オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ公式サイトへ
  • コロプラ
  • 発売日:2013/03/05
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
45
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
公式サイト http://colopl.co.jp/magicianwiz/
発売元 コロプラ
開発元
発売日 2013/03/05
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
45
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 重度な課金ゲーになってしまいました。 80
    • 投稿者:DAIHYO(男性/40代)
    • 投稿日:2016/02/26
    良い点
    見た目はクイズゲームですが、実際はシミュレーションゲームです。
    クイズの全問正解を大前提として、何問目でどのスキルを使うか綿密に計算してデッキを構築しないとクリアできません。
    逆に言うと、このデッキ構築がこのゲームの醍醐味です。

    高難易度クエストでデッキを自分で構築してクリアしたときの爽快感は、筆舌に尽くしがたい。

    悪い点
    クイズに関してはクリアのため難易度が高いクイズは選択しません、よって難易度が低い頭の体操レベルの問題を永遠とやり続ける事になります。

    開催されているイベントの限定精霊(ガチャ産)を持っているかいないかで難易度が大きく変わる場合が多い。
    特に魔道杯と呼ばれるオンラインのランキングイベントでは、限定精霊を持っているかいないかで周回の難易度が大きく変わるため課金して引かざるを得ない。
    総評
    カードゲームが好きな人なら楽しめると思います。
    ただし、面白いと感じるには課金してカードを集める必要があります。
    無課金では楽しめないゲームだと思います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 3 5
  • 目新しさは無いけど普通に遊べる 65
    • 投稿者:Lv-50(男性/30代)
    • 投稿日:2014/05/26
    良い点
    ・精霊のデザインはそこそこ良い
    ・無課金でもそこそこ遊べる
    ・ジャンルがクイズRPGなのでクイズだけに頼らない戦略がおもしろい
    悪い点
    ・ガッツリ遊ぶには課金必須
    ・悪問・奇問が多い
    総評
    1年くらい無課金オンリーで遊んでいる者の感想です。

    クイズとRPG要素を織り交ぜた新しいジャンルを売りにしていますが、
    ぶっちゃけクイズ版パ○○ラだと思ってもらっても差し支えないです。

    精霊のデザインレベルはかなりのムラがあるものの、集めていて楽しいですし、
    手持ちの精霊で高難易度クエにどう挑むのか、戦略を組み立てていく楽しさはあります。

    ただ、無課金の範囲で手に入る精霊には戦力的に限界があり、
    課金アイテムを使用したガチャで有用な精霊が当たらなければ、
    ストーリーをまともにすすめることすらできないかもしれません。
    イベント報酬のカードでもそれを賄うことはできますが、
    そもそもそのイベント報酬のカードを手に入れるために相当な戦力が必要になるという悪循環です。
    無課金でも課金ガチャは時間をかければできますが、イベントで上位の報酬を得るだけの戦力を揃えようとすると、かなりの運が必要になってきます。
    と、本末転倒のスパイラルを繰り返す顛末・・・。

    また、クイズゲームにしては多くの悪問・奇問が存在します。
    「ガンダム00において、シャア専用ザクのように機体が赤くなり、性能がアップするシステムを何という?」など、完全に個人の主観が入ってしまって解釈を間違えてしまっている問題や、「マミる」などの一部のネットユーザーしか知らないネットスラングを一般知識として出題しているものなど、数え始めたらキリがありません。
    普通のゲームならネタとしてスルーするのですが、クイズゲームと謳っているからにはこのへんはもう少し考えていただきたいと思います。


    長々と書きましたが結論を言うと可もなく不可もなくです。
    暇つぶしにはちょうどよいですが、それ以上でもそれ以下でもないのでここ1年ほどずっとプレイしています。
    新規に遊ぶ方がいればオススメはしますが、あくまで単なる暇つぶし程度にお楽しみください。


    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 3 2
  • 減点式ゲーム 15
    • 投稿者:Re19(男性/30代)
    • 投稿日:2014/05/13
    良い点
    絵が綺麗。
    クイズゲーである。
    悪い点
    1:「勝てるかどうかが最初から決まっている」
    このゲーム、レビュータイトルにも書いた通り、減点式のゲームです。
    どういう意味かというと、例えば一般的なパズルRPGを引き合いに出すならば、思いっきり連鎖させまくって、早々にスキルを発動できるようにすれば何とか勝てる!
    なんていう場面もあるかと想います。
    しかし、このゲームにおいて、キャラがスキルを使える状況というのは「○問正解」という条件になっています。
    つまり、どうあがいても、この天井は破れないのです。
    あと5問でスキルが使える!という状況、ベストの結果で5問後の発動です。
    これが、あと○○を30個消したら使える!というゲームならば、すさまじい連鎖で、やったぁ!あっという間にスキル使えるようになった!という、奇跡の大勝利もありえるのですが、このゲームではあり得ません。
    つまり、どういう事かというと。
    デッキ編成をした時点で、ノーミスで、考えうる最良の攻撃力を出せる形で問題が出てきたとして、叩き出せるダメージの限界が決まっている訳です。
    敵の攻撃ターン数はある程度ランダム性がありますが、基本的には一定です。
    ですから、出撃時点で「絶対にノーコンクリアができないと解っている戦い」というのが、特にイベントでは顕著に発生します。
    では、ノーコンクリアできるデッキを作れば良いではないかと言うと、毎回毎回新しく追加されるたびにインフレが進行していく課金ガチャしかありえません。
    クイズなんて飾りなんです。

    2:クイズの質が悪い
    非常にクイズの質が悪いのが特徴です。
    特にスポーツジャンルにおいては、19XX年の第○回〜〜カップ(野球だったりラグビーだったりアメフトだったりサッカーだったり)において優勝した国はどこか?
    系列の問題だけで、かなりの数があります。
    また、難易度は色によって1色問題、2色問題、3色問題と色数が増える程にアップしていきますが、1色問題はそれこそ、CMで出てくるような「鰯」の読みは?みたいな問題ばかりで、解いていて全く面白くありません。
    逆に3色問題は、それこそ適当にwikiから誰も知らなさそうな項目を引っ張ってきたかのような問題を出したりします。(上記スポーツジャンルのように)
    クイズゲーなのに、クイズの質が悪い。
    RPGなのに、RPG部分の作りがダメ。と、良い点はありません。
    QMAみたいのをイメージしていると幻滅します。
    総評
    最初こそ、そこそこ面白く遊んでいましたが、ある時突然に気が付きます。

    このゲーム「最善手で進んで勝てるかどうかが完全に決定している」ということです。
    特にイベントに関しては、その傾向が顕著なので、やっていてうんざりします。

    あまりにも、ゲーム性、クイズ性が薄く、うんざりしてきますよ。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 3 2 3
  • どんどん悪化していく状況 20
    • 投稿者:りょう(男性/30代)
    • 投稿日:2014/05/12
    良い点
    ・精霊の絵柄が非常に良い
    ・スマホアプリには少ないクイズRPG
    ・育成やデッキ構成を考えるのが楽しい
    悪い点
    ・不必要なまでの課金煽り
    ・ユーザーに対する配慮が足りない
    ・新規精霊が登場する度にインフレする
    総評
    良い点に関しては読んだ通りなので割愛。

    まず、このゲームをプレイする上で無課金はほぼ不可能だと思ってください。
    長くプレイしてればしてるほど、不満が溜まります。

    主な理由としては、精霊のインフレーションが激しい点。
    これにより、トーナメントの最短ターン数の変動が激しいです。
    このトーナメントですが、だいたい月1で魔道杯と言うトーナメントイベントが行われます。
    ぶっちゃけて言うと、ガチャをどれだけ引いてるかモノ言う世界です。
    特定の精霊が居ないとまともに太刀打ち出来ない、代替が利かないなど。
    そういうモノでしょ?と言われればそれまでですが、今までレギュラーだった精霊が数ヶ月も経たない内にお蔵入りするなんて事も多々あります。

    初期の頃は、それなりに使えた精霊でも、次々と出てくる新スキルのお陰で初期精霊の殆どは産廃状態。

    トーナメントなんて関係ないや、イベント回して楽しもう!と思っても「特定の精霊が居ないとクリア不可能」であったり「ノーコンテニューでクリア自体が運次第」のイベントと運営のやりたい放題、まともにテストプレイすらしてないのではないか?と思う程の劣悪なバランスである。
    当然、毎回その様なイベントではなく比較的緩いイベントもありますが、悪い部分が兎に角目立ちすぎる。


    そしてレアリティの上限がSからSSに上がり、同じ精霊を強化合成する事で潜在能力が付く覚醒の実装により、多様性が出たもののインフレが加速。

    勿論、旧精霊からSSに進化するのはごく一部。

    挙げたらキリがない位、悪い点と言うより不満が多いです。

    何より、クイズ力の問われる内容がとても薄いと言う点が最も悪い点だと思います。
    それなりに永くプレイしてきましたが、新精霊が追加される度に溜息が出てきます。
    今となっては段位が上がれば上がる程、札束で殴り合うゲームです。
    各段位をクリアするのに最適なデッキを組める事が必要であり、組める人は段位が上がり、組めない人は段位が下がります。
    段位が下がれば、当然魔道杯での獲得ポイントも下がり、クリスタルを割って何度も少ないポイントを稼ぐ必要があります。
    段位が上がれば、獲得ポイントが上がる上に魔力回復に使うクリスタルも少なくて済みます。

    湯水の如く、お金を使えるならプレイして楽しいゲームですが、月最低でも3万以上は課金出来ないならイベント上位は不可能です。
    勿論、ガチャ運次第ですけどね。

    なお、基本無料と書いてありますが、獲得する精霊次第でストーリーすらクリア不可能です。
    ストーリー未完で良い、魔道杯も緩くやりたい、イベントも可能な範囲で楽しみたいと言うなら基本無料でも楽しめはします。
    ただ、ボックスの拡張、進化素材の収集、イベント、魔道杯、ガチャとクリスタルを必要とする場面が多々ありますのでご利用は計画的に。

    真面目な話、今までそれなりに課金していたデータを消して1からやり直した方が良いレベルの状態に私は陥ってます。
    それ程、入手する精霊に楽しみを左右されます。
    ゲーム開始初期から毎月3万前後課金している人でさえ、以前は上位に食い込めていたのに今ではランキングすら載らない状態です。
    そして、ウン十万注ぎ込んでも欲しい精霊が出ないと言うのも、ガチャでは良くある話です。


    クイズゲームをやりたい!と言うのでなければ、他のゲームをオススメします。
    ゲームとして面白いと思える部分も当然ありますので、プレイして損はありませんが課金だけは良く考えてからして下さい。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 3 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日