オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
追手門学院大学の学生が,eスポーツを活用して商店街を活性化しようというイベントを3月6日に茨木市で開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/03/01 19:37

リリース

追手門学院大学の学生が,eスポーツを活用して商店街を活性化しようというイベントを3月6日に茨木市で開催

eスポーツを活用して商店街を活性化しようというイベントを開催
配信元 学校法人追手門学院 配信日 2021/03/01

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

大学生が企画・運営 子供から高齢者まで。eスポーツで地元・茨木市の商店街を活性化へ

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:真銅正宏)の地域創造学部で地域活性化について学ぶ学生が、将来のオリンピック種目の可能性が議論されているeスポーツを活用して、商店街を活性化しようというイベントを、3月6日、大学のある地元・茨木市で開催します。
このイベントを企画・運営するのは、地域創造学部の藤原直樹ゼミに所属する2年生3人と3年生8人の学生11人です。

会場の茨木にぎわい亭
画像集#001のサムネイル/追手門学院大学の学生が,eスポーツを活用して商店街を活性化しようというイベントを3月6日に茨木市で開催

藤原ゼミで地域活性化の手法を学ぶ中、実際に実践してテーマと効果を検証しようと、地元・茨木市の商店街や茨木商工会議所の協力のもと、コロナ禍で在宅時間が長くなり普及が進む、ゲームで対戦を楽しむeスポーツによるイベントを企画しました。

地元の人が利用することが多い商店街にeスポーツを導入することで新しい客層を呼び込むととともに、ゲームで思考や運動を促すことで高齢者の健康増進にもつなげることを目的としています。
当日使用するゲームは、「マリオパーティ8」や「遊び大全51」というお互いの得点を別々に競いあうパズルゲームや、対戦相手とかけひきをしてより自分が有利にゲームを進めることを競う「大乱闘スマッシュブラザーズSP」を用いる予定です。

またコロナ対策としてマスク着用、検温、距離を一定に保つなど十分にコロナ対策を徹底したうえで、人数をある程度制限して開催します。地元の茨木マイスターズとも連携し、会場で自家焙煎珈琲、焼き鳥や豚汁等の飲食やワークショップ等の出店も予定されています。

【ポイント】
  • 地域活性化を学ぶ学生が、eスポーツで地元・茨木市を活性化しようというイベントを企画
  • 商店街への新規来訪者と高齢者の健康増進を目指す
  • eスポーツは大会も開かれ、特に世界ではメジャー競技。将来のオリンピック種目の可能性も

【開催概要(予定)】
日 時:2021年3月6日(土)12時〜15時
会 場:茨木市阪急本通り商店街内 茨木にぎわい亭(大阪府茨木市元町2-5)
参加費:無料(出店などで何かを購入する場合は実費が必要です)
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月15日〜04月16日