッセでの最終日夜公演の模様を,ライターたまおがレポートします。

画像(001)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 猛暑を記録したこの日,ライブが行われる幕張メッセのホール4は会場外の気温に負けないほどの熱気で包まれていました。客席の照明が落ち,ステージがカラフルなライトで照らされると,Trickstar,UNDEAD,Knights,紅月,2winkのロゴが次々に現れ,期待でいっぱいの会場の熱はさらに上昇します。

 ステージ両脇の生バンドメンバーによってイントロが奏でられるなか,トップバッターのTrickstarがステージのセリから飛び出すようにジャンプして登場! 実はこのジャンプアップでの登場は,最終公演のみの特別演出とのこと。「行っくよ〜! 幕張ライブ!」とスバルが元気よく宣言し,この日にぴったりのナンバー「DIAMOND SUMMER」を熱唱しました。4人は“キセキシリーズ”のサマーライブの白い衣装に身を包んでおり,ここはまるであの夏の日のステージのようです。元気に手を振りながら笑顔で歌う彼らから,CDで聴く何倍,何十倍もの熱量が客席まで伝わってきて,ペンライトを振るファンも負けじと大歓声を送って応えます。

「僕たちが,Trickstar!(北斗,スバル,真,真緒)」

 そう,ステージにいるのは私たちの知っているTrickstar。しかしステージに立つその姿からは,いつも画面越しに見ている彼らが“実在していた”なんて言葉では足りないほどの熱量を放っているのです。そのエネルギーに涙腺がゆるみ,筆者は早くも涙がにじみました。

画像(003)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート
画像(004)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 「DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-,盛り上げていくぞ!(北斗)」「次はなんと,初登場のユニットだ!(真緒)」と,Trickstarがステージをあとにすると,客席が再び暗転します。スクリーンに紅月のロゴが映し出されるや客席からは大きな歓声が上がり,紅いペンライト一色に染められる光景は,まるで会場中が炎に包まれているかのようです。

 「スタライ」初登場のユニット・紅月の1曲目は「百花繚乱、紅月夜」。扇子を片手に,着物をベースとしたユニット衣装に身を包んだメンバーが登場し,優雅かつ男らしく,紅月ならではの貫禄で観客を圧倒します。これこそが常勝不敗のユニット! 「ハッ!」「セイヤッ!」「サアサアサア!」の掛け声で会場は一体となり,間奏での颯馬の日本刀を使ったアクションには「待ってました!」とばかりに客席からも大喝采が上がります。3人はそのままの勢いで「花燈の恋文」を披露。彼らの舞に合わせてふわりと揺れる袂が目に映るたび,会いたかった彼らが確かにここにいるのだと伝わってくるようで胸が熱くなりました。
 「我ら,紅月!(敬人,紅郎,颯馬)」と台詞を決めたのち,「正義の裁きをくれてやる」と敬人が告げ,続けて「斬 -決意ノ刃-」を熱唱しました。3人は鞘に収められた刀を手に歌い舞いながら,ついには抜刀してこれを天に掲げます。これぞまさに彼らの「煌めく決意の刃」。“圧巻”のひとときを終え,ステージを去っていきました。

画像(007)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート
画像(005)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 ざわめきと興奮の収まらぬなか,今度はステージがピンクとグリーンのライトで照らしだされました。続いては「スタライ」初出演の2winkです! 2人は軽快なアクロバットで元気に登場し,2winkならではのカラフルポップな世界に観客を誘います。「ハートプリズム・シンメトリー」のエレクトロニックでキュートなサウンドに乗せてダンスする2人を見て驚いたのは,その大きな存在感です。2winkは生まれてからずっと一緒にいる家族として,そしてアイドルユニットとして共に過ごしてきた強い絆があります。2人の絆やこれまでに乗り越えてきたもの,その想いを,彼らがステージで抱き合う姿から感じ,幸せで楽しくて仕方ないはずなのに胸が熱くなって涙があふれてきました。

 続く「2winkle Star Beat☆」では,ステージの上が満天の星空で彩られます。MCでは「ついについに,俺たちもツアーに参加しちゃったよ! 嬉しいね,ゆうたくん!(ひなた)」「そうだね,アニキ!(ゆうた)」と2人の楽しい掛け合いがあったのち,「歓迎☆トゥ・ウィンク雑技団」へと続きます。カンフーをイメージしたポーズやアクロバット,軽やかな馬跳びまで披露する2人の見事なシンクロダンスには,さすが大道芸で鍛えた身体能力だ……! と唸らされました。ファンがコールする「ATTENTION PLEASE!」の一体感のパワーも凄まじく,これはもう,彼らが目指す“てっぺん”が取れたと言っても間違いではないでしょう!

画像(009)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート
画像(010)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 ここからは宵闇の時間,魔物たちの登場です。暗がりからすうっと浮き上がるように現れたUNDEADが身に纏うのは,なんと“衝突!思い還しの返礼祭”イベントの衣装です。これには会場中のファンが驚きと興奮で絶叫し,フロアが熱狂の渦に包まれました。そして聴こえてくるのは,狼の遠吠えのような歪むギターの音色,そうこの曲は「Gate of the Abyss」。文字どおり深淵(Abyss)の扉が開き,観客は自ら首を差し出す生け贄となるかのようです。夜に活動を始める魔物たちは実に活き活きと歌い,動き回り,彼らもまた紛うことなき“アイドル”なのだということを思い出させます。気づけば瞬きすらも惜しいほど懸命に彼らの姿を追っていました。
 歌う姿とのギャップを感じさせる,一見殺伐としながらもどこかほのぼのとした空気感のMCを挟み,続いては「Darkness 4」を熱唱。この骨太で重厚なナンバーからは,ほかのユニットにはない揺るぎない力強さが伝わってきます。みんなで一緒に! という明るさやハツラツさとは異なる魅力を持ちながら,集まった観客全員を虜にして一体化させてしまうような彼らの存在感をあらためて痛感しました。そして歌い終えると4人は再び,暗闇に溶けてゆくように姿を消したのでした。

画像(011)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート
画像(012)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 宵闇はもう十分でしょう? とばかりに,今度は会場中の観客,いや“お姫様”がお迎えされる時間です。悲鳴にも似た大歓声に包まれて,白と紺を基調としたユニット衣装に身を包んだ騎士たち,Knightsが登場し「Voice of Sword」を熱唱しました。Knightsは前回のツアーに続いての出演となりますが,彼らはもはや騎士というより王者の風格。計算し尽くされたパフォーマンスと歌,魅せ方,今夜の主役は誰にも奪わせないとばかりにその存在感を示します。彼らのステージは,何度見ても他の追随を許さないなと思わされます。

「みんな,うっちゅ〜☆(レオ)」

 このお馴染みの挨拶から始まり,「セカンドツアーも参加できてうれしいわ♪(嵐)」「どうかこの手を取るかわりにPenlightで応えていただけると嬉しいです(司)」「セッちゃん,このままだとうっかり横取りされちゃうんじゃない?(凛月)」「俺のお姫様なら,俺という騎士から目移りなんてできないよねえ?(泉)」と,パフォーマンス中とは打って変わってゆるりとした雰囲気のMCが繰り広げられます。Knightsもまた,オンとオフの切り替えに驚かされるプロフェッショナル集団なのです。

画像(013)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 「この剣を捧げよう」とレオが告げ,透明感あふれるイントロに乗せて始まった次の曲は「Silent Oath」。無数の光の粒がステージとフロアに降り注ぎ,それが空の星へと変わります。ゆったりとしたミディアムテンポのこの曲には激しいダンスはないものの,決して妥協しない,アイドルのプロフェッショナルとしての彼らの姿が輝いていました。静かなる誓い,聖なる騎士たちによるステージが終わると,ここでTrickstarが再びステージに登場します。かけがえのない,良きライバルであるメンバーたちがハイタッチする貴重な姿に,客席からは大きな歓声が上がっていました。

画像(014)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 ここからライブは後半へ。
 Trickstarが今夜2曲目に披露するのは,前回のツアーでもお披露目した「虹色のSeasons」です。夢ノ咲学院に革命を起こしたTrickstarの魅力は,そこにいる誰かをひとり残らず笑顔にして,みんなでつながろうとするあたたかさと揺るぎない希望のように思います。なぜ,この「スタライ」がこんなに泣けるのか。それはきっと,私たちファンはみんな,アイドルである彼らがどんな想いをしてここまで来たのかを知っているから。ぶつかりあって喧嘩したり,一緒に泣いたり笑ったり,レッスンで活動を共にするだけではなく,たくさんの日々を過ごしてさまざまな想いを抱え,この歌を届けたいという同じ夢を持ってステージに立っているからなのだと。そんなことを思い出させてくれるような一曲でした。

 「ありがとう! またね!」とステージをあとにするTrickstarに変わって再び登場するのは紅月です。今度の彼らは“剣戟!月光浪漫の歌劇”の衣装を身に纏っており,客席からの悲鳴のような歓声に迎えられます。なんと,洋装の紅月にお目にかかれるとは……!
 「伊達に常勝不敗ではないのだ(敬人)」「紅く染まる会場が眩しいねえ(紅郎)」「我らの色で,気合いも十分!(颯馬)」と,彼らも貫禄たっぷりに応えます。この衣装で披露するのはもちろん,ブラスサウンドと小粋なリズムに思わず体が揺れてしまう「剣戟の舞」です。サーベルを手にして舞い踊る姿に,泣く子も黙る常勝不敗ユニットの実力は伊達ではない,帽子に手袋の夜警衣装なんてズルすぎる! とばかりに,観客全員の目も耳も釘付けにしたのでした。

 続いての2winkは“開演 ダークナイトハロウィン”の衣装で登場です! 白黒ストライプのタイツにコウモリの羽根が印象的なこの衣装は,数ある2winkの衣装の中でもとくに印象に残っているファンも多いのではないでしょうか。そんなハロウィンのいたずらな“使い魔”たちが歌うのは、もちろん「TRICK with TREAT!!」。ということはまさか彼らが……? とステージに現れたのは,スポットライトに照らされた“UNDEADモンスター”です!
 「トリック・オア・ミート!(アドニス)」などの名セリフに,観客も笑顔で声援を送ります。ハロウィンのおばけを思わせる可愛い双子のダンスに夢中になりながら,みんなで一緒に「LET'S PARTY!」とコールし,真夏のハロウィンパーティーは大盛況となりました。思わぬ共演も大いに盛り上がり,ステージは続けてUNDEADの時間へ。

画像(015)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート 画像(016)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート
画像(017)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 スタンドマイクを前に妖しく踊り,歌声のハーモニーで魅了する「ハニーミルクはお好みで」を披露したのち,次がラストの曲だということで寂しがる零。「名残惜しいが,だからこそ力強く歌おう(アドニス)」「君のためなら頑張れるよ,たんぽぽちゃん♪(薫)」とやる気を出すメンバーに,しょぼくれているのは“吸血鬼ヤロ〜”だけだと晃牙が発破をかけます。「覚悟はできてんだろうな愚民ども!?」と叫ぶ晃牙に続き,観客からの声援も受けた零は「誰についても奈落行きじゃよ……♪」と魔物の長らしく不穏な空気たっぷりに告げ,次の曲へと誘います。そして始まったイントロに,会場中が大絶叫! UNDEADきっての“暴れ曲”「Melody in the Dark」で,ステージに映し出される“UNDEAD”の文字に合わせ,会場一体となった「We are UNDEAD!!」コールを響かせます。メンバーはステージを所狭しと暴れまわり,間奏では前回のツアーでも披露された晃牙のバタフライジャンプも飛び出し,熱狂の宴が繰り広げられたのでした。

画像(018)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 怒涛の展開はまだまだ終わりません。続いて登場したのは,“反逆!王の騎行”,通称“ジャッジメント”衣装のKnightsです。「あんスタ」の中でも屈指の名イベントであるジャッジメントは,リーダーである月永レオの復活と4人のKnightsの戦いが描かれました。ファンならご存じのように,この衣装で“5人のKnights”として歌ったことはこれまでに一度も,どこの世界でもありませんでした。マントがひらめく衣装の格好良さもさることながら,その事実に目頭を熱くした人も多かったに違いありません。

 そんなKnightsが“お姫様”たちに向けて歌うのは「Article of Faith」です。メンバー同士が笑顔を交わし,触れ合い,ラスサビでは手を振ったり,ファンに向けて笑いかけたりと動き回ります。闘争をこえて1つになったKnightsが,再び忠誠を誓う瞬間。まるで彼らの頭上に誓いの剣が見えるような,そんなかけがえのない時間でした。そのままの勢いで披露された「Fight for Judge」の熱狂ぶりも凄まじく,とてつもないパワー,とてつもない熱量,これこそがKnightsなのだと,心にしっかりと刻みつけられたように感じました。

画像(021)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 本編ラストでは,前回のツアーでも披露された“春嵐!花舞う桜フェス”の衣装を身につけたTrickstarが登場します。淡い桃色のジャケットが印象的なスタイルに合わせて,「ピンク色のペンライトが似合う色だから,ぜひピンク色にしてみてね!(真)」と観客に投げかけます。チェリー色に染められた世界のなか披露された曲は,ハッピーでお祭り騒ぎな「CHERRY HAPPY STREAM」です。桜の花びらが舞うスクリーンをバックに,4人でお揃いのステップを踏み,はじけるように踊るメンバーたち。Trickstarにもまた“この4人だからこそ生まれる空気”があるように感じます。ステージ対ファンという図式ではなく,一緒に楽しもう,一緒に歌おう,騒いじゃおう,そして一緒に未来へ行こう! というパワーがあるのです。そのパワーに満ちあふれた彼らは,とびきりハッピーに会場中を染め上げ,ステージをあとにしたのでした。

画像(022)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート 画像(023)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 ライブはここで終わりではありません。鳴り止まぬアンコールの声に応え,再びTrickstarがステージに登場します。今度は,今回のツアーTシャツ姿です。黒いTシャツの下はいつものチェックのユニット衣装で,カジュアルなイメージは少し肩の力が抜けたアンコールの雰囲気によく合っています。披露したのは「Rebellion Star」と,彼らの,そしてアイドルを目指すみんなの曲でもある「ONLY YOUR STARS!」
 頭上から舞い落ちるたくさんの銀テープがきらきら輝くさまが美しくて,まだ観ていたい,ずっとここでみんなの歌を聴いていたいと心から願わずにはいられませんでした。永遠に終わらないステージはないけれど,彼らが切り拓く未来なら,この先もずっとついていけるし,ついていきたい。たとえどんな道行きになるか分からなくても,そこには希望がきっとあるからと。そんな風に,感じました。

画像(024)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート 画像(025)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート
画像(028)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 歌が終わるとステージに全ユニットが登場しました。みんなが一列に並んだ姿は圧巻です! 彼らは観客に向けて「ありがとうございました!」と声を揃え,客席からも「ありがとう!」と歓声が上がり,幸せなエネルギーが満ちるなか,大きな拍手に包まれたアイドルたちはステージをあとにしました。

画像(034)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

 暗転後,スクリーンには「THANK YOU EVERYBODY」の文字が現れます。その後,2019年春に3rd Liveの開催が決定したとの発表がありました。ステージにはTrickstarのメンバーが再びサプライズで登場し,次も楽しみにしていると挨拶してくれました。そして今度こそ最後に,スクリーンに「SEE YOU AGAIN」のメッセージが現れます。「また会おう」そう約束して,夏より熱い2nd Tourのすべての公演が幕となりました。

画像(032)夢ノ咲のアイドルたちがこの夏を最高に熱くした! 「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour“Bright Star!”-」ライブレポート

「あんさんぶるスターズ!」公式サイト

「あんさんぶるスターズ!」ダウンロードページ

「あんさんぶるスターズ!」ダウンロードページ


■SET LIST
DIAMOND SUMMER/Trickstar
百花繚乱,紅月夜/紅月
花燈の恋文/紅月
斬 -決意ノ刃-/紅月
ハートプリズム・シンメトリー/2wink
2winkle Star Beat☆/2wink
歓迎☆トゥ・ウィンク雑技団/2wink
Gate of the Abyss/UNDEAD
Darkness 4/UNDEAD
Voice of Sword/Knights
Silent Oath/Knights
虹色のSeasons/Trickstar
剣戟の舞/紅月
TRICK with TREAT!!/2wink
ハニーミルクはお好みで/UNDEAD
Melody in the Dark/UNDEAD
Article of Faith/Knights
Fight For Judge/Knights
CHERRY HAPPY STREAM/Trickstar

―encore―
Rebellion Star/Trickstar
ONLY YOUR STARS!/Trickstar

■出演
Trickstar
氷鷹北斗
明星スバル
遊木 真
衣更真緒

UNDEAD
朔間 零
羽風 薫
大神晃牙
乙狩アドニス

Knights
月永レオ
瀬名 泉
朔間凛月
鳴上 嵐
朱桜 司

紅月
蓮巳敬人
鬼龍紅郎
神崎颯馬

2wink
葵ひなた
葵ゆうた

注目の記事

1
★★★★★★★★
2
★★★★★★★
3
★★★★★★
4
★★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★
9
★★★
パッケージ
あんさんぶるスターズ!公式サイトへ
  • Happy Elements
  • 発売日:2015/05/01
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する