オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

4Gamerコラムニスト

このページの最終更新日:2018/10/06 12:00

rss

 「4Gamerコラムニスト」は,4Gamerのライターやゲーム/ネット界隈の有名人に好き勝手に書いてもらう連載コーナー。以前4Gamerでもインタビューを行った島国大和氏やゲーム大好きテクニカル・ライターの西川善司氏,身も蓋もない話で人気のブロガー切込隊長など,多彩な執筆者にあれやこれやと語ってもらいます。


  • このページのURL:

キーワード

下線

【Jerry Chu】「Wolfenstein II: The New Colossus」が描いた“文明の腐敗”

【Jerry Chu】「Wolfenstein II: The New Colossus」が描いた“文明の腐敗”

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第38回は,「Wolfenstein II: The New Colossus」が描いた“文明の腐敗”を通じて,その先にあるメッセージを考えてみました。

[2018/10/06 12:00]

【ヒャダイン】「ロックマン」の新作を試遊してきたよ!

【ヒャダイン】「ロックマン」の新作を試遊してきたよ!

 子供の頃,「ロックマン」の初期作品を遊びまくっていたというヒャダイン氏。先日,カプコンに招かれシリーズ最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」の実況プレイに挑んだそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そんな話題をお届けします。

[2018/09/29 14:00]

【Jerry Chu】人間はAIの思惑を理解することができるのか

【Jerry Chu】人間はAIの思惑を理解することができるのか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第37回は,ひたすらゼムクリップを生産するゲームを通じて,昨今話題にのぼることが多いAI(人工知能)について考えてみました。

[2018/08/11 12:00]

【ヒャダイン】“洋・邦のバイアス”を洋ゲーやって考える

【ヒャダイン】“洋・邦のバイアス”を洋ゲーやって考える

 友人のすすめで,デンマークのPlaydeadが開発した「INSIDE」を遊んでみたというヒャダイン氏。非常に楽しみながらも,文化の違いからかうまく理解できない部分もあったそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そんなことを考えてみました。

[2018/07/31 15:30]

【Jerry Chu】「ブラック・ミラー」が描く,ゲーム文化の理想像

【Jerry Chu】「ブラック・ミラー」が描く,ゲーム文化の理想像

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第36回は,SFドラマ「ブラック・ミラー」から見えてきたゲーム文化の理想的な姿について考えてみました。

[2018/07/07 12:00]

【ヒャダイン】無音という選択肢について考えた

【ヒャダイン】無音という選択肢について考えた

 「二ノ国II レヴァナントキングダム」をクリアし,ゲームにおける音楽の重要性を再認識したというヒャダイン氏。一方で,「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド オリジナルサウンドトラック」を聴いて,音楽における“無音”の存在に注目したそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2018/05/31 00:00]

【西川善司】「Far Cry 5」をFreeSyncでプレイするためのTIPS

【西川善司】「Far Cry 5」をFreeSyncでプレイするためのTIPS

 AMDから「FreeSync 2」の評価をしてほしいという依頼を受け,機材も届き,さてテストしようとしたら……というのが,「(善)後不覚」第51回のテーマだ。日本語ドキュメントの揃っていないFreeSyncを「Far Cry 5」で使うときに押さえておきたいティップスをまとめることになったので,お届けしたい。

[2018/05/18 00:00]

【Jerry Chu】ゲームは平等だが,ゲームの世界は決して平等とは言えない。Rami Ismail氏の功績を振り返る

【Jerry Chu】ゲームは平等だが,ゲームの世界は決して平等とは言えない。Rami Ismail氏の功績を振り返る

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第35回は,GDC 2018において行われたパネルディスカッションと,Ambassador Awardを受賞したRami Ismail氏を取り上げます。

[2018/05/12 12:00]

【Jerry Chu】ゲーム業界における労働組合の動き

【Jerry Chu】ゲーム業界における労働組合の動き

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第34回は,GDC 2018において行われたゲーム業界の労働組合をテーマにしたラウンドテーブルを取り上げます。

[2018/04/21 12:00]

【ヒャダイン】「ドラゴンクエストIII」についてあらためて考えた

【ヒャダイン】「ドラゴンクエストIII」についてあらためて考えた

 今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,昨年,ニンテンドー3DSとPlayStation 4に移植された「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」を遊んでみたら,なんだかとんでもなく切ないお話だったことに気付いてしまった……という話題をお届けします。

[2018/03/31 00:00]

【Jerry Chu】“戦う”だけではない,“魅せる”のだ。最も好きなゲーム「デビル メイ クライ3」を振り返る

【Jerry Chu】“戦う”だけではない,“魅せる”のだ。最も好きなゲーム「デビル メイ クライ3」を振り返る

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第33回は,氏が最も好きなゲームだという「デビル メイ クライ3」の魅力を解説してみました。

[2018/03/24 12:00]

【Jerry Chu】AAAとインディーの狭間に咲いた「Hellblade: Senua's Sacrifice」

【Jerry Chu】AAAとインディーの狭間に咲いた「Hellblade: Senua's Sacrifice」

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第32回は,2017年にリリースされた「Hellblade: Senua's Sacrifice」を取り上げて,近年のゲーム業界の潮流について考えてみました。

[2018/02/17 12:00]

【ヒャダイン】「ポケモン竜王戦」参戦で,e-Sportsの明るい未来を感じた件

【ヒャダイン】「ポケモン竜王戦」参戦で,e-Sportsの明るい未来を感じた件

 先日,「第3回ポケモン竜王戦」に招待選手として参加したヒャダイン氏。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,当日味わった緊張感や,競技としてのゲームの楽しさや,その未来について考えたことなどを語ってみます。

[2018/01/31 00:00]

【Jerry Chu】ゲームには「駆け引き」が不可欠なのか

【Jerry Chu】ゲームには「駆け引き」が不可欠なのか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第31回は,2017年にリリースされた「Prey」「Tacoma」を取り上げて,ゲームにおける「駆け引き」について考えてみました。

[2018/01/13 12:00]

【西川善司】我が家に「Xbox One X」がやってきた! 4K&HDR対応ゲームのすごさをあらためて体験

【西川善司】我が家に「Xbox One X」がやってきた! 4K&HDR対応ゲームのすごさをあらためて体験

 2017年11月7日,日本マイクロソフトから発売されたXbox One X。今もなお品薄状態が続いているようで,買い損ねたと嘆く西川善司氏の自宅に,編集部からXbox One Xが送られてきた。記念すべき「(善)後不覚」の第50回では,最新マシンを早速使ってみた西川氏が,4K&HDR対応ゲームの見どころをチェックしていく。

[2017/12/22 00:00]

【Jerry Chu】コントローラは無色透明であるべきか

【Jerry Chu】コントローラは無色透明であるべきか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第30回は,操作方法が特殊な「What Remains of Edith Finch」(邦題 フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと)を取り上げて,“コントローラの役割”について考えてみました。

[2017/12/09 12:00]

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「スーパーマリオ オデッセイ」のルーツを尋ねて

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「スーパーマリオ オデッセイ」のルーツを尋ねて

 4Gamerでも活躍しているゲーム系ライター,箭本進一氏による不定期連載「ゲームのご先祖様」。筆者独自の見解で新作を分析し,そのルーツと思しき作品を探っていこうという趣旨で,第4回は任天堂の「スーパーマリオ オデッセイ」を取り上げます。

[2017/12/02 12:00]

【ヒャダイン】今さらだけど「ドラゴンクエストXI」の感想を

【ヒャダイン】今さらだけど「ドラゴンクエストXI」の感想を

 「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(PlayStation 4 / ニンテンドー3DS)を遊びながら,泣いたり笑ったりしたというヒャダイン氏。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,ひととおりクリアしたうえでの感想をお届けします。

[2017/11/30 16:14]

【Jerry Chu】「5分間で何かを達成できる」という安心感

【Jerry Chu】「5分間で何かを達成できる」という安心感

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第29回は,Bungieが開発を手がける「Destiny 2」をプレイして感じた“不思議な安心感”,その理由を考えてみました。

[2017/11/13 12:00]

【西川善司】「お出かけ多画面」のススメ2017年版。ASUSのポータブルディスプレイ「MB16AC」で快適な出張多画面ライフを過ごしてみた

【西川善司】「お出かけ多画面」のススメ2017年版。ASUSのポータブルディスプレイ「MB16AC」で快適な出張多画面ライフを過ごしてみた

 デスクの上が多画面なら,出張時のディスプレイも多画面が基本という西川善司氏。「(善)後不覚」第49回は,2014年2月から数えて3年9か月ぶりとなる「お出かけ多画面」環境を紹介しよう。ポータブルディスプレイを謳うASUSの「MB16AC」を,国内外の出張で3か月間使いまくった西川氏の評価はいかに?

[2017/11/09 00:00]

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「XCOM 2」のルーツを尋ねて

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「XCOM 2」のルーツを尋ねて

 4Gamerでも活躍しているゲーム系ライター,箭本進一氏による不定期連載「ゲームのご先祖様」。筆者独自の見解で新作を分析し,そのルーツと思しき作品を探っていこうという趣旨で,第3回は2Kの「XCOM 2」を取り上げます。

[2017/10/21 13:00]

【Jerry Chu】アクションゲームはリズムゲームになりえる

【Jerry Chu】アクションゲームはリズムゲームになりえる

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第28回は,既存の枠組みにカテゴライズし難いインディーズゲーム「Thumper」を取り上げて,ゲームのジャンルについて考えてみました。

[2017/10/14 12:00]

【Jerry Chu】シミュレーションは遊び手の想像力を刺激する

【Jerry Chu】シミュレーションは遊び手の想像力を刺激する

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第27回は,引き続き「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が実現した画期的なゲームデザインについて考えてみました。

[2017/09/30 12:00]

【ヒャダイン】「スーパーマリオ オデッセイ」に見る,“マリオ的正義”

【ヒャダイン】「スーパーマリオ オデッセイ」に見る,“マリオ的正義”

 先日,10月27日に発売予定の「スーパーマリオ オデッセイ」を体験したというヒャダイン氏。そこで感じたのは,この最新作でもヒャダイン氏が思う“マリオ的正義”が貫かれていたことだそう。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんなお話です。

[2017/09/30 00:00]

【西川善司】4Kテレビをディスプレイとして選ぶときに理解しておきたい「倍速駆動」の話。「多画面環境2017」の話題を添えて

【西川善司】4Kテレビをディスプレイとして選ぶときに理解しておきたい「倍速駆動」の話。「多画面環境2017」の話題を添えて

 最近,自身の仕事用となる7画面環境を刷新し,メインディスプレイとして液晶テレビを購入した西川善司氏。氏によると,PC用ディスプレイとして液晶テレビを選ぶときには「倍速駆動」に注意が必要ということで,「(善)後不覚」第48回は,そんな話となる。

[2017/09/16 00:00]

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「スプラトゥーン2」のルーツを尋ねて

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「スプラトゥーン2」のルーツを尋ねて

 4Gamerでも活躍しているゲーム系ライター,箭本進一氏による不定期連載「ゲームのご先祖様」。筆者独自の見解で新作を分析し,そのルーツと思しき作品を探っていこうという趣旨で,第2回は任天堂の「スプラトゥーン2」を取り上げます。

[2017/09/04 11:00]

【Jerry Chu】「自由」という“諸刃の剣”

【Jerry Chu】「自由」という“諸刃の剣”

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第26回は,「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が実現した“自由”とは何か,そのゲームデザインを考えると共に“楽しさのメカニズム”を考えてみました。

[2017/08/26 12:00]

【ドロッセルマイヤーズ渡辺】「FINAL FANTASY XV」と,RPGが語れる唯一の“物語”

【ドロッセルマイヤーズ渡辺】「FINAL FANTASY XV」と,RPGが語れる唯一の“物語”

 ゲームにありがちな誤解の一つに,ゲームは小説やマンガと同じく,どんな物語でも語れる汎用メディアだ,というものがある。とくにRPGはそのイメージが強く,物語を中心としてRPGが語られることは珍しいくない。でも実際のところはどうだろうか。「FINAL FANTASY XV」にどっぷりハマったという渡辺氏が持論を語る。

[2017/08/12 14:00]

【ヒャダイン】Nintendo Switch,始まりましたね……。

【ヒャダイン】Nintendo Switch,始まりましたね……。

 ちょっと前にNintendo Switchを購入してはいたものの,忙しさにかまけて開封すらしていなかったというヒャダイン氏。先日,ようやく開封して「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を遊んでみたところ,すっかりはまってしまった様子。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2017/07/31 16:00]

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「ARMS」のルーツを尋ねて

【箭本進一】ゲームのご先祖様:「ARMS」のルーツを尋ねて

 ゲーム系ライター,箭本進一氏による不定期連載「ゲームのご先祖様」が始まります。筆者が独自の見解で新作を分析し,そのルーツと思しき作品を探っていこうという内容で,第1回はNintendo Switch用ソフト「ARMS」を取り上げます。

[2017/07/29 12:00]

【Jerry Chu】ゲームは斬新でなくてもいい

【Jerry Chu】ゲームは斬新でなくてもいい

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第25回は,ゲーマーがゲームに求める独創性や斬新さについて,「Horizon Zero Dawn」を通じて考えてみました。

[2017/07/29 12:00]

【Jerry Chu】日本のゲーム音楽は配信サービスに乗り遅れている

【Jerry Chu】日本のゲーム音楽は配信サービスに乗り遅れている

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第24回は,「聴き放題サービス」における日本のゲーム音楽の現状を考えてみました。

[2017/07/08 12:00]

【Jerry Chu】「才能のムダ遣い」に満ちた「FINAL FANTASY XV」

【Jerry Chu】「才能のムダ遣い」に満ちた「FINAL FANTASY XV」

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第23回は,「FINAL FANTASY XV」に詰め込まれている遊び心や「楽しさの本質」について考えてみました。

[2017/06/12 12:00]

【ヒャダイン】ゲーム実況っていいよね。

【ヒャダイン】ゲーム実況っていいよね。

 このところ仕事が忙しく,なかなかゲームで遊ぶ時間をとれないというヒャダイン氏。それでもゲームに対する枯渇感が抑えきれなくなると,YouTubeでゲーム実況を見ているのだとか。今回の「ヒャダインの「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんなお話です。

[2017/05/31 00:00]

【Jerry Chu】ミニマルなゲームを

【Jerry Chu】ミニマルなゲームを

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第22回は,「ミニマリズム」「ミニマリスト」と称されることが多い上田文人氏の作品について考えてみました。

[2017/05/13 12:00]

【Jerry Chu】ゲームで歴史を体験する

【Jerry Chu】ゲームで歴史を体験する

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第21回は,自分の知らない世界と時代を体験できる歴史系ゲームについて,その魅力や意義を考えてみました。

[2017/04/22 12:00]

【西川善司】「Splatoon2」先行試射会体験記

【西川善司】「Splatoon2」先行試射会体験記

 2017年3月25日と26日に開催された,「Splatoon2」の先行試射会に参加した西川善司氏。「(善)後不覚」第47回では,そんな試射会のレポートをお届けする。前作をWii Uで相当プレイしていた西川氏にとって,Nintendo Switchで遊ぶイカはどんなものだったのか。

[2017/04/08 00:00]

【ドロッセルマイヤーズ渡辺】AIは人からゲームを奪うのか?

【ドロッセルマイヤーズ渡辺】AIは人からゲームを奪うのか?

 はじめまして。遊びと創作ボードゲームの店「ドロッセルマイヤーズ」代表の渡辺範明と申します。アナログゲーム専門のゲームデザイナー兼プロデューサーを生業にしている僕ですが,この不定期連載「ゲームボーズ」では,毎回「ゲームってなんだろう?」をテーマに,ゆるいコラムをお届けします。第1回は最近注目を集めているAIについてです。

[2017/04/08 00:00]

【Jerry Chu】どこまでがネタバレなのか

【Jerry Chu】どこまでがネタバレなのか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第20回は,ゲームの発売前に公開される情報について考えてみました。事前情報は多いほうがいい? それとも……。

[2017/04/01 12:00]

【ヒャダイン】ポケモンのタイプ相性について考える

【ヒャダイン】ポケモンのタイプ相性について考える

 「ポケットモンスター」シリーズで遊んでいると,気になってくるのがタイプ相性。なぜこのタイプはこのタイプと相性がいいのか,あるいは悪いのかなど,気にしだしたら止まらなくなるものです。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」は,そんな話題をお届けします。

[2017/03/31 00:00]

【Jerry Chu】究極のオープンワールドを体験しよう

【Jerry Chu】究極のオープンワールドを体験しよう

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第19回は,TVドラマ「Westworld」から見えてきたオープンワールド型ゲームの本質と,人工知能に関わる倫理について考えてみました。

[2017/03/14 12:00]

【Jerry Chu】映画のようなゲームとは

【Jerry Chu】映画のようなゲームとは

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第18回は,2016年9月にリリースされた「Virginia」を取り上げて,映画のようなゲームについて考えてみました。

[2017/02/18 12:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾賊! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(後編)

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾賊! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(後編)

 2017年2月16日にリリースされる「三國志13 with パワーアップキット」。その発売を前に,裴元紹の奮闘を描いた山本一郎氏による「三國志13」のプレイレポート前編を昨年末に掲載したが,本稿では,その続きとなる後編をお届けする。気になる裴元紹の戦いと恋の行方を見届けよう。

[2017/02/04 00:00]

【Jerry Chu】ゲームは「動詞」と「名詞」で成り立つ

【Jerry Chu】ゲームは「動詞」と「名詞」で成り立つ

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第17回は,2016年に登場したFPSの傑作を取り上げて,ジャンルの奥深さについて考えてみました。

[2017/02/01 12:00]

【ヒャダイン】それってもしかして,任天堂への反抗期かも?

【ヒャダイン】それってもしかして,任天堂への反抗期かも?

 先日発表され,この3月には発売されるNintendo Switch。ヒャダイン氏としても,かなり注目している様子です。ただ,昨今の任天堂に対する世間の風向きには,気になるところがあるのだとか。今回の「ヒャダインの『あの時俺は若かった』」では,そんな話題をお届けします。

[2017/01/31 19:00]

【島国大和】Nintendo Switchに見る任天堂のポリシーと挑戦

【島国大和】Nintendo Switchに見る任天堂のポリシーと挑戦

 お久しぶりの島国大和です。いよいよ発売日も決まった「Nintendo Switch」! いろいろとユニークな仕様が話題になってますが,これは任天堂のポリシーと,昨今のゲームシーンに対する挑戦がめっちゃ詰まったハードだと思います。

[2017/01/20 00:00]

【Jerry Chu】予言としてのゲーム,寓話としてのゲーム

【Jerry Chu】予言としてのゲーム,寓話としてのゲーム

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第16回は,「Deus Ex」シリーズの2作品を取り上げ,ストーリーに対するアプローチについて考えてみました。

[2017/01/07 12:00]

【西川善司】「PS VRのプロセッサーユニットでHDRパススルーできない問題」の打開策を考える

 【西川善司】「PS VRのプロセッサーユニットでHDRパススルーできない問題」の打開策を考える

 「PS4 ProとPS VRを購入して両製品を接続し,さらに4K&HDR対応テレビを接続すると,HDR出力できない」という問題に遭遇した西川氏。その解決法をいろいろ試してみるのが,(善)後不覚第46回のテーマである。果たして氏は,完璧な解決策に辿り着けたのだろうか。

[2016/12/28 00:30]

【Jerry Chu】カメラに何を映すか

【Jerry Chu】カメラに何を映すか

 香港出身,現在は“とあるゲーム会社”の新人プログラマーとなったJerry Chu氏の不定期連載「ゲームを知る掘る語る」。第15回は,ゲームにおけるカメラワークやカメラ視点について考えつつ,話は優れた演出手法を採用したハンガリー映画にも及びます。

[2016/12/17 12:00]

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾族! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(前編)

【山本一郎】「三國志13」プレイレポート――俺たち黄巾族! 底辺から呂布を目指す兵卒バカ一代・裴元紹の一生(前編)

 多くのファンが2017年2月16日のリリースを心待ちしているであろう「三國志13 with パワーアップキット」。その発売を前に,山本一郎氏から「三國志13」の新たなプレイレポートが届いた。今回は黄巾族のゴミ武将こと「裴元紹」の素晴らしい人生を追求するのだとか。本稿ではその前編をお届けしよう。

[2016/12/10 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年04月〜2018年10月