オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-

イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-
公式サイト http://www.spike-chunsoft.co.jp/ea
発売元 スパイク・チュンソフト
開発元 トライエース
発売日 2015/12/17
価格 7200円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
64
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 名作になりそこねた凡作 60
    • 投稿者:Description(女性/20代)
    • 投稿日:2019/07/13
    良い点
    今作はヴァルキリープロファイルの会社の新作らしくバトルスタイルがVPライクのハクスラRPGである。装備品には称号というものがランダムでドロップ時に付与され、種族特攻や属性耐性等様々なおまけ効果がつくのでこれをマラソンするのが今作随一の楽しみである。また戦闘中のコンボでドロップ率を上げたり経験値を上げたりと、淡々と作業がしたくなる人間にはうってつけのゲームである。
    悪い点
    ・バランスの悪さ
    今作ではジョブチェンをしつつ4人パーティーで戦う。ジョブは大きく分けて前衛(剣や槍)、間接(鞭や銃)、魔法の3つに大別されるが、敵にトゲつきのものがおり、こいつに近づくとダメージはおろか行動もキャンセルされる。こいつを倒すには間接ジョブしかいなく(魔法も効くが耐性持ちがいる)接近しないと攻撃できない前衛ジョブは使いづらくバランスがなっていない。また中盤までは間接にくらべ高い火力で差をつけられるが、終盤に差し掛かるあたりで火力の高い間接ジョブが出てくるので完全に空気と化す。
    ・戦闘の単調さ
    ◯△□×のボタンそれぞれを押すことでキャラが攻撃するというものだが、結局火力の高い一人で殴るのが早いという結論にいたる。
    ・キャラとストーリー
    今作の最大の汚点だろう。まずストーリー。早い話が異世界転生である。不思議美少女と幼馴染とその他大勢で世界を救うというベッタベタな話である。そしてキャラ。まず気になるのが電波キャラの多さである。アニメ・ゲームだから許される口調や性格などはあるとは思うがあれはただ痛いだけである。そして主人公。絵に描いたようなラノベ主人公である。異世界に飛んで初めてあった女の子を理由もなく疑ったと思えば、かっこいい(笑)ところを見せたがり、そして知識をひけらかす。どうこいつに入れ込めというのか。おまけにこいつはパーティーから外せず、ストーリーには99%でしゃばってくる…
    ・細かい点
    主人公側キャラのセリフに「◯◯しているじゃねえか」のような奇妙なものがある。主人公一行の大半は高校生なんだからもう少し砕けてたほうが良いなと感じた。好感度の概念があり戦闘開始と終了時にこれが高いキャラがしゃべるというものがあるが、掛け合いではなくただ話しかけているだけなので少しさみしかった。
    総評
    ゲームそのものよりその異常な値段が有名な本作であるが(中古で259円で購入した)、スマホアプリのこの手のゲームが500円そこそこするのを考えるとかなり遊べたのではないか。ずーーーっと一つのことができる気力のある地底人やお守りハンターにおすすめの一作である。長々と悪点を述べたがマラソンには一切関係ない。ストーリー云々より脳死でマラソンするのが楽しい変わった作品であった。それだけに何故VPの硬派なキャラ・ストーリーがこうなったのかと問いたくなる。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 4 3
  • ゲームバランスが悪く、主人公の魅力が欠如 35
    良い点
    VPのシステムを受け継いだ最新作を作ってくれた事自体

    最新ゲーム機のソフトだからとリアルな頭身を追い求め過ぎない潔さ

    開発費が少ないという割に綺麗な映像
    悪い点
    ゲームを楽しむために必要なゲームバランスの欠如

    バトルメンバーから外せない主人公の魅力不足

    1度ダンジョンに入ると時間が物凄くかかる

    そのダンジョンを途中で出ると何故か下がる好感度

    ロードとは関係ないところでのテンポの悪さ
    総評
    ゲームシステムの発表を見た時は、それはもう興奮しました。我儘を言うならヴァルキリープロファイルの新作であって欲しかったですが、そうでなくてもあのやりこみまくったゲームのシステムを継承するゲームが発売されるのは本当に嬉しかったです。しかしプレイし始めてから5時間もすると、作業感を強く感じるようになっていました。

    まずはじめに引っかかってしまったのが、例のライトキュア問題。先駆者の書き込みを見た人は問題なかったようですが、詰まるまでは自分なりにプレイしていた私は見事にスキル配分で失敗して高難易度の序盤プレイをするはめになりました。

    そして次がトゲトゲの敵。順番にキャラに割り当てられたボタンを押してコンボを決めるのがこのゲームのシステムの醍醐味なのに、キャラが近づいただけでトゲに刺さってひっくり返ってしまうこの敵の存在は、ゲームシステムにとっての最大の敵と言っても過言ではない。

    さらに頑張ってプレイしていると気になってくるのが魅力のない主人公の問題。ヴァルキリープロファイルは初代のレナスも2のシルメリアも非常に魅力的なキャラクターであり、主人公としてメンバーから外せない位置にいることが気になることはありませんでしたが、今作のカナタは最後までいつか外せると信じてプレイしていました。個人的な好みの問題ではありますが、性格的にも立場的にも蘭世が主人公のほうが良かったです。

    ダンジョンは無駄に複雑な構造な上に途中で脱出すると好感度が下がりますし、バトルでは魔法を使った後や攻撃を終わった後に謎の間があり、テンポが非常に悪い。装備品がほとんどドロップ任せなので、主力メンバーの装備が全然でなくて困ったこともありました。

    今回はこういうゲームを出してくれた事自体がありがたいので、次は今作を糧に出来る程度の期間で新作を出してくれることに期待する。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 2 3
  • スルメゲー 70
    • 投稿者:コロク(男性/30代)
    • 投稿日:2015/12/25
    良い点
    ・時間をかけるほど強くなれる
    ある程度進めると他キャラのスキルや職業を覚えられる。
    これによりやろうと思えばどの職業にもなれ自由な組み合わせができる。
    時間をかけるほど強くなるというのがはっきりとわかるのはよい。

    ・基本何でもドロップ品
    武器、防具、回復アイテムなどの消耗品が基本的に敵からのドロップとなる。
    特に武器、防具に関しては称号がつくことがあり付与効果で更に強化されることもある。
    こういうのを拾った時はうれしい。また出発前に何が出るかの情報が出ているのもよい。

    ・フィールドの移動
    ある程度進めるとフィールドの移動が楽しくなる。
    悪い点
    ・キャラクターグラフィック
    3.5頭身ともいうような中途半端なキャラクターグラフィックがダメな人がいると思う。

    ・ストーリー
    主人公及びヒロインがどのようにして異世界に行ってしまったかの描写がOPムービーで見れるが、
    他のキャラはちょっとした説明で終わってしまう。
    同じ事故に巻き込まれたからという理由かもしれないがもうちょっと描写が欲しかった。

    ・組み合わせが一定
    敵の配置及び組み合わせがランダムではなくパターン化されている。
    そのため攻撃自体も効率がいい方法でパターン化されがち。

    ・倒しやすい敵とそうでない敵
    場所によって倒しやすい敵が良く出てくるところや、
    下手をすると全滅もあり得る凶悪な敵のオンパレードな場所も存在する。
    ちょっと偏り方が強いなと思った。

    ・ドロップ品
    基本何でもドロップ品なので運要素が絡み消耗品などが不足しがち。
    先に進みたくても進めないという状況があるかもしれない。
    一応ポイントを消費して武具・消耗品を入手はできるのだがそれ自体の機能がある程度進めないとできない。
    総評
    中盤まで進めての感想です。
    戦闘自体はヴァルキリープロファイル2と酷似しています。
    だから面白くないというわけではなくドロップ率を上げつつ敵を倒し、
    ドロップ品で喜んだりため息ついたりと何気に楽しめています。

    正直序盤は良くないです。
    やれることが少なすぎて飽きてしまうこともあるかもしれません。
    しかし"ある程度"進めると段々と面白みが出てくるようになり、
    説明書で紹介しているアクションが一通り使えるようになると意外といいなと思いました。

    好き嫌いがはっきりと分かれそうな作品ですが、
    戦闘やフィールドアクションを見ていいなと思った方はお勧めできるかもしれません。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 4 4
  • やればやるほどハマる秀作 90
    • 投稿者:ルート(女性/30代)
    • 投稿日:2015/12/24
    良い点
    ・ハクスラ要素があり、ドロップ次第で俺ツエーを味わえる
    ・キャラが全員魅力的で、ずっと一緒にいたくなる
    ・爽快感のあるバトル。最初は難しいが、技がそろってコンボが300をゆうに越えるようになるとやみつきに
    ・先が気になるストーリーと、ギャグ満載のサブイベント
    ・時に幻想的、時に熱い音楽がすばらしい
    ・マルチエンド、隠しダンジョンなどのやりこみ要素大
    悪い点
    ・道具の売却がしにくい
    ・道具が100個しか持てないのにアイテムがガンガン落ちるので、こまめに売却しないといけない
    ・メニューを開くときにカクつく
    ・エラーによって強制終了することがあった。パッチ配信後はエラー落ちなし
    ・人によってはモデリングが気になるらしい。慣れると可愛い
    総評
    トライエースらしいバトル重視のつくりと、先が気になるストーリー展開が魅力。RPGに飢えている人、手強い敵とのバトルを求めている人、魅力的なキャラクターに出会いたい人は一度プレイしてみる価値あり。終わってほしくない旅が待っています。

    ただ、本当にバトル寄りの造りになっていて、アクションゲームのように「イベント→ステージ攻略→イベント……」の流れが続きます。敵のいない町をゆっくり散策したい人、NPCとの会話を楽しみたい人には向かないかもしれません。

    これほど歯ごたえがあるRPGは久々だったので、本当に楽しかった。スターオーシャン5も期待しています。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月