オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
スターオーシャン:アナムネシス公式サイトへ
読者の評価
83
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

スターオーシャン:アナムネシス

スターオーシャン:アナムネシス
公式サイト http://www.jp.square-enix.com/soa/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 トライエース
発売日 2016/12/07
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
83
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 手軽にできる共闘アクションRPG(簡単とはいってない) 75
    • 投稿者:モビィ(男性/30代)
    • 投稿日:2019/06/03
    良い点
    ■スマホならではの手軽さと
     本格的なやり込み要素を兼ね合わせたゲーム。

    スターオーシャンシリーズや
    ヴァルキリープロファイル等
    ゲーム内に隠されたテクニックを研究する
    ゲーマー向けRPGに定評のある
    トライエースの作品です。

    表面的なレベル上げやメインミッションは優しく
    上位の難易度をクリアするにはシステム理解が必須と
    やり込み甲斐のある飽きがこないゲームに
    なっています。


    ■美麗にも簡易表現もできる幅広いグラフィック設定

    スマホのスペック不足や電池を消費したくない人でも
    グラフィックの質を大きく落とすことができます。

    さらに、バトルだけ低品質にメニュー画面では高品質に
    という住みわけ設定もできて便利です。


    ■コラボ作品が多彩

    自社制作のヴァルプロ、エンドオブエタニティ、
    ラジアータストーリーズだけでなく

    格闘ゲームのギルティギアシリーズ
    漫画・アニメの進撃の巨人
    初作スタッフが同じであるテイルズ

    さらに声優の杉田智和氏・中村悠一氏や
    ゲームライターのマフィア梶田氏と
    予想外のキャラクターまで飛び出す

    スタオーシリーズの総決算というより
    トライエースオールスターバトル+αな
    カオスさも魅力があると思います。
    悪い点
    ■野良共闘につきもの、「味方ガチャ」
     の恐怖が常に付きまとう

    イベントクエストの上位難易度の二つ
    「滅」「絶」級ボスは、
    敵の攻撃を避けきれるテクニックを持った
    人力操作前提の攻撃力をもっています。

    滅絶級ボス限定のドロップ装備があるので
    強さを求めるには共闘せざるを得ません。

    味方ガチャで地雷プレイヤーを引き当てないよう
    注意を促す文言の部屋を立てる人もいるので
    味方ガチャを恐れる人には向いていないと思います。


    ■性表現が割と下品

    これもプレイすればすぐわかりますが

    不気味なくらいに揺れる女性のバストとか
    カメラがわざと尻を追いかける奥義演出とか
    そういうのが嫌いな人にはキツイと思います。

    総評
    良い点悪い点に書いた通り、

    スタオーだけでなくトライエース作品の
    いずれかに思い入れのある人や
    スマホでも刺激的なアクションバトルが
    楽しみたい人にはオススメ

    最高難易度コンテンツまでやり込みたいけど
    ギスギスした共闘バトルはゴメンとか
    下品な性表現にはドン引きする
    という人には向いていないと思います。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 3 5
  • 結構、面白い! 80
    良い点
    良いゲームだと思います!ただ、歴史というか、ストーリーがよく見えてないけども、面白いです。音楽もキャラクターもシステムも最高です。
    悪い点
    悪い点は、そんなにない。あえて言うなら、これ、スマホゲームにしちゃうの、勿体ない!ps4 ゲームにしてもいいくらい!オンラインゲームは、何もスマホゲームじゃなくてもいいと思う。ps4 ゲームで、デカイ画面でやりたいですね。
    総評
    グランブルファンタジーがps4 ゲームになるときいて、スマホゲームからps4 ゲームに参加するのも手だと思いますね。だいたい、ちっこい画面でやるより、デカイ画面でやりたいという人もいますんで。ここにいます。自分も画面大きいほうが好き。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 一つの到達点 80
    • 投稿者:エベロペ(男性/30代)
    • 投稿日:2017/06/26
    良い点
    ・グラフィック
    スマホゲーとしては最高峰に位置しており、クオリティとしては申し分無い。昔の作品のキャラが今風に生まれ変わった姿も個人的には特に違和感は感じないし、何より今またあのキャラにこういった形で会えたという点も嬉しかった。

    ・バトル
    SOの肝であるバトルもスマホゲーだからといって劣化はしておらず、爽快感と操作性の良さの二点は他の追従を許していない。高難易度になるとただよってたかってタコ殴りにするだけでは勝てず、ただスキルを連打するだけではなく、敵が与えてくる致命的な攻撃を各々が回避しなければ勝つことは出来ないという緊張感も良い。

    ・課金要素
    ガチャに使えるゲーム内通貨の入手方法がかなり豊富で、度々行われるキャンペーン等でもそれらをばら撒いてくるので極端にガチャが回し辛いという事は殆ど無い。最高レアのキャラが出る確率も5%とかなり高めの数字に設定されており、目当てのキャラが出るかどうかはまた別問題になるが、最高レアのキャラが当たらなくて困るという事もまず無い。
    悪い点
    ・キャラのバトルスキル
    他の人も言っているが何より目立つのがこのバトルスキル関連。このキャラって本編でこんな技使ってたっけ?寧ろ何でこの技が無いんだ?というのはザラで、特に初期に実装されたキャラはこの傾向が非常に高い。ただし別の例として3のフェイトに関しては初期に実装されていないにも関わらず5のフィデル、ダリルのモーションでスキルが全て使い回されており、ストレイヤーヴォイドやブレードリアクター等といった彼独自のスキルというものが全く無い。しかしほぼ同時期に実装された同作品のアルベルは新モーションが豊富であるといったように、実装時期がそこそこ経っているのに優遇不遇の差が如実に出てしまっているような事もある。

    ・ゲーム内容
    基本的にやる事は常に一緒である。敵を倒して戦利品で物を交換して…というのをイベント毎に延々やっていくだけ。バトルが肝であるこのゲームでは別に特別悪い事では無いのだが、マンネリ化の一端を担ってしまっている感はある。運営側も戦利品交換からガチャ方式に変えたりと工夫はしているので頑張ってほしい所。
    総評
    個人的にはゲーム性、グラフィック共にスマホゲーとしては一つの到達点のような物を感じた一作だった。ここまで動かせるならこれから先のスマホゲーにも色々と可能性が見えてくる。
    キャラのモーションやグラフィックの修正等細かい所に対する対処は比較的早いので運営に期待は出来るのだが、悪い点に書いたバトルスキルに関しては今後何とかしてもらいたい所。

    最後に一つ注意してもらいたい点があり、各々の環境にかなり左右されるので悪い所には書かなかったが、これだけのグラフィックをガンガン動かすゲームなので当然の事ながら端末への負担は非常に大きい。特に熱の問題やバッテリーの極端な消費等は避けられないので外でプレイする際には色々と気を付けた方がいいかもしれない。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 3 4
  • キレイ、サクサク、キモチイイ 85
    • 投稿者:gaak(男性/20代)
    • 投稿日:2017/06/22
    良い点
    ●美麗なHDグラフィック
    ・スマートフォンで遊べる3Dゲームの中でトップクラスのクオリティと言っても過言ではない。
    実装してから時間の経ったキャラクターにも細かく修正が加えられている点も○。

    ●軽快な動作
    ・CMで売りにしているだけありサクサク動く。アップデートを除けば通信量も少ないため出先でも手軽にプレイ出来ることも魅力のひとつ。

    ●スピード感のあるバトル
    ・技を発動する際にボタンを長押しすると瞬時に適正距離にまで移動する「チャージアサルト」というシステムがあり、これを活用することで高速で戦場を駆け回ることが出来る。うまく活用すれば「敵の攻撃範囲から高速離脱→タイミングを見計らって急襲」という上級者のような戦い方も簡単に出来る。

    ●ガチャ等に使う紋章石の入手手段が豊富
    ・ストーリーミッションや1日3回まで挑戦できる「試練の遺跡」というコンテンツをまめに消化するだけでもそれなりにガチャを回せるだけの紋章石が増えていく。ストーリー・試練の遺跡共にアップデートで定期的に新しいものが増えていくため、初回クリア分の報酬を取ってしまったので後はイマイチ…ということにもなりにくい。

    ●ガチャ関係が緩め
    ・キャラガチャと武器ガチャが分かれており、「キャラが欲しいのにゴミ武器ばかり出る」といったようなことはない。また、「限界突破」というシステムで強化しきったキャラが排出された場合、他キャラの限界突破に使えるアイテムに自動で変換されるため、ある程度ガチャを回して下位レアを重ねきっておけば「お目当てのキャラを1人引く→アイテムで限界突破を済ませる」ということも可能。
    ・武器ガチャについても、最近は1回限定だが10連で新武器が最低1つ確定のガチャがあるため、比較的当てやすくはなっている。現環境では流石にに型落ち気味ではあるが、下位の武器を強化していくことで交換出来る武器もあるので、無課金でもそれなりの武器は手にできる。
    ・(現時点では)有償石限定のガチャはないのも大きい。
    悪い点
    ●使い回しがとにかく目立つ
    ・使える技に偏りが酷く、キャラが変わっても使える技がほとんど同じで代わり映えがしないということも多々。その一方で、最低レアの1人だけが使える技(最近になってようやく最高レアで同じ技を使えるキャラが実装された)などもあり、使い回しの基準が謎。
    ・中には、原作シリーズで初めてその技を使ったにも関わらずアナムネシスでは使えないどころか全く関係のない他人の技を押し付けられたキャラも(そしてその技は別のキャラが使っている)。
    ・一応同名同モーションであっても技名に「・○」をつけることで多少の差別化は図っているが、はっきり言って殆ど変わらない。

    ●モデルのこだわりに比べてなおざりなボイス
    ・ボイスは基本的にシリーズ作品から流用しているが、人気の高いボイスがなかったり、全然別の技のボイスが設定されていたり、挑発ボイスを無理に使っているせいでキャラ崩壊していたり…ということが多々ある。
    ・技名ボイスは(「ラッシュコンボ」という決め技を除いて)基本的にない。原作シリーズではそちらも評価が高かっただけに残念。

    ●イラストの統一感が薄い
    ・他のソーシャルゲームでも良くある問題だが、マルチプレイで並んだ時やラッシュコンボでカットインが再生される時などで違和感を覚えることがままある。
    あるキャラの実装時、過去作のファンを筆頭に阿鼻叫喚になったのは今なお語り草となっている(それ以降は運営も気を遣っている気がする)。

    ●バトル以外にやることが殆どない
    ・艦内の飾りつけや各キャラごとの好感度会話などはない。3Dモデルをじっくり眺めたり、ボイスを再生したりするくらいしかない。

    ●ストーリーを期待しているとイマイチ
    ・内容もテキストの質も悪く、メインストーリーは同じ流れの繰り返しで全スキップで何も問題ないレベル。最近は新キャラの登場などで改善の兆しが見られているが、読み物としてのストーリーの面白さを期待するのはやめた方がいい。
    総評
    βテストの頃からプレイしていますが、初期の頃と比べるとオプション設定やオートマッチングの実装等によって随分と遊びやすくなっているように思います。
    初報を知った時には「シリーズの正当な続編がスマートフォンゲームか…」とガッカリしましたが、今ではシリーズ特有のバトルの楽しさを手軽な形で体験出来るしこれはこれでアリかな?と思い直すくらいにはクオリティが高いです。
    ただ、一シリーズファンとして見ると技の使い回しやボイスの謎過ぎるチョイスなどに残念な気持ちになることもしばしばあります。またキャラクターの性能バランスには非常に気を遣っている開発ではありますが、それでもどうしようもないキャラも極僅かではありますが存在していることも事実です。
    また、コンテンツの殆どがバトルに依存しているというのも、プレイヤー(特にシリーズファン以外のプレイヤー)を長く繋ぎとめるには厳しいのではないかと感じています。せっかく職人芸とも言えるほどのこだわりで作られているハイクオリティな3Dモデルがあるのだから、これを活かした要素があれば…と思わずにはいられません。

    色々思うことはありますが、ゲームとしての面白さと快適さだけでなく、運営の安定感も兼ね備えているタイトルだと言えるでしょう。
    今なら無課金でも始めやすいですし、最近のCM効果で少しでも多く新規プレイヤーが増えてくれることを願っています。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 5 3 4
  • スマホゲーム最高峰のグラフィックゲー 95
    良い点
    紋章石を無料で大量に配布されるのでガチャをいっぱい回せます

    マルチでみんなで遊ぶときはリーダーだけがスタミナが必要ですが他の人は何も消費せず遊べます

    無料で遊んでも最強武器を練成して作成できます

    毎月のログインボーナスで最強キャラ1チケットをもらえます

    キャラクターがアップデートにより可愛くなりました。
    悪い点
    スターオーシャンを色々やってきましたが。敵が弱すぎる為、ゲームファンには物足りないところがあると思います。

    総評
    現状では他のスマホゲーでは味わえないアクション、グラフィック最高クラスだと思います。

    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月