オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
剣と魔法と学園モノ。2公式サイトへ
読者の評価
40
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

剣と魔法と学園モノ。2

剣と魔法と学園モノ。2
公式サイト http://totomono.jp/
発売元 アクワイア
開発元 ゼロディブ
発売日 2009/06/25
価格 5229円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
40
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 何が面白いのか分からなかった 30
    • 投稿者:linoid(男性/20代)
    • 投稿日:2009/11/12
    良い点
    キャラクターデザインが良い
    悪い点
    序盤から登場するダメージトラップでパーティ壊滅状態
    フリーズがやたらと多い(普通に戦闘しているだけでいきなりフリーズ)
    総評
    本格派だと書いてあったので難易度については覚悟をしていましたが・・・
    私は1をやったことが無いのでトラップ等に関する知識は皆無です
    最初のダンジョンから踏むとキャラクターが回転してしまう床・電撃床によるダメージ(少しではなく致命傷レベル)等が多くて嫌になってしまいました。どうやら特定のスキルを持っていないと回避できないようです。
    序盤から敵が結構強い だからチマチマ戦ってレベルを上げてスキルや装備などを整えてから先に進まなければならない、というのは納得いきますが、戦闘ではなくダンジョンを歩いているだけでパーティが壊滅状態になってしまうので正直「何が面白いのか分からない」というのが本音です。

    キャラクターのデザインは個人的に結構好みでした
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 1 3
  • ライトな絵柄と難易度 50
    • 投稿者:エベロペ(男性/30代)
    • 投稿日:2009/07/06
    良い点
    所謂wiz系のゲームは絵柄の関係上内容がとにかくハードそうで…
    と言う事があると思いますが、このゲームは今風の絵を用いてそういった雰囲気を取っ払ってます。
    所謂取っつきやすさ、という点ではかなり良いのではないでしょうか。

    前作に比べれば戦闘時の内容表示速度が格段に良くなってます。
    ○ボタン押しっぱなしでも特に問題ありません。

    当方2000型を使用していますが基本的にロード関係は問題無いと思います。
    ダンジョンに潜る際も大体4〜5秒程度、キャッシュの使用により一度出たダンジョンに即時再び入る場合にはロードは無いに等しくなります。
    悪い点
    今作の売り文句として「種族と学科の組み合わせにより立絵が変化する」というものがあります。
    しかしそれは「種族と決められた学科により立絵が変化する」というものであり、決して全種族が公開されてる全学科に就ける、という事ではありません。
    尚この就ける学科の情報は「公式HP」にも「説明書」にも載っておらず、「携帯サイト」でのみ確認出来ます。
    この学科問題ですが、一部種族が適正学科に就けられない、という点でも大きな問題だと思います。
    ノームに関しては適正が魔法使い系なのに全く魔法使い系学科に就けられないという何とも言い難い事になっています。
    レンジャー、戦士、格闘家、アイドル、錬金専用職と何気に前衛揃いなのは狙っての事なのでしょうか。
    何にせよキャラへの愛だけではカバー仕切れない部分が前作以上にある、という事は確かです。

    バグが多いです。
    進行不可なバグは無いのですが、内容が何気に酷いです。
    ここでは書ききれない位なので「ととモノ2 バグ」ググるなり何なりすればスグ出てきますので見てみてください。

    ここのレビューでも触れてましたがトラップがいきなり殺しに来ています。
    回転床、電気壁、電気床の数が半端ではありません。
    前作、もしくはDRPG経験者にとってはまだ対応可な状況なのですが、DRPGを初めてプレイされる方にとっては理不尽に思えるのではないでしょうか。
    経験者であっても同じような罠配置が序盤から終盤まで続くので嫌気がさしてくるかもしれません。
    前作のマップを参考にするなりしてもうちょっと罠に工夫があれば、と多々思いました。
    総評
    良い点に書いたライトな絵柄で人を誘うにしては難易度が高いのは否めません。
    多少の理不尽さを笑って飛ばせる位でないと厳しい、という点でも人を選びゲームだと思います。
    何より急造品のような仕上がりなので人に勧められるか、と言われれば微妙です。
    足回りに関しては前作を遥かに上回っていますが、それ以外の点に関しては不満な部分が多いので総合評価としてはこんな所です。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日