オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ARMS公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2017/06/16
  • 価格:5980円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
82
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
ARMS
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

ARMS

ARMS
公式サイト https://www.nintendo.co.jp/switch/aabqa/index.html
発売元 任天堂
開発元
発売日 2017/06/16
価格 5980円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
82
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 新しいインターフェイス 90
    • 投稿者:kkgg555(男性/40代)
    • 投稿日:2017/06/22
    良い点
    イイね持ちが面白い。体全体でゲームをする感覚。いい運動になるのでメタボ対策にもオススメ。
    悪い点
    疲れる。長時間プレイはつらい。
    総評
    ジョイコンで任天堂がやりたかったことが初めて具体化した作品。ファミコンで初めてコントローラーを握ったときの戸惑いと一体感を彷彿とさせる。やり込むほどにキャラクターとの一体感が増してくる。未だにレベル3で苦しんでいるが、自分が徐々に強くなっているのが実感できて楽しい。ランクマッチで猛者たちと対戦するのが待ち遠しい。楽しく運動できるのでARMSを使ったフィットネスジムができたら行ってしまいそう。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 噛めば噛むほど…なスルメゲーム 85
    • 投稿者:かるかん(男性/20代)
    • 投稿日:2017/06/22
    良い点
    最初はコマンド入力などの難しい知識もいらないので、シンプルに遊べる。
    ジョイコンでの操作は不安であったが、思っていた以上に手に馴染んで楽しむことができた。
    思っていた以上に良い運動になっている。
    悪い点
    難易度は高いので、最初はどうしても敷居が高く感じられる。出鼻を挫かれる。
    スポーツ性を重視しているため、ゲーム全体がとてもシンプル。そのため、ストーリーとか、キャラクターを重視している方にはもの足りないかもしれない。
    総評
    格闘ゲームに不慣れな人でも、気軽に始めることができるゲームだと思う。
    ただ、CPUが強いため、操作に慣れてくるまではとても苦労すると思う。

    しかし直感的な操作性のため、低いレベルからあせらずじっくり練習すれば、結果もおのずとついてくるゲームである。
    そのうち相手のパンチを避けて、当てられるようにもなってくる。
    最初歯がたたなかったレベルの敵に、いつの間にか手が届くようになっていた時は、感動するし、その頃には結構やりがいも生まれてくる。

    シンプルだが、とても奥が深いスルメゲーなので、もうちょっと遊んでみようと思います。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 3 3
  • 一人でじっくりなら人を選ぶ、ローカルプレイは最高の新感覚格闘スポーツ 85
    • 投稿者:グリーン(男性/10代)
    • 投稿日:2017/06/21
    良い点
    ◯wii時代の体感操作が大幅進化
     ・ジョイコンの感度はかなり良く、軽く振ったり捻ったりするだけでパンチが動いてくれる
     ・3すくみやアームの個性などでこの手のゲームでは戦略性は高く、wiisportsのボクシングのような単調さは無い
     ・多彩なモードでバラエティに富んでいる
    ◯熱いローカルマルチ
     ・体感操作のおかげか、ゲームが苦手な人とも盛り上がれる。
     ・4人プレイはハチャメチャで実力差も出にくくワイワイ楽しめる
    ◯パフォーマンスの良さ
     ・1080p60fpsで安定、ロードも数秒でサクサク
     ・オンラインマッチングも超快適、待ち時間ほぼ無し
     ・色々なプレイスタイルに対応、ボタン操作を用意したおかげで携帯モードでも出来るのがgood
    悪い点
    ◯コンピューターといいね持ちのバランス調整不足
     ・コンピューターが強過ぎる、7段階の3、4段階目から、人間には無理な超反応が見られ始める
     ・上記の点に加え、移動もスティックではなく傾きで行うので、慣れるまではストレスがたまりやすい
     ・更に、オンラインのランクマッチに参加するにはレベル4のGPモードをクリアが必須。結構な人がここに至るまでに挫折する(一応パーティーマッチというオンライン対戦は最初から参加可能)
    ◯マリカと同じく、一人オフラインプレイが単調
     ・各モードでCPUと対戦→マネーを稼ぐ→アームをゲットするの繰り返し
     ・ストーリーモード等は無し
    ◯その他多少不親切な点
     ・ヘルプにしか書いてないこと(例:注目ターゲット変更の方法)がある
     ・トレーニングモードはあるが、どのメニューから選ぶのかが分かりにくく、存在に気づかない人も
    総評
    eスポーツというよりは本当にスポーツに近く、多人数でプレイした時は皆が熱中する。しかし、いいね持ちのバランス調整が結果的に人を選ぶ出来にしてしまったのが残念、一人で遊ぶとなるとかなりストイックに感じる。
    逆に人によってはそのCPU戦の難易度の高さが中毒になるという人も。自分はどちらかというとそっち近いみたいで結構楽しめる。
    アップデートでの修正の可能性は十分にあり、今後に期待出来る土台はしっかりしてるゲーム
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 4
  • 確かに新しい対戦アクション 70
    • 投稿者:まるなげ(男性/30代)
    • 投稿日:2017/06/21
    良い点
    ・ロードやマッチングがとにかく早く快適
    悪い点
    ・対戦を主にしていながらアームの収集、強化要素
     更にその収集、強化のために必要なゲーム内マネーの貯まり難さ
    総評
    対戦ゲーム全般に言える事ですが
    "良いor悪い"ではなく"好きor嫌い"の部分が大きいので
    実際やってみてください以外の事を言いにくいですが・・・


    非常に気になる点としてやりこみ要素として
    アーム(TPSで言うところの武器)の収集を入れている事です
    ハッキリとこれは悪い点としていいと思います
    このゲームの欠点はこれくらいだと思いつつ
    根本的な、とても重要な問題と言えます

    簡単に説明するとプレイする事によってゲーム内マネーが手に入り
    それを使いミニゲームをプレイしアームをランダムで入手できます
    またアームのカブりが起きた場合、所謂"重ね"がありそのアームが強化されます

    対戦ゲームを競技として見る場合、公平性はとても重視されます
    キャラバランスが悪いとされるゲームもそもそも自分で選んでいるわけですしね
    その公平性の上でゲームプレイ時間ではなくゲームスキルで殴り合う事ができ
    それが対戦アクションゲームの最大の魅力なはずです

    しかしARMSでは長い時間を使いランダム提供されるアームを
    引かないと選択する権利も貰えませんし
    同じキャラ同じアームを持っても強化具合で有利不利がついてしまいます

    シングルプレイ推奨のゲームならこれでも良いと思いますが
    プロモーションを見てもゲームモードを見ても対戦マルチプレイ推奨のゲームです
    もっと言えばeSportsを意識しているのは明確です

    競技性に疑問が付くことに加えオフ大会、対戦会に影響がでます
    これはeSportsを名乗る上で致命的な問題と言えます
    当然運営は全開放したデータを複数用意する必要があり負担が非常に大きい

    任天堂のタイトルでもスマブラは現在eSportsとしての側面を持っており
    賞金付きの世界的に大きな大会も長い事開催されていますし
    スプラトゥーン2のギアは1のランダム式から選択式になるそうです
    同じ任天堂でも他タイトルは対戦ゲームの理解が進んでいるように見えます

    おそらく収集要素もARMS開発スタッフ内でどうするか議論されたと思いますが
    この要素を入れるよう舵を切る事を決定した人には
    是非対戦ゲームシーンをしっかり見て欲しいですね

    CPUレベル4をクリアしランクマが解放した時点、
    またはある程度慣れてきた頃、例えばプレイ時間が5時間到達時点に全開放
    もしくは「全アーム使用可能+強化無し」の大会モードを用意する等
    何かしら配慮が必要だと感じました

    やり込み要素として用意するなら対戦に直接関わる物ではなく
    カラーやアバター(もちろん性能が変わるものではない物)で良かったのでは


    逆に良い点としてハッキリ言えるのがマッチングの早さです
    ランクマッチの待ち受けをするとすぐに対戦が始まるのはとても快適です
    待ち受け解除をしようとしてもボサっとしてると次の対戦が始まってしまうくらいです
    対戦ゲームが好きなので色々プレイしていますがこの早さは前例を知りません

    家庭用対戦ゲームにおいて非常に大事な部分です
    ここがしっかりしていなかったせいで低い評価を受ける事となった
    とても有名な2D格闘ゲームもありますしね
    これに関しては本当にしっかりしています


    ゲーム部分について個人的な事を言えば
    近距離の読みあいがシンプルかつ奥が深くとても楽しいだとか、
    逆にベーゴマというくだらないギミックを無くして欲しいだとか
    色々ありますが最初に書いたとおり好みによるものなので評価はしません

    対戦ゲームが好きならとりあえず体験して欲しいなと思えるものでもあります
    打撃、ガード、投げの読みあいは格闘ゲームのものですが
    ジャンプや避けが強く偏差撃ち等のTPSシューターの要素もありますし
    アーム強度や属性、確定反撃、スカり確定等の知識量も重要になっています
    「新・格闘スポーツ」と宣伝していますがたしかにそうだなと思えるものです


    ゲームの作りの丁寧さと、メーカーの競技としてのゲームの理解が無さ
    長所も短所も両方あるゲームだなという感想です
    バージョンアップ等で対戦ツールとして良くなるといいなぁ
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 2 5 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月