オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ZOIDS FIELD OF REBELLION公式サイトへ
読者の評価
23
投稿数:6
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ZOIDS FIELD OF REBELLION

ZOIDS FIELD OF REBELLION
公式サイト http://www.takaratomy.co.jp/games/zoids
発売元 タカラトミー
開発元 エイティング
発売日 2017/04/18
価格 サービス終了
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
23
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 改善が進み参戦ゾイドも多数。あと一押し 60
    • 投稿者:ヤドカリ(男性/40代)
    • 投稿日:2018/05/03
    良い点
    配信当初の調整不足・説明不足な仕様による悪評が尾を引いてはいるものの、実際はアップデートを重ねてかなりの改善がなされている本格ゾイド対戦ゲームです。
    ソシャゲーにしてMOBAという性格上、どうしても重課金プレイヤーが有利にはなりますが、現環境ではゾイドの選択や戦術・戦法次第で無課金・微課金プレイヤーでも熱いバトルを楽しめる仕様となっています。
    課金の優位性は保たれつつも、ただ札束で殴って終わりのゲームではありません。


    < 良 い 点 >

    ■ゾイドのグラフィックが素晴らしい。玩具発売当時は残念なプロポーションだったりディテールが甘かったりした機体をも見事にリメイク。

    ■武装組み換えの自由度が高い。原作を再現するもよし、俺ゾイドを作り上げてもよし。武装にも様々な特性があり、自分のスタイルに合った武装を選択しやすい。

    ■シンプルながら奥深いバトル。レビュー執筆時点で全4ステージ実装済、マッチングした味方と連携プレイしつつ、ゾイドや武装の特性を活かし戦えるのは爽快。

    ■フレンドマッチバトル機能搭載。フレンド8人で集まってのパーティー的なバトルも可能。

    ■前作「ゾイド マテリアルハンター」と異なり、メカ生体ゾイドやアニメ版ゾイドからの参戦機体が多い。「ゾイド コンセプトアート」版ゴジュラスと旧作版ゴジュラスの競演も実現。

    ■なんだかんだで運営スタッフの頑張りを感じる(空回りしてしまう事もあるが)。運営さんとプレイヤーとの間の距離が非常に近い。

    ■アップデートにより、無課金プレイヤーでも複数のゾイド(コマンドウルフ/ジェノザウラー/シールドライガー/ゴルドス)を早期獲得可能となり、ゲーム内通貨や各種改修資材も集めやすくなった。
    悪い点
    ゾイドゲームとして見れば非常に愛を感じる一方で、MOBAとして見るとマッチングシステムの不備が目立ち、プレイヤーにストレスを感じさせてしまう事が多々あります。
    また、事実上のチュートリアルに該当するTrainingモードが説明不足なので、公式サイトや攻略サイト上での事前の情報収集が不可欠だといえます。


    < 悪 い 点 >

    ▼マッチングシステムが何度も調整・アップデート・仕様変更を受けているにも関わらず、様々な要因が複雑に絡んでいるせいもありVSモードでのマッチングはお世辞にも公平感のあるものとはいえない。ストレスフルなバトルを強いられる事が比較的多い。

    ▼高速ゾイドが一方的に有利となる局面が多く、低速ゾイドを使うメリットが少ない。低速ゾイドで戦い抜くには愛とプレイヤースキルと情報が求められる。

    ▼バグが多い。(しかしバグへの対応も早い)

    ▼アプリ・公式コンテンツ内にコミュニティ機能が未実装。フレンド募集やフレンドマッチバトルの実施にはSNSや攻略サイト掲示板等の利用が不可欠。

    ▼ストーリー性に乏しい。登場キャラはそれぞれ凝った設定を持っているのだが、キャラ同士の絡みを含めゲーム本編に生かされていない。
    総評
    1980年代からの長い歴史を持つゾイドのオールスター的参戦ゲームとして見ると非常に楽しく、武装搭載の自由度が高い事も相まって、ゾイドファンならニヤリとさせられる要素の多いゲームです。
    しかし、MOBAとして見るとマッチングシステムの問題を筆頭に不備が多く、イライラバトルが続くとスマホを投げ出してしまいがちになったりもするかもしれません。

    無課金プレイからのスタートも可能なので「一度やってみて、気に入ってから課金」というスタイルでも全く問題ありません。但し、アプリ内の説明だけではゲーム内容をよく理解する事は現状無理なので、公式サイトや攻略サイト上での事前の情報収集は必ず行われる事を強くオススメします。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 3 4
  • 先行き不安 15
    • 投稿者:JUNK-(男性/40代)
    • 投稿日:2017/05/30
    良い点
    ゾイドが動かせる
    4:4のチーム戦
    悪い点
    操作性が難点
    カスタマイズがわかりにくい
    総評
    どこに楽しみを見出せばいいのかわかりにくい作りです。
    中途半端にアクションゲーの要素も求められるためスマホでの操作は煩雑でやりにくいものとなっています、ゆえにアクションゲームとしては落第点。
    戦略ステトラジーとして見るとどの方向から攻めるかといった点はあるにはあるのですが馬車馬のように戦場をかけまわり音を上げたほうが不利になっていくためかみ合わせ、裏をかくといった行動は取れませんのでこれもアウト。

    ゾイドが操れるという点以外に褒めるところが見当たらないです。
    しかももっさりしか動かないので動かしている喜びもあるわけではありません。
    それでもカスタマイズが色々できて僕の考えたさいきょーゾイド仕様とかロマンに浸れるならありなのかもしれませんが装備を含めたカスタマイズが煩雑で違いがわかりにくく、一度つけた装備の効果をみたければ戦場までいって試さないと試射も出来ないなどどうしてこうなった?と不思議な事がたくさんあります。

    無課金のままでも十分このゲームの骨子の部分は体験できるのはすぐれた点です。
    奥が深いとか戦術に幅があってとか上手いプレイでどうのこうのはほとんどないので
    無課金のままでゲームの内容を理解し自分の意志で課金に踏み切れるのは利点です。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 1 1
  • おしいが、クソゲーはクソゲー 10
    • 投稿者:CULL(男性/30代)
    • 投稿日:2017/05/13
    良い点
    ・ゾイドらしいグラ
    ・流行のMOBA
    悪い点
    1、3時間または8時間経たないと貰えない試合報酬(報酬ケージ)
    2、そのケージストックも最大8個まで(課金分の4個含)
    3、すぐ報酬が欲しければ報酬ごとに30円
    4、そして貰える報酬が雀の涙(課金価値のない通常報酬レベル)
    5、無課金で使えるゾイドはコマンドウルフのみ
    6、たとえ機体を購入しても搭載できる武器はドロップなので基本ダルマ
    7、使いたければ一番上にもどる。
    総評
    4gamerの記事(5月頭?)に出ていたのでプレイしてみましたが、みごとなクソゲーっぷり。
    広告収入の為に少ない美点を挙げたライターを褒めたい。

    無課金者お断りともとれるゲームシステムを良くぞ通したとゲームプランナーもしくはその上司を褒めたくなる仕上がり。
    初期投資を無駄にするアプリの事例として、問題点を列挙する為にプレイするのが一番の供養に思える程のダメっぷり。

    グラフィックなどしっかりしているので、課金に結びつけるシステムだけが問題とも思えるが、製作陣に対して投資回収システム導入の圧力がかかったとしか思えないので、タカラトミー側のゲーム責任者が変わる以外にこのゲームの生きる道はないと思う。

    CGモデルには愛を感じるので、つくったプログラマーが可哀そうで仕方がない。。。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 1
  • 爽快感がない残念な出来 20
    • 投稿者:遊星(男性/40代)
    • 投稿日:2017/05/07
    良い点
    ・グラフィックス
    スマホゲーとしては十分な品質。
    ゲーム内のモデルもトミー版のゾイドを良く再現している。
    ただ、CG素材や宣伝用ムービーではコトブキヤHMM版やMP版が使用されており、統一感はない。

    ・サウンド
    ティザーサイト開設時から使用されていいたタイトル画面の曲など、名曲がちらほら存在する。ラボの曲も地味に人気ありますね。全体的にみると凡庸なレベルに落ち着いています。
    悪い点
    ・快適さ/運営
    スマホゲーなので操作はしにくい。
    メインとなる対戦中に思い通りに機体を操作できないことのストレスは大きい。照準も合わせにくい。
    コンテナの開封に不満を持たれがち。

    ・熱中度/ストーリー
    ストーリー要素は、ほぼ無し。
    共和国・帝国の機体が入り乱れてチームを組む(マッチングされる)ことの対応だと思うが、無国籍の傭兵団のようなものが設定されている。でもそれだけで、そこから物語が展開していくようなそぶりはいまのところありません。

    ・ボリューム
    現時点では、特にストーリーもなく、対戦フィールドは1種類のみ。
    ゾイドは8種類。
    総評
    大きな特徴として、日本のスマホゲーの大部分が採用している課金ガチャが存在しないことが挙げられます。ゲームスタート時はコマンドウルフが無料で使えますが、他のゾイドが欲しい場合は購入しなくてはいけません。ガチャに比べるとずっと安い値段で購入できるし、いらない物を押し付けられることもない。ここは評価したいです。
    問題点としては、初期機体が選べないので、マッチングでロールが偏りがちになります。コマンドウルフばっかりのチームになりがち。


    ゾイドといえば改造!というわけで機体のカスタマイズについて。搭載できる武装は、ゾイドが本来付けていた物が多数用意されています。レッドホーンのリニアキャノンとかハンマーロックの背中のミサイルとか、シールドmk-IIのビームキャノンとか。「運営のかんがえたさいきょうの武装」等はないので安心できる。
    これは、プラモデルの改造技術もなかった子供のころ、ゾイドに触れ、武器パーツをとっかえひっかえして遊んだ経験のある人なら特に楽しいのではないだろうか。
    ただ、難点として武器の装備箇所が、背中・左右側面の3か所のみ。改造の幅がものすごく狭い。

    コンテナの開封も不満が集中しがちな仕様です。バトルの報酬はコンテナに入った状態で支給され、開封操作をしてから開くまでに数時間かかります。
    スマホゲーにおいて、一度に長時間プレイさせないように、行動力制(スタミナ制)を採用している例が多いですが、このコンテナ制も同じような物だと思います。「行動力がないからもうプレイさせません」、なのか「プレイしてもいいけど、報酬は出さないよ」、なのかの違いなだけ。無制限に練習できるのはむしろ行動力制よりも自由で良いはずです。しかし、いくらなんでも今の開封待機時間は長すぎる。

    本作は原作のゾイドの性能を忠実には再現していません。各ゾイドにロール(職業)を割り当てているせいで、原作とはかなり違う物が出来上がってしまっています。例えば、コマンドウルフはシールドライガーよりも早く走り、ゴルドスよりも索敵範囲が広い。といった具合で、原作好きな人には特に違和感が大きいです。

    本作はMOBAであり、アクションゲームではないので、動きがもっさりしています。スピーディなバトルを期待しているとがっかりします。ゾイドの戦闘イメージと合致しないんですよ。飛んでくるミサイルから逃げ惑うものの、避けられず結局当たってしまう。本当にイライラします。こんなのゾイドバトルじゃねえ!

    チュートリアルが不親切、UIがわかりにくい、開始直後から課金要素を全面に押し出してくるからうんざりする。継続してプレイしよう、課金してもっと楽しもう、という気持ちにどうしてもなりにくい。ゲームとして収益は上げないといけないんだろうけど、ユーザーに気持ちよくお金を払ってもらうための導線がまるでない点が一番問題だと思います。

    ==追記・訂正==
    実は課金ガチャありました。嘘の投稿してしまい申し訳ない。
    ガチャの提供割合は、当たり2割、ゴミ8割。それほど酷い割合ではない。
    また、有料ゾイドを購入しても、武装は一切装備されておらず、粒子砲のないジェノザウラー、ストライククローのないライガー、といった状態。
    課金ガチャでSR武器を入手し、それを装備可能なゾイドを購入する、というのがスムーズな流れとなります。
    評価20点に下げます。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 1 1
  • ソシャゲ黎明期のゲームかな? 20
    • 投稿者:ぼいんご(男性/0代)
    • 投稿日:2017/05/02
    良い点
    コマンドウルフにGB限定帝国カラーがあったことぐらい。
    悪い点
    ・バグか遅延かとにかくプレイヤーからの攻撃に対して小型ゾイドが無敵になる時がある。
    ・マッチングがガバガバすぎ(例:中級〜上級者×4人のチームに対して中級〜上級者1人+初心者or初級者×3人という子守マッチング)
    ・接続が切れたら元いた部屋には戻れず、またその試合が終わるまでラボでゾイドを眺めるしかやることがない。
    抜けられたチームも3人のまま戦うしかなく、試合開始間もないときだとまず勝てないので時間の無駄感がすごい。
    上記はサービス開始から見られる現象なのに運営からは何一つアナウンスなし。

    デスザウラーやゴジュラスが足元しか攻撃してくれない。
    なんのための「ロングレンジ」バスターキャノンなのか。
    モルガもキャノン背負ってるのになぜかミサイル攻撃。
    まぁつまり運営開発からゾイド愛がまるで感じられない。
    総評
    とにかくすべてにおいてお粗末のひとこと。
    ゾイドが好きなら1時間くらいプレイしてみてもいいんじゃない?って感じの出来。
    ゾイドじゃなかったらまず誰もプレイしてないだろうなと思わせてくれるゲーム。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 1 1 1
  • 不自由の塊 15
    • 投稿者:げま(女性/20代)
    • 投稿日:2017/04/30
    良い点
    ゾイドの皮を被ったMOBAっぽいアプリ
    悪い点
    アイテム取得にコンテナという時間制を持たせている。これが最低でも3時間と非常に長すぎる。正直、1時間ですら長い。現状、コンテナの色によって時間が違い、長いものだとなんと8時間も待たされる。1日の4分の1も待たされるとは正気の沙汰とは思えない。
    ユニットの獲得も課金のみ、無課金はコマンダーウルフしか使えません。MOBAを意識するなら1日1体無料のユニットローテーションでもやればいいのに。ちなみユニットは8体と少ない。
    移動は左下の擬似パットで動かすが、反応が悪い。射角の調整をしようとすると足が止まる。致命的なレスポンス。
    武装もガチャで引くし、パイロットもガチャ。とにかくガチャ。課金する気も失せるほど縛りが多くてやる気も起きない。
    総評
    ゾイドはMOBA向きの版権だが、ここまで金に任せたタカラトミーのスタイルには賛同できない。MOBAは大人しくDOTA2やLOLなどPCでやるべきコンテンツだと認識した。
    悪い点がとにかくストレス。愛で補う養分か無課金相手に虐殺を楽しむくらいしか続かないだろう。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 3 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日