オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Elder Scrolls IV: Oblivion公式サイトへ
読者の評価
93
投稿数:21
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

The Elder Scrolls IV: Oblivion

The Elder Scrolls IV: Oblivion
公式サイト http://www.elderscrolls.com/
発売元 2K
開発元 Bethesda Softworks
発売日 2006/03/20
価格 49.99ドル
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
93
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 間違いなく、傑作 95
    • 投稿者:よっす(男性/30代)
    • 投稿日:2011/08/20
    良い点
    MODにもいくらか依存するのかもしれませんが、没入感が高いです。

    ・よく表現された風景(町の景観、建造物、山々や空や湖面etc.)
    ・環境音(自然音、教会のベル、定位や距離まで表現された人々の会話etc.)
    ・生活感のあるNPCの行動
    ・無理のあまりないイベント展開、ゲーム設定(プレイヤーの意志が尊重されたり、アクシデントでイベントが進行しなくなることもしばしば)

    などによって、ほんとリアルな仮想世界を展開しています。
    自分が主人公の横にいて、冒険を共にしているような錯覚を覚えます。

    あと、豊富なMOD。
    中世風町並みの再現を追求するもよし、グラフィックの美麗さを追求するもよし、壮大なファンタジーに仕立て上げるもよし、無双プレイにするもよしと、自分の好みにOblivionを改造できるところが良い。まさに、大人の玩具です。
    悪い点
    戦闘時の操作性が悪いと感じます。動き回りながら敵を正確にターゲッティングするのは、とても難しく…。
    魔法詠唱もMODで改善しないと、かなり限られた、あるいはかなり勝手の悪い戦闘形態になってしまいます。

    あと、バグやMOD導入後の動作の不安定さでしょうか。Oblivionの醍醐味はMODと言ってもいいぐらいですが、MODを楽しむには、辛抱強さも必要です。
    総評
    ここ25年ほどのVideoGame歴の中で、一番遊んだタイトルです。購入して2年以上経ちますが、まだ遊べます。こんなゲームには今まで出会ったことなかったので、思わずレビューに初投稿もしてしまいました。

    中世風のRPGが好き、リアルな仮想世界での生活・冒険を味わってみたい、という方にはオススメです。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 素晴らしいゲームになる下地のゲーム 60
    • 投稿者:non(男性/20代)
    • 投稿日:2010/10/23
    良い点
    ・自分の好きなキャラで好きなように過ごせて難易度も自由に変えられる
    ・PCスペックにもよるが景色が綺麗
    ・圧倒的なMODの量。MODを自分で扱えるようになると楽しさは無限に広がる
    ・音楽が素晴らしい。簡単に替えることも出来るが替えるのがもったいないほどの癒しをくれます
    ・いきなり盗賊に襲われたり、その場を保安官に助けてもらったり、夜他人の家に入るとつかまったりなど本当に人が生活しているかのような楽しさがある
    ・fallout3は動かなくてもそこそこのPCで動く

    悪い点
    ・PC版以外を買う価値がない・・・といっても過言ではない
    ・MODを扱う知識が必要。初心者ですとか言っても当然だが誰も助けてくれない
    ・MODを扱うには覚えることが多く、やったことがない人には敷居が高い。
    ・ほとんどのMODは外国のサイトから拾うことになるのでその辺も面倒ではある。

    総評
    一旦MODの扱いを覚えてしまえばこれほど面白いゲームもないと思う。
    全てを自由に変えられ、キャラメイキングもゲーム内のアイテムを増やすこともチートなどを使わず自由に出来るのは素晴らしい。
    自分で調べる気があればMODのwikiも充実しているので困ることはない。
    でもゲームをするのに面倒な事はしたくない、そんな人には合わないと思う
    civのように腰をすえてじっくり遊ぶゲームです


    評価は素の状態での評価にしときます。MODを入れると私はall5/100点になります
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 3 5
  • 確かに"ロールプレイング"の最高峰だが… 75
    • 投稿者:ゆのひと(男性/20代)
    • 投稿日:2010/07/15
    良い点
    ・架空の世界を冒険する感覚
     しっかりと作り込まれた世界観、その中に放り出される自分。一応たどるべき、世界を救うためのシナリオが用意されているものの、無視しても平気。世界各地に数多く用意されたクエストをするもよし、クエストにこだわらずダンジョンでお宝を探すもよし、果ては徒歩で世界を歩き回り見事な景観を楽しむのもよし。
     世界を自分が歩いている、という感覚を増幅させるのが、ゲームの視点。ゲーム中に自由にFPS視点・TPS視点を切り替えられるようになっているが、これをFPS視点でプレイすることで、まさに自分が世界を見ているような錯覚すら覚える。

    ・少し頑張れば世界がさらに広がる、MOD対応
     導入方法を学ぶ必要があるが、覚えさえすれば例えば装備品を追加したり、誰かが作ったクエスト・ダンジョンを追加したりして遊ぶことが出来る。物によっては世界観にそぐわない物や、ゲームバランスを無視したものもあるが、導入するかしないかも自分の判断なので問題はないだろう。
    悪い点
    ・戦闘システムがシンプルすぎる
     簡単に言ってしまえば、ノンターゲッティング式のクリックゲーみたいなもの。隠れて攻撃するとクリティカル、といった工夫ができるものの、最終的には正面から殴り合うだけとなる。時には回復薬や毒薬で戦局を変えることは出来るものの、結局は能力値が物を言う戦いになってしまう。もう少しアクション要素を加えて、頑張れば格上の敵にも勝てるようにしてほしかった。

    ・お使いクエストが多い
     あそこに行って重要アイテムを取ってきてくれ、強い敵がいるから倒してきてくれ、といったクエストが大半を占める。普通のRPGである以上仕方がないこととも言えるが、やはり広大な世界で冒険をするのだからもっと多彩ないろんなプレイを楽しみたかった。

    ・世界観を楽しむためのゲームであるということ
     上に挙げた要因から、プレイするゲームとしての楽しみは少し控えめだ。この作品のメインは広い世界と世界観であり、これを楽しむためにゲームする、という感じ。

    ・自分で日本語化しなくてはならない
     MOD導入という形で日本語化することができるようになっているものの、これが出来なければ全て英語のままでプレイしなければならない。腰を据えて調べれば出来るようになってはいるが、少し敷居が高い。
    総評
     日本のゲームクリエイターが影響を受けたと話すことも多いこの作品。練り込まれた世界設定や、自分の意志で進める旅、自分の足で歩ける広い土地など、確かに生半可ではない世界作りがされている。しかしゲームプレイという点では物足りないところが多く、単純な作業になりがちだ。
     自分であれこれと動かすゲームではなく、世界観を楽しむ作品としての要素が大きい。これをどう捉えるかが評価の分かれ目となるのではないだろうか。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 5 4
  • 傑作です 95
    • 投稿者:bossybossy(男性/40代)
    • 投稿日:2010/07/08
    良い点
    “売から4年以上経ったにもかかわらず、全く古臭さを感じないグラフィック。
    MODの充実。ゲーム内の隅々に至るまでカバーする多数のMODが存在します。
     たくさんMODを入れていると、別ゲームと言っていいような感じになります。
    自由度の高さ。他のレビューでも言われていますが、クエストなどの制約なく
     フィールド内どこでも行けますし、何でもできます。
    悪い点
    .ャラがごつすぎ。好みにもよりますが、種族追加MODを入れないとプレイする
     気になれません。
    MOD導入に若干、慣れが必要かもしれません。いったん仕組みや手順を理解して
     しまえば、問題ないと思います。英語力も少しだけ必要。
    MOD同士の相性などで、バグやトラブルが発生する事があります。そのトラブルの
     原因を追究して取り除く根気が必要です。
    総評
    評価はMOD導入を前提としています。
    他のレビューにある通り、自由度の高さ、グラフィック、ボリューム、全てにおいて
    傑作と言っていいゲームだと思います。あとはトラブルに対処する根気強さと英語力
    があれば、このゲームを楽しめる事は間違いありません。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • 何をするかは自分で決める 80
    • 投稿者:non1986(男性/20代)
    • 投稿日:2010/02/03
    良い点
    MODの導入を前提でのレビューとなります

    .船紂璽肇螢▲MAPが終わると後は自分で何をするか決められる
    高い拡張性が魅力で特にある程度相性合わせが出来るのであれば街を丸々一つ新規に追加することすら可能
    B舂未遼棆暗で売られている本(広い世界観を垣間見れる物から他愛の無い小説まで様々)
    ぅャラクターの成長は自分の戦い方で決まる(魔法メインで戦えば魔力系統が剣メインならば筋力系が上がる)
    ド堝飴困僚衢が出来る(貸し出しは不可)複数の町に家屋があり家具も買える(家具の種類は選択出来ないのが残念だが)
    Ε汽屮エストがデフォルトの状態でもかなり多い部類(MODで追加も可能)
    NPCはそれぞれ毎日仕事して酒飲んで寝るといったようなそれぞれ固有の生活パターンをAIが制御している
    PC版にも日本語化MODがあり本もセットで和訳されている
    MODの公開や製造が非常に盛ん
    広大なフィールドと美しい自然が魅力的(あちこちに洞窟や昔の砦跡がある)
    オブリビオンゲートをくぐることで異質なDaedraの世界へ移動できる(ダンジョン扱い)
    馬を購入できる(ファストトラベルがあるので使うかは自由)
    悪い点
    .妊侫ルトでのキャラクターの顔が非常に残念(MODで無理矢理パーツ類を改善することは可能で出来の良い女性キャラクターが公開されている場合がある)
    ▲エストの性質上どうしても盗みをしなくてはならない時がありそのアイテムが鍵等のクエストアイテムに指定されていると時々逮捕される
    1卻爾超能力を使えるのかかなり目ざとくこちらの犯罪の証拠を見つけ逮捕しようとする(衛兵を殺すか罰金を払うか服役するかの3択)
    た緻未デフォルトだと余り綺麗でない
    ゥ譽戰襪鮠紊欧討睛召螳嫐が無い(レベルが上がるとその分敵が強くなる仕様)
    Τ垢粒阿六蛎韻筌皀鵐好拭(野生動物)かパトロール中の衛兵くらいしかいない
    Р伐阿涼罎棒験茲防要であろうトイレと風呂(入浴の習慣が無い可能性も否定できないが)が無い(MODで追加可能)
    ┘┘鵐妊ング(ゲーム終了)は無いが最終的にたどり着く終末(メインクエスト終了)への選択肢が1つだけ
    総評
    膨大な世界観と自由を楽しめる作品(ユーザー作成の物も含め)
    筆者も口コミでの評判が良かったので購入しその後はずるずると・・・
    ともかく膨大な数のMODが存在しそれを組み合わせて自分なりに遊びやすい環境に変えてしまうのが最初の作業
    メインクエストを終わらせたら今度は日本語訳されているクエストMODを探しては導入を繰り返し気がつけばプレイ時間が200時間越えというMMORPGとは違った形で深みにはまるゲームだ
    ただMOD同士の相性合わせが難しい場合もあるのでMODの調整>ゲームプレイ時間という時間配分になるのが多々ある
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 4 5
  • シンプルだから、奥深い 95
    良い点
    ・マップの広さ
    兎も角広いです。RPGお約束の様な狭苦しいフィールドではなく、文字通り見渡す限りの世界を歩けます。
    異世界「オブリビオン」や点在するダンジョンやクエスト専用フィールド等を含めれば、歩くだけで数時間は必要になるかもしれません。
    歩くのに疲れた方向けにも、ポイント間でのワープ機能があったりします。

    ・何でも取得可能、投げつけ可能
    このゲームにある殆どの置物、或いは武器や馬等は取ったり乗ったり出来ます。
    手に持てる物は投げられる上に、きっちり投げた運動量の分だけ飛んでいきます。
    ビール瓶を10本立てて手持ちの水晶玉を投げれば、それだけで立派なボーリングになってくれます。

    ・天候
    刻一刻と天気が変わります。勿論晴れの日もあれば大雨に見舞われたり、曇ったり雪が降ったりします。
    雨の日は視界も悪くなりますし、早朝には霧が発生することも。

    ・ワールドデザイン
    土地毎の神話や種族・組織同士の勢力関係、あるいはモンスター同士の派閥や各都市の問題等、全ての設定が細部に渡って作りこまれています。
    例を挙げれば、それらを断片的に記した書物や手紙の量です。数冊単位ではなく、数十冊単位でそれらが存在します。
    また雪国の家では木造り、暖炉完備なのに対し海岸地区は石造りの家だったりします。

    ・AI
    全てのNPCがプレイヤーに友好的な訳ではありませんが、特にこの作品はそういった点が非常にリアルです。
    モンスターだけでなく、野盗やネクロマンサー達と敵対する事もあります。
    勿論1対1だけではなく、徒党を組んで襲ってくる事もありシビアです。
    また村民がガードマンに突然攻撃して返り討ちに遇ったり、酔っ払い同士が喧嘩をする等という事も。

    ・クエスト
    星の数程とはいきませんが、一つ一つのクエストに立派な背景があり、場当たり的な展開ではありません。
    中にはNPCの話をよく聞いておかないと、進行を誤ったりする様な物も存在します。
    物凄くこじんまりした内容から、世界を巻き込む内容まで様々です。

    ・拡張性
    MODと呼ばれるファイルを使う事で、既存の世界をどんどんと自分なりにアレンジ出来ます。
    新しい種族や大量の冒険者、あるいは戦闘バランスの変更や家の建築、ペットの追加と枚挙に暇がありません。
    悪い点
    ・反応の素敵な敵とガードマン
    主人公が犯罪を犯すと、何処からともなく高速でやってくるガードマンや闇討ちしたのにすぐに主人公に気付く敵等がちょっとマイナス評価です。
    MODで変更することは可能ですが、競合が発生する事もあるので一概にお勧めは出来ません。

    ・MODの導入までの手順と、競合
    手順自体は難しくありませんが、手順の数が多い事が難点です。
    最初に導入しようとした場合は、ある程度解説ページとにらめっこする事になります。
    他のゲームみたく、ファイルを上書きしたりフォルダを追加するだけで良いという訳では無いので、少々敷居が高いかと思われます。
    またMOD同士が単独で開発されているため、弄る場所が重なった場合に競合という事を起こしてしまい、正常に変更が反映されない事もあります。

    ・バグの多さ
    やれる事が多いゲームだけあり、バグも相応に多いです。場合によってはクエストの進行に支障をきたす事もあります。
    これもMODで一部の解決が可能ですが、全てのバグが取り除かれ安定した動作が保証されるという訳ではありません。
    総評
    始まりは監獄の中、そこを抜けてストーリーのカギを握って地上へ出る主人公。
    王道RPGではここから王様の下へ…となりそうですが、このゲームはそうではありません。目標は至ってシンプルです。

    「全てはもう目の前にある。後は好きにしろ」

    街に住み込んで市民になる、遺跡を巡るトレジャーハンター、敵の親玉を討ち取る、本の収集家、稀代の高等魔術の開発、世間を騒がす怪盗に、無敵のアリーナチャンピオン、一流の暗殺者…
    やろうと思えば何でも出来てしまうのです
    それは逆に言ってしまえば「自由過ぎてやる事が見つけられない」というタイプのユーザーとは相性が悪いかもしれません。

    RPGは決まりきったゴッコ遊びで嫌だ、喉からそんな言葉が出そうになったら、是非ともプレイをお勧めします。
    きっと決まりきったゴッコ遊び以上に、自分色のゴッコ遊びが出来るかもしれません。

    尚、プレイ時間は「現在も進行中」である事をお断り致します。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 確かに素晴らしい出来だけれど……。 95
    良い点
    フリーな世界観で自由度が高い。
    世界の危機を救うといういかにもありがちな本筋の物語をするもよし、
    それを無視してひたすら別なクエストをこなすもよし。

    正義を貫き通す事もできるし、ちょっとしたこそ泥になったり、
    殺人者になってアサシンギルドに所属したりというダークなプレイもできる。
    悪い点
    Modという個人製作の追加要素を入れると激変するのだけれど、
    それを導入しないでメーカーの準備したものだけでプレイすると
    日本語化もされていないので敷居が高い。

    Modの導入もPC初心者には試行錯誤しそう。

    まるっきり素の状態だとキャラクターの外観もゴツすぎて辛い。
    総評
    間違いなく名作。
    が、しかし、Modを入れなければ飽きるのが早い人も居そう。

    今の地位を確立できたのは、一般ユーザーの製作するModの力に寄る所が大きい。
    Fallout3と同じ政策会社で、Fallout3のほうが新しいのだけれど
    好みは別れそう。ゆったりとプレイするならこっち。

    発売から数年経った今でも、平均的名PCスペックが当時より上がった今だからこそ
    『 PC版 』をお勧めしたい。

    項目の評価はVanilla(Mod未導入状態)の評価。
    Modを入れれば全評価が5点を超えることは間違いない。

    もう少し日本に目を向けてくれれば100点でも良いのだけれど……。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 5 5
  • 今までに無い、究極の「ゴッコ遊び」 85
    • 投稿者:MaskedKappa(男性/40代)
    • 投稿日:2009/07/08
    良い点
    散々言われて来ている事ではあるが、やはりこのゲームはRPGとしては究極と言っても過言ではないスタイルを採っている事が最大の特徴。

    ロール=役割を
    プレイイング=演じる
    ゲーム=遊び
    つまりRPGとは、ゴッコ遊びの事。

    ゴッコ遊びのシチュエーションはプレイヤー自らが設けるもので、他人から強要されるものではない。

    既存の(特に日本製の)RPGというのは、この設定が強要されている事がほとんど。
    ストーリーに感動するゲームではないが、そのストーリー通りに一本道を追い続ける既存のゲームに飽きたという人にとっては、まさにCyrodiilは理想郷なのではないだろうか。

    星の数ほどあるMODも、非常に入れやすいというのも良い特徴。
    MODを入れたいけれども上手く入れられない、という人でも、結構カンタンに入れられてしまう(Wikiを見ながらやれば、すぐに要領がつかめてしまう)。
    アメリカンなキャラクターがイヤならば、日本人が作ったMOD種族等を入れて見た目を大きく変更する事も可能。

    日本語化もかなり進んでおり、プレイ上困る事はほとんどない。
    たまに単語を翻訳サイトで調べれば、中学生レベルの英語力があれば問題なく遊べてしまう(しかもほぼ日本語で)。


    ストーリーを追うだけの既存のRPGにすっかり飽きた状態でも、中毒症状が出る程にハマれるゲームではあるが、言葉や映像で説明されなければ物語の背景を想像出来ない人にとっては、恐らくは「シナリオが薄い」と思われるだろう。
    それだけ、プレイヤーの「想像力」が全てを補う、というゲーム。

    例えば、高山の裾野にある大きな岩の陰に滑落した(想像)のであろう遺体を見つけた、とする。その遺体の胸ポケット(想像)には、娘からの手紙が入っている。その手紙には「お父さんはドジなんだから」というような内容が書かれている。
    これを見ただけで、この遺体の家庭が普段からとても温かく、お父さんのドジぶりが一家の笑いの中心にあり、子供たちもとても素直な子なんだろう、と想像が出来る。
    また、父の死を知らない娘が父の帰りをどれ程までに心配しているのかを想像すると、涙が出る。
    これらを説明する文章はない。
    全ては、遺体の置かれている状況と、遺体が持っていた手紙の内容からのみの想像である。
    こうした想像が容易に出来、またその想像が楽しめる、という人ならば、このゲームは「至高のRPG」として映る事だろう。
    悪い点
    装備のグラフィックのバリエーションがもっとあっても良かった、というのが本音。
    種類は同じでも色を塗り替えられるだけでも幅が広がるのに。
    これはMODやゲーム内のファイルをいじれるPC版ならばどうにかなる事ではある。

    お金(ゲーム内通貨)が、途中から大量に必要になってくるが、それを稼ぐには地道に働くか、敵の装備品を奪っては売りを繰り返すしか、序盤には手がない厳しさ(面倒くささ)がある。
    ただ、PC版であればCSを使って「大富豪の息子(娘)だから最初からお金を一杯持っている」という設定も可能になるので、あまり気にせずとも良いとも言える。

    最初が投獄されている状態から始まるため、この設定をどう活かすのかが想像力の最初のハードルになる。
    ただし、MODによりこれも飛ばす事が可能になっている。

    …と、欠点らしい欠点には、ちゃんとカバーする方法があるのが欠点といえば欠点か。

    最大の欠点は、OblivionGateが開いてから。
    OblivionGateを閉じなければ装備の強化が難しいのでOblivionへと足を踏み入れるのだが、景色が一定であるため、飽きる。
    シチュエーションがある程度違うのだが、見た目は何処へ行っても(Oblivion内は)同じなのが欠点。
    総評
    Game of the Year版(GoY版/GotY版)を購入したため、ボリュームは満足。
    グラフィックスは、恐らくPC用ゲームとしては最高峰に値する(PCの能力次第)。
    サウンド面は、ボリュームが小さいという欠点があるものの、プレイの邪魔になる事はない上、効果音なども非常に凝っているのが特徴。曲数はもっとあっても良かったかと思う。
    正式な日本語版リリースが(PCでは)なく、また操作系もユーザーがコントローラの設定をしなければ対応しない、というのも不親切か。
    ストーリーは想像力でいくらでもボリュームアップするので文句なし。

    このゲームを説明するのは非常に難しいのではあるが、見た目としては昔プレイステーションにあった「KING'S FIELD」を思い出させる。
    ただしグラフィックが非常に綺麗で、操作としてはFPSに近いため、キーボード+マウスの操作に慣れている人でも、コントローラ操作の方がいいという人でも、どちらにも対応してしまい、ゲーム性はまったく別物と言える。

    プレイヤーを選ぶゲームであることは確かなので、点数は控え目にしておくが、やはり「もうRPGなんて古い」「もうRPGなんて飽きた」という人には、一度はプレイする事をお薦めしたいソフトである事は間違いない。

    子供には理解できないゲーム、であるとも言える、(精神的に)大人の為の良作。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 最高の部類 95
    • 投稿者:オガーン(男性/40代)
    • 投稿日:2009/03/11
    良い点
    ・とにかく自由度が高い
    ・MODの公開でゲーム内フィーチャーが豊富
    ・グラフィックが非常に綺麗
    ・世界観が確立されている
    ・NPCに個性がある
    ・サウンドが重厚で存在感がある
    ・強制クエストがほとんど無い
    悪い点
    ・ドラクエ、FFみたいな擬似RPGしか経験無い人には開始までの難易度が高い
    総評
    とにかく「RPGに飽きたらOblivionをやると良い」の触れ込みどおり、最高・最強の部類に入る作品であることは確実。

    ある程度の高性能なPCで無いと、描画的にスムースに楽しめないが、そもそも低スペックのPCで綺麗な3Dグラフィックのゲームをやろうというのが間違いと言う解釈もあると思う。Oblivionは決して初心者向きでは無いので、それなりのPCを持っている人が遊べば良いと思う。つまり、初心者不可な雰囲気は、実際問題存在する。

    しかし、一度ハマると二度と抜け出せない。オンラインである必要も感じない。常に時間が経過していて、プレイ時間すら制限されるけど、いつでも時を止められるし、好きなときに好きなだけ遊べば良い。

    シングルRPGであるが故、わずらわしいプレイヤ同士の小競り合いも無ければ、ギルド内のローカルルールも無い。MOBの奪い合いも、当然ない。これがどれだけ快適かは、やってみればすぐにわかると思う。

    物理エンジンがきわめて優れているので、たとえば本を並べてドミノ倒しなんかが楽しめたりする。YouTubeで検索すると、たくさん出てくるだろう。
    こういったこだわりは世界観に貢献しているとともに、現実世界と似ている分、入り込みやすい。

    気に入らないNPCは倒せば良い。気に入ったアイテムは奪えば良い。もちろんリスクはあるが、物理的だけでなく、そういった道徳的バランスも非常に優れている。悪さをすれば痛い目にあう。文句を言えば相手は怒り出す。
    こういった当たり前の事が当たり前におきる、そういうゲームだ。

    RPGには少々うるさいよ!という人、まったく新しいタイプのRPGをやってみたい人なんかには、絶対にお勧めだ。

    10人いれば10人が高く評価すると思う。個人的には歴史に残る名作だ。
    ぜひやってみていただきたい。

    なれてきたら、MODでゲームバランスを変更してみたり、好きなキャラクタで遊んでみたりも出来る。一粒で10倍はおいしい思いが出来る。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 4
  • MODの充実が素晴らしい 95
    • 投稿者:Gabax(男性/40代)
    • 投稿日:2009/03/10
    良い点
    ゲームの改造が公認されている為、MODと呼ばれる、素人が作った改造パッチを
    使用する事が出来るのがPC版の強みです。
    不満があるなら自分で改造も出来るよ、という部分が良い方向にも悪い方向にも
    転んでいますが、MODの取捨選択をすれば、とても快適に遊ぶ事が出来ます。

    あまり追加しすぎると、自分だけの箱庭を作る事になってしまいますが、それも
    またゲームの要素の一つになっています。

    言い換えればバニラ(何も変更されていない元々の状態を指すスラング)では、
    かなり不都合が多いのも事実です。

    悪い点
    本体は5000円程度ですが、公式ダウンロードコンテンツを全て入れようとすると
    +4000円ぐらいかかります。
    MODを導入するにも当然のことながら一つ一つが手作業で、HDDの容量を
    圧迫し、本体のディレクトリサイズが10ギガに達する事もあります。

    与えられた物だけで遊びたい、という気持ちから見れば、とても億劫な作業で、
    コンピュータの知識もそれなりに必要になります。

    また、高画質MODを楽しもうと思えば、それなりのマシンスペックも要求され、
    大人の趣味の様に、ある程度金をかけないと面白くない、という内容となっています。

    また、追加MODの中には版権物キャラや他のゲームのポリゴンモデルに酷似した
    データも相当あり、こんな事をして良いんだろうかという罪悪感も感じられます。
    総評
    根幹となっているレベリングシステムが優秀で、それが故に多種多様なMODに
    対応できていると思います。

    自分が得意なスキルをキャラメイク時に選択し、その得意なスキルを使用すると、
    そのスキルがレベルアップします。
    こうしてスキルをレベルアップさせていき、10回スキルレベルがアップしたら
    そこでキャラ自体のレベルが上がります。

    全てをまんべんなくあげる事で、FO3と同様に神キャラも育てる事が出来る為、
    特定の職、という物が事実上は存在しない内容です。

    それが故にFO3と同じく、ストーリー性はプレイスタイルを制限してなく、
    あまりありません。

    物語重視したい、与えられた物で遊びたいという方は和製コンシューマを遊べば
    良いと思いますし、マイキャラ育成ゲームを楽しみたい、自分で自分だけの
    世界を構築してみたいという方はこちらを遊べば良いと思います。
    FO3と同様、両方楽しめば良いと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 5
  • 「キンダン」のRPG 90
    • 投稿者:ぽわぽわ(男性/30代)
    • 投稿日:2009/03/05
    良い点
    ○美しいグラフィックに、作りこまれた世界。
    青空の下の湖畔や、満天の星空を眺めているだけでも癒されます。
    また、たいまつを掲げて進む洞窟(ダンジョン)は雰囲気がありすぎです。

    ○武器を使えばそれに関連したスキルとステータスが、魔法を使えばそれに関連したスキルとステータスが、という具合に一般的な「EXP取得→レベル上げ」とは違った成長システム。

    ○移動が楽。一度行ったことのある所なら、マップからワンクリックで移動可(ゲーム内時間はその分経過)。
    これは個人的には好評価。もちろんぶらぶら移動しても問題なし。

    ○戦闘がリアルタイムで、臨場感に溢れる。
    個人的には、戦闘そのものより、戦闘に至るまでの過程が楽しい。
    忍び歩きをしながら敵を索敵し、物陰から攻撃したり、トラップを確認したら、その位置にまで敵をおびき寄せて、わなにはめることができるなど、そのあたりにわたしは高揚感のようなものを感じました。

    ○「ポーズ」がどこでも簡単にできる。
    戦闘がリアルタイムとはいえ、メニューを開けば時間は止まるので、おちついて装備変更などができる。わたしにはこの機能は嬉しい限り。

    ○「セーブ&ロード」がいつでもどこでも簡単にできるので、時間を気にせず安心して遊べる。そのため、5分10分という短時間でも遊べる。また、死んでもロードで復活!
    悪い点
    ●アイテム画面というか、装備画面がいまいち。ここは今風のドラッグして装備とかの方がいいかな。

    ●キャラ作成で非常に細かく各部をいじくれるのに、どうあがいてもまともな顔ができない洋ゲー風味。まあ、気にしなければなんともないんですが・・・。

    ●三人称視点が使いづらい。
    今まで3Dゲームで酔った事はないのだが、このゲームで三人称視点だと不思議と酔いそうになる。一人称だとあまり問題はないのだが。
    総評
    個人的には「キングスフィールド」と「ダンジョンマスター」を掛け合わせ、それに広大な野外フィールドをも付け加えた感じに思いました。

    あと、MOD(日本語化以外)の使用は除外した評価です。

    おそらくこのゲームをやるに当たって一番躊躇すると思われるのは、英語版しかないということでしょうか。しかし、現在は有志の方々のお陰で、日本語化するだけなら簡単にできます。(わたしでもできた)

    ゲーム内容は自由度を謳っているだけあって、自分のペースでいろいろ楽しめます。

    世界を救う(?)というメインのクエストはありますが、そんなのはほったらかしにして、各地を旅するもよし、ダンジョンに潜ってトレジャーハンターするもよし、サブクエするもよし、はたまた悪の道に進むもよし。

    ファンタジーRPGは好きなんだけど、一本道のゲームにちょっと飽き気味の方にお奨めなのは確かです。「キングスフィールド」や「ダンジョンマスター」が楽しめた人なら買いです。あれ以上に自由度があります。

    MODに関しては、かなりの数に及びます。簡単に導入できるのから、ちょっと知識を必要とするのまでいろいろです。実際のところMODがなくてもこのゲームは十分面白いと思います。楽しめます。

    もちろん、不満なところはMODでいろいろ調整できますから、MODを上手く利用すればますます面白さが増すのはいうまでもありません。

    わたしはこのゲームを最近(2009年1月)知りました。ある意味旬はすぎていたのかもしれませんが、全然そんな感じはしません。このクオリティの高さは素晴らしいの一言です。

    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 5
  • The Elder Scrolls IV: Oblivion 65
    • 投稿者:0Q(男性/30代)
    • 投稿日:2008/12/26
    良い点
    2008年時点でもグラフィックが優れている。
    一言でいうなら3Dになったロマサガといえばわかりやすい。
    H消爾任呂覆い曚匹MODがでており、10年遊べるソフトといっても過言ではない。


    悪い点
    ‘吋好織献製作のFalloutの売れ行きが順調なのにも関わらず、
     いまだにXBOX360専用コントローラーのサポートを行ってません。
     MODを使えばある程度操作はよくなるもののやはり、不快極まりない。
    ⊆膺邑の過去がわからず、いきなり理不尽なところからゲームははじまり、
     目の前にその元凶が現れるところは、かなり不愉快です
    自由なのはいいが地図が非常に見づらい。
    ぃ蛙余了訶世悪い。
    タΧ箸麓由に選べるというが所詮、強くて、便利な職業は決まっている。
    Σ駭辰長い。記憶力がなければいけない。
    Ю睫世覆靴任任るゲームではない
    総評
    正直ゆとりの精神がないとできない、敷居の高いゲームである。
    特にはじまりの理不尽さが目に付く。声優の豪華さに免じて
    許せという感覚だろうと思うが、この一点だけはカチンとくる
    ただ敵を倒すゲームではなく人と話すゲームで確か、
    このバーチャル感覚は素晴らしい。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 4 5
  • オブリビオンの世界に没頭しちゃいます 100
    • 投稿者:ぽんたん(男性/20代)
    • 投稿日:2008/11/02
    良い点
    古典的なRPGとは違い、とても自由にオブリビオンの3D空間を動き回れます。
    なので、自分だけの物語を構築していくことができるので、今までの一定のストーリーに沿って遊ぶRPGに飽きた人にはもってこいの作品です。

    グラフィックがとてもキレいな為、道を歩いてるだけでも飽きません!

    本当に自分のやりたい事がすべて実現できるくらいの自由度です。
    悪い点
    キレいなグラフィックと高度なシステムのため、ハイスペックのPCを持っていないとまともに動作してくれません。
    画質を落とせばミドルスペックでも遊べるかもしれませんが、それではオブリビオンの魅力がほとんど感じられないかもしれません。

    PC版だと輸入品しか売られてないので、英語ができないと苦しいかもしれません。
    有志による日本語化MODもありますが、一部翻訳されてなかったり完璧ではないのでオブリビオンの全てを満喫することはできないかもしれません。
    総評
    非常によく出来たすばらしい作品だと思います。

    自由度の高さと作りこまれたマップは歩いてても飽きる事を感じさせません。

    その反面、非常に高性能なパソコンを要求されますが、このゲームの為に新しくパソコンを新調するのもありだと思います。
    そのくらい魅力的な作品です。買って損は絶対しないと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 5 5
  • 最高ですね!(PC版) 95
    • 投稿者:砂布巾(男性/30代)
    • 投稿日:2008/11/02
    良い点
    ・とんでもなく自由な世界
    ・MODたっぷりで果てしなく遊べる
    ・グラフィックもきれいですよ
    悪い点
    ・しいて言えば、装備のデザインがいまいちかな。。。
    総評
    これは不朽の名作でしょう!
    MODのおかげで不満点も少ないです。
    こんなに美しく自由で楽しい世界があったなんて、びっくりです。
    今から始めてもきっと満足できますよ。

    蛇足ながら、これやっちゃうとMMORPGってしょぼいよね。
    まあそこがMMOの限界なんでしょうが。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 決められた道を歩むのに飽きたあなたへ 90
    良い点
    「自由」

    この一言に尽きます。
    目の前には広大な世界、見わたせるだけじゃなく、見える場所ならどこでも行けます。
    一応メインストーリーはありますが、追うも追わぬも自由。
    豊富なサブクエストにいそしむことも、自分独自の生き方を追うことも出来ます。

    しかし、この程度の自由ではありません。
    MODと呼ばれる、有志のユーザーによるプログラムを導入することにより
    敵の強さ、映像の華麗さ、細かな操作、新たなクエストと、世界は無限に広がります。

    この自由さに魅力を少しでも感じたのなら、是非とも手に取り実際にプレイして頂きたいです。


    さらにこれ以外にも、このような魅力があります。
    ・難易度調整も自由(MODでなく、ゲーム自体の機能)
    ・非常に華麗なグラフィック(アニメ調でなくリアル)
    ・どこでもセーブ&オートセーブ&クイックセーブ(ストレスなくセーブが出来る)
    ・フルボイス(英語)+ほぼ完璧な日本語化文章(MOD)
    悪い点
    「数え切れないほどのバグ」
    「高スペックの要求」
    「インストール〜MOD導入〜プレイまでの困難さ・MOD同士の相性問題」

    総じて言うと、実際に遊ぶまでの敷居が高いことです。
    スペックについては、設定等を落とすことによりある程度回避されます。
    しかしながら、映像だけでなく、サウンド面など思わぬ部分でクラッシュするため要注意。

    また、上記クラッシュも含め、インストール時点から詰まったりもします。
    攻略wiki等に細かくまとめられているため、調べていけばほぼ解決出来ますが
    ある程度の根気が必要です。


    ゲーム内で言うと、インターフェイス関連は慣れるまではかなり迷います。
    チュートリアルはありますが、国産ゲームのようなシンプル明快操作でないことは
    人によってはストレスとなるかもしれません。
    総評
    .好函璽蝓爾鯆匹Δ里砲呂發λ阿た!俺は俺の道を歩むんだ!
    ▲押璽爐寮こΔ辰洞垢ぁΑΑΔ發α管覚えちゃったよ

    PCスペックが不安・・・5年前のPCでオンボードだけど大丈夫かな
    ぅぅ鵐好函璽襪5分で終わるものだよね!面倒なのは嫌だし!
    ゥ押璽爐縫丱阿あるのはおかしい、腹が立つ


     ↓△癖、Oblivionへの一歩を踏み出しませんか!
    このゲームなら、きっとあなたの望む世界が作れますよ!

    でも〜イ塙佑┐討い詈は少し踏みとどまって考えたほうが良いです。
    PC買い替えを視野に入れることはもちろんありですが
    PS3版やXBOX版ならば、資金が少なく済むかもしれません(MODは使えません)
    ゲームプレイまでもPC版よりは楽に済みます。

    他にもダウンロード版は日本語化できない等様々なポイントがあるため
    まずは攻略wiki等で情報を集めた後、購入することをオススメします。


    ストーリを追うのが楽しみな人には、他の国産ゲームのほうが向いているかもしれません。
    広大な世界を、自由な世界を楽しみたい人には、この上ないほどの作品です。
    この文章が全てを表しているように思えます。

    「すべてが君のすぐ目の前にある。あとは好きにするがいい。
    RPGはもう飽きたと思うかね? なら最後にOBLIVIONを試してみるといい。」
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 4 5 5
  • ミッシェルの責任です 95
    良い点
    まず何と言っても自由度の高さです。最初にチュートリアル的なダンジョンがありますが、それを抜ければオブリビオンの世界を自由気ままに旅ができるところがいいです。あまりの自由さに戸惑うほどです。そして外に出るとまず驚くのがグラフィックの美麗さでしょう。こんな世界で冒険ができるなんて、そりゃワクワクするに決まってるじゃないですか!
    メインストーリーを追ってもいいのですが、善人にも悪人にもなれるし、戦闘も自分のスタイルに合わせてファイターにしたり魔法使いにしたり…。ロールプレイを楽しみたい人には最高の舞台が用意されています。
    NPCのAIが非常に優秀でオブリビオンの世界で1日を生活しています。酒場でケンカを始めたり、盗みを働いたNPCがガードに追いかけられていたり…。街を眺めているだけでも楽しい。
    PC版ならではのポイントとして、ユーザーの作ったModを入れることでキャラグラフィックを変えたりダンジョンやアイテムを追加したり、さらには戦闘バランスを変えてまったく違ったゲームにしてしまったりと遊び方が豊富です。
    悪い点
    自分としてはこれといってないのですが、あえて言うならデフォルトの主人公グラフィックがいかにも洋ゲーなので人を選ぶこと。英語なので多少の英語の知識が必要になることでしょうか。
    あとこのゲームはModが全て。と言い切れるくらいにModが充実していますが、こちらもそのほとんどが英語であること、Mod導入にはそれなりの知識が必要なので敬遠する方もいるかもしれません。
    総評
    このサイトで連載を拝見し、すっかり虜になってしまいました。ミッシェルめ!(笑)
    このゲームをプレイするためにわざわざPCを新調しましたが、それだけの価値があったと思います。通常のプレイで飽きてもModを入れることでまた違った楽しみがでてくるので長く遊べる1本です。
    高すぎる自由度に抵抗がなく、PCスペックに問題がなければぜひプレイしてもらいたいです。1本道ストーリーのRPGに飽きた方、剣と魔法のファンタジー世界で冒険してみたい方、ロールプレイを楽しみたい方には最高の1本だと思います。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • 自由の反面何をしたらいいかわからなかった 80
    • 投稿者:bluecat(男性/20代)
    • 投稿日:2008/10/18
    良い点
    MODを入れるとグラフィックがすごく綺麗になります。もともと綺麗ですが数段美しくすることができます。

    サウンドも雰囲気が出ていていいと思います。
    悪い点
    MODの扱いがPC初心者には少し難しいことと、MODを入れると重いことです。

    ストーリーに沿って進めていくコンシューマーRPGのようなものを期待するのは間違っているのですが。買って少し後悔しました。

    あまりにもできることが多すぎてなにをしたらいいかわからない。というのが正直なところです。

    目的がわかりにくいということです。
    総評
    MODを利用するとより楽しめるでしょう。

    人気があったので買ったのですがいまいち楽しめませんでした。

    高画質MODやあっち系MODなどを入れてみました。

    でもなんか虚しかったです(笑)。

    2chのスレッドの勢いがあるので楽しいのかと思ったのですが。

    自分には遊びこなすことができませんでした。

    自分に合うか吟味して買うべきでした。自分にマイナス点をつけたいです(笑)。

    ゲーム自体は悪くないと思うので80点にしました。

    あえていうなれば、ストーリーに引き込むようなシステムがほしかったです。

    それがあれば何をしたらいいかわからんなんてことがなくなると思うので。

    私の場合は町で人を倒しまくったりして終わりでした。GTAみたいに(笑)。

    ゲームをするにあたって楽しむための工夫を必要とするゲームは初めてだったのでちょっと驚いています。

    中世ヨーロッパ風の世界観が好きな方はやってみるといいかもしれません。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 5
  • PC版ならではの楽しさや苦労も 95
    • 投稿者:AnP(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/08
    良い点
    ・とにかくグラフィックが素晴らしい、景色を眺めながらフィールドを歩いてるだけで時間が過ぎる というレビューは他のゲームでも見るが、実際に自分がそうなったのはこのゲームが初めて
    ・非常に自由度が高く、善人を助け悪人をくじく英雄にもなれるし、ガード(警察のようなもの)の目のないところで罪の無い人を殺し身包みを剥いで金を稼ぐ殺人鬼、さらに留守の民家や人のいない場所で盗みを働く盗賊まで自分の好きなようにプレイできる
    ・それに合わせて戦闘スタイルも戦士系、魔法使い系、弓矢での遠隔攻撃系、背後から忍び寄る暗殺者系、などなど自分のキャラを好きなように育てられる
    ・MOD(ゲームに手を加えて改造する)が沢山あり、グラフィックをさらに綺麗にする、クエストや装備品を追加する、一緒に冒険する仲間を追加する、等などゲーム自体をカスタマイズ出来る
    ・NPCのAIが非常に良く出来ており、皆が人間のように生活している
    悪い点
    ・PCスペックが必要で、特にMODをいろいろと適用するとかなり重くなるしゲームが不安定になり強制終了なども増える
    ・oblivionを最大限楽しむのならMODは必須で(そもそも日本語版が無いので日本語化するのもMODが必要です)、最低限のPCの知識に加えてMODに関する知識を蓄え、さらには海外のMODの説明文などを理解するために英語も出来なければならない(中学生レベルの英語力があれば辞書で調べながら大丈夫な程度です)
    ・基本的に一人称視点なので、人によっては酔うかもしれない(自分はゲームで酔った事が無いので、どの程度なのかはわかりません)
    ・NPC含めてキャラクターの顔が日本人好みではないので、自キャラの顔を好みに仕上げるのにも四苦八苦します(MODである程度は改善できますが)

    総評
    冗長になりそうなのでやめておきましたが、良い点を詳しく書こうと思うとキリがありません。
    とにかく自由度が高く、一本道のストーリーを追っていくRPGとは全然違うので人によってはつまらないと感じるかもしれませんが、合う人にはこれほど楽しいゲームは無いと思います。
    普通のRPGと違い本当にこのゲームの世界の中で生きているような、箱庭シムのような楽しさがありますが、これが本来のRolePlayingGameではないでしょうか。
    色々と調べる事も必要ですし、ゲームを楽しむ事に関しても能動的な姿勢が必要なゲームだと思います。
    ちなみにサウンドの点数が低いのは明るい雰囲気の曲が少なく自分に合わなかったためなのですが、フィールド・町・戦闘 等場面ごとに好きな曲が流れるように出来ます。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 3 5 5
  • かなりの最高ゲーム 95
    • 投稿者:ritea(女性/30代)
    • 投稿日:2008/10/03
    良い点
    最初に言わせてください。
    このゲームの紹介文にラストにある「RPGはもう飽きたと思うかね?
    なら最後にOBLIVIONを試してみるといい。」

    本当に試して良かった、最高だと思える素晴らしいゲームでした。

    美しく広大な世界、悪の道を生きることも正義の道を生きることも、吸血鬼として生きる事も市民として仕事をして生きることもできる・・個性豊かなストーリーのクエストの数々・・

    仕事をしたり、休息を取ったり出かけたりするNPC、治安を守るガード、フィールドに点在する野盗のテント等、個々に生活リズムをもつNPC達。

    何よりPC版は一般ユーザーが作ったMODを入れる事で、自分の好きな世界につくり変えられることです。
    公式サイトにもツールが無料公開されていて、自分で装備やキャラクター動物や乗り物、建物に植物、ダンジョンやクエストや魔法を自由に作って、オリジナルの世界にすることができてしまいます。

    戦闘せず景色を楽しみながら、馬で旅をしているだけでも本当に楽しいです。
    どう遊ぶかはその人次第っ!
    悪い点
    初期のキャラクターやNPCの顔がひどいです。
    戦闘がほぼダンジョンだけなのが残念かな。

    ただ、キャラクターもPC版ならMODを入れることで、美しいキャラを作成することが可能になるのでさほど問題ありません。

    MOBの問題もMODでフィールドMOBを増やしたりすれば問題ないと思います。
    悪いと思ったところは、MODで改良できてしまうので、ゲームに欠点が見当たりにくいっていうのが欠点かもしれません(笑
    必要スペックが高い事くらいでしょうか・・
    総評
    キャラとPCスペックさえ平気なら最高っ!!
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • 不思議なゲーム 95
    • 投稿者:緑砂(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/02
    良い点
    このゲームは自由度の高い世界で好き勝手に過ごす(一応やることもありますが)ゲームで、何をしてもよく、非常に自由なゲームです、
    私がこのゲームで気に入ったのは、戦闘システムと数多くのダンジョン、あとは西洋的なシナリオでしょうか、
    最初このゲームをして、何をすればいいのかよく分からなくて、うろうろしていたら盗賊に襲われて、延々と逃げ回っていたのを思い出します、
    このゲームでの戦闘は実際に弓矢が飛び刀を振り回すので、臨場感があります、またAIが優秀なので、物陰から隠れていていきなり襲ってきたり、そういうドキドキ感もあります。
    接近戦闘は案外単純なところもありますが、やはり敵がどこから来るのかが分からないというのが、このゲームの面白さであると思います。
    私はバリバリのファイターとしてプレイしていたので、ほかの方面の事はよく知らないことも多いのですが、私のプレイした感想だと、ダンジョンに入って敵がどこから来るのか分からなくて、急に現れたら剣を振りまくって、もう大丈夫かなときょろきょろ見回したりして、そういう臨場感というものがこのゲームの面白さだと思います。
    悪い点
    悪い点としましては、やっぱ重いことですかね、終了しようとしたらパソコンがフリーズしたり、たまーに変な画像が現れたり、そういうことがあります、
    ただまあPCのゲームは完全なものはあまりないですから、このレベルならシステム的には問題を感じません、
    ゲーム内容的には、確かに細かく見ると問題点もなくはないのですが、それ以上にいいところがあるので、あまり気にならなかったです、
    総評
    私の感想では、ゲーム的にはほぼ完璧だと思います、これ以上はないんじゃないかという出来ですね、
    ただゲームの方向性が自由度の高い世界を作る、というコンセプトなので、それが合うか会わないかというところで人によっては、評価が悪くなるかもしれません。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 自由な世界でどう生きるか 80
    • 投稿者:Lore(男性/20代)
    • 投稿日:2008/10/02
    良い点
    ・美麗なグラフィックと物理エンジンにより描かれる、広大な世界

    木々や草原、空から建物まで。
    緻密に描かれた美しい世界は、見ているだけでも目を楽しませてくれる。
    風が吹けば木々がざわめき、松明で照らせば明るくなるという、当たり前のようなこともリアルに再現されており、それが地味ではあるが感動的でもある。
    軽い物は水に浮き、重い物は沈むというこれまた当り前のことも、物理エンジンによってリアルに再現され、そこに世界があることを感じさせてくれるのだ。


    ・高い自由度

    自分の分身でもある操作キャラクターの造形、そして冒険。
    どちらも選択の幅がとてつもなく広く、百人いれば百通りのキャラクターと冒険が生まれる。
    人物はリアル志向であるためアニメ顔にはできないものの、それでも美形から不細工まで自由に整形することができ、凝り性の人ならこれだけで何時間も費やしてしまうほど細かく設定できる。
    そうして作り上げたキャラクターを操作し、広大な世界に降り立つ……何をしても自由。
    英雄を目指すもよし、平穏に生きるもよし、悪の道を往くもよし、何をするのも自由。
    ただし当たり前だが、悪い事をすれば警備兵がすぐさま駆けつけ、逮捕されてしまうぞ。(ここで抵抗するのもまた自由だが)


    ・王道ファンタジー

    剣と魔法の世界という王道ファンタジーが好きならば、その世界に入れるというだけで興味をそそられるだろう。
    剣があり、鎧があり、魔法があり、エルフがいて、凶暴なモンスターもいる。
    その世界で生きるということが、どういうことなのかを体験させてくれる。
    ただし気を付けるべきは、このゲームはほんわかしたファンタジーではなく、血みどろのリアルファンタジーだという点。
    人喰いモンスターの住む洞窟に多数の人骨が転がっていたり、裏切りや嫉妬といったリアルな人間関係までも体験させてくれる。
    悪い点
    ・グロい

    血の表現はそこまで酷くはありませんが、大量の頭蓋骨や内臓が見える死体など、洋ゲーらしいグロさが随所に見られます。
    そういうのに耐性が無い人にはお勧めできないかも知れません。


    ・自由度が高すぎるのも…

    自由度が高すぎるため、何をしていいのか分からず途中で投げてしまう人も出てしまうでしょう。

    ・BGMの種類が少ない

    BGMそのものは耳障りでもなくいい出来ですが、種類が少なく、少々物足りないかも。
    総評
    最近の「やらされる」RPGにうんざりしている人には是非お勧めしたいゲーム。
    この自由度の高さと広大な世界には度肝を抜かれることでしょう。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 4 5 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日