オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
フジテレビONEの番組「いいすぽ!」,プロ野球選手達が「パワプロ」で戦う企画を1月3日に放送
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/11/29 10:00

リリース

フジテレビONEの番組「いいすぽ!」,プロ野球選手達が「パワプロ」で戦う企画を1月3日に放送

いいすぽ!Presents スワローズ VS ライオンズ「パワプロ」ゲームバトル
配信元 フジテレビジョン 配信日 2016/11/29

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

野球オフシーズンだからこそ実現!!
フジテレビONE人気番組「いいすぽ!」に初めてプロ野球選手が登場!!!
プロ野球選手による「野球ゲーム真剣勝負!」をお正月フジテレビONEにて放送
『いいすぽ!Presents スワローズ VS ライオンズ「パワプロ」ゲームバトル』
1 月 3 日(火)
<午後 9:00〜11:00 放送>

画像(001)フジテレビONEの番組「いいすぽ!」,プロ野球選手達が「パワプロ」で戦う企画を1月3日に放送

株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区台場、代表取締役社長:亀山千広は、1月3日(火)午後9:00からCS放送フジテレビONE スポーツ・バラエティで、いいすぽ!とプロ野球のコラボ企画『いいすぽ!Presents スワローズ VS ライオンズ 「パワプロ」ゲームバトル』の放送を決定致しました。

【いいすぽ!】
“いいすぽ!”とは、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)
をスポーツ・競技として捉える際の名称エレクトロニック・スポーツ(Electronic sports)略してe-Sports(e スポーツ)の魅力を伝える番組。e-Sportsは、高額な賞金のかけられた世界的な規模の大会も開催され、年収1億円を超えるプロ・ゲーマーも存在する。プロチームやプロリーグも多数あり、世界のe スポーツ競技人口は5500万人以上となっている。CS放送フジテレビONEでは今年4月から「いいすぽ!」を月1本放送。全国から e-Sports プレイヤーやファンが注目する番組となっている。

【いいすぽ!史上初!プロ野球選手が参戦!野球ゲーム対決!】
その「いいすぽ!」に今回、初めて e-Sports プレイヤー以外の参加者が登場!ナント!シーズンを終えたプロ野球選手が、戦いの場をグランドから大型ビジョンの前に移し、自らの意地とプライドをかけて「野球」で対決する。記念すべき第1回大会には、フジテレビONEでお馴染みの東京ヤクルトスワローズ石川雅規投手ら4選手、TWOでお馴染みの埼玉西武ライオンズから森友哉選手らドラ1トリオが参戦!

戦うゲームは、「実況パワフルプロ野球 2016」もう一つの真剣勝負を繰り広げるフジテレビONE スポーツ・バラエティでは、プロ野球選手のプライドを懸けたもう一つの真剣勝負、2時間の手に汗握る熱戦の模様をお届けします。

画像(002)フジテレビONEの番組「いいすぽ!」,プロ野球選手達が「パワプロ」で戦う企画を1月3日に放送
画像(003)フジテレビONEの番組「いいすぽ!」,プロ野球選手達が「パワプロ」で戦う企画を1月3日に放送

<番組情報>
番組名:いいすぽ!Presents
スワローズ VS ライオンズ「パワプロ」ゲームバトル
放送チャンネル:CS放送「フジテレビONE スポーツ・バラエティ」
放送日時:1月3日(火)午後 9:00〜11:00(リピート放送あり)
放送形式:VTR
収録日時:12月17日(土)午後7:00〜(予定)

<出演>
【実況・進行】
MC:バカリズム
実況:田淵裕章(フジテレビアナウンサー)
父親は元阪神タイガースの主砲、ライオンズにも在籍した「田淵幸一」

ヤクルトスワローズ
○石川雅規投手(#19)36歳(監督役)
01年自由獲得枠(秋田商高−青学大)
チーム最年長!ヤクルト投手陣の絶対的精神的支柱! 現役 15 年で 11 度の 2 桁勝利を挙げている小さな(身長 167 cm)大投手! 大きなケガはなく、先発ローテーションを守り続ける真面目な投手で、人格者。投手陣のみならず、チーム全体からの信頼も厚く、ヤクルト幹部候補。トークのセンスも抜群。

○上田剛史外野手(#50)28歳
06年ドラフト3位(関西高)
俊足で守備範囲も広く、シャープなスイングから鋭い打球を飛ばす左の巧打者。盗塁技術も高く、盗塁数こそ少ないが、他球団の投手には「嫌なランナー」と一目を置かれる。トークも巧みで、面白いネタをたくさん持っている。

○西田明央捕手(#30)24歳
10年ドラフト3位(北照高)
捕手でありながら、打力を買われファーストで起用されることも多々あり、今シーズンは捕手と一塁手合わせて74試合に出場。キャッチングには投手コーチからの評価と信頼が高く、荒れ球投手が先発の際マスクを被ることが多かった。2017 シーズンは正捕手の座を狙う!

○平井諒投手(#67)25歳
09年ドラフト4位(帝京五高)
1軍デビューの2012年にプロ初セーブ、初勝利を挙げるなど、球団の期待を一身に背負いながらも、翌年肩の故障、手術の影響で育成契となる。今年は育成から支配下に返り咲き、自身キャリアハイの33試合に登板。来シーズンもフル回転するヤクルト中継ぎ陣の貴重な戦として、ヤクルト復権のカギを握る!

西武ライオンズ(ドラ 1 トリオ)
○森友哉捕手(#10)21歳
13年ドラフト1位(大阪桐蔭高)
高校時代は大阪桐蔭高校で現阪神藤浪晋太郎とバッテリーを組み、史上7校目の春夏連覇を達成。2年目の去年はオールスターに史上最年少の最多得票で選出されるほど、豪快な打棒と愛らしいキャラクターが人気の若手選手。今シーズンは開幕1軍、終盤は捕手でスタメン出場する機会も増え、今後のライオンズを率いる存在。

○髙橋光成(こうな)投手(#17)19歳
14年ドラフト1位(前橋育英高)
ルーキーイヤーの昨季、衝撃的な5連勝を飾るなど、8月度の「日本生命月間 MVP賞」を受賞、高卒新人の月間パ・リーグ投手部門MVP受賞は、パ・リーグでは1986年9月度清原選手、1999年7月度松坂投手に次ぎ3人目。18才6ヵ月での受賞は松坂投手の記録を塗りかえ、両リーグ通じて最年少での受賞となった! 将来を嘱望されるエース候補。

○多和田真三郎投手(#18)23歳
15年ドラフト1位(沖縄中部商高−富士大)
今シーズンのドラフト1位ルーキーで、18試合に先発出場、7勝5敗、防御率 4.38。最速152キロの伸びのある直球が武器の右腕。背番号は、あの松坂大輔、涌井秀章が背負ってきたエースナンバー18。他の2人と同様に今後のライオンズを背負って立つ若手成長株。奇しくも、プロ初勝利はヤクルト戦。今回もヤクルトに勝利することはできるのか?
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日