オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
gumi,VRゲーム制作の「よむネコ」をグループ会社化
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/23 14:17

リリース

gumi,VRゲーム制作の「よむネコ」をグループ会社化

株式会社gumiによる当社のグループ会社化及びgumi國光氏の当社取締役会長就任に関するお知らせ
配信元 よむネコ 配信日 2017/03/23

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

株式会社gumiによる当社のグループ会社化及び
gumi國光氏の当社取締役会長就任に関するお知らせ

 株式会社よむネコ(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:新 清士、 以下「よむネコ」)は、 株式会社gumi(所在地:東京都新宿区、 代表取締役社長:國光 宏尚、 以下「gumi」)の当社株式取得にともない、 gumiの持分法適用会社となりましたことをお知らせいたします。 また、 gumiの代表取締役社長である國光 宏尚氏がよむネコの取締役会長(非常勤)に就任いたしましたことを、 あわせてお知らせいたします。

画像(001)gumi,VRゲーム制作の「よむネコ」をグループ会社化
(左:國光 宏尚、右:新 清士 写真:Mogura VR提供)

■よむネコについて
 よむネコは、 「最高に居心地がいいと感じられるVR空間の中で、 複数ユーザーのインタラクション環境を作り出し、 社会の発展に貢献すること」をミッションに掲げ、 VRゲームの企画・開発・運営を行っております。
 gumiの連結子会社であるTokyo VR Startups 株式会社において2016年1月~6月に実施された、 日本初のVRに特化したインキュベーションプログラムの第1期生としてVRゲームの開発を行い、 2016年12月には、 米Oculus社のVR用新型コントローラーOculus Touchのローンチタイトルとして、 VR脱出ゲーム「エニグマスフィア〜透明球の謎〜」をリリースいたしました。 また今月より、 CAセガジョイポリス株式会社が運営する梅田ジョイポリスにて、 アーケード版「エニグマスフア」の稼働を開始するなど、 VRゲーム市場のトップランナーとして実績を重ねてまいりました。

■グループ会社化の目的
 VRは、 これまでのゲーム端末では実現できない没入感や実在感が体験できるといった特徴があり、 それらを活かした新しい魅力のあるゲームを創出できる可能性を秘めております。 また、 VR内での複数人でのソーシャル体験といった、 新しいコミュニケーション手段も広がりつつあります。 現在、 「Oculus Rift」、 「HTC VIVE」、  「PlayStation VR」などのハイエンドVR機が出そろい、 スマートフォン向けにもGoogle Daydream端末が登場するなど、 本格的な普及が進みつつあります。
「VR元年」と呼ばれた2016年のVR産業の世界市場規模は推計18億ドルですが、 2020年には377億ドルと急速な拡大が見込まれております。 (SuperData社のデータによる)。 また、 2025年には、 VRゲームの市場はゲームソフトウェア市場全体の46%を占めると予測されるなど(ゴールドマン・サックスのデータによる)、 大きな成長が見込まれております。
 今回のグループ会社化は、 モバイルゲーム業界において数多くの実績を有し、 世界的な配信網を構築しているgumiとの戦略的連携を図ることで、 開発体制の強化及び国内外に向けたプロモーション体制の構築により、 「世界で勝てるVRゲームを開発する」という大きな目標の実現を目指すものです。

画像(002)gumi,VRゲーム制作の「よむネコ」をグループ会社化

■よむネコ新体制について
 今回のグループ会社化に伴い、 gumi代表取締役社長 國光宏尚氏を取締役会長(非常勤)に迎え入れ、 新体制に移行いたします。 本体制のもと、 これまでの開発実績を活かし、 新しい体験のできるVRゲームを開発してまいります。

【役員プロフィール】
新清士 代表取締役社長
慶応義塾大学商学部及び環境情報学部卒業後、 ゲーム開発会社を経てIT・ゲームジャーナリストとして日本経済新聞電子版等で、 ゲーム開発・産業についての専門記事を執筆。 16年5月に発売した『VRビジネスの衝撃「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK出版)は、 Amazonの「IT」部門で1位を獲得している。 教育者でもあり、 デジタルハリウッド大学大学院准教授でゲームラボを担当。 日本初のVR専門のインキュベーションプログラムを行うTokyo VR Startups株式会社 取締役も務める。 「エニグマスフィア〜透明球の謎」ではディレクターを担当。

画像(003)gumi,VRゲーム制作の「よむネコ」をグループ会社化

杉山智則 取締役
慶応義塾大学大学院理工学研究修士課程修了後、 93年創業の株式会社ヴァンガードの代表取締役。 同社にて、 オンライン・ソーシャルゲーム開発を長年行い、 開発プロデューサーをと勤めてきました。 代表作は、 「三国志乱舞」(スクウェア・エニックス)、 「戦国やらいでか-乱舞伝-」 (スクウェア・エニックス) 、 「まどかマギカ ONLINE」(S&P)など。 よむネコでは制作管理を担当。

國光宏尚 取締役会長(非常勤)
2004年にカリフォルニアのサンタモニカカレッジを卒業後、 株式会社アットムービーへ入社し、 同年取締役に就任。 映画やドラマのプロデュースを手掛ける一方で、 様々なインターネット関係の新規事業を立ち上げる。 2007年6月、 モバイルを中心としたインターネットコンテンツを提供する株式会社gumiを創業し、 代表取締役に就任(現任)。 2015年12月、 VR系のスタートアップを支援する100%子会社「Tokyo VR Startups 株式会社」を設立し、 代表取締役に就任(現任)。 2016年2月、 海外VR/AR市場への投資を目的としたベンチャーキャピタルファンド「VR FUND,L.P.」に出資し、 ジェネラルパートナーとして運営に参画。

【株式会社よむネコ 会社概要】
社名:株式会社よむネコ
代表取締役:新 清士
本社所在地:東京都中央区新川1-25-2 新川STビル2F
設立:2013年4月30日
事業内容:VRゲーム制作・配信事業
URL: http://www.yomune.co/

「gumi」公式サイト

「よむネコ」公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月08日〜12月09日