オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/11/14 18:08

リリース

ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開

ゲオ ランキング
配信元 ゲオ 配信日 2019/11/14

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

「平成」から「令和」へ時代をまたいだランキング!
2019年ゲオ年間 新品・中古ゲーム販売数量ランキング
新品ゲームソフトはPS4「キングダム ハーツIII」が1位
中古ゲームソフトはSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が1位

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長執行役員:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、2019年1月1日から2019年10月31日まで、全国のゲオショップ約1,200 店で取り扱った新品・中古のゲームソフト、ゲーム機器の販売数量を集計し、「ゲオ2019年年間ゲーム販売数量ランキング」として発表いたします。

■ランキング結果ダイジェスト

 新品ゲームソフト販売数量ランキングは、1位が PlayStation 4の「キングダム ハーツIII」、2位がNintendo Switchの「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」となりました。トップ10にはPlayStation 4用ゲームソフトとNintendo Switch用ゲームソフトが5タイトルずつランクインしています。
 中古ゲームソフト販売数量ランキングは、1位が「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」、2位が「マリオカート 8 デラックス」、3位が「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」とトップ3を Nintendo Switch用ゲームソフトが独占し、Nintendo Switchの人気の高さがうかがえる結果となりました。
 ゲーム機器の販売数量ランキングでは、新品、中古ともにNintendo Switchがトップでした。

<新品部門>

■新品ゲームソフト 販売数量ランキング【総合】
画像(001)ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開
画像(002)ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開

■新品ゲーム機器 販売数量ランキング
画像(003)ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ メディア商品部 メディア商品2課 武藤崇史】
2019年新品ゲームソフト販売数量ランキング1位は、PS4「キングダム ハーツIII」となりました。PS4用ソフト部門において、ゲオでの累計販売数で歴代3位の販売数を記録しています。Switch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」は、昨年発売タイトルながら 2 位にランクインしており、Nintendo Switch用ソフト部門で過去最大のヒットタイトルとなっています。Nintendo Switchは、下半期になってさらに勢いを伸ばしている状況で、10月には「リングフィットアドベンチャー」が発売されトレンド入りしています。また、11月15日には「ポケットモンスター ソード・シールド」が発売予定で、こちらは2019年の年間ゲーム全体で1位となる販売数になると予測しています。新品ゲーム機器部門については、Nintendo Switch本体が1位を獲得しています。9月に発売された「Nintendo Switch Lite」が年末年始の注目のゲーム機器で、Nintendo Switchの勢いは続くと予想しています。

<中古部門>

■中古ゲームソフト 販売数量ランキング【総合】
画像(004)ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開
画像(005)ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開

■中古ゲーム機器 販売数量ランキング
画像(006)ゲオ,2019年1月から10月31日の新品・中古ゲーム販売数量ランキングを公開

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ メディア商品部 メディア商品2課 海津祐樹】
2019年中古ゲームソフト販売数量ランキング1位は、Switch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」となりました。1年を通じてほぼ1位を譲ることなく圧倒的な販売数を誇っての首位となりました。さらに、4位までSwitchタイトルが並んでおり、Switchの勢いが2019年も変わらず続く状況となりました。また、PS4は、「キングダム ハーツIII」や「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」などシリーズ待望の続編から完全新作まで、2019年発売タイトルも幅広く入ってきており、内容の濃いラインアップでSwitchとしのぎを削っている印象です。一方、中古ゲーム機本体は、1位は「Nintendo Switch」となりましたが、これはPS4 が機種別・容量別で分かれていることもあり、SwitchとPS4全てだと、ほぼ互角の台数となりました。中古ゲーム機本体の販売数では、現在主軸のSwitchとPS4の2つがお互い譲らない状況です。

ゲオ公式サイト

  • 関連タイトル:

    ゲオ ランキング

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日