オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/04/30 22:00

ニュース

ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

画像(001)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表
 2020年4月30日,ASRockは,開発コードネーム「Comet Lake-S」ことデスクトップ向け第10世代Coreプロセッサ対応の新型チップセット「Intel 400」シリーズを搭載したゲーマー向けマザーボードを国内市場に向けて発表した。なお,各製品の発売日や価格は,現時点で明らかになっていない。

 Intelは,Comet Lake-SのCPUパッケージを従来の「LGA1151」から「LGA1200」へ変更しており,それに合わせてプラットフォームの刷新を図ったのが,今回のマザーボード新製品というわけだ。一方で,チップセットの機能は前世代の「Intel 300」シリーズと比べるとそれほど差がない。新要素は,Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応のIntel製無線LANモジュールや,2.5GBASE-T対応のIntel製有線LANコントローラに対応したことくらいだろうか。

 ASRockが発表したIntel 400シリーズ搭載マザーボードのうち,ゲーマー向けブランド「Phantom Gaming」からは5製品が登場する。製品ラインナップは以下のとおり。

表1 ASRock製Z490搭載ゲーマー向けマザーボードのラインナップ
製品名 フォーム
ファクタ
Z490 PG Velocita ATX
Z490 Phantom Gaming 4/2.5G ATX
Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3 Mini-ITX

表2 ASRock製H470/B460搭載ゲーマー向けマザーボードのラインナップ
製品名 フォーム
ファクタ
H470 Phantom Gaming 4 ATX
B460 Phantom Gaming 4 ATX

 今回はZ490搭載マザーボードを簡単に紹介しょう。中でも目を惹くのは,Intel Z490を搭載したハイエンド市場向け製品となる「Z490 PG Velocita」だ。

Z490 PG Velocita
画像(002)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 面白いのは,Comet Lake-SがPCI Express(以下,PCIe) 3.0までの対応に留まるのに対して,本製品では独自にPCIe 4.0対応クロックジェネレータを搭載しており,PCIe 4.0に対応したPCIe x16スロットやM.2スロットを備えていることだ。Comet Lake-Sとの組み合わせではPCIe 3.0までとなるが,ASRockによると,PCIe 4.0をサポートする次世代Intel CPUでは,PCIe 4.0接続のグラフィックスカードやM.2 SSDに対応するという。

「次世代Intel CPUのみ」とのことだが,PCIe 4.0対応のクロックジェネレータを独自に搭載することで,PCIe 4.0接続のグラフィックスカードやM.2 SSDが利用できるという
画像(003)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

PCIe 4.0対応のPCIe x16スロットは,従来のスロットより強度を増したものとなっている
画像(004)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 また,Z490 PG Velocitaでは,電源回路を冷却するヒートシンクにファンを搭載するのもポイントと言えよう。最近では,とくにハイエンド向けCPUを使用するときに,簡易液冷クーラーを組みあわせる自作PCユーザーが増えている。しかし,簡易液冷クーラーを使用した場合,CPUそのものに対しては高い冷却能力を実現できるものの,電源回路周りの放熱には不十分であると,ASRockは主張する。ファン付きの電源部ヒートシンクにより,電源回路付近にあるMOS FETやコンデンサ,基板の発熱を11〜15℃低く抑えられるというのがASRockの主張であるわけだ。

CPUソケット周辺にある電源回路の冷却として,ファン付きのヒートシンクを備える
画像(005)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 そのほか,LAN機能として,有線LANコントローラに,Intel製の1000BASE-T対応LANコントローラ「Intel I219-V」に加えて,2.5GBASE-Tに対応するRealtek Semiconductor(以下,Realtek)製のLANコントローラ「RTL8152BG」の2系統を採用するのも特徴となる。

Z490 PG VelocitaのI/Oパネル。青色の有線LANポートが2.5GBASE-T対応となる
画像(006)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 Mini-ITXマザーボード「Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3」も注目の製品だ。PG Velocitaと同じファン付きの電源部ヒートシンクを備えるが,Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3では,I/Oパネル側のヒートシンクにもファンを内蔵しているのがポイントと言えよう。

Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3
画像(007)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 また,Intel 400シリーズを搭載したゲーマー向けマザーボードの中で唯一,I/OパネルにThunderbolt 3ポートを搭載しているのも特徴の1つ。
 LAN機能は,PG Velocitaと同じRealtek製の2.5GBASE-T対応有線LANコントローラを搭載するのに加えて,Wi-Fi 6対応の無線LANモジュールも内蔵した。

Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3のI/Oパネル
画像(008)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 最後の「Z490 Phantom Gaming 4/2.5G」は,製品名の後ろに「4」がつく,普及価格帯の製品となる。電源回路は10フェーズ,M.2スロットが1基など,Z490 PG Velocitaと比べてスペックは控えめだが,有線LANコントローラは,ほかの2製品と同様に2.5GBASE-T対応のRTL8152BGをを採用するのが特徴だ。

Z490 Phantom Gaming 4/2.5G
画像(009)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表
画像(010)ASRock,Intel 400シリーズ搭載ゲーマー向けマザーボード計5製品を国内発表

 それぞれの製品の主なスペックは以下のとおり。

表2 ASRock製ゲーマー向けマザーボードの主な仕様
製品名 電源フェーズ数 PCIeスロット M.2スロット Serial ATA
6Gbpsポート
USB 3.1
Gen.2
ポート
LAN
Z490 PG Velocita 12 PCIe 3.0 x16×2
PCIe 3.0 x8(x16形状)×1
PCIe 3.0 x4(x16形状)×1
2 8 Type-A×1,Type-C×1 2.5GBASE-T×1,1000BASE-T×1
Z490 Phantom Gaming 4/2.5G 10 PCIe 3.0 x16×2
PCIe 3.0 x1×3
1 6 Type-A×1,Type-C×1 2.5GBASE-T×1
Z490 Phantom Gaming-ITX/TB3 8 PCIe 3.0 x16×1 2 4 Type-A×3,Type-C(Thunderbolt 3)×1 2.5GBASE-T,Wi-Fi 6×1

ASRock公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Phantom Gaming

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月12日〜08月13日
タイトル評価ランキング
93
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
2020年02月〜2020年08月