オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/06/30 16:56

ニュース

ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得

画像(001)ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得
 ゲオは本日(2020年6月30日),同社が全国に展開するゲオショップ約1200店舗で,2020年1月1日から6月15日までに取り扱った新品・中古のゲームソフトおよびゲーム機器の販売数量を集計した「ゲオ2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開した。

 新品ゲームソフトは,1位がNintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森」,2位がPlayStation 4用ソフト「FINAL FANTASY VII REMAKE」,3位がNintendo Switch用ソフト「リングフィット アドベンチャー」。中古ゲームソフトでは,1位が「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」、2位が「マリオカート8 デラックス」、3位が「あつまれ どうぶつの森」とNintendo Switch用ソフトが独占した。
 ゲーム機器のランキングでも,新品ではNintendo Switch Liteが,中古ではNintendo Switchが1位を獲得している。

「ゲオ」公式サイト


2020年ゲオ上半期 新品・中古ゲーム販売数量ランキング
新品ゲームソフトは Switch「あつまれ どうぶつの森」が1位
中古ゲームソフトは Switch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が1位

株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長執行役員:遠藤結蔵)のグループ会社、株式会社ゲオストア(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:緑川真)は、2020年1月1日から2020年6月15日まで、全国のゲオショップ約1,200店で取り扱った新品・中古のゲームソフト、ゲーム機器の販売数量を集計し、「ゲオ2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」として発表いたします。

■ランキング結果ダイジェスト
新品ゲームソフト販売数量ランキングは、1位が Nintendo Switchの「あつまれ どうぶつの森」、2位が PlayStation 4の「FINAL FANTASY VII REMAKE」となりました。トップ10にはNintendo Switch用ゲームソフトが6タイトル、PlayStation 4用ゲームソフトが4タイトルランクインしています。
中古ゲームソフト販売数量ランキングは、1位が「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」、2位が「マリオカート8 デラックス」、3位が「あつまれ どうぶつの森」など8位までをNintendo Switch用ゲームソフトが独占し、Nintendo Switchの人気の高さがうかがえる結果となりました。
ゲーム機器の販売数量ランキングは、新品ではNintendo Switch Lite各種が、中古ではNintendo Switch各種が1位を獲得しました。

<新品部門>
■新品ゲームソフト 販売数量ランキング【総合】
画像(002)ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得

■新品ゲーム機器 販売数量ランキング
画像(003)ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ ゲオ商品部 ゲオ商品2課 武藤 崇史】
2020年上半期の新品ゲームソフト販売数量ランキングの1位は、Switch「あつまれ どうぶつの森」が獲得しました。2020年3月に発売され、わずか3 か月間でゲオの歴代ゲームソフト累計販売数で1位となるほど過去最大のヒットタイトルとなりました。
2位にランクインしたPS4「FINAL FANTASY VII REMAKE」はファン待望の作品で、期待通り高い評価を得て、ゲオのPS4ソフトの累計販売数で歴代5位となっています。
社会現象にもなり、3位にランクインしたSwitch「リングフィット アドベンチャー」を含め、Switchの定番タイトルにおいては、外出自粛での巣ごもり需要による影響がランキングにも出ていると推測しています。
ランキング全体では、トップ30中Nintendo Switchが20タイトル、PlayStation 4が10タイトルと2機種のソフトで席巻しており、年内発売予定のPlayStation 5についても期待が膨らみます。

<中古部門>
■中古ゲームソフト 販売数量ランキング【総合】
画像(004)ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得

■中古ゲーム機器 販売数量ランキング
画像(005)ゲオが「2020年上半期ゲーム販売数量ランキング」を公開。新品ゲームソフトでは「あつまれ どうぶつの森」が1位を獲得

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ ゲオ商品部 ゲオ商品2課 藤崎 祐尚】
2020年上半期の中古ゲームソフト販売数量ランキング1位は、昨年に続きSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」となり、相変わらずの人気を維持しています。また、Switch「あつまれ どうぶつの森」が発売からわずか3か月で3位にランクインしています。新品ではゲオの過去最大のヒットタイトルとなりましたが、中古でもしっかりその勢いを見せています。
一方PlayStation 4用ゲームソフトでは、2020年1月に発売したPS4「龍が如く7 光の闇の行方」が9位に、12位には2020年4月に発売したPS4「FINAL FANTASY VII REMAKE」がランクインするなど、2020年に発売したタイトルを中心にランクインしています。
ゲーム機器のランキングは、Nintendo Switchが1位となりました。しかしながらPlayStation 4との差はほぼなく、両機種がしのぎを削る状況が依然として続いています。
  • 関連タイトル:

    ゲオ ランキング

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月12日〜07月13日
タイトル評価ランキング
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
69
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
64
2020年01月〜2020年07月