オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
FINAL FANTASY 零式公式サイトへ
読者の評価
79
投稿数:22
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

FINAL FANTASY 零式

FINAL FANTASY 零式
公式サイト http://www.square-enix.co.jp/fabula/0/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元
発売日 2011/10/27
価格 UMD版:7700円(税込),ダウンロード版:6480円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
79
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 2週目をやることが前提のゲームです。 80
    良い点
    ・戦争がテーマということもあり、ストーリーが生々しくリアル。そして奥が深い。
    ・キャラ毎に異なる武器や技があるので飽きない。
    ・2周目以降も新しいルートや豊富なサブイベントがあり、やりこみ要素が豊富。
    ・声優が豪華です。
    ・グラフィックも綺麗。
    悪い点
    ・操作キャラが多いのでレベル上げに時間がかかる。
    ・戦闘が終わってもリザーブメンバーには経験値が入らないため、レベル上げにさらに時間を要する。
    ・戦闘中にアイテム欄を開いていたら操作キャラがやられることも。
    ・軍神が空気。ほぼ使わない。(きっと私だけでしょうが…)
    ・マップが広すぎて、慣れると移動が面倒。
    総評
    映像やムービーに関しては、流石スクエニというところですね。
    ストーリーは頭の悪い私には難しい(よくわからない?)ところも多々ありますが、大変良かったと思います。
    エンディングも切ない感じですごく良かったです。欲を言えばハッピーのほうのルートも作ってほしかったですね。
    アクション系が苦手な私には所々躓きつつですが、なんとか1週目をクリアしました。
    戦闘は一撃で敵を倒せるキルサイトがあったので爽快に楽しめました。連戦も楽しい。
    推奨レベルを教えてくれるので、それに合わせながら進めれば最終ダンジョンまでは大きな苦労もなくいけます。最終ダンジョンの敵はこちらのメンバーの平均値のレベルになるのでレベル上げをしても無駄ですが。
    レベル上げは正直辛かったです。キャラが14人もいるのに経験値が入るのは戦闘参加者だけでかなり時間がかかります。


    2周目は1週目終了時のレベルを持ち越せるので、通常のミッションはさくさく進めて楽しいです。
    1週目ではなかったルートも出てきて奥が深まります。

    キャラの個性それぞれ濃くて、彼らの会話は楽しかったです。束の間の平和に癒されました。
    もう少しキャラを掘り下げた話があったら尚よかったです。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 水増しの集大成 10
    • 投稿者:Horatiocaine(男性/40代)
    • 投稿日:2012/09/01
    良い点
    1)グラフィック…KHBbS、T3Bを上回るほどの美麗さ。

    2)秘密特訓…苦痛でしかないレベル上げをしないで済む。

    3)ロード…PSVitaでDL版をプレイしたが、快適な部類だろう。
    悪い点
    1)ゲームデザイン…多種多様な要素を盛り込み、プレイヤー次第で遊べる要素は多い…のだが、ゲーム本編に関わるような必然性が全く無く、なにより完全に一本道のストーリーになんら干渉出来ないため、やる必要がそもそも無い。ムービー集に大量のミニゲームを付けただけだとしか表現のしようがない。

    2)ストーリー…なんというか、ファヴラノヴァクリスタリス作品全てに共通しているのだが、一体何をしたいのか、プレイヤーに何をさせたいのかがさっぱりわからない。当作品に関して言えば、そもそも一体何のために戦争を始めたのか、続けているのか理解不能である。
     

    3)キャラクター…プレイアブルキャラクターが異常に多いのだが、必要性を全く感じない。どうやら流行の狩りゲーの武器種を導入したかったようだが、キャラが被っている上に性能がスキル依存のためプレイヤースキルはほぼ必要無い。
     若くして戦争に投入され、過酷な最前線で戦っている割に、キャラ付けは平凡な学園コメディ風味。設定のみ与えられ、ドラマの熟成など皆無。メインキャラクターですら、非常に薄っぺらいストーリーを付与されている程度である。

    4)設定…近来のスクエニ作品の悪癖であるTIPS病は本作品で極まったと言えるだろう。恐ろしいほどの設定テキストが用意され、作品世界と物語を理解するために拝読せねばならない。

    5)アクション…キャラクター毎に多種多様なアクションが…爽快感皆無なアクションが用意されている。硬直が長かったり、当たり判定が良くわからなかったり、発動中棒立ちだったりとなかなかに悲惨である。ボタン割り当ても複雑なわりに9割方は死にスキルであり、無双の方がまだマシだと思えるほどだ。

    6)各種やり込み要素…お決まりのお使いクエストに始まり、アイテム集めにミニゲーム、隠しダンジョンと大量のヒマ潰しが用意されている。それはいい。戦争そっちのけで覗きカメラを設置したいならすれば良いだろう。だが何をしても本編への影響が一切無いとはどういうことだろうか?レベルの低いミニゲームを詰め合わせるのがボリュームなのだろうか?

    7)マップ…無駄に広い拠点、ほぼ何もない街、ぶつ切りでスカスカの戦闘マップとFF8レベルのフィールドマップ…正直、移動する事自体が苦痛で仕方なかった。

    8)セーブ…セーブ可能な場所が恐ろしく少なく、悪い意味で止め時に困る。

    9)強制敗北イベント…徒労しか感じない、RPGにおける最悪の演出だと思っているが、本作では過去に類を見ないほどの頻度で存在する。

    10)マルチプレイ…なんとも中途半端な仕様で、共闘と言うよりポイント稼ぎのために嫌々やらされる程度。
    総評
     近年のスクエニ作品の悪いところが全て詰まった衝撃の駄作です。全ての要素が中途半端かつ横の連携が全く無く、本当に詰め合わせ、いや寄せ集めとしか表現のしようがありません。

     戦争を描いているのではなく、たんに犬死を描いているだけのストーリーも劣悪の一語。「死んだ人間の記憶が無くなる」というのなら、プレイヤーキャラが戦闘で死亡したらロストするくらいの強烈さを採用するべきでした。それによってストーリーが変化するマルチシナリオであれば興味もそそられたでしょう。大変な手間が掛かるでしょうが、しょうもないやり込み要素を入れる手間があるのならもっと本編に注力すべきです。

     アクション要素もまた、まったく洗練されていない中途半端なもの。同社のロードオブ〜(アルカナ、アポカリプスともにプレイしましたが、レビューを書く気にもならないほどの駄作でした)をさらに劣化させ、スキルの強化による見せ掛けの成長要素を足しただけの稚拙なものです。同社の作品ではまともなアクションはキングダムハーツくらいしか思い当たらないので苦手なのでしょう。それならば素直にコマンド戦闘のほうがまだマシでした。時期的にモンスターハンターを意識したのでしょうが、ゲームシステムとの擦りあわせを怠るようでは…。

     全体から企画先行、詰め込み優先といった雰囲気が余りにも伝わってきて、作品としての方向性が全く感じられないのが残念でした。続篇があるにしても、二度と手に取る事は無いでしょう。

     そういえば4gamerさんでFF14の吉田氏のインタビューが掲載されましたが、その内容が印象的でしたので一部抜粋させていただきます。
     

    「例えば100ある設定のうち,少なくとも30-40くらいは実在したり,キャラとして登場してくれないとリアリティがない(中略)とにかくすべてが設定ありきで,時間的制約からそれを実際のゲームに反映できていなかった。結果的にプレイヤーに何かを伝えようという意志が見えづらいことになってしまいました。」

     個人的には30〜40どころか100で当たり前だと思いますが、それはともかくこの見解が昨今のFFの癌となっているファヴラノヴァクリスタリス設定に対する強烈なアンチテーゼとして理解される事を願って止みません。最後に、どうせ国内でしか売れないスピンオフ作品を作るのであれば中世ファンタジーで名も無き冒険者になり世界を救う、普通のRPGを作っていただけませんか?
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 1
  • 想像していたものと違っていました 20
    • 投稿者:kurutonz(女性/30代)
    • 投稿日:2012/02/17
    良い点
    しっかりとffの世界観でした。
    本気で造り込んだのがよくわかります。
    悪い点
    ファンタシースターポータブルのようなアクションかな、モンハンみたいなアクションかなと期待しておりました。
    もしそう思っているのであればまったく違うものです。
    まず敵の攻撃がよく見えません。最初のうちは適当にやっているとどんどんHPが減ります。
    よく見えないから適当に回避行動します。
    次第に遠距離職で回避→回避→回避→攻撃→回避→回避→回避・・・とやってればいいだけと気づきます。
    無限に回避行動がとれるのは萎えますね。

    あとはキャラが多いのですが魅力がないキャラが多すぎる。金髪ばっかりってのもなんで???
    いらん子とか、一人にまとめれた子とかいますよね。
    もっとキャラ設定をしっかりやって欲しかった。
    総評
    アクションゲームとしてはダメな点ばっかり
    RPGとしては最高点
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 1 3
  • ひさびさに神ゲーと感じた作品 90
    良い点
    PSPではもったいないくらい高画質(モニターに出力しても画質がいい)
    どのキャラも個性があって飽きない
    BGMもムービーも非常によくできてる
    すべてを遊ぶには100時間あっても足りないほどのボリューム
    魔法の強化システムは個人的に新しいと感じた
    悪い点
    途中からレベル上げが面倒になってきます
    ラストダンジョンの分岐で片方がクリア不可能(BADエンドで最初からやりなおし)
    マルチプレイをプレイしないとすべての魔法がつかえない
    総評
    スクエニの本気が感じられた作品
    ストーリーが非常によく まさにファンタジーという感じでした
    買って損はしない作品です

    個人的にはマルチプレイが一定時間の乱入形式なのでインフラストラクチャーモードに対応してほしかった
    Vitaでだしたほうがよかったんじゃないかと思います
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 受け入れられませんでした。 30
    • 投稿者:gekkouka(女性/30代)
    • 投稿日:2012/01/09
    良い点
    ○エース、レム
    この二人がいなければプレイ続けていなかったかも。
    ○秘密特訓
    これは楽。昔のように時間をかけれなくなったので、お手軽でいい。
    ○戦闘システム
    なかなか難しい。でも楽しい。
    悪い点
    ○キャラクターが多すぎる
    主役キャラクターが多すぎる。半分にしてもまだ多い。空気過ぎて、本筋にまったく絡まなくても問題がない子がいる。
    ○移動性の悪さ
    魔方陣にのってエントランスから移動して、またエントランス戻ってきて移動して…。なぜそのまま移動できないのか。
    ○レム無双
    一番使わせてもらっていて何ですが、レム強すぎる…。
    ○装備購入画面の不適切
    ステータス上がる下がるぐらいは表示してほしい。
    ○PSPスティック
    戦闘で操作しにくい。十字キー使わせてほしい。
    ○ファントム吸収
    テンポよく爽快に戦えるのが売りだと思うが、これのせいでテンポが悪くなる…。
    ロックオンもやりにくいので、吸収するまでも大変。

    ○マキナ
    ……自分の中では、彼が一番の原因要素だったと思います。


    総評
    一本道だろうが、主人公が空気だろうが、どんなFFでもそのストーリーに溶け込んで、自分で考察しながら楽しんできましたが、なんでか零式だけはダメでした。受け付けない。肝心なストーリーにまったく魅力を感じられず、14人の中で一番の主役にイライラさせられ(14人もいるんだから、いっそのこと個々のキャラクターのマルチエンディングにしてくれれば…orz)レムが気の毒でしょうがなく、買ってしまったのでなんとかクリアしましたが…。ここまで苦行とおもったのは、FF初。FF10の雷避けのほうがまだマシ。
    『彼』のようなキャラクターはごまんといますが、それでもどこかに魅力があったと思います。『彼』にはまったく感情輸入できませんでした。もう少しストーリーが良ければ、自分の中で大化けしたキャラクターだったかもしれませんが…。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 3
  • 受け身ゲー。 30
    • 投稿者:Moobii(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/28
    良い点
    ・グラフィックの作り込み。
    ・独特で無味乾燥な世界観だが、支配からの脱却や自己犠牲などFFらしいストーリーはキッチリ満たしている。
    悪い点
    ・周回プレイ前提なこと。周回プレイをするかしないかはプレイヤー次第なのにゲームが強要している。
    ・ゼノギアスDisc2の悪夢再び。1枚絵とナレーションで1国が消滅したとか突拍子もない展開が連続して興ざめした。
    ・通常攻撃よりキルサイト、魔法が格段に強いので受け身ゲーになってしまう。最終章の敵みたいに「ボコる→気絶→キルサイト発生」とかボス戦で起きる連続キルサイトとかを通常の戦闘にもできるようにすればメリハリがあってよかった。
    ・LV40台からレベリングがダルくなる。LV30あたりまではレベリング専用ダンジョンがあるのに・・・。
    ・シドの声が気に入らない。平時は威厳あるが、声を張り上げる場面ではヨボヨボの爺さんみたいで気が抜ける。
    総評
    212時間で1周したけど、『アンリミテッド・サガ』とか初代『デビル・メイ・クライ』をクリアしたときのようにもうお腹いっぱいでした。そのクセ「クリムゾン」ミッションとかストーリーの追加ミッション解禁とか2周目以降を強要するのはどうかと思います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 3
  • 2周クリアして…名作。 85
    • 投稿者:yhoshigundam(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/25
    良い点
    グラフィック。もうこれは芸術。よく作り込まれてます。他のメーカーをダントツに抜いてるのではないかと。
    戦闘。アクション強めですが、ボタン押しっぱでも行動できるので、RPGファンでも慣れれば楽しいのではないかと。サクッとこなせるので、進行にも支障なく、いいバランス。
    物語。結構キビシイ意見も多いですが、世界が構築されているところに突然放り込まれたら(アキバ文化に突然渋谷大好きな人がくるような感じ)、現実世界だって情報の収集は不可欠だし、順応するまでに時間はかかるので、情報を収集する作業は必要ですが、大方歴史書につまっているので、把握すれば馴染むことができました。
    キャラクター。個性が出ていて、面白い。0組の面々それぞれに思いいれができます。
    ぽやーんとしてるのに実は…みたいな内面まで補完してるので、そこまで把握して物語を楽しむと、さらに楽しくなります。
    悪い点
    戦闘。魔法が強すぎます。レム一人に任せっきりの場面多い。アビリティも問答無用でMP回復できるもんだから、手動ではあっても無尽蔵に経験値稼ぎできるシステムはいただけない。個々の戦闘中の個性をさらに発揮できるように作って欲しかった。
    レベル。中盤からものすごく上がりづらい。一定の内容を補完できるまでに必要なレベルは問題なくあげられるのですが、やりこみ要素をすべてこなすためにレベルあげるとなると、非常に作業が伴う。経験値倍増アイテム装備してもそんな感じなので、もう少し敷居を下げても良かったのでは…。
    マルチプレイ。ほぼ必要なし。おまけ的要素なのに、これでしか手に入れられない物とかあったり、乱入形式で、時間制限があったりと、お粗末。全面に押し出すほどのものではないです。
    総評
    一周目で、何じゃこりゃ?と放り投げてしまいそうになりましたが、そこが終わりではなく、始まり。2周して、いや、何周かして初めてこの物語は完結します。
    ただゲームとして楽しむならば、ストーリー重視でないならば一周して、こんなもんか、で終わりでもいいでしょう。
    しかし是非、2周はしてもらいたい。欠けたピースがしっかり埋まります。
    終章のブットビ感は少々びっくりしましたが、意外とそんな風になるものかもな、と納得。
    現実だって色々突然ですから(ネタバレ回避で詳細は伏せときます)
    プレイ中はオリエンスの世界に引き込まれます。まさにロールプレイング。
    学園ストーリーのようですが、ここだけは、言わせてください。
    アギト候補生は学生ではないです。
    兵隊より優秀な英雄候補生です。地位は兵隊より上です。
    そこがわからないので、最初戸惑います。
    何だ?学生がえらそうにしてるこの世界は??ってなりますが、そうではないです。
    未プレイの方は、固定観念を捨てて、ぜひ遊んでみるといいかもしれません。
    今作で余計だった部分は結構色々上がっているようなので、フィードバックされていかされていくのではないでしょうか?
    かといって、零式ver1.5みたいなことはしないでほしいですが…。

    2周プレイして、初めてこのゲームの在り方、オリエンスという世界の片鱗を垣間見ることができました(それでも片鱗なのですが…)。明かされていない、もしくは今作で明かされない要素もあるようです。歴史書に記録されている部分で記載が埋まってしまったところにさらなる謎が残ってしまっているので、この世界の行く末が気になります。
    作り手にしてみれば、大変なのかもしれませんが、ぜひ、この世界の先を創っていただきたい。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 2
  • ひさびさの「やりたいFF」 85
    • 投稿者:さいく(男性/40代)
    • 投稿日:2011/11/22
    良い点
    ・グラフィック&ムービー
     「うわぁっ!!」「…えええ…?」と知らずに声を上げている自分。
     アクション操作中ならまだしも、ゲームのムービーを見ていてそうなるとは…。
     最新のCG映画でもあまり映像に感動とかしないタイプなんですがね。
     見惚れました。

    ・BGM&主題歌
     割とギターサウンドが多めで好きです。
     BUMPに合わしたのかな。
     今までのFFとは一線を画す意味でも重要な所でしょう。
     公式HPで流れてる曲もいい感じでしたね。
     今作、全体的にプロモーションが上手だなと思いました。
     金使ってるな、とも。

    ・バトル
     プレイしていて気持ちいいです。
     感覚的に「方向キー上+攻撃ボタン」で突進的な攻撃がちゃんと出ますし。
     トリッキーなキャラもいますが、実は使いこなすと強いみたいな伸びしろも○。
     14人それぞれ個性的で面白いです(ちょっと多いかな、とも思います)。
     使うキャラによって動かし方が全く違いますので、頑張って練習します(笑)。
     でも慣れてきたら、戦闘シーンがスピーディーすぎてカメラが追いてけぼり。
     もうこの手の3Dアクションシーンはしょうがないのかな。
     自分がやってきたゲームの中ではいい方だと思います。

    ・不親切さ
     いろいろと、細かい部分の不親切さはあります。
     でもそれは、ゲーム内容というよりも「あえて残したリアル感」かと。
     3次元と2次元の兼ね合い、というか。
     「依頼」というものがあり、まあゲーム的に言うところのおつかいなんですが、
     おつかいが1件ずつしか消化できなくても、自分的には気にならない部分でした。
     学校(じゃないけど)がムダに広かったりするのも当たり前かな。
     地図が見にくいとかも、じゃあ逆に見やすい地図って何?(笑)
     自分で地形を調べて、自分がわかりやすい地図を書くでしょ、リアルなら。
     まあリアルとゲームを比べてもしょうがないんですが…。
     「昔のゲームなんて自分で地図を書かなくちゃいけないゲームばっかりだった」
     とか、まあ、30半ばのたわごとですスミマセン。

    ・やりこみ要素
     チョコボの繁殖や魔法のカスタマイズ、図鑑埋め、覗き(笑)、
     PSPのスリープモードまで利用したキャラ育成…と、盛りだくさんです。
     その「盛りだくさん」をプレイするかどうかはこちらが決めるんで、
     用意はしていただきたいんですよね。
     ここ何年かの「グラフィックがキレイな大作RPG」に対して言いますが。

    ・体験版
     プレイした感想↓
     「ふむ、クエストを受注して…、敵を倒し…ああ、これが剥ぎ取りね…。」
     「レベリング要素があるものの、まあ、流行りの狩りゲーみたいなモンか。」
     「FFもそっちに行くのね…、まあわかりやすくはある、かな…」
     こんなカンジ。
     ふたを開けたらビックリ、ゴリゴリのRPGだわ。
     かと思ったらおつかいを兼ねたアドベンチャーゲームが始まるし…。
     フツーにクエストかと思ったらシミュレーションゲームが始まるし…。
     ゲームの楽しさが「これでもか!」というくらい詰まってる。
     体験版だけで決めるんだったら、その内中古で買おうと思ってました。
     その手の「一山いくらの狩りゲー」だと思ってたんで。
     買って良かった。この一言。 
     
    悪い点
    ・世界観
     死んだ人を忘れていく、という「設定」がどうにも…。
     だいたいバトルでバタバタ死んでんのに。
     昨今のゲームでは珍しく、結構ハッキリ「死亡」と出るのに。
     召喚獣を呼び出して、死んでんのに。
     いざクエストが終わって戻ると全員ピンピンしてます。
     まあクリスタルの加護なんでしょう(笑)。
     その辺の天秤ですよね、難しいところだとは思いますけど。
     それなのに「死なないで」というスキルがあるのには苦笑しました。

    ・豪華声優陣
     セールスポイントなのかどうかは知りませんが、二言目には豪華豪華と…。
     正直、あまり詳しくないんで評価するのも気が引けますが…、まあ×、で…。
     いや、4、5人は知ってますよ、これだけ出てりゃ!
     でも「このキャラにはこの声優じゃなきゃダメだったな」ってのは、
     ぶっちゃけ一人も感じませんでした。
     声優ブームなんですかねぇ、自分は「金使ったんだなぁ」くらいにしか。

    ・演出
     ストーリーは良いですね、すごく。
     でも、何かチャチくなっちゃった感じ。
     セリフまわしや場面場面の見せ方、要するに演出の部分でしょうね。
     あと群像劇?好きですよねぇ群像劇。
     作ってる側は楽しい(もしくは、ラク?)のかも知れませんけどね。

    ・バトル
     良い点で書いた部分とは違う視点で、回避と魔法の性能が良すぎますね。
     バランスブレイカーです。
     もう敵の方も部隊長のボスクラスはゴロンゴロンゴロンゴロン…。
     人間を超越したかわし方をしてきやがります。
     むしろお前がルシか!?っていう。
     まあこっちが回避できなくなっても困りますが…、バランスですね。

    ・零式
     このタイトルの意味は結局なんだったんでしょう?
     今後、壱・弐となっていくこの物語の始まりの前、ということなのかな?
     イヤ、今までのナンバリングの前のクリスタルの物語って意味なのか?
     それとも0組が主人公だから、っていうだけなのか。
     クリアしてみても、まだ明かされてない部分や物語上の違和感があります。
     2週目でわかるのかも知れませんけどね。
     BUMPの曲も、正直「ゼロ」かぁ?と思いました。
     すごくいい曲ですけど、タイトルが「ゼロ」かな?と。
     ゲームに合わした感じがしました。

    ・オンライン要素
     まあ…、ザックリ言うと要らない、かな。
     もうオフの部分だけでしっかりゲームとして出来上がってるので。ハイ。
     「通信もできるハードなんだから、一応入れよう。」
     くらいのやっつけ感が、ちょっとしました。
     レアアクセサリをプレゼント、みたいな事もやっていくようですが、
     ゴメンナサイ、メンドクサイ。
     
     
    総評
    かれこれ10年ぶりくらいですかね、やりたいなと思ったFFは。
    なんせ10以来ですから。
    オンラインは基本苦手だから11はスルーしたし、14はあの有様。
    「最高のグラフィック」「壮大なストーリー」と覚えたての言葉のように連呼し、
    鳴り物入りで登場した12や13はゲームの楽しさをどこかに落っことした
    ムダに長い長編映画を見せられるような作品でした。
    そのスキマの「クライシス何とか」とか「何とかチルドレン」とかは
    「やりたい」どころか「知りたい」とさえ思わなかったんで、知りません。
    もうね、でぃおでしむ…なんだっけ?…何語かすらおじさんわかんない(笑)。

    14のあの体たらくを傍目で見て「零式がコケたらFFも本当にファイナルだな」と、
    半ば冷やかしのつもりで、でも半ば期待も込めて、やろうと決めてました。

    素晴らしい「ゲーム」でした!!

    RPGを、というよりゲームを、その世界の中にどっぷりつかって夢中でプレイしたのは
    もう何年ぶりくらいなんだろう…。
    時代の流れで、空いた時間にサクッとできるゲームがもてはやされている昨今、
    これほどまでのRPGをスクウェア・エニックスという老舗がキッチリ出してきた、
    と言う事に感銘を受けました。
    まあ正直、一番の動機はBUMPの主題歌ですが(笑)。
    でもプレイしてみて、プロデューサーか誰かが言ってた「PSPで一番になりたい!」
    …言っていいと思いますよ。
    PSPの全RPGをプレイしたわけじゃありませんが、私の中ではここ10年で一番です。

    むしろ残念に思うのは、なぜこのゲームを12や13の時に出せなかったのか?
    開発部署が違うとかプロデューサーが違うとかいろいろあるんでしょうけどね。
    ユーザーにはそんなモン関係ないんで。
    「面白いゲームがやりたい!」それだけです。金払ってんだから。

    13−兇筍隠瓦牢待していいんですかね?
    13なんか5時間くらいやって、ムリ!っつって奥の方にしまっちゃったんですが。
    まあ、ヘンにハードルを上げずに、待ってみて「あげようかな」
    …という気分にはなってます。
    まんまと踊らされてる感じもしますが(笑)。


    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • ただひとつの この零式を 90
    • 投稿者:ミズガミ(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/17
    良い点
    グラフィック:PSPでも最高レベルのグラフィックです。ムービーシーンも美麗。
           キャラの挙動にもこだわりがみえ、活き活きとしています。
    サウンド  :シーンを盛り上げる、世界観に合った楽曲が魅力的。
           BUMPの手がけるテーマソングはゲームに溶け込むほどマッチしている
           SEのこだわりもみえ、足音、環境音、キルサイトの爽快なSE。
           携帯機だから、と手を抜いてないのがよくわかります。
    ストーリー :様々な専門用語や独特の世界観。隠された謎。魅力的な登場人物達。
           それらが合わさり、感動のラストシーンに繋がっている。
           戦争や命の重さ、仲間との絆、ありがちですがいいと思います。
    システム  :戦闘はスピード感のあるアクション。キャラに個性がしっかりあり、
           キルサイトの爽快感もあります。その他ワールドマップ、依頼、
           マルチ、多数のイベント、図鑑、これでもかと詰め込まれてます
    声優人   :これまでのFF作品などではそこまでメジャーな声優を
           起用していることはなかったのですが、今回は一線で活躍する声優を
           たくさん起用しており、メインどころか多数存在するNPCにも有名な
           声優が使われています。キャラの表現力があがり、より魅力的です。
       
    悪い点
    ストーリー :シナリオの進行に少し無理があるところがある。
           唐突すぎる展開など、容量の都合で切られたのでしょうか。
           FF零式、というよりはKH零式といった感じ。根底の設定も有名作品の       いいとこどりと言った感じを受けた。これはゲーム中で公開される        べき情報が少ないからでしょうか。
    システム  :14人のキャラ性能バランス、と言うより魔法が強すぎて他が台無し。
           もちろん物理オンリーでも十分遊べますが、性能差が大き過ぎです。
           その他詰め込まれたシステムも、数が多過ぎひとつひとつの完成度が
           低く感じます。自由行動時間の縛り、面倒すぎるイベントなど。
              
    総評
    ここまで良い点、悪い点を書きましたが、総じて優良な作品だと思います。
    まだまだ未完な部分もありますが、これから壱式、弐式の予定もあるようなので、
    今後注目するシリーズになりそうだし、そうなってほしいです。
    自分がなによりもこの作品を気に入っているのは0組のメンバー達。つまり主人公達。
    声優の素晴らしい演技もありますが、キャラの性格やその個性のこだわり、キャラの掛け合いなど、ついつい感情移入してしまいます。
    切ないシナリオです、EDも想像はしていましたが衝撃を受けました。
    こうしてみると、快適にできるゲームですが、システム、シナリオ等、キャラのインパクトに負けてしまっていると感じた。
    それでも十分にプレイする価値のあるゲームであり、プレイしてみて欲しいゲームです

    クラスゼロ大好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
  • 期待以上! 85
    • 投稿者:もも(女性/30代)
    • 投稿日:2011/11/17
    良い点
    とにかく戦闘が楽しい。
    昨今のスクエニのゲームの中ではかなり面白い部類。
    ストーリーも序盤はよく分からなかったが、段々と理解してくる。中盤以降の展開が面白かった!
    やり込み要素が多くていい。適度な難易度もいい。
    音楽や名称など、過去のFF作品を知っているとテンションが上がる部分もあっていい。
    悪い点
    ちらほら不親切。
    武器を買いに行っても現在装備している武器に比べてその装備が強いのか判断つかなかったり、魔導院でいちいちエントランスに戻されて億劫だったり、地図が見辛かったり。その辺りが直れば更に良かった。
    0組のメンバーは、豪華声優陣を起用している割には余り思い入れが持てない。
    もっとキャラクターを掘り下げて欲しかった。
    折角マルチプレイができるのに、クリアした作戦しか出来ないのが残念。
    もっと作戦があると
    総評
    次作が出るなら間違いなく買うくらい現在進行形で楽しい。
    しかし面白いからこそ、改善されればもっとよくなりそうな点が多いのがすごく残念でならない。
    零式のシステムで次回作やPS3版が出るなら、よりよい改良を期待しています。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 5 4
  • とりあえず一週してみて 80
    • 投稿者:タマ(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/15
    良い点
    賛否両論なところがあるかもしてないですが、キャラクターが多くそれぞれ個性があってイベントは楽しめました。あとムービーにある召還獣の戦闘は迫力があってよかったです。


    戦闘面ですが、FFでは新しいシステムでしたが思っていたより処理落ちすることもなく快適に緊張感を持ってプレイすることが出来ました。

    ストーリーはおなじみな感じでしたがFFはこれだからいいのかなとおもいます。
    悪い点
    良い点でキャラクターの多さをあげましたが育成面では逆にこの多さがめんどくさかったですね。
    まぁ使わないキャラは育てないで進めてしまえといえばそれまでですが・・・。

    あと個人的に召還獣がイベント以外いらない子だったのが残念でした。
    総評
    最初はそこまで期待してなくて買う予定もなかったんですが、主題歌がBUMP OF CHICKENだったので買ってみたっていう適当な購入動機でした。

    それでもやり始めると世界に引き込まれちゃって時間を忘れてプレイしてました。生死感とか召還にたいする代償といった世界観がすごく面白かったです。

    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 5 4
  • 悪くないが親切さに不満を感じる 60
    良い点
    ●PSPのソフトの中ではダントツのグラフィックス

    ●独特な雰囲気のある世界観
    悪い点
    ×カメラワーク
        体験版よりは改善されているが、それでも見づらい。

    ×キャラクターが多いのは良いが、色々活かせていない
        一人一人の人物の掘り下げが、全然行われていない。
        なぜそのような考え方、立場、交流関係なのか
        描写される場面が足りなくて存在感が希薄だった。

        戦闘面で見ても、能力差が激しく(特に遠距離のアドバンテージの高さ)
        使用キャラは、能力で選ぶと限られてしまう。
        愛着を持って使うとしても、前述の通り掘り下げが少なく
        人物像が薄いので感情移入は難しい。

        また操作キャラクター以外も含め
        そのセリフを言わせたかっただけじゃないのか、
        と思えるようなシーンが非常に多かった。

        漫画で言うなら、
        「この見開きページどうだ!カッコいいだろう」
        という感じがひしひしと伝わって、
        ストーリーや前後の展開などお構いなしに感じた。
       

    ×戦闘バランスは遠距離優位
        能力だけでメンバーを構成するならば、
        遠距離で固めてしまった方が非常に楽チン。
        近接攻撃、遠距離攻撃に如実な長所短所をつけて欲しかった。

        キルサイト、ブレイクサイトで考えると近接か遠距離かはあまり意味がない。
        その為、見難いカメラアングルや事故死のリスクを考えると
        遠距離攻撃の一択になってしまう。
    総評
    表面(ビジュアル、声優など、ぱっと見で分かるカッコよさ)は、
    とてつもない作り込みがされている。
    しかし、内面(操作性、利便性など)の部分は非常に弱いと感じた。


    長年RPGを作り、蓄積されているノウハウを考えると、
    なぜかゆい所に手が届かないのか、惜しいの一言である。

    ビジュアル、サウンド面の技術を伸ばすのも良いが、
    今後の作品では、もっと内面のクオリティを高めて欲しい。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 2 2
  • 悪くはないけど・・・ 50
    • 投稿者:桜餅(女性/20代)
    • 投稿日:2011/11/10
    良い点
    グラフィックはさすがと言うしかない、すばらしい出来。
    PSPでここまでの美麗なグラフィックを堪能できるとは思いませんでした。

    操作性はまあまあ。基本的な部分はとっつきやすい。
    ある程度慣れてくると不満点が生まれてくるけど…

    チョコボが可愛い(シリーズ通してチョコボ好き。最初のあのシーン…チョコボ好きにはぐっときました)。
    悪い点
    グラフィックはいいけど、視点関係がお粗末。

    ゲーム内の移動が、無駄な空間が多いのと、移動速度等の関係でだるい。
    ちょっとオンラインゲームを意識しすぎてるのかな。あくまでオフゲーの種類なので、無理してこんな形にするんじゃなく、ストレス無く遊べるようにしたほうがいいかも。

    キャラが薄い。台詞まわしなどは考えられているけど、キャラがたくさんいるだけでそのキャラそのものの歴史が薄っぺらに感じる。人数を減らしてそういったものを掘り下げてくれたほうがいい。
    オンラインゲームを意識しているような感じだから、いっそキャラは各ユーザが作成するパターンで良かったかも。

    シナリオは歴史を出したいんだろうけど、語るに落ちている感が否めない。
    あーそうなの、ふーんみたいな流れを感じる。
    ゲームではなく、そういった流れを楽しむ分(映画みたいな)には問題ないだろうけど、完全に決まった流れに流されいる気分になる。

    歌に有名バンドを使うのはいいけど、正直合ってない。
    バンドありきのゲームじゃなくて、ゲームありきのバンドを選んで欲しかった。
    ネームバリューが欲しかったとしか思えない。有名ならいいって話じゃないと思うけど、そのバンドのファン層取り込みはできたんじゃないかな。ゲームファンとしては残念。

    クエストの受注可能数があまりにも悲惨。面倒なだけ…

    チョコボブリーディングにも力を入れて欲しかった。
    総評
    とにかくグラフィックは圧倒的。一見の価値あり。
    ゲームとしてではなく、映画のような作品として見たほうがいいかも。
    そう考えるととてもいい作品。
    ゲーム部分を楽しみたい人には、正直微妙かも。

    FFを冠しているので、過去のFF作品とどうしても比べてしまうけど、これ単体でみると悪くはない作品だと思います。
    サウンドに関しては正直過去のFF作品のが圧倒的。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 2 2 3
  • PSPではこれ以上のゲームは作れないはずです。 90
    • 投稿者:Jerek(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/09
    良い点
    ・操作キャラの多さ。
    ・グラフィックの良さ。PSPではベストだと思います。
    ・最近のFFになかった音楽のクオリティー。本当に、ボスバトルで燃えました。
    ・全体的のストーリー。エンディングは最高でした。
    ・バトルシステム。全く飽きないです。
    ・やり込み要素の多さ。キャラのレベルアップも楽しいです。
    ・DLC?(発売の時、あると聞いてましたが、見当たりませんよ?)。
    ・声優。凄いキャストでしたね。
    悪い点
    ・武器変えても、デザインが変わらないのは残念すぎます。せめて各キャラのベスト武器でデザイン変えて欲しかった。(DISSIDIAもそうでしたが、零式は二枚のUMDになっているので、出来ないはずがなかった。
    ・クラサメ(あんなに格好いいのに操作出来ないのは残念)。
    ・カメラ。PSPにしては上出来というか、PSPだとこれ以上よく出来ないと思いますが、敵をロックオンすると操作キャラが近すぎて全体的のフィールドが見えなくなるのは不快適.
    ・ロックオンシステム。右手のさし指がRの押しっぱなしで痛いです。Rを押さずに戦った方がフィルードが見えて快適ですが、ファントマとブレイクサイトなどが使えないので、結局ロックしなければならない。
    ・ステージのコピペ。PSPなので仕方がないが、全く同じステージでのミッションが多すぎて飽きやすい。ステージが多いのはありがたいことですが。同じステージでも夜バージョンなどのバリエーションがあれば少し飽きにくくなってたのに、少し残念です。(町のコピペも多すぎます。せめて色と音楽を変えてくれればよかったです)。
    ・ボスモードの無さ。一対一のボス対戦があったら少しプレイ時間が伸びる。特にルシとのバトルがあればよかった。
    ・キルサイト。ブレイクサイトでスタン出来たりとかはよかったと思いますが、キルサイトは、ん〜、ちょっと必要なかったかな。
    ・マルチプレイの無意味さ、おまけ間。最初から最後まで友とミッション出来ればよかったと思います。数分だと急いで作業感がしてならん。それに、マルチが出来ない方々はアレテマの最強魔法等が手に入らないの不愉快です。
    ・ワールドマップ。。。でやることがほとんどございません。
    ・エアシップの移動。自動的に移動してるのはどうかと思います。自由を感じられない。前FFのように自分でアクセルをふみたいです!
    ・時間が限られてるシステム。ない方がプレイ時間が伸びます。ワールドマップでLVアップ以外やることがないからでのシステム?って気がしてなりません。
    ・戦争をテーマで、少しファンタジーが欠けてるかなと、個人的に思いました。


    総評
    これぞ、神ゲー、と久しぶりに言えました。
    悪い点があっても完璧に近い出来だと思いました。
    PSPが限界まで追い詰められた気がするので、Vita版の零式2を期待したいと思います。
    ぜひFFファンでない方々にもおすすめしたいと思います。


    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 最近のFFの中では良い出来。 85
    • 投稿者:うどん粉(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/08
    良い点
    ・操作キャラが多い。
    ・グラフィックが良い。
    ・ワールドマップがあり昔のFFようにチョコボや飛空艇に乗れる。
    ・国家間の戦争がメインで、人の死が特別な意味を持つ独特な世界観が良かった。
    ・最終章にいくまでのストーリーは全体的に良かった。
    ・敵味方ともに魅力のあるキャラが多い。
    ・周回プレイや強敵のいるダンジョン攻略などやり込める要素が多い。
    悪い点
    ・専門用語が多いのに用語辞典がない。
    ・セーブポイントに行かないと装備変更やメンバー変更が出来ない。
    ・依頼が1つずつしか受けられない。
    ・最終章が唐突な展開すぎてプレイヤーは置いてきぼり。
    ・重要そうなキャラの何人かが終盤で全く本編に出てこなくなり、その結末が人物図鑑でのみ語られているケースが多い。
    ・マルチプレイをしないと解放できない要素や依頼がいくつかある。
    総評
    正直、FF13あたりからFFにはあまり期待しなくなり、こっちも期待せずにやってみましたが予想以上におもしろかったです。
    容量の問題で最終章は、あのような唐突な展開になったのかもしれませんが、全体的なストーリーとエンディングは良かったです。
    一部のキャラの謎が明らかにされなかったので続編などが出るのでしょうか。

    1度クリアしても2周目で作戦内容が変わり1周目で分からなかった部分も明らかにされてくるので2周クリアしてみることをおすすめします。
    操作キャラも多いので周回ごとにいろんなキャラを育成してみたりしても長く遊べそうです。

    マルチプレイのほうは、一緒にプレイするのに時間制限があるので皆でワイワイやるというよりは
    急いで敵を倒して進んでいくという作業感が強いのでオマケ程度に考えたほうがいいかもしれません。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 5 5
  • これは、良いゲーム 85
    • 投稿者:KKHK(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/04
    良い点
    グラフィック

    サウンド

    アクション

    ストーリー
    悪い点
    ペリシティリウム内の移動

    依頼の受け付け数

    マップの見やすさ
    総評
    これは、本当に面白いです。

    正直、これが批判される理由が分かりません。

    多少の操作性とかに文句を言っていたら、全てのゲームが駄目になります。

    このゲームの良さは、やってみないと分かりません。絶対買うべきです!!
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 一味違うFF 75
    • 投稿者:ミスター(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/03
    良い点
    音楽
    キャラの多さ
    豪華な声優陣
    協力プレイ
    悪い点
    たまにある処理落ち
    操作性
    カメラワーク
    総評
    今までのRPGのFFとは違い、アクションのFFと言ってもいいFF零式です。
    体験版をしてみて、こんな感じなんだと体験できた嬉しさと若干の違和感を感じました。その点は、どうやら修正されたようなので良かったです。

    キャラが14人と、今まででは考えられなかったキャラの豊富さで正直言って、ここまでいたら、使うキャラに偏りが出るよなーと思っていたのですが、敵も人数を考えてかレベル的な問題に直面すると全員出動!って感じになります。特にキルサイトを狙わないとダメージをあまり与えられない敵では、相手の攻撃になれないとバタバタとやられてしまいます。

    14人のキャラもいると、レベル上げがちょっと大変かなとも思いました。
    このキャラを使うと決めた人はそれを中心にあと2人ぐらい上げていけばいいと思いますが、全員を平均的に上げていこうと思うと結構時間がかかると思います。
    ちなみに自分は、平均的に上げていっています。

    これはゲームなので当たり前なのですが、言葉と口の動きがあまり合ってないと思いました。キレイなムービーではまったくありませんが、ちょっとした会話でのシーンでは
    しゃべっていないのに、口がパクパクと動いていて、なんかちょっと嫌だなと思いました。しかもそのシーンでのキャラ同士の会話で、どう見ても相手ではなく別の方向に視線がいっているような気がしてなりません。これは開発段階でどうにかなったんじゃないかと思いました。

    全体的に見れば、とてもすばらしいゲームでやる価値はあると思います。

    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 4
  • とても豪華な携帯機屈指の大型ゲーム 85
    良い点
    全体的にハイレベルにまとまった良いゲーム。
    久々に何も考えないで猿になってプレイできた。

    ・戦闘
    このゲームの楽しみの大半。
    かなりシビアなバランスだけれど、動かしていて気持ちいいアクションでガンガン戦っていけるのはとても楽しい。
    キャラごとの個性も大きく、色んなキャラを使っていくとなかなか飽きない。
    行動のバリエーションが結構多いので、かっこつけたプレイがしやすいのも良。

    ・グラフィック
    PSPとしては驚異的なレベル。背景がかなり綺麗で雰囲気出てて良い。
    プリレンダの部分も相当な綺麗さで、この辺りは流石のお家芸と言ったところ。

    ・音楽
    耳に残る音楽が多い。

    ・豊富なゲーム性
    おおよそゲーム性が発生しうるところには全部そういう要素入れたんじゃないかと言った作り。
    アクションゲームなのにちゃんとエンカウントバトルもあったり、戦争はRTSになったり、やたら豊富なサブイベントだったり、果てはチョコボまで育成して増やしていったり。
    やたら手間暇かけて作った印象を受けます。
    悪い点
    ・ストーリー
    全体的にレベルが高い作品なのに、ここで物凄く足を引っ張っている感じ。
    最終章で突然今までの展開を全て無視してあらぬ方向にストーリーがぶっ飛ぶため、大半のユーザーが付いていけない事態になってしまっていてとても残念。
    いきなりテロップだけで世界が滅び、各人が持っていた複線はその各人の命ごとどこかに消え、生き残った重要キャラが思わせぶりな電波台詞を言って疑問符だらけ。
    突然突き落とされる理不尽な状況に納得できる答えがあれば面白かったのですが、結局最後まで一切の説明が無くそのまま終了。
    最初の方向性で最後までちゃんと作りきってくれれば……

    ・最終的な戦闘バランス
    魔法の消費が重めな一周目はそれなりに全キャラ活躍の場があるのですが、
    魔法の威力が飛びぬけているので、MPが上がり、魔法のカスタマイズで消費を落としてしまうとちょっと悲しいバランスに。
    魔法で大半のザコ敵が一撃蒸発するため、近接やキルサイトを使う意味がなくなります。
    ザコ散らし用にレム入れて、あとは高台狙撃用に射撃キャラ入れればいいやな感じ。
    総評
    荒いところ、残念なところはありますが、プラマイ考えると大幅にプラスが多いです。
    ストーリー面でのアラをどうにかして、戦闘バランス若干修正したらもう文句の付けようのないゲームが出来上がるんじゃないかと。
    現状でも十二分に魅力を持ったいいゲームです。

    売り上げも好調みたいなので、シリーズ化や諸々を修正追加したアペンド版に期待したいと思います。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 2 5
  • 久し振りに「さすがFF」的な。 90
    • 投稿者:ろっく(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/03
    良い点
    グラフィック
    音楽
    世界観
    戦闘システム
    ワールドマップがある!
    何と言うかFFっぽさ?
    バンプの曲
    悪い点
    ワールドマップに出るのが若干億劫w
    今のとこそれくらいです
    総評
    最近まともにゲームやってなかったんですが、久し振りにハマれてます。
    ディシディア(これもFFですけどw)以来ですかね、まともにゲームしてるの。
    それくらいイイです。
    個人的には、ここ十年ちょいくらいのナンバリングタイトルより面白いです。

    めっちゃ簡単且つ漠然とした感想で申し訳ないですが以上です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • FFの新たな可能性 90
    • 投稿者:tidus(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/01
    良い点
    グラフィック
    音楽
    世界観
    戦闘システム
    ロード
    悪い点
    一部カメラワーク
    ペリシティリウム内の移動
    たまにある処理落ち
    総評
    FFと言えば、というかスクエニと言えばグラフィックと音楽の質の高さです。
    今回もそれは大いに当てはまります。
    グラフィックに関しては、ハイエンドだとディシディアのがよかったかな、とも思いますが、ハイエンドムービー(通常グラフィック)とプリレンダリングムービー(OPとかに使われるハイクオリティムービー)と、それの中間的なムービー(T3Bみたいな)もあり、十分満足できます。

    音楽は発売前から評判が良かったのでは、と思っています。それもそのはず、戦闘ではゴリ押しのロックがジャンジャカ流れ、ムービーなどでは壮大なオーケストラが流れるのですから、やっていて燃えてきます。

    戦闘は体験版から大幅に改善され、カメラワークが向上、ファントマは複数同時回収可能、近くの敵にダメージを与えるなど、LoAの時とは大違いの頑張りようでした。

    「14人もいたら、何人か戦闘不能になっても苦労しないな」と思っていましたが、どっこいそうはいきません。
    当然、人それぞれ扱いやすいキャラやそうでないキャラがあるので、実質使いこなせるのなんて5、6人程度です。
    オマケにレベルをちゃんと上げないと厳しいので、むしろキャラの多さに泣きたくなります。

    ストーリーは思った以上にシビア。魔導院内で様々なキャラに出会いますが、時には楽しく、時には切なくなることを言います。
    なかには、ある作戦を堺にいなくなったり……。なので、細かく話しかけるほどに、学園の雰囲気や今作における戦争の理不尽さを味わえます。
    NPCから生活感を思わせるところは、なんとなくイース7を思わせますね。

    一番心配だったロード面は、恐ろしく快適です。
    マップ移動なんて、場所によってはファルコム作品並みです。

    処理落ちですが、残念ながら起こります。
    まず学園内での移動時。ロード後一秒ほど、少し処理落ちします。それはロード後一秒ほど動かないでいれば起こりません。
    ワールドマップでのエンカウントでは、仲間が登場する際若干起こります。
    しかし、よっぽどイライラしやすい人や、アンチだとかクレーマーでない限りは、気にするべき点ではないと思います。それさえ我慢すればいいんですから。

    ただ、魔導院内の移動の面倒臭さは厳しいです。
    ラストランカーみたいに、一覧から各フロアに飛べたらよかったのに……。
    そうすれば、キャラの切り替えの不便さもカバー出来たのでは? と感じました。

    最近、発売前から叩かれがちなスクエニゲームですが、これは叩かれるべきゲームではありません。
    スタッフの努力が強く伝わってくるし、FFの原点回帰と新時代とを感じさせる出来栄えです。

    飛空艇で飛び回る楽しさ、広大なワールドマップのワクワク感、何が起こるかわからない緊迫感、そして熱い戦闘。RPGの受け継がれし系譜を、見事に再現しています。

    リアルタイムで進行するシミュレーションタイプの戦闘、特異ながら爽快なバトルスタイルなど、生まれ変わってゆくRPGの進化も受け継いでいます。

    こんなに純粋にワクワクできるゲームは久しぶりです。
    「キャラへの愛着」「ボスの手ごわさ」「魔法の心強さ、カスタマイズ」「新たなマップへ行く楽しみ」などなど!

    長々語りましたが、是非一度やっていただきたいゲームです。「据え置きがよかった」とか言わずに!(笑)

    ただ純粋に目の前のゲームに熱中していたあの頃に、もう一度戻れるかもしれませんよ。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • アクション重視のFF 85
    • 投稿者:sa_fari(男性/20代)
    • 投稿日:2011/10/29
    良い点
    ※自分は体験版をしていません、そのため体験版との比較はしていません

    10時間ほどプレイしての感想です!

    ・グラフィックが綺麗
    ムービーはPVでもあるようにとても綺麗、それ以外の場面でもPS2並の綺麗さがあります。

    ・声優が豪華
    これもPVで確認できるように豪華声優陣です。今の人気若手声優陣から大御所まで揃えています。

    ・戦闘システム
    ファンタシスターと似ています、キングダムハーツほど自由ではないです。
    3人での戦闘ですがキャラ切り替えもスムーズです、また自分操作以外のキャラクター2人のAIが結構働いてくれます。
    また一撃必殺のタイミングは結構狙いやすいのでありがたいです、あたボスでも大ダメージのタイミングあるので戦闘はタイミング重視だと思います。

    ・操作性
    アクションなんで回避しながら攻撃します。敵にも弱点がありその弱点に合わせてキャラチェンジしながら戦います。もちろん魔法、アビリティといった要素もあり戦闘を有利にするできます、また任務中は特別な必殺技?な軍神といったのもあるので戦い方は様々です。

    ・キャラクター
    13人の中から3人を操作します、キャラバランスについてはまだ成長途中なのでなんともいえません。自分的には遠距離系が強いと思います!

    ・世界観
    すごくファンタジーww特に深く考えなければ理解できますww

    ・ゲームの流れ
    任務がありそれを行います。そして任務が終わったらフリータイムがあり「頼みごと」「イベント」「レベル上げ」といったことを行います。そして時間がきたらまた任務という繰り返しです。一応今のところは・・

    ・ロード
    メディアインストールすれば問題ないと思います。してないと遅いかも・・
    悪い点
    ・カメラワーク
    大体のゲームで問題になるのでカメラワークです。視点を正面にあわせる機能がちょっと微妙w
    十字キーがカメラの移動なんですが自分はモンハン持ちという左人差し指を十字に合わせれる持ち方ができないので苦労してます!

    ・戦闘の不満点
    ジャンプがないので高いところにいる敵には遠距離武器で攻撃しなければなんですが3キャラ全員が近距離武器だときついです。魔法は全員使えるんですが魔法もMP切れだと強制的に回復アイテムを使う羽目になります!それでもだめなら詰みですww

    ・移動
    学園内の移動が面倒です、いちいち魔方陣を使って行って→戻って→行ってをしなければなりません。

    ・キャラ育成
    使いにくいキャラもいるのでレベル上げが大変です。一応経験値は多少分配されるようですが、それでも使わないキャラのレベルは上がらないので弱いままです。強いキャラだけで使うのはいいんですが万が一死んだ場合、あとは敵に順番に殺されるだけですww

    ・容量
    2枚ディスクなんでメディアインストールの容量はかなり多いです、そのため快適にプレイするためには4GB必須。また他のゲームでメディアインストールしてる場合(モンハンetc)では8GBが必要になります。
    総評
    色々悪い点を述べていますが総評としてはよくできたゲームだと思います、とりあえず慣れればおもしろいです。
    特に20レベルくらいでアビリィティが開放されたくらいが色々な必殺技ができるのでおもしろくなります!

    ストーリーについての感想ですが、かなり独自設定がありすぎるので割愛!

    まぁあと個人的な感想ですが声優の声を聞くのはイヤホン必須です、当たり前かww
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 5
  • 全体的にはよくできた作品 60
    良い点
    ・グラフィック
    ・バトルシステム
    ・エンディング
    悪い点
    ・シナリオ
    ・バトルシステム
    総評
    グラフィックはスクエニだけあって、文句のつけどころはありません。
    フルボイスだし見た目的には満足いくと思います。
    バトルシステムについては、FFクライシスコアにモンハンをたして2で割った感じでしょうか。
    ただ視点がかなり微妙です。モンハンぽい操作法なのにモンハンの視点と比べたらかなりプレイしずらいです。
    あとモンスターの攻撃もかなりサディスティックです。油断していると回復の暇なんてなくあっというまに昇天してしまいます。正直、心が何度か折れました。
    ダラダラながくするより早く片付けようと思い、飛ばしている箇所はかなりありますが無理してなんとかエンディングにたどり着きました。
    エンディングはうるっときました。バンプのゼロの曲はいい具合にあっていました。
    ただ、シナリオ全体的には可もなく不可もないものでした。
    FFのクリスタルをめぐる国同士の戦いというお決まりのシナリオ。
    そろそろ何か他のシナリオを見てみたい気がします。
    あと登場人物全員の台詞にあらわれる、作り手の考えた感が引っかかります。
    メタルギア、デビルメイクライなどのゲームの台詞も考えて作られているとは思いますが、きめの台詞(伝えたいこと)、意外はあまり目立たないような台詞を使っているのに、近年のFFは主人公以外のまわりの人間もかなり良い台詞を言っています。良い台詞を言い過ぎて、逆に心に響きません。
    普段はチャラチャラ、無愛想なのに急に人の道を語りだす、、、、っていう人間がFFの世界には多すぎです。
    ともあれ、クライシスコアの後継みたいな感じだったので、トータル的にはいいほうだったのでは?と思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 2 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月