オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
SIEのロボットトイ「toio」が2019年3月20日に発売決定。子どもの創意工夫を引き出す新しいプラットフォームとして展開される
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/17 20:13

ニュース

SIEのロボットトイ「toio」が2019年3月20日に発売決定。子どもの創意工夫を引き出す新しいプラットフォームとして展開される

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日(2019年1月17日),ロボットトイ「toio」を,2019年3月20日に発売すると発表した。価格は1万6980円(+税)となる。

画像(001)SIEのロボットトイ「toio」が2019年3月20日に発売決定。子どもの創意工夫を引き出す新しいプラットフォームとして展開される

 toioは,“子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ”というコンセプトのもと作られた商品だ。「toio コンソール」とリング型コントローラー「toio リング」,そしてキューブ型ロボット「toio コア キューブ」で構成されており,さまざまなジャンルの専用タイトルと組み合わせて,アクションゲームやパズルゲーム,プログラミングや動きのある工作など,直接おもちゃを作り,操作することで,自由な遊びを楽しめる。



 toioの専用タイトルとして本体と同日にリリースされるのは「トイオ・コレクション」「工作生物 ゲズンロイド」「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」の3つだ(価格はいずれも5980円+税)。

 「トイオ・コレクション」は,レゴ製品や日用品などを使って工作したファイターで戦ったり,音楽に合わせて動きをプログラムしたりと,toioの魅力が詰まった5種類の遊びが楽しめる。
 「工作生物 ゲズンロイド」は,ピタゴラ装置でおなじみの“ユーフラテス”による動きの工作ブックとなっており,紙工作をつけて,動きをプログラムすると,未知の生命体(19種類)が動き出すそうだ。
 「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」は,プログラミングの3つの基本要素(順次,分岐,反復)を楽しみながら身につけられる絵本となっている。かわいいロボットが絵本の上を動き回ることで,プログラムの働きを体感できるとのこと。

 SIEは上記3タイトルに加え,2019年中に「ドライビング(仮称)」「謎解きゲーム(仮称)」などの専用タイトルを発売予定だという。toioは,1月19日から全国各地で順次開催される「次世代ワールドホビーフェア’19 Winter」および,2月9日と10日にお台場で開催される「ワンダーメイクフェス5」に出展される予定なので,興味のある人は会場で体験してみよう。

「toio」公式サイト

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ
toio
日本国内向けに2019年3月20日(水)より
希望小売価格16,980円+税にて発売
〜専用タイトルをセットにしたお得な数量限定商品
「toioバリューパック」も同日発売〜

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」を日本国内向けに2019年3月20日(水)より希望小売価格 16,980円+税にて発売いたします。また、本商品とtoio専用タイトル「トイオ・コレクション」(希望小売価格 5,980円+税)をセットにしたお得な数量限定商品「toioバリューパック」を希望小売価格 19,980円+税にて同日より発売いたします。

toioは、「toioコンソール」(コンソール)とリング型コントローラー「toioリング」(リング)、そしてキューブ型ロボット「toioコア キューブ」(キューブ)で構成され、様々なジャンルの専用タイトル(別紙参照)と組み合わせて、アクションゲームやパズルゲーム、プログラミングや動きのある工作など、直接おもちゃを作り、操作することで、枠にとらわれない自由なあそびを楽しむことができる新しいプラットフォームです。

おもちゃやブロック、工作物で様々な形に姿を変えられるキューブは、絶対位置センサーや高性能モーターなどを搭載、プレイマット上の位置と向きをリアルタイムに検出することで、インタラクティブなあそびを実現します。コンソールとの通信によって、複数台のキューブを連動させたり、動きに特殊な効果を与えたり、様々なルールやシナリオ、アルゴリズムに沿った正確な動作が可能です。付属のリングは、片手での手軽なボタン・方向キー入力に加え、傾けたり振ったりと直感的に操作することができます。これらの技術により、子どもたちの想像の世界が現実となり、好きなおもちゃや自分でつくった工作物を動かす、家族や友だちと競い合う、さらに新しいあそびを自由に生み出すなど、子どもたちの創意工夫でtoioの楽しみ方が大きく広がります。

本商品では、創作意欲に溢れたユーザーの皆様と一緒にプログラミングで新しいあそびを創り出す活動も推進します。ビジュアルプログラミング環境やJavaScript等で開発したプログラムなど、ユーザー自らが作成したコンテンツもキューブと組み合わせて楽しむことができる場を提供いたします※1。親子参加型のイベント、新世代クリエイター向けのプログラム/コンテストを実施し、コミュニティの形成によりtoioの可能性を拡げてまいります。また、IT×ものづくり教室を展開するLITALICOワンダー様のご協力のもと、toio向けのワークショップも企画していく予定です。

実際に商品を手に取って体験していただく機会として、1月19日(土)から名古屋、東京、大阪の3会場で行われる「次世代ワールドホビーフェア’19 Winter」、2月9日(土)・10日(日)にお台場で開催される「ワンダーメイクフェス5」(LITALICOワンダー主催)に試遊出展いたします。また、toio本体、専用タイトルおよび「toioバリューパック」は、オンライン・店頭にて予約販売も予定しています。体験イベントおよび取扱店舗等に関する情報は、toio公式サイト(https://toio.io/ )にて随時お知らせいたします。

なお、2019年3月に新たに発売するtoio本体および専用タイトルは、ソニーのクラウドファンディング・ECサイト「First Flight」を通じて2018年1月にお届けした商品との互換性を有していないため、First Flightを通じて先行購入されたお客様に向けて無償交換プログラムを提供いたします。無償交換プログラムの手続き等については、toio公式サイトの重要なお知らせ(https://toio.io/important-notice/ )にてご案内いたします。

SIEは、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・ プログラム)」を通じて生まれたtoio ※2を、ユーザーとクリエイターの皆様が触れ合うプラットフォームへと進化させ、子どもたちが試行錯誤を楽しみながら創意工夫する心を育む、新しいインタラクティブエンタテインメント体験を提供してまいります。

※1 公開予定のtoioコア キューブの無線制御仕様を使って、キューブとPC・スマートデバイス等をBluetooth接続し、プログラミングしながらtoioで楽しめます。開発環境(当初ベータ版)は無償で提供いたしますが、開発には別途PCが必要です。対応PC、ベータ版提供時期などの詳細については、後日toio公式サイトにてご案内いたします。なお、位置情報の取得など一部機能の利用には「トイオ・コレクション」(TQJS-00001)の専用プレイマットやカードが必要です。「トイオ・コレクション」のマット上では、キューブの位置と角度を読み取りセンサーで検出し、座標を使った動作が可能です。

※2 toioは、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所での次世代インタラクション研究をもとに、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・ プログラム)」を通じて生まれました。

<「toio」商品概要>

【名称】toio
【型番】TPH-1000T 010
【色】ホワイト
【発売日】2019年3月20日(水)
【希望】小売価格 16,980円+税
【内容物】
toioコンソール ×1
toioリング ×2
toioコア キューブ ×2
toioコア キューブ専用トッププレート (白 ×4、透明 ×4) *1
ACアダプター ×1
入力:100-240V~0.3A 50/60Hz
出力:5V 2A
電源コード ×1
印刷物一式
権利表記



<「toioコンソール」仕様>

【主な端子/入出力】toioカートリッジスロット *2
toioコア キューブ充電用端子 ×2
toioリング接続端子 ×2
スピーカー(モノラル)
DC IN 5V端子
【操作スイッチ/ボタン】 電源スイッチ、メニューボタン、音量+/−ボタン
【ディスプレイ】 モノクロLCD
【通信】 Bluetooth 標準規格 ver4.2 (BluetoothLow Energy)
【外形寸法】 約190mm×20mm×85mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起部除く)
【質量】 約150g
【電源】 DC 5V, 2A
【消費電力】 最大8W
【動作保証温度】 5℃ - 35℃


<「toioリング」仕様>

【操作スイッチ/ボタン】 1ボタン、2ボタン、3ボタン、4ボタン、方向キー
【センサー】 6軸検出システム(3軸ジャイロ、3軸加速度)
【その他の機能】 ランプ(RGB)
【外形寸法】 約130mm×20mm (外径×厚さ)
【ケーブル長】 約1.5m
【質量】 約100g
【動作保証温度】 5℃ - 35℃


<「toioコア キューブ」仕様>

【操作スイッチ/ボタン】 電源ボタン、機能ボタン
【センサー】
読み取りセンサー(絶対位置検出)
6軸検出システム(3軸ジャイロ、3軸加速度)
【その他の機能】 ランプ(RGB)、圧電スピーカー
【端子】 充電用端子
【バッテリー】 リチウムイオンバッテリー
【充電時間】 約1.5時間
【電池持続時間】 約2時間 *3
【外形寸法】 約32mm×32mm×20mm(幅×高さ×奥行き)(最大突起部除く)
【質量】 約30g
【動作保証温度】 5℃ - 35℃


<「toioカートリッジ」仕様 (別売りのタイトルに付属)>

【記録媒体】 フラッシュメモリー
【外形寸法】 約36mm×8mm×36mm(幅×高さ×奥行き)
【質量】 約8g
【動作保証温度】 5℃ - 35℃
※1 使い方はタイトルによって異なります。
※2 別売りのタイトルに付属されているtoio専用カートリッジにのみ対応しています。
※3 25℃でキューブに何も装着せずに連続走行したときの目安です。周囲の温度や使用状況などにより、持続時間が変わる場合があります。


<「toioバリューパック」商品仕様>

【名称】 toioバリューパック
【型番】 TPHJ-10000
【発売日】 2019年3月20日(水)
【希望小売価格】 19,980円+税
【同梱物】 toio(TPH-1000T 010)
toio専用タイトル「トイオ・コレクション」(TQJS-00001)


<toio公式サイト「toio.io」>
あそびかたや専用タイトル、体験イベントなど、toioの最新情報を紹介します。
URL https://toio.io/
提供コンテンツ
●製品情報
●ニュース/カスタマーサポート情報
●取扱店舗一覧
●法人様向けお問い合わせフォーム*4

※4 タイトル開発、販売、マーケティング協業等についてはこちら(https://toio.io/biz/ )からお問い合わせください。
※ Bluetoothのワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する商標であり、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他商標およびトレードネームはそれぞれの所有者に帰属します。
※ 仕様および外観は予告なく変更することがあります。
※ "toio"および"トイオ"は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。


toio専用タイトル
「トイオ・コレクション」 「工作生物 ゲズンロイド」
「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」
toio本体と同日の2019年3月20日(水)より発売


ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、toio専用タイトル「トイオ・コレクション」、「工作生物ゲズンロイド」、「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」を、日本国内にてtoio本体発売と同日の2019年3月20日(水)より発売いたします。

toio専用タイトルには、ゲームや遊びのシナリオ、ルール、音声などのデータが格納されたカートリッジと、キューブを置いて遊ぶためのマットや本、カード、そしてキューブの上に乗せて遊べるキャラクターフィギュアや工作シートなどが含まれます。

●toio本体同時発売タイトル一覧:
「トイオ・コレクション」
レゴ製品(別売り)や日用品などを使って工作したファイターをキューブにつけて戦う“クラフトファイター”をはじめ、音楽に合わせて動きをプログラムする“リズム&ゴー”、相手のしっぽを踏み合う“スカンクチェイサー”、おはじきを使ってあそぶ“フィンガーストライク”、自由にあそびをつくれる「フリームーブ」など、toioの魅力が詰まった5種類のあそびが楽しめます。

画像(004)SIEのロボットトイ「toio」が2019年3月20日に発売決定。子どもの創意工夫を引き出す新しいプラットフォームとして展開される

名称 トイオ・コレクション
型番 TQJS-00001
発売日 2019年3月20日(水)
希望小売価格 5,980円+税
ジャンル バラエティ
対象年齢 6才以上
プレイ人数 1〜2人
発売元 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント


「工作生物 ゲズンロイド」
紙工作をつけて、動きのプログラムを注入すると、未知の生命体(19種類)が動き出す。“ピタゴラ装置”でお馴染みのクリエイター集団“ユーフラテス”による動きの工作ブックです。

画像(002)SIEのロボットトイ「toio」が2019年3月20日に発売決定。子どもの創意工夫を引き出す新しいプラットフォームとして展開される

名称 工作生物 ゲズンロイド
型番 TQJS-00002
発売日 2019年3月20日(水)
希望小売価格 5,980円+税
ジャンル 工作
対象年齢 6才以上
プレイ人数 1〜2人
発売元 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント


「GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜」
プログラミングの3つの基本要素(順次、分岐、反復)が楽しみながら身につく冒険絵本。かわいいロボットが絵本の上を楽しく動き、プログラムの働きを体感できます。

画像(003)SIEのロボットトイ「toio」が2019年3月20日に発売決定。子どもの創意工夫を引き出す新しいプラットフォームとして展開される

名称 GoGo ロボットプログラミング 〜ロジーボのひみつ〜
型番 TQJS-00003
発売日 2019年3月20日(水)
希望小売価格 5,980円+税
ジャンル プログラミング
対象年齢 6才以上
プレイ人数 1〜2人
発売元 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

SIEは、上記3タイトルに加え、2019年中には「ドライビング(仮称)」、「謎解きゲーム(仮称)」などの専用タイトルを発売し、外部のクリエイターやパートナー企業の皆様とともに、子どもたちが試行錯誤を楽しみながら創意工夫する心を育む、新しいインタラクティブエンタテインメント体験を提供してまいります。

※ 仕様および外観は予告なく変更することがあります。
※ "toio"、"トイオ"、"工作生物 ゲズンロイド"、"GoGo ロボットプログラミング"および"ロジーボのひみつ"は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日