オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
可愛いキャラとヘビーなプレイ。Android向けRPG「HeavyDungeon」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1715回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/17 10:00

連載

可愛いキャラとヘビーなプレイ。Android向けRPG「HeavyDungeon」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1715回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ハック&スラッシュ風のAndroid向けRPG「HeavyDungeon」を紹介しよう。ダンジョン探索を繰り返し,さまざまな装備や仲間を集めるのだ。

HeavyDungeon
アプリは無料で遊べる。3Dドットで描かれるキャラクターは味わいがあり,モーションも細かく用意されている
HeavyDungeon HeavyDungeon

「HeavyDungeon」ダウンロードページ


 ゲーム起動後,名前を入力してキャラクターを作ろう。キャラができたら,最初はお金もアイテムもなにも持っていないのでとりあえずダンジョンに潜ってみよう。ダンジョン内は画面下に並べられた「パネル」を利用して進んでいく。

ダンジョン探索画面ではパネルとコマンドを駆使する
HeavyDungeon

 画面下のパネルをタップするとマークに応じたアクションが発動する。足跡なら「歩き」,階段なら「階層を進み」,宝箱なら「アイテムやお金を入手」できる。一度選択したパネルは破棄される仕組みだ。また,モンスターのマークを選ぶと敵が出現して戦闘に突入する。

HeavyDungeon
戦闘時はパネルが戦闘用のものに変更される。斬る,突く,叩く,魔法,回復の5種類を必要に応じて選択しよう
HeavyDungeon HeavyDungeon

 戦闘はやや複雑だ。キャラクターはパネルに応じた行動を取るが,「斬る」を使っても斬るための武器を持っていなければ攻撃ができず,同時に手番も消費してしまう。パネルは所持数が決まっているため,「攻撃できるパネルがくるまで手札を回す」「なるべく消費を抑える」などの戦略にも関わってくる。

 なお,戦闘では複数のパネルを一度に選択でき,“1ターン中に最大9回の連続行動”が可能だ。面倒なときは画面中央の「パネル9枚を自動で使う」を選ぶと自動で選んでくれる。

最下層でボスを倒して,来た道を戻るとダンジョン攻略が完了する。戦利品を処理し,新たな仲間を迎えたら,次の冒険に出かけよう
HeavyDungeon

 ビジュアルはかわいらしく親しみやすい本作だが,ダンジョン探索には戦略性が求められる。ゲーム慣れしていない人は若干苦労するかもしれないが,バトルを制して探索でレアアイテムを見つけたときの喜びはひとしおだ。興味がある人はぜひともダウンロードしてみてほしい。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,”キャプチャー・ザ・フラッグ”こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    HeavyDungeon

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月