オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
D×2 真・女神転生 リベレーション公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2018/01/22
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
37
投稿数:8
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

D×2 真・女神転生 リベレーション

D×2 真・女神転生 リベレーション
公式サイト http://d2-megaten-l.sega.jp/
発売元 セガゲームス
開発元
発売日 2018/01/22
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
37
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 結局はくじ引きゲーム 20
    • 投稿者:U044635(男性/40代)
    • 投稿日:2019/08/28
    良い点
    女神転生ブランドだけが救いですね(笑)
    悪い点
    課金悪魔が強すぎて合成悪魔が空気になっている。
    対戦(デュエル)は相性が強すぎてくじ引きで勝敗が決る。
    イベントが単調で面白くない。
    女神転生の特徴的な戦闘が課金でばら撒いた「貫通」だらけで無意味
    凸システム導入(完凸まで7体必要)で一撃の攻撃に耐えられる悪魔が居ない(バランス完全崩壊)
    ガチャ確率が渋すぎる(1/1000の確率から更に属性で1/4)
    ガチャから悪魔を引かないとスペシャルスキルが手に入らない(結局廃課金必須)


    総評
    最初運営は「ガチャじゃなく合体で楽しめるようにする」と宣伝していたのに
    いつの間にかガチャ至上主義、課金至上主義になって残念。
    開発にお金掛けたくないのか内容がスッカスカで今の時代に周回イベントオンリー
    正直「女神転生」ブランドをセガが傷物にした感じしかしません。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 1 1
  • 人におすすめ出来る作品ではない 20
    • 投稿者:かっこー(男性/20代)
    • 投稿日:2019/08/22
    良い点
    ・悪魔の3Dモデリング
    ・徐々にユーザーフレンドリーになりつつある運営
    悪い点
    ・集金主義が酷すぎる
    ・退屈なイベント
    ・強い悪魔や便利な悪魔はガチャ限定
    ・準貫通のバーゲンセールで耐性が意味を成さない
    総評
    最近やけに広告してるので騙される人が出ないように(笑)レビュー。

    他の人が言うように悪魔を3Dモデリングで色々と見れるのはこのゲームならではメリット。また、運営も当初に比べれば配布を豪華にしたり無料ガチャ企画をしたりとユーザーへと親身になっている印象がある。

    ただ、それを覆すほど集金主義が酷い。少し前に放送で「ヨシツネが欲しい人には良いことがあるかも」と言っておいて実装されたのはステップガチャ。確かに最終ステップでは確定だったので本当に欲しかった人は嬉しかったかもしれないが拝金傾向が透けて見える。高レア悪魔を手に入れる度に課金しませんかとばかりに課金誘導ポップアップが出てくるのも鬱陶しい。

    イベントは非常に単調。俗に言うハムゲーというかスタミナ消費で手に入るアイテムを集めて交換するだけのイベントがほとんど。他のソシャゲもそういうものだが問題なのはそれに付随するシナリオが非常に薄味なこと。あってもなくても変わらないレベル。マジで。

    女神転生の名を冠する以上、悪魔合体への期待は誰しもあると思うが期待してはいけない。そもそもガチャ産だけでは合体できないという謎仕様のせいで合体がやりにくい上に合体に必要なリソースが多いためなかなか合体できない。それに基本的に強い悪魔や便利な悪魔はガチャ限定となっており合体できないため「強い悪魔をつくって攻略しよう」というメガテン流のモチベが湧きにくい。

    もともと敵の耐性を無視する貫通という能力が一部の悪魔に付いていたが、それの下位互換である準貫通(耐性を貫通できるがダメージが落ちる)をスキルガチャで導入したため、耐性という概念は過去のものになった。ユーザーが使えるんだから良いでしょとばかりに敵も使ってくる。最近導入されたアウラゲート2ではそこらへんの雑魚が貫通攻撃を放ってくる有様。特にこのゲームはプレスターンバトルなので耐性や弱点というのは重要な要素なのだが運営はそう考えていなかったようだ。


    まとめると最近はユーザー重視になりつつあるが、それでも運営側の金を絞ろうという姿勢が強いためこれから始めようという人にはおすすめできない。営利目的なのはわかるが、それならそれでそういう姿勢の運営のゲームをわざわざやらずとも他のまともな運営のソシャゲで遊べばいい。こう書くとなぜ筆者は続けているのかと言われそうだが正直言って惰性である。今までのプレイで周回用の編成(ヘルゴンと呼ばれるもので会心物理攻撃を貫通させることで高速周回する編成)が完成しなかったら続けていなかったかもしれない。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 1 2
  • メガテンではない 15
    • 投稿者:extra7(女性/20代)
    • 投稿日:2019/05/21
    良い点
    ・3Dモデルが凄く美しい。
    ・AR機能があるので、美しい悪魔を実際に呼び出して撮影できる。
    ・優れたオート機能。
    悪い点
    ・ストーリー、BGMはメガテンらしさはない。
    ・キャラクターデザインが逆転裁判の人なので、ちょっとイメージしていたキャラクターと違う。
    ・イベントが収集イベントかGK討伐イベントしかない
    ・ここ半年近く、ガチャ限定悪魔しか実装されていない
    ・ファクションというギルドに近いシステムがあるが実用性皆無
    総評
    メガテンということで期待していましたが、ガチャ限定悪魔ばかりで「合体」や「交渉」などの良さが消え、バトルにおいても「貫通」や「準貫通」というパッシブ効果でプレスターンバトルの存在意義が消えています。


    1.イベントやストーリーが単調
    イベントはいつも「○○を回収」系イベントで、それも通常クエストを周回していればついでに出るようになっているので、イベントをしているという感じはなく、周回してたらいつの間にか○○が貯まって、それをもってアジトに行ったら話が進んで、アイテムと交換できた というパターンだけです。それ以外のイベントは開催したことないと思います。

    また、ファクションイベントというのもありますが、それもアウラゲートにいる敵にダメージを与えよう。というもので、別にいつもの見慣れた敵にダメージ与えるだけなので、イベントをしている感じはないです。

    唯一、いつもと違う敵がアウラゲートに登場したこともありますが、それはマサカドとボディコニアンやマンイーターをストーリーで絡めるという意味がわからないイベントでした。他にも過去のメガテン作品で登場した悪魔が適当にストーリーに絡むところを見るとやるせない気持ちになります。
    書いていてこちらが頭が痛くなるようなイベントばかりですが、これでも普段本当にやることが全くないので、こんなイベントでも辛うじて繋いでいるという感じです。


    2.実装するのはガチャ限定悪魔ばかり
    また、新規悪魔は全てガチャ限定なため、せっかくの合体機能が死んでしまっています。
    D2メガテンは、上記にも書いたとおりイベントの比重が軽くプレイヤーがこのD2メガテンをプレイする存在意義が失われがちです。そんな時、プレイヤーが自分の自慢の悪魔を見せつける場所が「デュエル」という場所になっています。

    デュエルはいわゆる対人バトルになるのですが、ここで強い悪魔がいるとランキング上位になることができます。ガチャ限定の悪魔は「デュエルに強い」悪魔なので、自己顕示欲を示すためだけに、欲しくもない悪魔を目的にガチャるという構図が出来上がってしまいました。

    また、敵の耐性などを考えながらプレスターンバトルを繰り広げるのがメガテンの醍醐味となっている今、「貫通」を持つ悪魔が大量に生まれたせいで耐性や吸収、反射がほぼ無意味になりました。



    総評としては、メガテンと謳っているわりに、残念ながらメガテンらしくなく、どちらかというと「デュエルバトル」をメインにして調整している悪魔が多く見られます。
    しかし、幸いなことにそこまでプレイヤー数も多くないので、これから始めてもデュエルランカーとなれる、そんな程度の難易度です。

    3Dモデルが非常に良いだけに、同じプレイヤー仲間からも、ここだけは別のアプリとして残してほしいという要望があるくらいです。写真を撮る方や旅行等が好きで出先でオシャレな写真が撮りたい人にはおすすめです(ただし電池の消耗が激しいのでご注意を)
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 1 1 1 1
  • メガテンが好きなら、やる価値なし 20
    • 投稿者:rainbows_12(女性/30代)
    • 投稿日:2019/03/19
    良い点
    ・悪魔絵師デザインの悪魔たちが3Dで動く
    ・それを使ってARが楽しめる
    ・バトルオート機能
    ・悪魔を合体で作れる
    悪い点
    ・ゲーム内でしつこく課金を促す表示
    ・あまりにも薄っぺらいストーリー
    ・キャラクターの魅力のなさ
    ・メガテンとは思えぬポップな音楽
    ・ガチャ限定悪魔ばかり実装する
    ・悪魔の由来や過去作品を無視したスキルやパラメータの設定
    ・コンテンツのなさ
    ・イベントはすべて「イベントアイテムを収集して特定のアイテムに交換する」
    総評
    非常に残念ですが、これはメガテンの名を使ったガチャゲーです。
    メガテンを期待してプレイした人の多くは早々と辞めてしまいました。

    私自身、現状やることもなくログインして終わりです。
    メガテンが好きだからこそ、いつか生まれ変わるかもしれないと期待はしていますが、1年が過ぎ、改善はされておりません。


    【ストーリー】
    ストーリーはペラペラで、メガテンにある「LNC」の属性によってなにかが変わるというのはない。
    あまりにもそれがなさ過ぎて叩かれた結果、現状の最新話では「それっぽい分岐ルート」を実装してますが、各勢力の目的も何もわからず急に各属性のルートを実装したので背景やストーリーはまったく意味不明です。


    【イベント】
    定期イベントは薄っぺらいストーリーとアイテム収集のパターン。

    ベヨネッタやDMCなど、他ゲームとコラボしているがそれもストーリーはペラペラです。一応ベヨネッタやDMCキャラが仲間になるのは良いのですが、それも課金ガチャです。
    さらに、ベヨネッタの時には3%の排出でしたが、DMCは1%排出。しかも天井はDMCのどのキャラが出るか分からない闇鍋です。DMCコラボと聞きせっかく人が集まったのに排出を辛くしてそこから搾り取ろうとしているのか嫌でもわかります。

    また、コラボイベントは上記にあるイベントの例に漏れず「イベントアイテムを収集して特定アイテムに交換する」といういつものパターンで何の練りもありませんでした。


    【コンテンツ不足とデュエル】
    コンテンツ不足はサービス開始当初から言われておりますが改善されていません。特にやることが無いため、結局悪魔を強化する理由が「デュエル」で勝つためになります。
    それを運営も理解しているため、新規実装される悪魔はすべてデュエルでの使い勝手を想定されたスキルを持ち、さらに合体では作れないため、ガチャを引かせる始末。

    最近ではデュエルにランダムマッチが実装され、対戦相手が不明な代わりに獲得できるポイントが増えるというものですが、その極端な仕様によりデュエルスタミナアイテムを大量に使用することでランキングを制覇できるようになってしまいました。

    これまで辛うじて「どの悪魔でパーティーを組んで、どういうスキルで攻めるか」を考える場面はありました。しかし、これからはスタミナアイテムの大量消費ランキングになってしまい、これにより多くの引退者が出ています。


    【課金ガチャ】
    新規実装ガチャに至っては所持している石では引くことはできず、必ず「いくらか課金」しないとそのガチャが引けないようになっています
    (皆さん、これを入場料と言っています。。。)
    やり方があまりにもセコくて、正直召喚の価値もほとんどないです。

    前プロデューサーが「このゲームはガチャゲーではなく、悪魔を自分で作ったりできる!」と生放送で言っていたのが懐かしいです。
    今や、合体できる悪魔は新実装されず、全て「ガチャ限定悪魔」のみが実装されています。


    【総評】
    バトルオートやアウラダンジョンオートなど、改善されていく点も多々ありましたが、それを上回る空っぽさは否めないです。
    おそらく、運営はメガテンの過去作品をプレイしたことがないと思います。メガテンが好きだからという人は、幻滅しますのでやらないほうが無難です。

    課金をするのが好き、お金をたくさん使いたい人におすすめのゲームです。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 1 1
  • 外観はよく出来ているのに、中身は期待を裏切る酷さ 25
    • 投稿者:QuickReview(女性/30代)
    • 投稿日:2018/03/19
    良い点
    雰囲気はいい、現代ダークなあの女神転生の世界観は表現できていると思う。

    3Dモデルの出来はかなりいい、スマホでここまでできるようになったかーと思える。

    一応、基本的な部分は女神転生のシステムを踏襲しているので、スマホで会話システムがプレイできるのは嬉しい。
    悪い点
    スマホゲームで常識になりつつあるリセマラ、それが非常に苦痛。
    3回しか引けないガチャで低確率を狙うため、初日からアカウントが外部サイトで高騰、数万で取引されるくらい☆5が出ない(0.5%)&時間がかかる(1時間に4回くらいできるかどうか)。この時点でまずくじける人が続出。

    リセマラを諦めてプレイで成長させようとすると、リセマラしとけばよかったと後悔するくらい成長に必要なマグネタイトを要求される。

    くじを引くにもリアルマネー、マグネタイトを集めるにもリアルマネーと無課金には非常に厳しい内容となっている。しまいにはゲーム内キャらからこんなのが出たぜと自慢され課金することを煽られる。ここまで露骨に課金を要求してくるゲームは見当たらない。

    バッテリーの持ちが非常に悪い、電池をバカ食いする。外出先でのプレイは非常におすすめできない。
    総評
    ゲームを運営していくにはお金が必要なのは分かる、分かるがここまで露骨に集金を煽ってくるゲームは無いだろう。

    インストールしてプレイ開始して、最初のワクワク感は他のゲームより凄かっただけに、ガッカリ感もその反動でかなり大きい。
    女神転生の皮を被ったセガのゲームの実験台のように思えます。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 1 1 1
  • 女神転生? 25
    良い点
    1.悪魔絵師のデザインは流石。
    2.悪魔の動く姿を眺められる。
    3.音楽は良質。
    4.アウラゲート。


    悪い点
    1.ストーリーに女神転生を感じられない。
    2.ストーリーキャラクターのデザイン、性格、趣味嗜好等が薄くWeb上に有る4コマ漫画並み。
    3.課金要求の露骨さ。
    4.ガチャの確率。
    5.ストーリーの難易度。
    6.システムの使いがっての悪さ。
    7.悪魔のスキル、ステータスの設定がおかしい。
    8.悪魔の存在がただの武器か駒扱い。
    9.イベントが無い。(リリースから2ヶ月現在、実質キャンペーンのみ)
    10.ゲーム内コンテンツが薄っぺらい。
    11.悪魔強化、合体、烙印強化等の費用が天文学的。
    12.課金額の設定。
    13.運営の対応が遅い。
    14.全体的にバランスがおかしい。
    等々。
    総評
    女神転生シリーズの悪魔を使った何か のβテスト版。
    女神転生シリーズのストーリーや雰囲気、練り込まれた設定が好きならプレイしないことを進める。
    ストーリーのキャラクター設定は、何故これで良いと思った?と聞きたくなるほど薄っぺらく、魅力が無い。
    ストーリーシナリオも、頭の可笑しな仲間と頭の可笑しな悪者を倒す、そして頭の可笑しい黒幕が薄っぺらい理想を語り…どこに感情移入や共感すれば良いのだろう?
    登場する悪魔の扱いも、ただ戦闘する為の駒か武器扱いで女神転生の悪魔を使う必要が全く感じられない、何せ仲魔なのにシナリオに全く絡みすら無いのだから、これなら他のゲームに出てくるモンスターでも何の問題も無い。
    また、アーキタイプの設定が癌となっている。
    女神転生の醍醐味の一つ悪魔合体を容易に出来なくしている要因の一つでもある
    まぁ、アーキタイプは女神転生シリーズの限り有る悪魔をどうにか嵩まししたくて作った設定なのだろうが、本来は魅力有る有能な悪魔を無能、ゴミ扱いにされる原因となっている。
    アウラゲートは女神転生らしくダンジョンアタックしている気になって良いのだが、PvPのデュエルは対戦相手のAiがお粗末で正直やる気が起きない、そもそもオート戦闘Aiがお粗末過ぎるのだが…
    また、ジゴクパークは、悪魔合体に必要な素体悪魔を引けるガチャのチケット入手場所になっているが、これと言ったストーリーもなく何かしらのギミックもない、そして報酬も渋いので正直何がしたいのかわからない。
    他にも悪魔合体に必要なマグネタイトコストが天文学的な数字だったり、烙印強化周りのマッカの要求だったり色々とバランスがおかしいが、そこら辺はアプリストアの評価を確認して欲しい。概ね事実である。
    また、ゲーム内のイベントが無いのも問題で、運営の認識ではイベントなのだろうが現状は経験値アップキャンペーンやクエストコストダウンキャンペーン等のキャンペーンでしかない。
    運営の言い分は育成に力を入れる為の…だが、個人的にはユーザーへ作業を押し付けているようにしか感じられない。
    シナリオも無く、レベリングやマグネタイト等の資材集めだけの作業がイベント?っと言いたい。
    他にも色々と言いたいが、運営への不満やアプリストアの評価に載っている事が多いのでここまでさせて頂く。
    正直、これは試作品で自分はテストプレイをしているのだと思っている。
    そんな気分にさせられるゲームである、
    最後に、私は女神転生シリーズが好きだ!悪魔が、合体が、ストーリーが、雰囲気が、音楽が…………大好きだぁー!!
    けど、D×2……お前はダメだ!女神転生のタイトルと悪魔絵師のデザインを外してくれ……お願いだ、女神転生シリーズが嫌いになっちまうよ……
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 2
  • 女神転生としてはなかなかの出来。面白さに到れるかどうか 70
    • 投稿者:thinging(男性/20代)
    • 投稿日:2018/03/11
    良い点
    悪魔の育成要素
    烙印(装備品)システム
    戦闘、ダンジョン踏破の戦略性
    アウラゲート
    悪魔ボイスが迫真
    悪い点
    動作が重い
    システム理解までのハードルが高い
    理解できるまではやること・やれることが少ない
    バトルバリエーションが少ない
    フィールドバリエーションが少ない
    高額アイテムをオート交渉でバラまく
    AIがヤバい
    UIが一部不親切
    総評
    幾らかお金入れたら最高レアが数体揃ってデッキに入れてドーンしてたーのしー!
    というゲーム「ではない」のでまずはそこらへんの理解が必要
    D2においてレアリティはそのままの強さではない

    ここを抑えてないとリセマラで高レアひけねー〇〇〇ー!!!みたいな悲しい行き違いが生じる
    鍛えたじゃあくフロストが高位魔王より強かったりするのが女神転生。D2でじゃあく君はまだ作れないが


    基本的には悪魔をレベリングして装備を整えてやり弱点・耐性を考慮しボスに挑むというオーソドックスな女神転生
    悪魔装備にあたる「烙印」というシステムが目新しく良いものを入手すれば一つで20~30%の攻撃力増加させたりとハクスラ要素にもなっている
    ボスによっては攻撃力を抑えてでも防御力や体力を伸ばす必要性があったりと悩ましく
    耐性を考慮しない高レアを詰めるより無効/反射をパズルした中レア集団の方が有能であったりもする
    目前の敵を倒しボスに辿り着くために必要な構成は、その上でボスを倒すための構成は、と試行錯誤するのはシリーズ通り大変面白い

    但し「中レア」でも有能な悪魔がいるとはいえレベル上限が設定されておりそのままでは中盤以降では太刀打ち出来ないので
    レベル上限を解放していく転生という行為が必要(高レアは最初からLv上限が高いためこの部分は明確に優れている)
    その悪魔を転生させる為の餌になる悪魔育成、という手順をこなしていく・・・のだが
    これが非常にわかりづらい。というか実感としてなかなか頭の中に入ってこない

    一度分かってしまえば次のボスで使いたい転生悪魔をレベリングしながら餌悪魔を勧誘して餌悪魔のレベリングと転生を並行しつつ
    付け替え用の烙印装備を探す、なんて事をするようになるのだが
    理解できなければ「敵のレベルはやたら上がるのにこっちは低い上限のまま!高レア引かないとレベルで太刀打ちできない!ガチャ確率ひっく!ひけない!〇〇〇ー!!!」
    となってしまう

    更に「使える中レア悪魔」にもそれなりな知識が必要で悪魔の名称だけでなくガチャ産悪魔がランダムで持っている数種類のタイプから一つを選び
    勧誘悪魔から作り上げたタイプを持たない(という名目のタイプ)悪魔を掛け合わせて意中タイプを持った意中の悪魔を作り出さないと「使える」とは言えない水準になってしまったりもする

    こういった低くないハードルを越えれば自分の悪魔チームを増強していく為の道筋が見え
    準高レア悪魔を作成する資材も貯まりハズレガチャ悪魔だと思っていた物が宝の山だと気づけたりと
    大変面白くなってくるのだが・・・

    実装分ストーリーは序盤も序盤だがソウルハッカーズ的なものでナンバリング寄りではない(悪くは無い)
    かなり重いのでそれなりな端末を用意した方がよい(軽量設定はある)
    難易度はそれなりにある

    プレイする気になったなら☆5転生は思ったより楽、ホルス・防オセ・防イシスはすごい、ガチャのアーキタイプとボーナススキルは良く見ておけという言葉を贈りたい。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 5 5
  • サマナーズウォーベースの女神転生アプリ 100
    • 投稿者:カンナ(女性/30代)
    • 投稿日:2018/01/26
    良い点
    ●女神転生のゲームであり、すべての悪魔が金子イラストと驚くほどきれいなCGで再現されている
     グラフィックは驚くほどきれいで、最高設定の画質は数あるすまほげーの中でも最高レベル
     BGMも目黒さんが手掛けているらしくなじみやすくクールに仕上がっている
    ●よくあるガチャでSSRを引くゲームではなく、奥深い育成要素と豊富なコンテンツ
     最近のソシャゲはガチャを引くためにポイントをため、ガチャを引くことがゲームとなっている
     このゲームはその点しっかりとゲーム性があり、ガチャはあくまでも微々たる加速要素
     さらに言うと、ガチャで入手した悪魔は合体素材にできないという点が課金TUEEを抑止している
     この、ユーザーには厄介なアーキタイプというシステムがゲーム性を高めていると感じる
    ●PTBや合体、継承といった女神転生のシステムがかなりしっかりとソシャゲで再現されている
     ソシャゲにおいてこれは厳しいだろうと思っていたが素晴らしい完成度だった
     戦闘システムは完全にペルソナシリーズや真女神転生3のそれ カメラワークもよい
     合体はまだバリエーションこそ少ないがこちらも完全再現といって差し支えない
     スキルの継承のみ特殊なシステムではあるがソシャゲという点を生かした良い仕上がりだと感じる
    ●ある程度上を目指すなら課金不要とは言わないが、低額の課金でも楽しめるゲームシステム
     時間をかけて育成を繰り返し、お気に入りの悪魔を育てるというこのシステム
     実際のところ驚くほど課金は必要ない仕上がりとなっている
     当然ガチャで★5をいきなり引いてしまえれば育成と合体の手間は省けるのだが…
     これはゲームが「有償サービス」である以上当然のことだろう
     ガチャでレアを引かずともしっかり遊べるバランスとなっているため全く問題はない
    悪い点
    ●キャラデザが微妙 これは賛否あるだろうけどあまり魅力的ではないという意見が多数
    ●仲間キャラがヒカキン以外全員カオスサイド 全員闇が深い いいのかそれで?!
    ●女神転生とは言いづらい世界観 デビサバに近い世界設定で個人的には嫌いではないけど…
     ここまで世界観をデビサバに寄せるならいっそヤスダさんにキャラデザを頼めば良かったのでは…
    ●3Dダンジョンが時間開放
     ゲームシステム唯一の残念点 一番楽しいコンテンツなのに時間限定開放にする意味が分からないよ…
    ●サービス開始におけるゲーム内容の説明不足と宣伝方法の大きな失敗
     これがこのゲーム最大の敗因
     これのせいでユーザーは0.5%という★5率、不親切なガチャの値段にばかり目が行き、
     その結果ガチャでレアが引けないクソゲーというレッテルを貼られて★2というアプリ評価に
    総評
    ゲームとしての完成度は非常に高く、女神転生、ペルソナシリーズが好きなら間違いなく楽しめる作品です
    (崩壊後の東京の世界観が好きというコアな層には受け入れられないのかもしれませんが…)
    そもそもゲームシステムのベースは、サマナーズウォーという世界的には有名ですが日本ではあまり流行らなかった骨太ゲームがあり、これの完全コピーといっていいほど類似しています
    サマナーズウォーのモンスターを女神転生の悪魔にし、女神転生独自のシステムを追加した感じです
    (課金の金額やパックの販売方法まで完全に同じなのにはちょっと驚きましたが…パクリとかいう次元じゃない…)
    つまり世界で認められた良質なベース、非常に完成度の高い女神転生としての追加システム
    つまらないはずはないんですよゲーム自体は

    上で細かく書きましたがガチャはあくまでもオマケ、加速要素であり必須性は皆無です
    ゲーム内のチュートリアルでもいいので、悪魔の育成を楽しむゲームであり、ほぼすべての悪魔はゲーム内で作成可能、課金の仲魔は合体に使えないなどの要素をしっかり説明すべきでしたね

    ★5悪魔は確かに初期で★5ですが、★3悪魔だろうと育成の上限は一律で★6
    つまり育成を終えたユニットではランクによる強さのアドバンテージはほとんどありません
    (もちろんステータスが違ったり専用スキルがあったり、素★5ユニットの強みはありますがそれはゲームですし元々の女神転生でもそうですからね ピクシーがメタトロンを超えるのは難しいのです)
    上で軽く触れたアーキタイプというもののおかげで、ガチャで狙った悪魔の狙ったスキルを入手することはほぼ不可能なので結局理想の育成を目指すには合体に頼る、つまりはゲーム内で頑張るしかないのです
    (例えばクーフーリンをガチャで引いてもデスバウンドがなかったりする 合体ではこれを確実に習得した状態のものを作ることができる)
    この点を説明しないがために★5は0.5%でしか引けないクソゲーじゃん という全く中身を知らないでアンインストールした人たちの感想でアプリレビューは埋め尽くされています…
    ここまでしっかりとしたゲームをガチャ飲みがゲームと化したしたソシャゲ業界にリリースしておきながら宣伝と普及の失敗
    残念でなりません

    エアプによる間違ったアプリレビューの誤解を解期待思いで、ゲーム内容に関してかけていないので少し
    多彩なコンテンツは、それぞれにフォーカスした多くの悪魔を育成するという要素にもつながっていて、元来のコンシューマ版のように1パーティそろえれば終わり!ではありません
    例えば周回レベル上げの引率用、霊子というリソースを集める各種属性ダンジョン用、対人用、3Dダンジョン探索用などなど、それぞれに対策が必要なため沢山の悪魔を育成してそれらを有効に使うという、今までの女神転生にできなかった要素がアプリ版ならではの魅力だと思います

    課金煽りと課金の高さ、ガチャレア率の低さにキレてやめてしまった人も、もしこの記事をグダグダと読んでくれたなら今一度認識を改めプレイしてみてくれたらと思います
    女神転生やぺすそ名が好き、あるいは育成ゲームが好きという人には問答無用でおすすめできるゲームです
    UI配置や些細なバグ、上述の世界観など95点かなという気持ちですがアプリレビューの理不尽な低さもあるので応援の気持ちも込めてスマホアプリのレビューでは初めての100点とさせてもらいます
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 4 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月