オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
鉄拳7公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
鉄拳7
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「鉄拳7」の世界ツアー日本ラウンド「TEKKEN WORLD TOUR TOKYO TEKKEN MASTERS」フォトレポート。韓国のKnee選手が激闘を制す
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/21 15:16

イベント

「鉄拳7」の世界ツアー日本ラウンド「TEKKEN WORLD TOUR TOKYO TEKKEN MASTERS」フォトレポート。韓国のKnee選手が激闘を制す

 バンダイナムコエンターテインメントは2018年8月18日と8月19日に,対戦格闘ゲーム「鉄拳7」PC / PlayStation 4 / Xbox One)のワールドツアー日本ラウンド「TEKKEN WORLD TOUR TOKYO TEKKEN MASTERS」を,東京・港区のバンダイナムコ未来研究所で開催した。

鉄拳7

 鉄拳ワールドツアー(以下,TWT)は,1年間を通して世界各地で開かれるポイント制の大会で,選手は各地で結果を残しポイントを積み重ね,12月にオランダ・アムステルダムで開催される「鉄拳ワールドツアーファイナル」への出場を目指す。

 TWTの大会カテゴリは,「マスター」「チャレンジャー」「オンライン」の3つに分けられ,本大会はマスターに区分される。
 マスター区分の大会は,上位入賞者に付与されるポイントが,チャレンジャー/オンラインと比べて高く,カテゴリの中で最も重要視される(マスター:優勝300pts,チャレンジャー/オンライン:優勝150pts)。

 また,本大会で上位4名までに入賞した日本国内在住の選手には,日本eスポーツ連合(JeSU)が認定するジャパン・eスポーツ・プロライセンスが発行される。

鉄拳7

 大会のレギュレーションは,60秒3ラウンド制,ダブルイリミネーション,2試合先取勝利式(ウィナーズファイナルから3試合先取)というルールで行われ,予選には国内外の選手270名以上が参戦した。

 本稿では,予選を勝ち残った8名によるDay2・決勝トーナメントの模様をフォトレポートでお伝えする。また,大会の途中では「鉄拳7」に関する新情報も告知されていたので,合わせてお伝えしよう。

「TOKYO TEKKEN MASTERS 2018」公式サイト



鉄拳7の新情報が発表された告知コーナー


 順番が前後するが,まず始めに,ベスト4が決定した後に行われた告知コーナーで発表された情報についてまとめていこう。
 このコーナーには,「鉄拳」シリーズのチーフプロデューサー 原田勝弘氏,「鉄拳7」「ソウルキャリバーVI」プロデューサーの大久保元博氏,「鉄拳7」開発プロデューサー兼ゲームディレクターの池田幸平(ナカツ)氏が登場し,「鉄拳7」の新情報などを発表した。

左から,大久保元博氏,原田勝弘氏,池田幸平(ナカツ)氏
鉄拳7

英語配信では,マークマンことMark Julio氏と,鉄拳開発チームのMichael Murray氏が登場。告知内容を解説した
鉄拳7

 まず,始めに10月18日にPS4/Xbox One版が,10月19日にPC版が発売される「ソウルキャリバーVI」の告知が大久保氏から行われた。

 「ソウルキャリバーVI」の情報については,すでに発表されている情報を総ざらいするものだったが,大久保氏は「もうそんなに残っているわけではないですが,未発表のキャラクターもまだおりますので,お待ちいただければ幸いです」「gamescom 2018でいろいろと情報を出しますので,ご期待ください」と述べた。

鉄拳7

 続いて,原田氏とナカツ氏から「鉄拳7」の情報が発表された。既にこちらでもお伝えしているが,DLCシーズンパス第2弾の配信日が9月6日に決定したことが発表され,シーズン2で追加となる「アンナ・ウィリアムズ」「レイ・ウーロン」の最新トレイラーが公開された。

鉄拳7
鉄拳7

 追加キャラクターでまだ発表されていない3体について原田氏は,「まだはっきりとは決まっていないので,ユーザーの要望を聞きながら決めていきたい」と答え,「意外性はないかもしれないが,皆さんの期待には応えられると思う」と続けた。

 また,原田氏は「追加キャラクターをどう決めているのか」という質問に対し,「鉄拳が売れて,シリーズが存続するという観点を昔から忘れずに持っている」と語る。原田氏は,前作,前々作も含めたキャラの使用率などを世界中からリサーチしたり,話題性などを加味したりしてキャラクターを決めているという。
 しかし,「統計だけが正義になってしまったら,マーケティング的には正しいかもしれないが,とても冷たい結果になってしまう」とも語り,バラエティ豊かなキャラクターが登場する鉄拳らしさを念頭にさまざまなバランスを考慮していると明かした。

鉄拳7

 シーズン2では,9月6日のアップデートでいろいろなキャラクターを気軽に使ってもらう機能として「簡単コンボ」「アシスト機能」の追加や,段位システムの変更,新要素「ウォールバウンド」の追加などによるバトルバランスの大規模調整などが行われることも発表となった。

鉄拳7

 このほかにも,大会でのキャラクターの使用率などを見ながら,さまざまなキャラクターが活躍できるように,全キャラクターのバトルバランス調整が行われるという。「鉄拳7」から初登場したキャラクターは,1つずつ新技も追加されるということなので,期待しよう。

画像は配信をキャプチャしたものです


韓国5名,タイ1名,イタリア1名,日本1名で争われた決勝トーナメント


鉄拳7

 本大会は,参加者約270名のうち「鉄拳の『修羅の国』」こと,韓国からの遠征者は約40名。そのほかのエリアを含めると国外からの遠征者は約90名に上った。
 特に最近は韓国以外の海外プレイヤーのレベルが飛躍的に上がっており,決勝トーナメントに進出した日本勢は強豪ロウ使いとして知られるダブル選手の1名のみであった。

「TOKYO TEKKEN MASTERS 2018」エントリーリスト

「TOKYO TEKKEN MASTERS 2018」トーナメント表


実況・解説は,鉄拳大会では恒例となるゲンヤ氏とハメコ。氏が担当。もちろん英語配信用の実況席も用意されていた
鉄拳7
鉄拳7

鉄拳7

まずはウィナーズから試合開始。韓国のレジェンド三島使いとして知られるqudans選手と,2018年度は世界各地のTWT大会を支配していると言ってもいい,世界最強候補プレイヤー・Knee選手が激突。デビル仁を選択したqudans選手に対して,Knee選手はリリを選択。第1試合をKnee選手,第2試合をqudans選手が取った後の第3試合は,Knee選手がカタリーナを選択するものの,qudans選手が危なげなく勝利する
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7

鉄拳7

ウィナーズ第2試合は,タイの英雄と呼ばれるBook選手(仁)とイタリア在住の日本人プレイヤー・ティッシュもん選手(マスターレイヴン)がぶつかった。お互いが攻めの得意なプレイヤーということもあり,鉄拳では比較的珍しいインファイトでの殴り合いとなった。対決は,ピンポイントで勝負を賭けた下段を見せるなど,レアキャラならではのかく乱が光ったティッシュもん選手が勝利した
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7

ルーザーズ第1試合は,唯一残った日本勢であるダブル選手(ロウ)と,世界最強クマ / パンダ使いである韓国のRangchu選手の組み合わせ。ロウならではのラッシュで攻め立てるダブル選手だったが,熊武爪によるスカし確定と細かい下段による削りを的確に機能させたRangchu選手が2-0のストレートで勝利
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7

ルーザーズ第2試合は,韓国の強豪クラウディオ使いMulGold選手と,EVO2018優勝の最強シャヒーン使いである韓国のLowHigh選手という戦いに。下段での削りが乏しいクラウディオに対し,徹底したディフェンステクニックで守り切ったLowHigh選手が完璧な勝利を果たした
鉄拳7
鉄拳7

鉄拳7 鉄拳7
鉄拳7 鉄拳7
鉄拳7 鉄拳7
鉄拳7


ウィナーズファイナル


ウィナーズファイナルまで勝ち上がってきたのは,イタリアのティッシュもん選手と韓国のqudans選手。細かい技が多く,手数で勝負していくティッシュもん選手に対し,十数年前から大きく変わらない,デビル仁のどっしりとしたスタイルで迎え撃っていくqudans選手。ティッシュもん選手が1試合を返すも,結果は3-1でqudans選手が貫禄を見せ勝利した
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7


ルーザーズファイナル


グランドファイナルで待つqudans選手の挑戦権を賭けて戦う,Knee選手とティッシュもん選手。Knee選手はスティーブを選択,スティーブの強みである立ち合いの強さを生かした間合い戦のうまさとディフェンスで,ティッシュもん選手にペースを握らせず終始圧倒,3-0でKnee選手が勝利
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7


グランドファイナル


2日間に渡る大会も遂にグランドファイナル。勝ち上がって来た選手はウィナーズ1回戦と同じ組み合わせとなる韓国のqudans選手(Winners)と同じく韓国のKnee選手(Losers)となり,TWTでは恒例となる韓国勢同士によるグランドファイナルとなった
鉄拳7
鉄拳7
鉄拳7

ここでKnee選手がウィナーズ1回戦のときのリリとは別次元の動きを見せる。的確なKnee選手の左横移動→ガード→左横移動でのディフェンスをメインとした戦術が,qudans選手のデビル仁の動きをほぼ完封。またたく間に3連勝しリセットに持ち込むと,続く試合も3連勝。1試合も取られることなく6連勝でKnee選手が優勝を果たした
鉄拳7
鉄拳7

「TOKYO TEKKEN MASTERS 2018」生配信アーカイブ Day1(Twitch)

「「TOKYO TEKKEN MASTERS 2018」生配信アーカイブ Day2(Twitch)

「鉄拳7」公式サイト

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月