オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている公式サイトへ
読者の評価
56
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている
公式サイト http://www.youkai-watch.jp/yw4/
発売元 レベルファイブ
開発元 レベルファイブ
発売日 2019/06/20
価格 パッケージ版/ダウンロード版:5980円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
56
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 選択肢なき一本道アクション 40
    • 投稿者:ガングー(男性/40代)
    • 投稿日:2019/10/06
    良い点
    良い意味で無駄な部分が省かれている、普通に言えば
    物足りない・選択肢がなく単調なのだが
    3D空間でのアクションバトルはできる事が多く
    爽快感を感じられる部分が多い。
     
    BGMや効果音に関しても歴代シリーズのものを
    絶妙なアレンジで再現しておりファンには嬉しい
    或いは懐かしい仕様となっている。

    アップデートによってコンテンツやキャラクター
    追加もワクワクさせる要素ではある。
    悪い点
    全体的に作り込みは浅い、グラフィック面は
    大幅にグレートアップしているものの
    肝心の中身は一本道でやや雑な造りが目立つ。
     
    またシャドウサイド世界・キャラ設定に関しては
    先行で放送され完結したアニメ版と違う部分
    ※ウィスパーの妖怪パッド頼り設定は本来50年後には無い。
    など、自社が創ってきたコンテンツの情報認識も含め
    適当な部分が目立つ。

    バトルに関しても3D空間を使いながら終始平坦な
    フィールドのみで地形の概念が無く作業になりがち。
     
    登場妖怪・キャラに関しても省かれ過ぎており
    単にシリーズの寄せ集めといった感が強い。

    アクションゲーム・タイミング感覚に優れたプレイヤー
    であれば3日足らずでクリア出来てしまうボリュームの
    無さも拍車をかけており、純粋に内容の薄さが目立つ。
    総評
    純粋にアニメ作品でのキャラ設定と全く違う部分が
    目立つ、特にシャドウサイドの扱いは雑。
    今に始まった事では無いがアニメ作品とゲームの
    設定が微妙に違う、コンテンツ全体の把握が雑。
     
    歴代妖怪ウォッチシリーズのクロスオーバー作品
    というパラレルワールドと考えるのが無難な造り。
     
    ガシャシステムも搭載されているものの、単純に
    繰り返しバトルで敵を昏睡状態にし魂を抜く作業
    を経てパーティメンバーを増やす方が戦力的にも
    攻略面でもバランスが取れた編成となる。
     
    妖怪アークとの連動もあるが雑誌付録などのレア妖怪
    以外のアークは無くても問題なく、むしろ忘れていい要素。
     
    従来のシリーズにあった細かい部分を省き過ぎたが故に
    玩具との連動にほぼ意味が無くなってしまった点は
    玩具製造メーカーには厳しく、ユーザーには優しい。
     
    バージョンも従来の2本(本家・元祖など)から1本に
    まとめられた点も良心的と言える。

    今までのシリーズの雰囲気を少しづつ味わいながら
    アニメを観る感覚でユルくプレーしたいユーザー向け作品。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 3 2
  • シリーズの中で一番面白い 90
    • 投稿者:みなパパ(男性/30代)
    • 投稿日:2019/07/08
    良い点
    存在意義がないような妖怪が淘汰され、面倒な操作も大分改善されてる為、純粋にゲームを楽しめる。また、変更された戦闘システムがアクション性もあり面白い。
    悪い点
    妖怪の数が減った分、収集の楽しみは減ったかも。またマルチプレイがなくなったので、協力プレイの楽しみがなくなってしまった。
    それでも夏のアップデートで妖怪が増え、冬には有料アップデートで協力プレイもできるようなので今後に期待。
    総評
    ストーリーはいつもながら薄っぺらいのでストーリー重視の方にはおすすめできませんが、妖怪の数、マルチプレイなし、の2点を除けばシリーズ最高の傑作だと思います。
    個人的には今後アップデートで上記2点が解消されたら、とんでもなく面白いゲームになるんじゃないかと相当期待しています。(総合評価はアップデートの期待も込めて)
    アップデートを楽しみにしながら、子供とレベル上げやら装備作成に励もうと思ってます。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 4
  • ストーリーが別の意味で酷い 40
    • 投稿者:IA(男性/30代)
    • 投稿日:2019/07/01
    良い点
    ・完全3D化

    ・戦闘がアクションになった

    ・操作できるキャラが多い

    悪い点
    ・今までのシリーズと比べてボリュームが少ない

    ・ストーリーがシャドウサイドと劇場版を丸パクリ

    ・フルボイスじゃない

    ・戦闘が簡単すぎる

    ・マップが少ない&狭い
    総評
    グラフィック面については携帯機と比べれば確かに進化している。ただ、それに伴ってボリュームややり込み要素を犠牲にしてしまったかなというのが率直な感想。そしてストーリーは論外。

    まず、戦闘面だがアクションとなり、キャラを自分で動かせるようになったのは良かったと思う。
    しかし、戦闘があまりにも簡単で基本的に自分が攻撃するより味方の回復に徹していれば自動で倒してくれる。

    そして今回も妖怪にランクがあるが特別に高いものでなくてもストーリー上で仲間になる妖怪でラスボスも倒せてしまうので、このゲームの楽しみの一つである多くの妖怪を仲間にするという楽しみが希薄になっていると思う。

    このゲーム一番の問題はストーリーについて。
    基本的にアニメ、シャドウサイドの設定や話しを丸パクリしており、細かな所を少し変えてギュっと縮めただけ。
    新作なのにストーリーで新しい部分がほぼ無いというのは酷いの一言に尽きる。

    総評としてグラはまぁまぁ、ボリュームは残念、ストーリーは最悪と言った所。
    久々のナンバリングタイトルだが過去作と比べて見劣りする事は間違いないだろう。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 1 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月