オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ブラック★ロックシューター THE GAME公式サイトへ
  • イメージエポック
  • 発売日:2011/08/25
  • 価格:通常版:6279円(税込) 限定版:1万479円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
50
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ブラック★ロックシューター THE GAME

ブラック★ロックシューター THE GAME
公式サイト http://brs.jrpg.jp/
発売元 イメージエポック
開発元
発売日 2011/08/25
価格 通常版:6279円(税込) 限定版:1万479円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
50
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • RPGではない何か 25
    • 投稿者:SP皿洗い(男性/20代)
    • 投稿日:2011/09/06
    良い点
    ・huke氏のキャラクターデザイン
    本ゲーム向けにリファインされたBRSや他のキャラクターのデザインは魅力的

    ・戦闘時のロードがほぼ無い
    エンカウントからの戦闘への遷移、そして戦闘終了時のロード時間が殆ど無い。メディアインストールを使用しているとは言え、ここまで快適なのには驚かされました
    悪い点
    ・グラフィックが荒い。粗すぎる
    "PSPの限界に挑むアートワーク"などと公式サイトでは銘打っているのにも関わらず、綺麗と呼べるものが殆どありません。寧ろ汚い。
    背景はまだしも、主人公であるBRSのテクスチャも、黒の部分が滲んでいたりと色々酷いです

    ・慣れてくると作業になる戦闘
    良く出来たアクションRPGではなく、往年の「スペースインベーダー」のように徐々に迫ってくる敵を叩くシステムなので、スキルが揃ってくるとザコ戦は殆どパターン化してしまう。
    スタン発動からのとある技が強力過ぎて、最終的にそのパターン以外殆ど使わなくなります。

    ・ストレスの溜まる出来の悪いシナリオ
    展開が唐突すぎます。多くのキャラクターが突然死にます。突然裏切ります。そして多くの設定や言葉の謎を残したままゲームが終わります。
    また本ゲームは、BRS以外にもGRAY、WRSという二人のキャラをメインに推していますが、全く二人の存在を生かせていないように思えます。物語に大きく関わってくると思えば、シナリオの半分も関わってこない。とんでもない肩透かしを食らいました。
    敵側のキャラクター達も、個性はあるもののほぼボス戦で喋る程度の出番しかなく愛着がわきません。せっかくの声優さんの熱演が勿体ないです。
    こんなものは到底、ドラマと呼べません。

    ・退屈で分かりづらいレベルデザイン
    敵シンボルの数がそ少ないのでマップが無駄に長く感じ、アクションも要所要所のオートジャンプくらいで退屈。
    表示されるマップも簡易過ぎて距離感と進行ルートが掴みづらい

    ・カメラアングルが良くない
    LRボタンでカメラの左右移動が出来るのですが、殆どマップ側のカメラ角度に引っ張られるので意味を為していない。
    総評
    まだやりこみ要素が残っているようですが、一周クリアしただけでもう我慢の限界でした。
    とても再プレイしようとは思えません。

    イメージエポックさんはこの作品を"JRPG"と称していますが、一体何処にそんな要素があるのか問い詰めたい。
    画質は某FFと比べるまでもなく見るに耐えない。音楽も聴き直そうと思う程特筆する点はない。
    RPGの要である戦闘も、新鮮に感じるのは最初期だけで変化も乏しく退屈。
    そしてもう一つの要であるシナリオはプロが書いたのか疑うレベルで、各キャラクターも上手く描ききれていない。声優さんを起用するのに開発費を注ぎ込みすぎたんじゃないですか?

    こんなゲームに、特典と声優さんを盾にして売り逃げをする、国産ゲームの悪しき部分を権化のような駄作に、"日本のRPG"などと名乗って欲しくはありません。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 2 1 3
  • 良くも悪くもテンポゲー 75
    • 投稿者:lius(男性/20代)
    • 投稿日:2011/08/28
    良い点
    ・移動ができないことに驚いたがステップでちゃんと避けられるようにバランスが調整されている
    ・ヒートゲージの採用で連打ゲーになるのを防いでいる
    ・グラフィックがいい
    ・普通にクリアするだけなら難易度は普通で、やり込みは難易度が高くなっているのでストーリーでだるくはならない
    ・テンポ良く敵を倒す小気味良さがいい
    ・スキルは強力だが、それに比例したチャージ時間、持続時間のバランスが良かった
    ・ボス一人ひとりに戦闘曲が設定されていたのは個性があってよかった
    悪い点
    ・即死攻撃はいらなかった。ただでさえ移動ができず回避範囲が限られているのにそれを狭めるのはいただけない。タイマンならまだしも相手が2,3体いると運が絡む
    ・カメラがいきなり切り替わり、あさっての方向に行ってしまうのは残念
    ・特性を生かせてないスキルがある
    ・キャラがすぐ死にすぎだと思う。敵も味方も
    総評
     即死攻撃やカメラワークなど細かいところで不満点はあるものの、全体的なバランスやグラフィック、やり込み要素など一人でも十分楽しめる作りになっていたのは高評価。やり込み要素も全体的に難易度が高く設定されているため、何回もチャレンジしてクリアするようにしたのもよかったと思う。ただ先述の通り即死攻撃の存在のために「もう一度はじめからやろう」という気持ちにはならなかったのはマイナスだった。
     ゲームは何度も遊べる魅力があってこそだと思う。全体的なバランスはよかったので、次にこのようなゲームを作る時は即死攻撃を採用しないようにして欲しい。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月