オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

  • 概要
  • ニュース(5)
  • 特集(0)
  • レビュー(0)
  • 体験版(0)
  • ムービー(0)
  • 読者レビュー(2)

ジェネレーション エクス −コードブレイカー−

ジェネレーション エクス −コードブレイカー−
公式サイト http://www.exp-inc.jp/xth/introduction/cb.php
発売元 エクスペリエンス
開発元 Team Muramasa
発売日 2008/11/30
価格 5500円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
85
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 完成度、やり応え、難易度のどれを取っても優秀 硬派ゲーマー向けRPG 90
    • 投稿者:Feenal(男性/30代)
    • 投稿日:2009/01/21
    良い点
    ■繰り返しが苦にならない質の良い操作性

     この手のゲームでは延々同じ階層を探索したり、同じ敵を倒し続けたりすることがままあるわけだが、その上で最も重要な要素が操作性である。
     その点このゲームはすこぶる良好な操作性を誇っており、ダンジョンに潜って敵を倒し、地上に帰還して次の準備をするという一連の流れをとてもスムーズに行うことができる。ローディングや戦闘のテンポも満足できる出来。
     ちなみに、ゲームパッドが使えるゲームではあるが、キーボードでもなんら問題無く遊ぶことが可能。

    ■プレイヤーを飽きさせない豊富なアイテム群

     最初のダンジョンから、出現するアイテムの種類は100をゆうに超える。
     ソード ソード+1のような汎用品から、嬉しいユニークアイテムまで種類は様々で
     序盤から宝箱を開ける楽しみと、トラップに対する緊張感を味わえる。

    ■理不尽な難易度は褒め言葉

     ゲーム全体の難易度はかなり高く、同格の敵相手だと些細なミスで全滅したり、最悪先制されてターンが回ってくる前に全滅と言うことも日常茶飯事。
     ただ、対応策をとる事は可能で、頭を使って耐えたり切り抜けたりすることは十分可能。
     このような難易度設定を難しすぎるとしてしまうか、最早常識としてしまうかはプレイヤー次第だろう。後者ならきっと満足できるはずだ。
     ちなみにセーブタイプは半オートでリセットプレイもノーリセットプレイも可能。難易度そのもの(ビギナー/ノーマル)もオプションで切り替えられる辺りに、開発陣の懐の広さが感じられる。
    悪い点
    総じて良くできているゲームなのだが、三部作の二作目という都合上幾つかの欠点がある。

    ■シナリオの補足説明がやや少ない

     これはそのまま。もう少し細やかな解説が欲しかったところ。
     ただ、前作からのプレイヤーがそれを延々聞かされるというのもどうかと思うので、
     どこかで(部隊の端末とか)必要に応じて調べ物ができる…という形なら両者満足だろう。
     世界観についても同様で、慣れるまでは各用語に混乱するかも知れない(特に学内のコマンド類)。 

    ■前作からのデータ引継ぎを行わない場合の選択が若干不親切

     前作データの大部分を引き継げる(勿論様々な制約はあるが)仕様上、敵のレベルは開始直後からかなり高く、攻撃もかなり厳しめ。
     引継ぎを行えない新規プレイヤーにはレベル15に設定されている既製キャラが用意されているが(勿論NPCもこれら既製キャラの使用を強く勧めてくる)、
     やはりこのジャンルでそういったものは使いたくないというのが人情。
     既製キャラとは言え、名前も容姿も職業(ブラッド)も変更できるので、レベルだけ高い状態でほぼ自分の思い通りのキャラに作り直せるわけだが、それもイヤとなるとLv1の新規キャラクターを作らなければならない。
     そして新規キャラクターのみでゲームを始めようとすると、スタートラインに立つまでに十数時間のレベリングを要求されてしまう。

     回避策はきちんと用意されていて、自分の好みにほぼ合わせることもできる。
     妥協案としては十二分なのだが、そういった既製キャラを用意する位なら最低レベル値を15にしてしまっても良かったのではないかとも思う。
    総評
    ■前作経験者、Wiz好きなら買って損無し 新規プレイヤーはマニュアルの熟読必須

     若干新規プレイヤーに不親切な感もあるが、全体的には穴の少ない優れたRPGである。
     この手のWizクローンにありがちなぬるい難易度やシステムも無く(アバターは賛否両論だろうが)、只管に硬派。
     それ故にやや人を選ぶ所もあるが、購入する価値は十分にあるだろう。

     また、見出しにも書いたが、この手のゲームを初めて遊ぶプレイヤーは必ずマニュアルを穴が開くほど読むことを強くお勧めする。その辺のぬるいRPGと並べて考えると痛い目を見るはずだろう。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 4 5
  • 前作より大幅にボリュームアップ 80
    • 投稿者:喫茶森井(男性/30代)
    • 投稿日:2009/01/16
    良い点
    このゲームはWizardryと同じようなシステムのRPGです。
    ですが、舞台が日本の学園であるため、結構ストーリーもしっかり作られています。
    今作ではアイテム、敵、キャラメイク、新ジョブ、操作性、エフェクトなどが大幅に強化されました。
    レベルキャップも前作の15から99に引き上げられ、やり込もうと思えば次回作を待たなくてもひたすらやり込める作りになっています。
    難易度選択も可能になっているのでRPGが苦手という人も気軽にプレイできると思います。
    ストーリーも三部作の二部目ですが中ダレせずに終始盛り上がりを見せ三部へ続く内容でした。
    前作のデータを引き継げるので前作で作った愛着のあるキャラ達で引き続きプレイできるのも安心です。
    また、クリア後にもまだ楽しくプレイできる要素もあり前作ではボリュームの少なさは否めなかったものの今作で立派にPS2のXTHと比べても遜色ない作品になったと思います。
    悪い点
    良くも悪くも「二部目」なので前作をプレイしていないとストーリーについていけない部分はあります。
    PS2のウィザードリィエクスシリーズの名を冠していますがそれとは雰囲気は少し違い、今作の舞台は現代日本になってい、また主人公らが学生で学園生活を送っているなどWizradryの世界観は従来のように王道ファンタジーでないと許せないという人にはどうしても合わないかもしれません。
    総評
    ゲーム自体はとても面白いですし、Wizardryが好きな人なら間違いなく楽しめると思います。
    私は古くからのWizファンですがこのゲームの世界観にも違和感無く馴染め、むしろ魅力的な設定にのめり込まされました。
    前作をプレイしていないけれど興味があるという人はもう是非前作からプレイしてほしい作品です。
    今作でこれだけボリュームが増えたのにまだもう一作続くので、そういった意味でも大変やりがいのあるゲームだと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2020/05/04)
GENERATION XTH -CODE BREAKER-
Software
発売日:2008/12/15
価格:¥7,359円(Amazon)
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月24日〜01月25日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月