オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ノーラと刻の工房 霧の森の魔女公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2011/07/21
  • 価格:6279円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
76
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女

ノーラと刻の工房 霧の森の魔女
公式サイト http://noora.atlusnet.jp/
発売元 アトラス
開発元
発売日 2011/07/21
価格 6279円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
76
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 新機軸のアトリエ 75
    • 投稿者:テツ(男性/30代)
    • 投稿日:2011/08/07
    良い点
    ■サクサク進むテンポの良さ
    とにかくゲームがサクサク進みます。
    戦闘・合成共に演出早送りができるため入力待機時間が少ないですし、アイテム採集もお手軽。
    ゲームオーバーになってもデメリットが少なく、死んでもサクサク進行具合は変わりません。

    ■活き活きしたキャラクター
    キャラクターがとても可愛く、ドット絵もよく動きます。
    また声優陣も豪華で、事あるごとによく喋るので、ボイスも楽しめます。

    悪い点
    ■アイテム画面が見づらい
    ソート機能とカテゴリ分けが無いのは残念。
    このゲームの肝となる部分で、何度も触れるところなだけに不便さを強く感じてしまいました。
    総評
    プレイ時間は7時間弱と非常に短かったです。
    普段ゲームをあまりやらない人でもクリアまで軽く持っていけるんじゃないかな。
    一回のプレイだとボリューム不足ではありますが、エンディングがかなりの数が用意されてるとのことなので、周回プレイをして楽しむ作品みたいですね。

    個人的にはもうちょっと冒険心をくすぐるイベントがあると嬉しかったけど、それをしなかったのは冒険よりも合成に重きを置いているからなのかなと思いました。

    2週目以降も楽しんでプレイしていこうと思います。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 4 4
  • 世界樹のアトリエ 90
    • 投稿者:gray(男性/40代)
    • 投稿日:2011/08/04
    良い点
    ・グラフィックとサウンドが良い。
    ・依頼、イベントの発生頻度が高く退屈しない。
    ・キャラクターに好感が持てる。
    ・世界観がやわらかく癒される。
    ・進め方の設計が重要になる。
    悪い点
    ・アイテムが多くごちゃごちゃする。整理して見るには家具が要る。
    ・ハウジングの面積が足りずごちゃごちゃする。家具が上手く使えない。
    ・エンディング条件を満たすと唐突にエンディングに入るため驚く。
    ・移動はどの距離でも1日だが採取には1回で1日掛かるため日数がキツい。
    ・採取のランダム要素が大きいため採取前にセーブ、ロードが必要になる。
    総評
    世界樹シリーズの小森氏がプロデューサーなだけあり難易度は低くありません。
    とは言え、決して高くもありません。人によっては易しすぎる程度です。

    戦闘はボタン連打だと雑魚相手にやられますが、
    前衛が防御して後衛が石を投げていれば強敵相手でも負けません。
    (説明書にも記載されている戦術です)

    適当に採取していると日数が足りなくなりますが、
    必要なものだけを狙ってフィーチャーを失敗しなければ問題ありません。
    (これは、そもそも欲しい種類が出てこない場合もありますが…)

    ノーラが家でアイテムを作り出す時は成功率100%で失敗しないため
    計画を立ててやれば、依頼達成なども概ね計画通りに行きます。

    やり込み要素が薄く1周のプレイ時間も10時間前後と長くありません。
    ここは好みが分かれるのでしょうが、私はこのくらいの長さでも満足でした。
    (最近は要素を薄めて所要時間を引き伸ばしたようなゲームもあるので…)

    悪い点に上げたように改善すべき点は色々ありますが、
    世界観にはまり次々と発生する依頼・イベントに時間を忘れてプレイできました。
    そのようなゲームは久方ぶりだったので高得点を付けさせていただきます。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • お気楽ムスメと一緒に○○するゲーム 75
    良い点
    ●絵、曲、世界観に統一感があって入り込みやすい
    グラフィック、サウンド、ストーリーは特に問題なしです。
    非常に分かりやすく、すんなり入っていけます。

    ●周回するごとにプレイヤーが成長感、達成感を得られる。
    引き継ぎ要素は控えめですが、プレイするうちに
    自然と自分でセオリーを構築できるゲームバランスになっています。
    攻略サイトを見なくても「自分のやり方」を通すだけで気持ちよくプレイできました。
    悪い点
    ●同ジャンルのゲームと比べるとボリュームが少ない
    ジャンル的にはアトリエ系やりこみRPGだと思いますが、とにかくボリューム不足。
    1周8時間未満、エンディングと図鑑コンプしても100時間かからないでしょう。
    200時間300時間どっぷりやれるゲームが多いこのジャンルの中では
    かなり少ないと思います。
    もっと長い時間じっくり遊びたかった。

    ●周回プレイのゲームなのにチュートリアル的な部分が飛ばせない
    2週目以降はすぐにゲームを始められるような機能がほしかった。
    何度も退屈なチュートリアルを強制させられるのだけは残念でした。
    総評
    好きな人がキャラ描いてるし
    アトリエ系ならハズレないだろうってことで購入しました。

    思ってたよりあっさりクリアできて少し拍子抜けしましたが
    ゲーム初心者でも投げ出さずに図鑑コンプまでやりこめる程度の
    ボリュームと考えれば、こんなもんでしょうか。

    効率良く進めるために試行錯誤が必要で、目標達成までの道のりが短いため
    (初心者|ライト)ゲーマーのステップアップ教材としていいかもしれません。

    必要最低限の楽しめる要素は一通り揃っており
    期待しすぎなければ良作だと思います。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 3 1
  • 雰囲気・ゲームシステムは良いのに痒い所に手が届いて居らず色々と勿体ない 65
    • 投稿者:D.D.(男性/40代)
    • 投稿日:2011/07/31
    良い点
    2周クリアしての感想です。

    ○ほんわか風味の世界観
    他の方もレビューされている所ですが、ノーラの世界を飾るアイコンやキャラクター・背景等のグラフィックを始め、曲も含めて、高レベルにマッチしており非常に良いです。


    ○時間を操る導刻
    加工・分解以外に、時間を進めたり・逆行させる『導刻』がキモのシステムです。
    アイテムと『クロノ水溶液』を刻分機に入れる事により、アイテムを別のアイテムに変化させます。
    これだけ書くと単なる加工の様な印象ですが、クロノ水溶液の分量により進めたり・戻したりする時間の量が変わり、何段階もの変化があるアイテムが存在します。
    ここが通常の加工とは違う点です。


    ○ほんわか風味に騙される事になるゲーム難易度
    アトラス製のゲームは非常に手応えのある難易度で有名ですが、このタイトルもそのお約束通りです。
    初戦闘から普通に殺しに来ますし、通常の雑魚戦も下手すれば2〜3撃でHPが0になる事もあります。
    アイテム収集も1つの収集ポイントに付き1日経過とアイテムのランダム収集&シャッフル&アイテムロストがあり、3年間の期限からすると地味にシビアです。


    ○豊富なイベント
    長くとも1週間に1回は何らかのイベントがあり、場合によっては1日に数個あったりして、進めたい事柄を良い意味で妨害してくれます。
    キャラクター固有のイベントも豊富に用意されているため、飽きが来ません。
    悪い点
    ○どれを選択中?
    葉っぱのアイコンがカーソル代わりなのですが、選択中のアイテムの文字の色や背景色は全く変わりません。
    どうでも良いと思われるかもしれませんが、このゲームは結構情報量が多いんです。
    アイテムの所持している個数だけじゃなくて、使用・加工・分解・導刻・置くのいずれかのアクションが可能かのアイコンに加えて
    上画面にはアイテムの詳細情報の他に、加工・分解・導刻結果が表示されます。
    目の移動が非常に多発するため、


    ○ソート機能....が無い
    アイテムの加工・分解・導刻がメインとなるシステムですから、当然アイテム数も豊富になります。
    でも、ソート機能がありません。
    一応、加工・分解・導刻・使用可能アイテム毎に抽出する事や、時期が進むと種類に分別できるアイテムを購入して、
    ノーラの家に置く事である程度分別できますが、いつでも何処でも使えるわけではありません。


    ○ソフトリセット....なんで無いの?
    場合によっては、1回の収集では目的のアイテムが全く収集できなかったとか、折角収集できたのにシャッフルで無くなったとかで一旦リセット....が出来ないんですよね。これが。
    ソフトリセットが無いので、ハードウェアリセットで一旦DSメニューからやり直すか、家まで戻ってロードするか。


    ○3年間....と思っていたら実質2年半とちょっと?
    3月下旬からゲームが開始するのですが、2年目の11月で唐突にエンディングを向かえてしまいました。


    ○日にちのコスト管理....収集のランダム要素が極端すぎる
    移動にはコストが発生しないのは良いのですが、アイテム収集の時間経過がアイコン1個で1日経過する仕様がかなりキツイ。
    しかも、物を落としたり、折角入手したアイテムがシャッフルされたりするため、ランダム要素がかなり絡みます。

    どうしても、アトリエシリーズと比較してしまうのですが、アトリエシリーズだと入手できる個数により時間の進み具合が変わりますし、
    落としたりシャッフルされないため、リトライ性は低いです。

    後は、遠距離移動しても時間が経過しないのに、1回のアイテム取得だけで1日経過とか、リアリティがなさ過ぎます。


    ○豊富なペット...なんだけど、色々と問題も
    途中でいろいろな動物が庭に来訪し、巧くゲットするとペットとして庭や家で飼う事が出来る様になります。
    3年間でも結構の数になり、庭一杯になります。
    その様子はなかなか見応えがあるのですが、庭は導刻に使う「クロノ水溶液」や植えた種が成長した後に拾ったりする収集の場所でもあります。
    その際、以外とペットが邪魔です。
    ペットの種類も色々取りそろえている様なので、ペットの家専用のインタフェースや空間を用意する等々
    もうちょっと付加価値を付けても良かったんじゃないでしょうか?


    ○ボイス再生中はシーンを飛ばせない
    ポイントから出入りする際にキャラクターがしゃべるのですが、そのしゃべりが終わらないとシーンが切り替わらなかったり、次のメニューに行かなかったりするので、テンポが損なわれてしまいます。
    総評
    暖かな雰囲気の世界観と加工・分解の他に、時間を制する導刻と言う概念を入れた事は非常に高く評価できますが、そのゲームシステムを支える操作性の部分が非常に酷く、折角の高評価をかなり打ち消してしまいました。
    ゲームの根幹部分と言うかプレイ時間の殆どを費やす部分なので、モチベーションが保ちにくいです。

    不満要素が殆どインタフェース部分に集中してしまいますが、ゲームシステム部分は非常に良い出来です。
    もし次回作が出るとして、インタフェース部分が改善されたら、大化けするんじゃないかなと思います。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 3 4
  • コンパクトにまとまった良作。キャラクターの会話に和むこと間違いなし。 80
    • 投稿者:Anchois(女性/40代)
    • 投稿日:2011/07/31
    良い点
    ・コンセプトがはっきりしていて、ブレがない。要素要素が全て引き立て役に。
    ・キャラクターボイスの台詞内容、演技がとても良い。本当にお互い仲が良さそう。
    ・全体的にサクサク。操作も行動結果の表示も軽快でテンポが良い。
    ・ドット絵が高クオリティ。とてもかわいらしく、よく動く。
    ・一周は短めだがボリュームたっぷり。周回前提のゲームデザイン。
    ・(二周目以降は)制限時間の中でどう要素を使い行動するか、組み立てが楽しい。
    ・コンフィグが充実している。
    悪い点
    ・一週目終了までは目標が見えづらい。
    ・最初のチュートリアルや、要素・機能の説明がやや分かりづらい。
    ・アイテムソートが家具依存。これはこれで慣れれば悪くはないが、分かりづらい。
    ・家や庭が狭い&グラフィックと実際のアイテムの重ね合わせが分かりづらい。
    ・もっと庭弄りや家の飾りつけをじっくりやりたい。
    ・周回前提ながら、お金の引継ぎのされ方がやや不親切。
    総評
    アイテム製作を主軸に、シナリオや各種のミニゲーム等、他の要素が上手く引き立て役に。あまり目新しさはありませんが、コンパクトによくまとまった良作です。全体的にそつなく出来ていますが、何より、人物同士の関係性の描写、とくにボイスまわりが丁寧で、全ての登場人物に好感を持てました。全体的にほのぼのした雰囲気。

    アイテムソートには慣れが必要なものの、それ以外は概ねテンポが良く、操作はサクサク。マルチエンディングで周回プレイ前提のため、一回のプレイ時間は短めですが、イベントスチル(回想録になっており、ちょっと嬉しいオマケ付き)やアイテムの収集など、コレクション要素も充実しており、つい何度もプレイしてしまいます。

    また、素材収集時のフィーチャーが時間をとらないパズルゲームになっていたり、町の人の依頼はアイテム集めのいわゆる『おつかい』ながら、依頼主から時々届くレスポンスが嬉しかったり和んだり、色々と織り込まれた小さな要素が、ぴりりと効いています。


    気になったのは、色々と便利に作られていながら、説明不足が目立つこと。特に家具でのアイテムソートは、アイテムの管理が重要なこのゲームでは、気が付くまでちょっとつらかったのと、他のゲームでは見ない仕組みなので、もうすこし分かりやすいと良かったです。

    初回プレイでは漠然とした目標しか与えられず、普通にプレイしていると大半の人がおそらく、とある理不尽な内容のイベントを迎えてしまうことも不満でした。周回プレイへのいざないと、各自で自由に目標をすえて欲しい、という意図があるのでしょうが、あまりの理不尽さに一回心が折れましたorz その分、二週目以降は、そのイベントだけは絶対に起こすまい、と、パズルのように時間を組み立てながら、遊べたのですが。

    また、周回プレイ前提ながら、自分で引継ぎの準備をしないといけないのもちょっと面倒。ペットとお金を持ち越せますが、そのほかのアイテムは全て削除されてしまうので、自分でアイテムを換金したほうがお得。最初はそれを知らずにセーブしてしまって、ちょっともったいなかったです。

    もう一点は、庭いじりや、室内の飾りつけが楽しいのに、周回ごとに集めた家具がリセットされてしまうこと。次回作があるなら、エンディング後ももうちょっと遊ぶことが出来たり、家具を引き継げると嬉しいです。


    細かな不満点はあるものの、よくまとまった、プラットフォームの客層に合った、良いゲームだと思います。キャラクター同士の掛け合いを眺めてほのぼのするもよし、アイテム集めに奔走するもよし、基本的に自由度の高いゲームなので、好きな遊び方で是非。
    もし二作目が出るのであれば、また買いたいです。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 5 4
  • これが僕の工夫さ! 80
    • 投稿者:( 表)(男性/40代)
    • 投稿日:2011/07/29
    良い点
    本ゲームは、PS系のアトリエシリーズと似て非なるものと言わざるを得ない

    まず、シリーズの基本として材料集め → 加工のループがあるが、このゲームでは、「採取場での採取」は基本的に悪手である。

    植物モノは季節によって取れるものが変わるのにも関わらず、ゲーム自体は2年半しかない。
    しかも採取には「何が取れるか分からない」ランダム性があり、かつ、敵と遭遇する可能性もある為、季節に併せて採取する、なんて思考では全く尺が合わない。

    しかし、本ゲーム最大の特徴である「導刻術」を使うと、花の時間を進めて種を取り、更に種を花にする……ことで1つの花から3つの花を取ることが出来る。
    これは、触媒や解体の手間を考えても、運任せの採取より極めて効率的である。

    また、庭に種を撒いておけば、時間が経つにつれて勝手に植物は育つ。
    採取や導刻術で手間をかけるよりも、ガーデニングで入手するのが簡単な材料もあり、侮れない。

    更に、解体すると大量の触媒が取れる材料もあり、これは触媒作成の手間を省くためにも「採取する」のが最も効率がいい。
    勿論、店買いできるものは、店買いするのが最も時間節約になる。

    すなわち、2年半という厳しいゲーム期間でありながら、工夫次第で生産日程を大幅に短縮できる。
    そこが面白い。

    また、ゲーム期間が短いがゆえに、メッセージスキップなしで10時間程度、メッセージスキップしながらで7時間弱程度で一周できるのもいいところだと思う

    更にイベントも大量に用意されており、作業効率化でイベントを高速でクリアしていかなければ、2年半のゲーム終了寸前までイベント処理に追われるほどになる。
    悪い点
    大工道具にアクセスすると大工関係の品目だけ、調理器具にアクセスすると調理関係の品目だけをリストから抜き出してくれるが、全アイテムをリストアップする「刻分儀」にアクセスすると大量のアイテムが並んでしまい、極めて検索しづらい。

    精製水を作る為にガラス器具へ、布を作る為に2Fに設置してある機織へ、種を取る為に庭にある草刈鎌へ……と、アイテムを加工・解体する為に、いちいち道具から道具へ歩き回るのを面倒と考え、全て「刻分儀」で処理しようとする人には、我慢できない仕様だろう。

    また、ガーディングの妙がありながら、庭が狭い。
    無限に広いと、難易度が下がりすぎるというのはあるかもしれないが、花壇は別とか、もう少しガーデニングに凝らせてほしかった。
    総評
    システム・ストーリーとも、「導刻術」がキーとなっており、アトリエシリーズから+αの要素としては大成功と言える。

    周回プレイしても、お金とペットと図鑑の記載以外はリセットされることから、どこまでも、「如何に効率よくイベントをクリアするか」「如何に効率よくアイテムを精製できるか」がキーであり、この辺の工夫に楽しみを見出せない人には、時間切れ・バッドEDに突入する可能性は極めて高い。

    この辺、難易度は低い、とも言えず、さすがアトラスと言うのが正しいかと思う。
    それでも、私は1周目でノーマルED、2周目以降は各キャラの個別EDを順番に出しているので、決して難易度が高いとも言えない。

    まだ「大きなタマゴ」など、見たことのないアイテムもあれば、友好度を上げるのを後回しにしていて正体不明のままのNPCもいるので、更にやりこんでいきたいと思う。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 5 4
  • 小粒だが丁寧によくまとまっている良作 80
    • 投稿者:Ritsuka(男性/40代)
    • 投稿日:2011/07/30
    良い点
    ・丁寧で作品への愛情を感じる作り
    キャラのドット絵から背景パーツまで非常に細かく可愛く作り込まれている。
    操作しない時に主人公がゴロゴロしたり、
    戦闘後に敵の落としたアイテムをチョコマカと走って拾いに行ったり、
    キャラ同士でお喋りを始めたり(ボイスの遊びが多い)
    そういう他のタイトルなら端折りそうな細かい仕草、遊びが沢山用意されていて
    遊んでるこちらも愛着が湧いてくる。

    ・中毒性の高いゲームシステム
    シミュレーションゲームとしては割と本格的で、
    何も考えずに進めてるとバッドエンドは確実。
    でもそこで投げ出さずに「じゃあこのチーズは自然発酵させて時間を節約してみよう」
    「庭に木を植えたら採取の手間を減らせるかも」
    「あのボスで力押しは厳しい、何か手はないか」と、
    頭を使って攻略過程そのものを楽しむ、魅力的で奥深いゲーム性を持っている。
    悪い点
    ・アイテムが探しにくい
    家具で多少はマシになるものの、毎回多くの素材アイテムの中から
    目的のものを探すのに手間取る。
    アイテム加工がメインのゲームなだけに頻繁に使う部分が不便なのは残念。

    ・家具くらいは引き継げても良かった
    ハウジングが楽しいゲームだが、キャラの親密度を上げてようやく貰える
    記念品的な家具から、お店で売ってる普通の家具までクリアと同時に全て消えてしまい、次の周回ではまた一から揃え直しでションボリ。

    ・見た目のイメージと食い違うゲーム性
    良い点として、シミュレーションゲームとしての優れた作りを挙げたが
    一方でそれがマッタリプレイを阻む欠点ともなってしまっている。
    どんなエンディングを目指すにしろ、それなりに効率を考えて動く必要があり、
    のんびりと遊ぶ余裕があまり無い。
    ほのぼのグラフィックやハウジングに魅せられてスローライフを送るつもりだった人などは、真逆の忙しいゲーム性に触れて、これじゃ話が違う><と感じるかも。
    総評
    細かい不満点、不便な部分はあるものの、
    最も重要なゲームシステム部分は出来が良い。
    おそらく比較対象となるであろうDSアトリエシリーズより上の完成度だと思う。
    そちらに期待を裏切られ、だけど萌え重視のアーランドシリーズは馴染まない
    そんな層には是非手にとって欲しい。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 4 4
  • テンポとバランス、そして世界観の良さ 85
    • 投稿者:べた(女性/30代)
    • 投稿日:2011/07/30
    良い点
    ・すばらしいテンポの良さ。Bボタンでガンガン飛ばせるのでストレスがたまりにくい。
    ・戦闘バランスの良さ。少しずつ強くなるキャラには愛着がでてくる。戦闘で役に立たないキャラもレベルを上げれば化ける。
    ・採取システム。必要なアイテムを選んで回収できる。必要ないアイテムまでとると時間がかかりすぎる、フューチャーシステムのおかげで採取する順番も考えながらプレイする必要がある。
    ・ハウジング、ガーデニングで物が作れる。塩漬け肉を干したりきのこをつるしたりしてしばらくたつと熟成される。
    ・キャラボイスの豊富さ。立ち止まっているとキャラ同士が会話をはじめる。全キャラクター同士の組み合わせがあるため、何度も試したくなる。
    ・おまけモードでも見たCGにキャラがアルバムを見ているようなボイスがついてくる。
    ・個性あるキャラクター、絵の雰囲気も統一されていてドットもよく動く。
    ・場面にあったどこか音楽。キャラクターごとに一曲、裏ボスにも専用の曲。
    ・世界観が全て統一されており、非常に良くまとまっている。違和感を全く感じない。
    ・引継ぎがお金とペットだけなので、何週してもヌルゲーにならない。しかし何週もやることで効率やアイテムの場所が分かりプレイ時間を大幅に短縮できるようになっていく。
    悪い点
    ・ソート機能が最初から使えない、アイテムを買ってAボタンは面倒くさい。
    ・イベント家具が引き継げない。全てを一度に見るのは無理。
    ・実質2年7ヶ月で3年間ではない。
    ・ハウジングやガーデニングを楽しめるようになるのはゲームに慣れてからになる。
    総評
    雰囲気は暖かく、可愛い見た目どおりスローライフすることもできるが、狙ったエンディングを見るのはなかなか手ごわい。
    一週目ではやりきれないことも二周目、三週目と効率がよくなっていきやればやるほどプサイヤーの経験地がたまり、奥深さを味わえるようになっていく名作。キャラごとのエデンィングおコンプリートすると感動もひとしお。アイテムを駆使しなければ難しい戦闘バランスもやりごたえたっぷり。
    楽しい「ゲーム」をやったと素直に感じられた。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • 見た目に反して敷居が高い 75
    • 投稿者:whirlpool(男性/40代)
    • 投稿日:2011/07/30
    良い点
    絵と音は良い。また、操作せずに放っておくとキャラ同士がおしゃべりを始めるが、結構パターンが豊富。

    加工、分解に導刻を加えた生産システムは良くできていると思うが、今では普通のレベルかもしれない。

    ゲーム内時間が短く一周が早く終わるため、プレイ時間も一周10時間も掛からず手軽に出来る。EDはキャラごと個別に加えて数種類あるので、複数回繰り返すことで色々と見えてくる形になっている。メッセージスキップはBボタンの押しっぱなしで、メッセージ内容がかろうじて見える程度のスピードで進むため、快適だった。

    ゲーム内時間が短く、キャラの行動ごとの消費時間が多めなので、時間をリソースに見たゲームとしては結構面白い。何もかもはできず、また、アイテム採集のランダム性も高いため、制限のきついゲームにチャレンジしたい人にはお勧めできる。時間を消費して物を作るか店で買うか、導刻でアイテムを調達するか前もって自然乾燥で間に合うよう準備をしておくか、最適解を考えてゲームを進める人に向いている。

    戦闘に関しては、難度が高いようでも打開策が準備されていたり、強制的にレベルを上げる方法があったりと、逃げ道が多く、それを探すのが結構面白かった。一見無理な敵でも工夫をすれば勝てるので、詰まる箇所は無いと思われる。

    周回の引継ぎに関しては、所持金とペットしか引き継げない点は最初不満だったが、何周かするとゲームの枠組みを壊さない程度に絞ったものと理解した。金があれば店売りで済むアイテムは容易に手に入り、導刻の媒体を生産するペットがいればゲーム内時間の節約になるので、実はかなりのアドバンテージを引き継げている事に気がつく。
    悪い点
    アイテム周りのUIがよろしくない。膨大な種類のアイテムを取り回すのが肝のゲームだが、UIがこなれていないため、目的のアイテムを選択するのが面倒で時間が掛かる。

    メッセージの早送りにBボタンを使用するが、選択肢のネガティブチョイスもBボタンであるため、うっかり複数回押していると誤操作になってしまった。L、Rボタンに振ってもらった方がありがたい。

    家具のレイアウトをするには屋内が狭すぎる。暖炉よりも肉を干す壁の方が重要になってしまうので、本末転倒ともいえる。また、アイテム選択の手段として家具を用意したようだが、複数種類の物を色々生産するので、結局は導刻器を使うのが楽になってしまう。

    導刻がテーマの作品である割には、導刻よりも加工、分解の方がかなり重要になってしまっている。もう少し「導刻ならでは」といった物が欲しい。古物の巻き戻しがシナリオには絡むものの、ゲーム内容にはほとんど絡まない余興になっているのは残念。

    宣伝とゲーム内容が乖離している。ハウジング、ガーデニングは楽しめるほどの規模ではないし、図鑑を埋めていくようなゆったりしたゲーム進行でもない。ゆったり環境ソフトを期待して怒ってしまう人はいると思う。ゲームとしては面白いのに、誤解が多いのはもったいない。
    総評
    ゆったり環境ソフトを期待すれば40点だが、時間リソースの取り回しのゲームと考えると70点くらいには遊べる。リソースがシビアで管理に忙しく、また採集でのランダム性も高いため、初回プレイ時には理不尽さも感じたが、慣れるとかなり快適にプレイできる。

    一周あたりは10時間弱だが、各キャラEDを見るために親しくするとシナリオの色々な面が見えてくるため、実際には5回、6回とプレイを繰り返す事になると思う。ゲームとしてのプレイアビリティは高い。

    UIと屋内レイアウト、庭の使い方を見直した続編に期待したい。その際には、ゆったり環境ソフトを求める声に応えるのではなく、更に高難度のルートを用意するくらいにゲームとしての内容を煮詰めて欲しい。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 4
  • 首を傾げる 40
    • 投稿者:kiri(男性/30代)
    • 投稿日:2011/07/28
    良い点
    ・グラフィック
    キャラクターやドット絵、背景などゆったりと暖かいものが多く、ハウシングやガーデニング等でも目で楽しめる。

    ・アイテムと図鑑
    アイテム数は多く、加工分解導刻術等を施したら何が作れるか見やすい。
    図鑑もカテゴリ別の後一ページに数種類、アイテムグラフィックで表示されるため分かり易くなっている

    ・キャラクター
    各キャラクター毎のイベントが多く、キャラクターエンドもあり繰り返してストーリーを楽しめる
    悪い点
    ・アイテムソートがない
    アイテム数が多いのに対しアイテムソートがなく、家具でカテゴリ別に参照するしかない。
    また、その家具も一定期間経過するなどの後になって購入できるため面倒である。

    ・引継ぎがほぼない
    引き継げるものはペットとエンディングを迎えた際の所持金と少ない。
    ハウジングやガーデニングなど、好きな風に弄っても次の周回に入ると最初からになる。
    家具に加工等の条件が入るためある程度は仕方ないが、床や壁等の内装と設置のみの家具なども引き継がれず、周回を前提にしたらこれもまた面倒な作業に引き下がる

    ・期限の短さ
    3年とあるが、三年目の11月中にエンディングを迎える。
    またその中でもキャライベントなどをこなしていくと忙しない。

    ・時間経過
    拠点から街や採取場等への移動では時間は経過せず、アイテム作成と採取によって経過する。
    アイテムも一つのアイコン毎で一日経過し、各アイテム毎の所持制限やフューチャーといった要素もあり計画的に過ごさなくてはならない。
    総評
    アイテムソートや引継ぎの乏しさもあり快適とは言えない。
    戦闘は初見殺しのモンスターが多いが、対処法はすぐ思いつく程度なので大したことはない。終盤になれば装備とレベルが必要になるがドライフルーツとバステで押し通すこともでき、序盤も属性値の高い攻撃手段を持っていればどうとでもなる。

    ゆっくりするには期限も短いため見た目に反して忙しく、楽しむ要素が削れている。
    グラフィックとBGMはマッチしていると感じられるため、ハウジングやガーデニング等の要素も含めて調整すればもっといい出来だったはず。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 2 2
  • 世界観やグラフィックはいいのですがシステムやUIに疑問が残ります 45
    • 投稿者:Acacia(男性/30代)
    • 投稿日:2011/07/28
    良い点
    【美しいグラフィック】 街やフィールドなどのみならず、2Dマップのドット絵などは大変手が込んでおり、世界観の構築に一役買っていると思います。全体的なゆったりとした雰囲気作りもグラフィックから来る部分が大きいですね。

    【膨大なアイテム】 加工や導刻術、分解などで作られるアイテムはレシピの入手とともに増え、遊ぶ側には飽きさせない工夫がされております。短い起源の中で全てを網羅するのは不可能ですが、クリア後には生成物が一覧化されるなど、やりこみ甲斐があります。

    【個性豊かなキャラクター】 キャラクターごとの好感度によりイベントの発生があり、それによって個々のキャラクターに血の通ったストーリーが展開され、繰り返し遊ぶのに飽きさせない工夫がなされております。
    悪い点
    【アイテムの整理には家具が必要】 良い点でもあげましたがアイテム数は膨大な量になります。しかし、それを整理するためには家具を購入するしかありません。家具は序盤では入手できず、そのために資金を稼ぐ必要があるなど、非常に不親切です。

    【敵との戦闘に理不尽さがある】 依頼品を手に入れるためにフィールドに出かける必要があるのですが、素材が入手可能な場所で、その時点ではおおよそ勝ち目がない難易度の敵が、まま出現します。

    【リセット機能が無い】 いまどきDSのゲームでリセットが無いゲームも珍しいのですが、このゲームの場合、素材入手にフィーチャーという運の要素が絡むシステムがあり、制限の厳しい依頼ではリセットが必須となります。しかし、そのたびに自宅に戻ってロードをするのは非常に効率が悪いです。

    【引き継ぎ要素が弱い】 家具もそうですが、壁紙や入手困難なレアアイテム類は引き継ぎの要素があっても良かったように思います。繰り返しで遊ぶには、今一歩、足りていないように思います。
    総評
    総じて未完成である、というのが率直な感想です。特に素材のソートや仕分けはこの手のゲームでは必須な部分だと思います。しかし、それを購入アイテムに任せ、システムに組み込まなかったのは理解に苦しみます。
    また、部屋の飾りつけなどの要素を持たせるのであれば、壁紙や家具類は引き継ぎ可能でも良かったと思います。特に家具はこのゲームの最大の欠点を補う唯一の手段です。引き継げればプレイアビリティも向上したのではないでしょうか?
    素材入手にフィーチャーという制度を導入したのも、面白さはありますが、それを回避する方法が提示されていないのは甚だ疑問です。これだけ膨大なアイテムがあるのですから、フィーチャーの発生を抑えるものがいろいろあっても良かった気がします。

    グラフィックや世界観、キャラクターの掘り下げなど、周辺は良くできているのですから、本筋の部分をもう少ししっかり作っていれば、良いゲームに仕上がっていたであろうだけに、惜しいというのが率直な感想です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 3 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月