オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「DCS World」,アップデートで実現するハイレベルな雲の表現を紹介した最新トレイラー公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/02/07 19:41

ニュース

「DCS World」,アップデートで実現するハイレベルな雲の表現を紹介した最新トレイラー公開

 Eagle Dynamicsが開発・運営を行うコンバットフライトシム「DCS World」の最新トレイラーが公開された。「Reach for the Skies」と題された映像では,大きく向上した雲の表現が紹介されている。

「DCS World」公式サイト


 2021年1月9日に掲載した記事でお伝えしたように,Eagle Dynamicsは2021年のロードマップを公開しており,「クラウド」も項目の1つとして挙げられている。ロードマップによれば,新たなクラウドエンジンが描き出す雲は視覚的に向上するだけでなく,光学センサーにも影響を与え,マルチプレイではほかのプレイヤーと雲の状況が同期するという。

画像集#002のサムネイル/「DCS World」,アップデートで実現するハイレベルな雲の表現を紹介した最新トレイラー公開

 映像に添えられた文章によれば,彼らは過去2年間,雲の表現力向上に取り組んできたが,3月に予定しているアップデートでついにその成果を披露するとのこと。2021年の第1四半期に「バージョン2.7」に移行する「DCS World」だが,新たなクラウドエンジンがバージョンアップに伴って実装されるのか,それとも現在の「バージョン2.5」に実装されることになるのかは,現段階では分からない。

 いずれにせよ,「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」「Microsoft Flight Simulator」など,高度な気象表現をウリにするタイトルが話題になっているだけに,「DCS World」ファンとしては期待したい。映像を見る限り,かなりのものになりそうだ。

画像集#001のサムネイル/「DCS World」,アップデートで実現するハイレベルな雲の表現を紹介した最新トレイラー公開

 さて,目ざといプレイヤーならトレイラーを見て気がついたかもしれないが,「DCS: AJS-37 Viggen」「DCS: F-14A/B Tomcat」といった機体モジュールを販売するサードパーティのHeatblur Simulationsが,新たな機体として「A-6」を開発するとFacebookでアナウンスしている。イントルーダーの愛称で知られる艦上攻撃機A-6は,1997年頃の退役まで,アメリカ海軍・海兵隊の関係したほとんどの紛争に姿を見せた機体で,名前の挙がっているA-6Eは電子機器を更新した後期タイプ,同じくKA-6Dは戦闘能力を除いた空中給油機だ。
 映像では,コクピットの前に空中給油プローブを突き出した特徴的なフォルムが確認できる。近日中にAI機体としてゲームに追加し,その後,Eagle Dynamicsと協力してフライアブルモデルの制作を行うようだが,今のところタイムラインなどは発表されていない。続報を待とう。
  • 関連タイトル:

    DCS World

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月27日〜07月28日
タイトル評価ランキング
68
2021年01月〜2021年07月