オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Witcher公式サイトへ
読者の評価
71
投稿数:6
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

The Witcher

The Witcher
公式サイト http://www.thewitcher.com/
発売元 イーフロンティア
開発元 AtariCD PROJEKT
発売日 2008/04/11
価格 6090円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
71
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • クセがある良ゲーム 70
    • 投稿者:Ka(男性/40代)
    • 投稿日:2015/01/17
    良い点
    ・重厚な背景
    ・慣れると簡単な戦闘
    ・かと言ってただのクリック連打だと負ける設計
    ・征服カード
    ・プレイヤーの選択が結末に影響するマルチエンディング
    悪い点
    ・慣れるまで訳がわからない戦闘
    ・NPCの行動が時間により変化するためマーカーの位置にいないことがある
    ・移動がメイン
    ・日本語でプレイするにはmodが不可欠
    総評
    steamで安くて面白そうなゲームはないかと探していたところこのゲームを発見しました。
    The Witcher: Enhanced Edition Director's Cutが現在のタイトルですね。新参にはどこがディレクターズカットなのかがよくわかりません。

    まず、これは18禁ゲームです。良い子はポケモンでもやっていてください。
    表現的にも性的にもアウトです。続編のwitcher2もそうですし、今年の春(夏?)発売される3もおそらくそうでしょう。
    「このお姉ちゃんの絵、なんで裸なの?」と問われ粋な答えが出来る方や家族の冷たい目に耐えられる方以外は、お一人のときにプレイしてください。
    ある章のゲラルトさん(主人公)は乾く暇がありませんでした。

    戦闘について
    クリックしてしばらくするとマウスポインタが変化するのでそのときにクリックするとコンボが繋がりダメージを重ねて与えることが出来ます。
    最初はこれがわからなくて、ただクリックするだけのクソゲじゃね?と思っていました。
    スキルを得るにつれゲラルトさんのアクションが派手になり見ていて楽しいものになりました。記憶を失っていて徐々に思い出している設定なのですが、記憶を失う前のゲラルトさんはどれだけ戦闘狂だったか想像するとゾっとしますね。

    グラフィックについて
    TES4オブリのキャラクター造形に近い物があります。2015年現在からするとふた昔前のグラフィックですね。

    クエストについて
    一部キャラクターの行動や一部敵のPOPは時間によって決められていますので把握していないと指定された場所に来たのにいない、なんてことになります。
    この辺はリアリティーの問題にも繋がるので賛否あると思いますが、某MMOで慣れているのでアレよりはマシだと思っています。
    またサブクエストの進めかたによって展開が異なるメインクエストもあり、話の作り方自体はうまいです。

    総じて大人な雰囲気のあるゲームです。謎解き要素あり、ロマンスあり、若干政治的要素(ゲーム内での)ありで楽しめる作りとなっています。
    3が初プレイになるけど話についていけるかな?と思っている方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 4 3
  • ただしイケメンに限るRPG  75
    • 投稿者:のらくろ(男性/20代)
    • 投稿日:2010/06/03
    良い点
    このゲームはポーランド発の小説がベースとなっており、
    プレイヤーは秘法による試練によって超人化した"Witcher"と呼ばれる
    化物狩りを生業としている集団に属するゲラルト・オブ・リヴィアとなり、
    失われた記憶を取り戻す事とWithcer達の砦を襲撃した
    組織への復讐のため、旅に出る。

    そんなあらすじを持つこの作品ですが、
    洋ゲーRPGといえば主人公すらも自由にメイキングさせるため、
    詳細な設定は持たない物ですが、この作品の"主人公"の骨格は
    すでに固まっており、代わりにプレイヤーは記憶喪失である
    彼のアイデンティティー(自己)を自由に決める事が出来ます。
    つまり、この作品によって描かれる主人公の自己は
    プレイヤー自身の自己とも言えます。

    メインクエストの合間に挟まれるその選択は
    どれも勧善懲悪を許さぬダークな灰色ばかり、
    そんなダークファンタジーな世界観が魅せるストーリー性は
    まさにこの作品の魅力の8割と言ってもいいほどの良い点です。
    純人と異人(エルフ・ドワーフ)による日常化した差別による対立、
    売春・殺人といったインモラルな行為も当然あり、
    バイオレンスな描写とエロスな描写(胸部露出も当然ある)もあるため、
    まさに成人に向けた作品であると言えるでしょう。
    選択によってはゲラルトが女性を抱くので、家族の視線にはご注意を。

    ストーリーの盛り上りはチャプター2から顕著になり、
    さり気無く張られ、しっかりと回収する伏線や
    ごく平和なクエストをクリアした後にドン引きするような
    展開がさり気無く仕込んであったり、
    手詰まりになったメインクエストを正解へと導くキーが
    関係の無い箸休めのようなクエストで手に入ったりと
    「えっ!?マジで!?」といった驚きが少なくとも2回はありました。
    このゲームにおける超展開はゲラルトの女性を抱く展開ぐらいだけで、
    前述した驚きも展開上不自然な物では無かったため、
    それがストーリー性への高評価にも繋がっています。

    ゲームシステムとしては非常に王道的なRPGです。
    メインクエストの道中に散りばめられたサブクエをこなしたり、
    ミニゲームをやったりするシナリオ進行と
    STALKERやOblivionのような剥ぎ取り、装備のインベントリーと
    有名な作品をプレイした事のある人なら特に違和感無くプレイ出来るでしょう。
    戦闘システムは結構クラシックな物でしたが、
    物語が進むにつれて、派手になっていくゲラルトの攻撃モーションは
    見ていてかなり気持ちが良かったです。

    なお、有志作成の日本語化MODが現時点で完成しているため、
    言語的な敷居は非常に低いと言えます。
    私もストーリーへの理解無しにはこのゲームの素晴らしさも
    きっと分からなかったでしょう。
    この場を借りて、MOD製作者様に感謝の意を表したいです
    悪い点
    まず注意すべき点はこの作品が、アクション性が高まった最近のRPGとは違う、
    本当に古典的なRPGの戦闘システムの作品であるという事です。
    一見アクション性が高そうに見えますが、
    "攻撃のタイミング"・"魔法の選択"・"戦闘中の位置取り"
    "アイテムの使用"ぐらいしか決定できません。
    一見自分で出来そうな防御や回避といった動作は自動で行なわれます。

    これが悪い点である、とまでは言えませんし、
    後半はアイテムを使った強化による強敵の撃退や
    中毒症状による過剰強化への抑止を考慮した駆け引きや
    魔法による戦闘へのスパイス、
    そして派手になるゲラルトのアクションが非常に面白い。
    が、その面白さが出始めるのがチャプター2からであり、
    導入部となるチャプター1終了までははっきり言って
    クソゲーだったのは悪い点でした。
    チャプター1への導入も色々と過程を飛ばした所から始まるため
    後のストーリー性の良さを微塵も見せない、
    出来の悪いキャラゲーなのかと思いました。

    第二点に挙げるならばロードの頻繁さです。
    エリアを移動する度にゲームローディングが入るため、
    ロードの多さはPS2のRPG並にありました。
    街の中でのクエストは頻繁に家屋を移動するため、
    非常にこのゲームのテンポを悪くしていました。

    最後に蛇足ですが、
    会話中も状況はリアルタイムに進行しているため、
    周りが戦闘状態に入っていると、敵リーダーとの戦闘前の会話中に
    周りのザコ敵が容赦無くフライングして主人公を斬り付けて来る
    非常にシュールな場面がそこそこありました。

    それとダークファンタジーでありながら、
    非常に現実的であり、暗い表現も多々あるのですが、
    「※但しこれはイケてるメンズに限ります」とでも言うような
    女性とのハッスルシーンまでの過程は
    別の意味で暗く、非情に現実的な表現を見せ付けてくれました。
    総評
    良い点も、悪い点も非常に分かり易い。
    洋ゲーの特色として挙げられる自由性、
    和ゲーの特色として挙げられるシナリオ性と
    その両方を兼ね、そして悪い点も兼ねているような印象でした。

    推理する事が出来る要素を提示してくるシナリオの数々、
    売春宿の優良会員の証である指輪を結婚指輪としてプレゼント出来るフリーダムさ、
    そしてどいつもこいつも記憶に残るような濃いキャラクター達。
    まだまだ発展の余地を見せる濃い世界観と最後のムービーと
    お腹一杯になれるRPGをプレイできました。

    濃厚なシナリオのあるRPGが好きという方は
    是非ともプレイして頂きたい作品です。
    スカした中二病チックな主人公が嫌い、というゲーム信条のある人もご安心。
    きっとゲームクリア後にはその信条に
    「※ただしゲラルトは除く」と注釈が付く事は間違いないでしょう。
    そんな魅力ある主人公のゲームでした。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 5 5
  • ダークファンタジー 95
    • 投稿者:sinboriman(男性/20代)
    • 投稿日:2009/12/21
    良い点
    ・ストーリーが秀逸です。選択と結果によって様々に分岐していくストーリーはとても気
     に入りました。
    ・モーションもえらくかっこいいです。剣もってブンブンふるだけのゲームはもう時代 
     遅れだと認識させてくれます。
    ・雰囲気がとてもいいです。中世ヨーロッパにファンタジーの世界を織り込んだ形で
     とてもよくマッチしてます。
    ・最近完全日本語化されました!これに尽きます。初回プレイではストーリーの7割程度し
     か把握できませんでしたが、これで思う存分Witcherの世界を楽しめます
    悪い点
    ・戦闘がやや単調。中盤が中だるみしやすいです
    ・操作性が独特。あまり親切とはいえない設計です
    ・サブ武器がいろいろとあるのですがどれも使い物になりません。トレイナーみたいに
     武器ジャラジャラ切り替えて戦うといったことは望まないほうが吉
    総評
    十分満足レベルです。とても処女作とは思えません。
    久しぶりに熱中できました!また、有志の日本語化したくださったかたにはとても感謝しています。後、他のレビュアーのかたがおっしゃっていたパッドですが
    大体のPCゲームはパッド使用を前提にしておらず、100%フルに楽しむにはやはり
    マウスがオススメです。パッド専門だと後々苦労しますし、これを機にマウス操作も慣れてみてはどうかと思います。なんにしても80点以上は確実なすばらしい作品なのでぜひ手に取ってもらいたいです
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 5 5 4
  • The Witcher  v1.3 20
    • 投稿者:TNU(女性/50代)
    • 投稿日:2009/03/12
    良い点
    グラフィックスと音楽が大変素晴らしいです。
    悪い点
    今時のゲームでパッドに対応していないという時点で、評価は低いものになります。
    物の量に比較して、インベントリの大きさが小さすぎることと、アイテム表示アイコンの大きさが小さいので目の悪い人にとっては大変つらいです。
    ジャーナルを見ても、クエストが該当の章で終わっているのかまだ続くのかがわかりません。序章のボス戦はゲームバランスが悪いです(からくも勝てる状況)
    総評
    美術や音楽が良いのに、ストーリーライン(章をまたがる時に話が飛んでいる)や操作性(敵を正確にクリックしないと戦闘が中断したりする)が悪いです。PS3やXBOXでは解決してるんでしょうか?
    非常に残念です!
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 2 3
  • ハードな世界観 80
    • 投稿者:まるもち(男性/30代)
    • 投稿日:2009/02/20
    良い点
    特筆すべきは勧善懲悪とは無縁のハードで重厚な物語
    音楽も映像も素晴らしい。圧倒的に雰囲気がある
    3Dで描かれた人、建物、草木等にリアリティーがある
    悪い点
    戦闘がやや単調。また俯瞰視点が中心になりやすいので臨場感をあまり楽しめない
    育成が複雑なわりに単純な戦闘でアンバランス。ストーリー重視の作品であればシンプル化を進めても良かったと思う
    総評
    ストーリーを重視する人にとっては心に残る名作になる筈。有志の日本語化MODがありますが完璧ではないので英語が出来ると尚良しです
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 5 3
  • ストーリーがいいです 85
    • 投稿者:Valsha(女性/30代)
    • 投稿日:2008/12/03
    良い点
    ストーリーがとにかく面白いです。…といっても私は英語ができないため、翻訳者様たちのmodを使わせてもらい(機械語翻訳でしたが)それで意図を読み取る感じで遊びました。
    誰が味方なのか、何が悪なのか等等、ストーリーを進めていく上で色んな選択肢を主人公が迫られるのですが、その答えに「正解」はないゲームです。片方の味方につけば、片方は敵になり…当たり前ですが、今時のゲームによくある「正解は一つだけ」のRPGとは違った楽しみがあります。細かなNPCの動きなんかも雰囲気が出ていて楽しいです。雨が降り出すと雨宿りに走るNPC、すれ違う子供の頭を軽く叩いて挨拶(?)のようなことをする主人公。細かな演出ですが、そういった部分も好感が持てました。音楽も雰囲気が出ていて、とてもいい曲が多かったです。
    悪い点
    ローディングが多いです。非常に多いです。グラフィックが綺麗な故なのかもしれませんが、本当にローディングが多く、後半はいらいらさせられました。戦闘も、時折戦闘でのヒントを主人公が喋ったりするのですが(ボス戦など)、聞き逃すとなかなか分からなかったりするので、やはり英語はできないと辛いのかもしれません。キャラクターの成長の仕方を選択できるのですが、変わった育て方をすると、難易度が物凄く上がったりするので、その点も「成長の仕方の選択をさせる」という部分を少し生かせていないかなといった感じがしました。
    総評
    久しぶりにRPGをした!と思えるゲームでした。それだけストーリーが面白く、世界観もローディングの不満を除けば綺麗だといえる方です。好みがそれぞれあると思うので何ともいえませんが、洋ゲーと呼ばれるものに抵抗のない人には面白いと思います。ただ、話はかなり暗い方だと思うので明るいRPGが好きな人には向かないかもしれません。明かされていないクエストがあるけれど、これはつまり続きが出るって事なんでしょうか。続きがでたら勿論!…多分買います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2017/10/18)
The Witcher 日本語マニュアル付英語版
Software
発売日:2008-04-11
価格:29800円(Amazon) / 29800円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月