オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第544回「邪神ちゃんとバトエンを転がすマフィア梶田のプラモデル」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/04/06 15:00

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第544回「邪神ちゃんとバトエンを転がすマフィア梶田のプラモデル」

画像集#001のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第544回「邪神ちゃんとバトエンを転がすマフィア梶田のプラモデル」

 マフィア梶田と大川ぶくぶがタッグを組んで展開中のアパレルブランド「BOSSRUSH」。現在は“遊べるTシャツ”をコンセプトとした商品をリリース中ですが,このたび「邪神ちゃんドロップキック」とのコラボが決まりました。

 大川ぶくぶの描いたキュートな邪神ちゃん達は,Tシャツの柄としても相性バッチリ。ブランドの特徴である背面の“目”もしっかり邪神ちゃん仕様となっております。

 他のグッズとは一味も二味も違うこの商品,部屋着としても一張羅(いっちょうら)としても大活躍間違いなしですの!



スーツ姿のマフィア梶田は「マブラヴ」公式のエイプリルフールネタでした。フェイクニュースのハリウッド映画化はともかく,いちファンとしてゲーム周りの今後が楽しみなプロジェクトです!
画像集#004のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第544回「邪神ちゃんとバトエンを転がすマフィア梶田のプラモデル」


画像集#002のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第544回「邪神ちゃんとバトエンを転がすマフィア梶田のプラモデル」

 フリー“なんでも”ライター・マフィア梶田と,声優・中村悠一がお届けするYouTubeチャンネル「わしゃがなTV」。直近の更新では,懐かしの「ドラゴンクエストバトエン」(以下,「バトエン」)を特集。

 ちょうどマフィア梶田が小学生くらいの時期に大ブームを巻き起こした商品ですが,ふと思い出したのをきっかけに企画として取り上げてみたところ,思いのほか夢中で遊んでしまいました。実際に触るのはそれこそ小学生のとき以来なんですが,あらためてよくできたゲームだと感じましたね。うろ覚えのルールでもなんとなく遊べてしまう懐の広さも,小学生にはちょうど良かったのだと思います。

 単発で終わらせるのはもったいないので,いずれゲストを招いたときにでもまたガチで遊びたいところです!




画像集#003のサムネイル/マフィア梶田の二次元が来い!:第544回「邪神ちゃんとバトエンを転がすマフィア梶田のプラモデル」

 4月1日(木)に予約受付がスタートしたマックスファクトリーの「PLAMAX MF-50 minimum factory マフィア梶田」。「ゲームライターのプラモデル」という,どんな顧客のニーズに応えるつもりなのか,まったく理解できないこの商品。当初は多くの人々がエイプリルフールのジョークだと思い込んでいたようですが,本気も本気で発売されます。



 その工程上,制作決定から発売まで多大な時間のかかるフィギュアやプラモデルといった立体物。マックスファクトリーくらいの大手になると常に新商品の企画が順番待ちの大渋滞らしいというのは有名なお話ですが,そこに「マフィア梶田」が滑り込んでくるのは「なんで?」って思いますよね。でもそこは,俺がいちばん「なんで?」って思ってますから。どうしても発売したいって言うんだから,しゃあないでしょうが……。


 過去にフィギュアになったり,ぬいぐるみになったり。自分自身が商品として発売されるのは別に初体験ではないのですが,いちおう言っておくと,当の本人がもっとも「マフィア梶田グッズ」の需要を疑っていますからね。商品化の相談が来るたびに「誰がコレを買うんですか!」と難色を示しているのですが,いつも担当者のよくわからない熱意に負けて押し切られています。


 で,なんだかんだ,そこそこ売れてしまう。とくに今回のはAmazonランキングのホビー部門で1位とか,まるでドッキリを仕掛けられているような気分ですよコレは。
 職業柄,「売れるアニメやゲーム」の研究は欠かさないので,オタク業界のマーケットについても人並み以上に理解しているつもりだったんですけれども……。「マフィア梶田」の需要については,いまだ自分自身が理解できていないままです。

 例えばゲームライターやMCとしての腕前を求められるぶんには,積み重ねてきた実績があるので不思議とは思わないんですよ。確かな自信と誇りを持って仕事していますから。でもそれがプラモやフィギュアのような「キャラクターとして」のマフィア梶田となると……自虐的なことを言うようですが,このグラサンハゲのどこに魅力を感じているんですかね……?


 そりゃあね。自分をモチーフにした商品が売れていること自体は嬉しいですよ。こんなにも多くの人々に必要とされて,嬉しくないわけがない。でもその一方で,もしかしたら自分は致命的に世間と感覚がズレているのではないかと,心配になるわけです。なんでアニメキャラでもないグラサンハゲのプラモデルを買うんですか!? マフィア梶田って,どういう層にリーチしているんですか!?

 謎は謎のまま,今日もマフィア梶田は複雑な気持ちで自分の形をしたグッズを監修しています。まぁ「俺って人気者なんだぜ!」と変に増長するよりは,売れている理由なんて分からないままの方が幸せなのかもしれませんね。
 ただただ,これからもキャラクターとしてのマフィア梶田を愛してくださる奇特な皆様に感謝しながら生きていこうと思う次第であります。

PLAMAX MF-50 minimum factory マフィア梶田

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月05日〜05月06日