オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
AKIBA'S TRIP公式サイトへ
  • アクワイア
  • 発売日:2011/05/19
  • 価格:UMD版:5670円/ダウンロード版:4500円(いずれも税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
68
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

AKIBA'S TRIP

AKIBA'S TRIP
公式サイト http://akbstrip.jp/
発売元 アクワイア
開発元
発売日 2011/05/19
価格 UMD版:5670円/ダウンロード版:4500円(いずれも税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
68
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 意外なほどハマった。 85
    • 投稿者:Horatiocaine(男性/40代)
    • 投稿日:2011/11/26
    良い点
    1)ゲームコンセプト…敵が吸血鬼→吸血鬼は日光に弱い→脱がせば勝てる!…凄まじく頭の悪い発想ながら、きちんとゲームシステムの根幹として機能している事に驚いた。ダメージを与えて脱がす、だけなのだがそれなりに奥深い。
     脱がすだけでは服は破れてしまうので、対応した技術を習得しなければいけない。技術の多くはアイテムを買うだけで習得出来るが、ゲームの進行具合に応じて開放されるうえそれなりに高額である。
     進行に応じて通行人の服の種類が増え、知らない服を見ると脱がしたくなるしそもそもコレクション要素も高い。金策のために進んでサブミッションを受けるようになるが、ミッションはある程度ストーリー進行にも影響を与える。このあたりのレベルデザインは非常に良く出来ている。そこに秋葉原特有の文化を上手く馴染ませ、王道のストーリーさえ消化してみせた。
     
     切り口の違いだけで押しきった度胸に敬意すら覚える。

    2)シナリオ…王道ながらツボを押さえており、マルチエンディングである程度の深みもある。決して奇抜ではないが、限られた容量のなかで出来る限りを詰め込んだ努力は評価したい。
     また、ゲーム内の設定も無駄に凝っており、劇中劇には膨大な設定が用意され、専用の格闘ゲームまで用意されている。作品の世界観に対し、スタッフが情熱を注いでいる様が窺える。

    3)ストリップアクション…装備箇所毎にダメージを与えて脱衣させる。それだけだと単調なわけだが、乱戦になると趣が一変する。脱衣可能になった衣装がある限りコンボを繋げることが出来るのだ。コンボが続くほどタイミングがシビアになり、難易度は天井知らず。コンボ数は記録されるため、ついつい乱戦では狙ってしまう。
     ではタイマン勝負が単調かと言うと、カウンターの存在がまた奥深さを見せる。特に敵の下段攻撃をガードしてからのカウンターストリップは特殊なアクションで一見の価値がある。さらにそこから脱衣を繋げる事が出来、強敵相手であればタイミングもシビア。自己満足ではあるが、完璧に脱衣を決めた時のテンションの上がりようはなかなか味わえるものではない。

    4)音楽…曲数こそ少ないが、なかなかの良曲揃いである。オープニングボーカルはいまだ希少なClariSが担当しており、ファンならば一聴の価値はあるだろう。

    5)ミニゲーム…妹部屋、メイドカフェ、侍キッチン、レアキャラ探し=洋服屋再建等、なかなか豊富である。単純に金策になると言うこともあるが、一部にはぜひ見ておきたい展開などもあり、遊んでおいて損は無い。
    悪い点
    1)グラフィック…ハードスペックを考えても褒められたものではないが、多数のキャラクターを表示するために、一体あたりのクオリティを下げざるを得なかったのだろう。ただ容量的な事情はわかるが、せめてイベントシーンくらいは高クオリティなモデルを用意して欲しかったところだ。
     ショップ内の店員も低ポリゴンのモデルを組み合わせるくらいなら、一枚絵で良かったのではないか。店内風景が書き込まれた一枚絵なので違和感ばかりあるし、だいだいこんなものでロード時間を使う必要はないだろう。

    2)UI…やや使い難い、というか使い易いように配慮されている部分と、そうではない部分の差が目に付くと言ったほうが正確だろうか。
     個人的に最も不愉快だったのが、レベルアップやミッションのログ表示だ。ワンテンポ遅れて表示され、しかも消えるのが遅い。表示は一瞬にして、バックログ機能を付けるほうが快適である。そうすれば表示ももっと小さくても良く、処理の低減にもなるだろう。
     これはUIとは関係ないかもしれないが、宝くじは○ボタン押しっぱなしで開封出来ると良かった。99枚買ったら198回もボタンを連打しなければいけ無いというのは拷問でしかない(笑)。

    3)バグ、処理落ち、フリーズ…どれもレベルでいえば論外なレベルで存在する。特にフリーズからの電源落ちは回避不能であり、致命的だ。パッチで少しマシにはなったようだが…。ロード時間はデータインストールを活用し、パッチを当てれば我慢出来るレベルではある。ただしインストールデータの読み込みに失敗するバグがあるので注意されたい。

    総評
    全エンディングクリア、パッチ適用後のプレイです。

    始めに断っておきますが、ゲームとしての出来は悪いです。ただもっとお金(時間と人員も含めた意味で)をかける事が出来れば、かなりの良作として評価された事は間違いありません。少なくとも私はそう思います。これほど「作りたいから作った。反省はしていない」という制作者の熱意が伝わってくるゲームは、リメイクや続編だらけの昨今珍しいのではないでしょうか。

    本作の欠点のロード時間、フリーズ、処理落ち問題ですが、実はひそかにPSVitaに期待しています。本作はDL版が発売されているため、上手く行けばPSVitaで快適にプレイすることが出来るかもしれません。完全に妄想なので恐縮ですが、未プレイの方にオススメするために期待しています(笑)。Vita専用のパッチ配布とかないかな〜(チラッ

    ゲームとしての点数は30〜40点がいいとこだと思いますが、個人的満足度を加えた上で4Gamerさんの採点基準と照らし合わせるとこのような高得点になってしまいました。続編の発売を強く期待しています!
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 5 1 5 3
  • 粗さは目立つが秋葉原への愛があふれた作品 75
    • 投稿者:テツ(男性/30代)
    • 投稿日:2011/07/10
    良い点
    ○独創的な脱衣アクション
    「服を脱がせて相手を倒す」という発想が面白い。
    ゲーム的には弱らせた後に止めを刺すようなイメージですが、演出でこうも変わるものかと感心しました。

    ○簡単操作なアクション
    攻撃や回避といった操作が簡単で、アクションゲーム慣れしていない人でも簡単に遊べるのではと思います。

    ○オタクなネタが満載
    ゲーム中には分かる人には分かるようなネタが満載されており、オタクな人にはそう言うのを見るだけでもニヤニヤしてしまうかも知れません(笑)

    ○やり込み要素
    豊富なアイテム・衣装・スキル、加えてマルチエンドと、やり込み要素も充実しています。
    悪い点
    ○グラフィックが荒い
    脱がすゲームだけど、女性を脱がしても嬉しくないくらいグラフィックが残念。
    逆に嬉しいくらいだとPSP的に問題があるかも知れませんが、キャラのグラフィックは全体的に残念でした。

    ○アクションが短調
    攻撃パターンは増やすことが出来るものの、全体的には単調。
    何周もプレイしていると飽きが来るかも知れませんね。

    ○ロードが長い
    さほど広いわけでもないのに、マップに入るたびに20〜30秒くらいのロードがあるのは辛かった。
    マップ内の店舗に入る時も5秒ほどのロードがあり、全体的にロード時間が減るだけでもこのゲーム評価が変わったんじゃないかと思うくらいです。
    総評
    秋葉原を舞台にした脱衣アクションゲームということで、果たしてPSPで出していいものかと思いつつプレイしました。
    実際には粗いグラフィック等のおかげであまり気にしていませんでしたが、脱がせて楽しみたい人には不満が残るかも知れません(笑)

    重厚な世界観や細やかな設定で彩られた作品ではありませんが、アバウトだけど何とかなってしまっているあたり、ゲーム全体が秋葉原のような「それはそれでアリ」という雰囲気になっています。

    なんともアクワイアらしい意欲作だと思うので、オタク系なネタに抵抗のない方ならプレイしていても楽しめるのではないかと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 2 5 5
  • AKIBA'S TRIP 45
    • 投稿者:アイレス(男性/20代)
    • 投稿日:2011/06/20
    良い点
    実際の秋葉原をモデルにしているので、実際にアキバに行った時の記憶と照らし合わせて物語を進めるのが楽しい。
    歩ける範囲はだいぶ狭いが、背景は再現率パネェ。

    あと個人的に、男性キャラはジャンプ途中でフィールドを出ると、妙にテンションが高そうに見えるのが笑えるwww
    悪い点
    処理落ちは酷い。5人フィールドにいれば一時停止は当たり前。
    ロード中にフリーズする時があるから、定期的にセーブが必須。
    女性キャラは全て顔グラが同じだから、髪型で判断するしかないし、その顔グラもブサイク。
    お金が序盤で稼ぐ方法がほぼ無い(と思う)。あるスキルを覚えて初めて荒稼ぎができるというもの。
    妹システムが全くの意味不明。着替えてもらって「服」を眺めるくらいしか用途ないし。
    引き継ぎシステムはあるが、服と所持アイテムくらいしか引き継げない。
    総評
    処理落ちとフリーズさえ気にしなければ、やり込み要素は抜群にある。
    EDもマルチシステムを採用してるから毎回違ったストーリーが展開するのも良し。

    だが、女性キャラは脱がした後以外見ないようにしたい。間違っても顔は見てはいけない。

    良い意味でも悪い意味でも戦闘が単調である。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 2 4 4
  • やってみる価値はある 65
    良い点
    ◎コンセプトがとにかく斬新
     相手の服を脱がせて倒す(通称:脱衣)というとんでもない設定が楽しい。
     エロいものじゃなくてこれはバカゲーです。エロいものを求めすぎると落胆する。

    ◎武器や防具などの装備アイテムが豊富
     きっと気に入るものがあるはずです。
     武器も片手系、両手系、素手・格闘系があるので好きに選べます。武器によるリーチの差なども多少あり。各武器で技のモーションも少し違います。

    ○やりこみ要素もそこそこあり
     何周もするなら必須のやりこみ要素もまずまずあると思います。
     装備アイテムのコレクションやサブクエスト制覇、ちょっとした闘技場のようなものも有り。
     マルチエンディングなのでカゲヤシ、NIRO、中立で3回はいけます。各勢力でも分岐があるので全部やろうとすればもう何周かはできます。

    ・BGM
     まぁまぁいいですよ。もっとアキバなアニメ感かと思ったら想像よりよかった。
    悪い点
    ×処理落ちが酷い
     複数人を倒すクエストがあるにもかかわらず5人も集まればスローモーション級の処理落ち具合。
     それが非常に辛い。それがなければ点数をもっと上げてもいいくらいに辛いです。

    △グラフィックが残念
     女キャラは特に可愛くない。名前付きのキャラクターのグラフィックの顔部分がデザインとまったく似てない、配慮の欠片もないくらいに可愛くないです。とてもがっかり。
     登場するメイドカフェ用のメイドさんのグラフィックもあまり可愛くない、ある意味のリアル?

    △技のバリエーションのなさ
     技のバリエーションがあまりないので使う技が限られ連打になりがち。難易度を高めにすると繰り出す技に多少の工夫は必要になるので連打ゲーがイヤな場合は高難易度を選択すれば若干解消、ただし若干です。
     もっと打ち崩しとか受け流しとかがあったら楽しかったのになぁという感じでした。

    △ロードの長さ
     マップや店などの出入りが少なければ気にならない程度ではあったのですが、頻繁に出入りすることを要求されるので辛いです。
     ロード中に実際にあるお店などの広告がでますがものめずらしさで間持ちするのは最初だけです。いっそのこと見飽きないくらいバリエーションがあればよかったのかも。
     ロード中の工夫として出現するキャラ(ITウィッチ)が動かせるのですが・・・処理落ちなのか読み込み遅いのか正直あんまり動かせない。

    △たまにフリーズ
     規則性がないのでたぶんタイミング? 要マメなセーブです。
    総評
    侍道みたいなものを期待して遊びました。
    4周して難易度もイージー以外のすべてを体験しました。
    リアルにアキバへ何度も行ったことがあります。

    侍道と比べてしまうと残念な箇所は多いですが、全体的には似たようなつくりになっています。
    コンセプトがなかなか面白いので、新しいひとつのゲームとして考えると楽しめると思います。アキバやオタクネタがわかるほうが楽しいです。

    たくさん人が出てきたときの処理落ちがね・・・これがなければゲームの評価は全然違ったと思います。処理落ちが多少我慢できなければまったくゲームを楽しめないです。演出としてのスローモーションと無理やりに思い込むと遊べるかも。

    やってみる価値はある“ちょっと残念ゲー”かな。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 2 4 3
  • 正直とてもがっかりした 20
    良い点
    ・コンセプトが良かった
    (アキバ×ストリップ×吸血鬼のインパクトの強さで購入に至った)
    悪い点
    ・グラフィックが残念
    ストリップアクションで興奮するゲームだと認識していたが、3Dが2Dとあからさまに差がありすぎて、「脱がせたくなるキャラ」がいなかった
    ・ストーリーが盛り上がらない
    淡々とストーリーが進んでいきエンディングまで盛り上がりがなかった
    ・アクションが短調
    肝心のストリップアクションが1パターンしかない
    ・処置落ちが多い
    戦闘中に処理落ちがおおく軽快に戦えない
    総評
    総じてコンセプトが私のようなオタク向けだと思っていたのに、
    蓋を明けてみたら、「肝心のグラフィックが残念」「ストリップはワンパターン」
    「店に入るたびにNPCは同じ顔」「処理落ちは多い」etc
    全くやる気がでないままクリアしてしまった。

    なぜ舞台を秋葉原にしたのか。なぜグラフィックをかわいくしなかったのか。
    すごい疑問ばかりが残りました。

    正直言ってしまうと「侍道を3Dグラフィックもそのままに、
    コンセプトだけ買えたら売れるのじゃね?」
    という開発の声が聞こえてくるようです。

    わたしのようなストリップに期待する変態はやらないほうがいいと思います。
    馬鹿にされたようなとても不愉快な作品でした。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 2 1 1 1
  • ハマれるが、気合いを削がれる要素も多い惜しいゲーム 70
    • 投稿者:esoj(女性/20代)
    • 投稿日:2011/05/30
    良い点
    ・マップはリアル?
    ・サクサク周回できます
    ・BGMカッコイイ
    ・アクションは慣れるとはまる
    ・難易度のぬるさ(良くも悪くも)
    ・やり込み要素が程良く、ライトゲーマーでも楽しくコレクションできる
    ・アクションボイスが充実してる
    悪い点
    ・多数の敵を相手にしたときの処理落ち
    ・ローディングが重い、長い、たまにフリーズする
    ・バグの頻発(服が脱がせない、ぽつりが何度も同じ内容を更新する等)
    ・女性主人公にした場合、会話が微妙に合わない
    ・妹を「弟」にした場合オネエ化
     (部屋の内装や落書き帳はしょうがないとして、せめてセリフだけでも・・・)
    ・難易度のぬるさ(良くも悪くも)
    総評
    エンディング5種中4種見ました。周回は3周。
    総プレイ時間は40時間弱。サブミッション全部こなして最長1周15時間ぐらい。


    マルチエンドが5個もあるということで、サクサク周回していく中
    いろいろな楽しみ方があるゲーム。
    思いっきり現代の、それも秋葉原の街並みの中、ケンカを売り身ぐるみを剥ぐのはなかなか楽しい。
    女装やコスプレに対する受け入れられっぷりも、舞台がアキバであるからこそ、それもあり自分の好きな服装で縦横無尽に駆け回れる。
    いちいちモブの動きも凝ってて可愛いです。


    しかし容量削減のためか、補完するべき部分がなされてないのが大変惜しい。プレイヤーの努力に応じるような中綿のみっちり感がなく、どうもスカスカとしています。
    悪い点はぼぼそこしか無いが、致命的なのでゲームの評価を大きく落としています。
    「穴」を仕方ないと思えるゲームではなく、ここまで手を打ってあるのか、と短い1周プレイの中でもニヤリとできる完成度が欲しかった。


    次回作にはかなり期待しつつ、もっと処理能力の高いハードを選んでもよかったような気も・・・。
    ボリュームも(すべてのイベントをこなすとして)1周20時間ぐらいにすれば、浅すぎる感もなくなるかも。その分周回要素を減らさないとダルいので、難しいところですね。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 4 3
  • 着眼点は良い。でも肝心のゲーム内容は褒められるクオリティではない 35
    良い点
    ●秋葉原という現実の街を舞台にし、実在する店舗や商品を盛り込んだ、これまでに無い着眼点。
    ●通りすがりのNPCに対して自由に話しかけられる、喧嘩を売れる、アイテムを強奪できると、同社の侍道シリーズに近いゲーム感覚で自由度が高い。
    ●「脱衣で相手を倒す」という馬鹿馬鹿しいアクションを大真面目に取り入れた、ある種「良い意味でのバカゲー」を貫き通している。
    悪い点
    ×処理落ちがひどい。路上で数人を相手に戦闘が始まるとフレームレートが一気に下がり、まともに歩く事も出来ないほど。
    ×秋葉原を題材にしているが、秋葉原に興味の無い人間にとってはセールスポイントにならないのでは?秋葉原に固執しすぎた感がある。
    ×頻繁なロード。マップによっては数歩歩いただけでマップ切り替えが生じるなど、ロード地獄に耐えなければならないのは辛い。
    ×戦闘が大味すぎる。攻撃のモーション数が僅か数種類しかない為、最初から最後までパンチとキックor武器くらいしか攻撃手段が無く、途中から戦闘が作業になる。
    総評
    現実の秋葉原を再現するという着眼点は素晴らしいと思います。ですが、肝心のゲーム内容がコンセプトに負けてしまっています。

    とにかく酷いのが処理落ち。戦闘が始まると、無作為に歩いているだけのNPCが次々と乱入してくる為、凄まじくフレームレートが下がり、まともに戦闘を遊べません。
    また戦闘は「脱衣」という相手の服を脱がすアクション以外はいたって普通(か並以下)で、アクション性が乏しく、敵も自分も「殴る・蹴る・武器を振り回す」くらいのアクションしか出来ず、途中から新鮮味が無くなってしまいます。折角のアクションゲームなのですから、ここを最も掘り下げるべきではなかったのではないでしょうか。

    秋葉原のマップは区画分けされており、マップ間移動ではロードが発生します。1マップが非常に小さいため、僅か数歩歩いただけでマップ切り替えという場所も存在します。移動しようとすると、とにかくロードの嵐で、非常にやる気を削がれました。ハードの仕様上、仕方の無い事かもしれませんが、ユーザビリティにも気を配って欲しかった。

    総合すると「コンセプトは面白いが、肝心のゲーム性が追いついていない」という結論に達しました。決して悪いソフトではないのですが、もう少しクオリティを上げてから発売すべきだと強く感じました。非常に残念です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 2 2
  • 質は多分低い、でも面白い 80
    • 投稿者:CAM(男性/30代)
    • 投稿日:2011/05/24
    良い点
    〔な中毒性がある
    やることは脱がせつつシナリオを進める、これだけなので作業と言えば作業であるはずなのに不思議な魅力がある。秋葉原という実際にある街を忠実に再現しているため、無意識で状況を脳内で保管しているのかもしれない。

    程よいやり込み要素がある
    ただ、シナリオに沿ってクリアするだけなら5時間かからないんじゃないかというくらいです。ただ、衣類のコンプリートやサブミッション、小ネタ探しなど少なくとも5周くらいはしなければやり切れないです。何百時間も掛けないとならないっていう難易度は勘弁して欲しい、自分みたいなタイプには丁度良かったです。
    悪い点
    .哀薀侫ックがいまいち
    これはハード側の問題かもしれませんが、人気のある声優さんを起用して、キャラゲーのようにしている割にはグラフィックに活かされていないので、「立ち絵が可愛くて好みだった」などの理由で購入するときっと不満を覚えます。

    ▲侫蝓璽坤丱
    マップ進行中・ロード画面中にフリーズを起こします。私のPSPの問題かと思いましたが、レビューサイトを見ているとそうではないようです。30時間くらいやって2回フリーズを起こしました。

    ロードの回数と長さ(及び広告)
    1つのマップが思っていたより狭かったです。マップ切り替え毎にロード画面に入り、インストールしたとしても3-5秒かかります。マップ移動をかなりの頻度で求められるゲームなので、これが結構痛いです。また、ロード画面には協賛企業の広告が出ますが、回数が多いため、それも鬱陶しく感じてきます。

    そ萢落ち
    激しい視点移動をすると、フィールドのテクスチャの貼り遅れが生じます。また、街中での乱闘などで、敵キャラが5人くらいになると、処理落ちし、スローモーションになります。30人を倒すミッションなどがあることを考えると、これはどうかと思います。
    総評
    悪い点で書いたように、ゲームとしての出来は恐らく悪いのですが、すごく魅力のあるゲームです。欠点に感じたのはゲームの作りとしての部分であって、内容に対する不満は無いので、そこが改善されたらかなり評価が跳ね上がるのではないかと思います。

    不満はありますが、ここまでハマって出来たゲームは久々でした。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 4 2 5 4
  • アクワイアらしさがでた意欲作 80
    • 投稿者:KITA(男性/30代)
    • 投稿日:2011/05/23
    良い点
    ・多彩な着せ替え要素。
    強化出来るので突き詰めれば好きな服と武器を使い続けられるのは良い感じ。

    ・戦闘の駆け引き
    服を全部脱がされると主人公も敵も死んでしまうので、下手に畳み掛けるとカウンターで逆転される。
    ステップでの距離の読み合いや、相手の大技を止めるか回避するかの駆け引きは面白い。
    多数に囲まれるのも最初の内はストレスが溜まりまったが、
    慣れてくると上手く立ち回れば攻略できるため、面白い要素に変わった。

    ・ストーリーは王道。
    いい意味で予想通り。最後の戦いは熱い。
    悪い点
    ・ロードが長い
    頻繁に起こる上にロードが長い。
    加えて確定ではないがフリーズの報告もそれなりに出ており、注意が必要。

    ・処理落ち
    一対多の戦闘が多いのだが、その際処理落ちが激しい。

    ・キャラのグラフィックが少し荒い
    他のキャラはイラストが出てくるのでそっちに意識が向くが、主人公の顔が・・・。
    日本人離れしすぎである。
    妹を着せ替える要素があるのだが、こちらもイラスト無しなので、
    アップで映されてもあまり嬉しくない。

    ・プレイヤーに対して少し不親切。
    主人公が戦闘中に狙っている敵を示すサインは主人公の顔の向きのみ。
    乱戦時にそんな物見ていられない。ロックオンカーソルでも出してほしかった。
    殆どの説明がゲーム中で行われるため、読み飛ばしたり忘れたりしても再確認できない。
    説明書が極めて不親切で実質8ページしかなく、幾つかの情報が載っていない。
    非常に店が多いゲームなのにマップ上で確認出来ないため、いちいちマップに入って確認する事になる。
    どれも似たような店なので覚えにくく、面倒くさいにも程がある。
    総評
    個人的には当たり。
    服を脱がしあう意味不明なゲームですが、中身は王道アクションでした。
    戦闘も悪くないと思いますし、ストーリーも分かりやすく面白いです。

    ただ本当に不親切です。説明書がでかい紙一枚なのは失笑モノ

    最初の内はストレスが溜まりますが、慣れてくれば面白いです。
    侍道なんかが好きならきっと楽しめると思います
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 2 4 4
  • どうなんだろう 60
    良い点
    まず3Dでの秋葉原の町並み再現がすごいと思います。
    それと同時に秋葉原にある多くの店、企業がが色々な形で
    参加している事が感じとれました。
    またLV設定も初期で3段階あり
    アクションゲーム苦手な人でも得意な人それぞれに
    あわせた設定がよかったと思います。
    キャラクターデザインがいいので
    目を引きますね。
    悪い点
    まず感じたのは移動時のロード時間が長すぎます。
    また途中長々解説があったりして
    短時間、短時間でプレイ進める人には
    あの長さは論外の長さだと思います。
    3Dキャラもうちょいどうにかならなかったのか
    疑問点があった。(実際のキャラデザインとギャップが激しすぎる)
    戦闘時変なはまりかたすると袋叩きにされて
    抜け出されなくなったりしてアクション苦手な人だと
    難しいとこがあったりした。
    プレイ中何度もヒントからもわからなく次どこみたいな事多く
    その辺で苦戦が多かった。
    総評
    さすがトトモノ出してるアクワイア
    フィールドのデザインと再現は文句のつけようがないです。
    ただキャラが苦手なのかそこでちょっとひいてしまいましたけど
    今後似たような作品作るときに期待は出来そうです。
    他の3Dゲームでもいい悪いありますが
    ロード時間の長いのはやはりいい作品作っても
    大きなマイナス点だと思うのでどうにかしてほしいが
    本音で出てしまいますね。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 4 3
  • 舞台を秋葉原に移した侍道 75
    良い点
    操作体系
    女性固有キャラのモデリング
    多彩な服装、武器、強化の仕様
    アキバの町並み、タイアップによる再現度
    ストーリー進行が「○○せよ」と指示されるため迷わない
    ジュブナイルであるものの、アクワイア独自の毒や癖を感じられる展開
    悪い点
    操作体系
    主人公のモデリング
    大多数の敵と対峙したときの重い動作
    (ごく少数の)服装にみられる中途半端な説明?文
    指定目的達成型なのでやらされてる感がある
    総評
    本当は侍道というよりは喧嘩番長ですが…(一応アクワイアなので侍道に)

    侍道、喧嘩番長シリーズに初めて触れた時のとっつきにくさ
    かつ、ハマった時の中毒性、といった表現が自分的にはしっくりきます。

    最初はただただ「目的の敵と違う敵に攻撃」だの「正面向くつもりが武器納め」だの
    事故りまくったりしてイライラしてましたが、結局はいつもの通り、慣れ、ですね。

    一度慣れてしまえばカウンターしつつ全体的に削って、一気に連続ストリップで
    蹴散らしたり(気持ちいい!)、警官を呼び込んで相手逮捕させて、数減らしたり…

    慣れるまでは苦痛な操作体系で、慣れれば実にスマートな操作体系に感じました

    ストーリーも合間合間に挟まれる「アクワイアらしい選択肢」のお陰で
    中だるみすることなく楽しめています、選択肢で大幅に展開かわるのかな?

    難易度について…最高難易度でプレイしましたが、縛りプレイでもしない限りは
    他作品と比べると結構ヌルく感じますね、難易度設定いらなかったのでは

    服装、武器の種類はさすがですね、眺めてるだけでも(妹もいるし)楽しい!
    が、たまにある服装の解説?だけは、他のにも付けられないなら無い方がよかった


    悪い点の「主人公のモデリング」ですが、イラストがなければアレで完璧でした
    いつも通りのアクワイア(侍道シリーズ)らしい主人公って感じでしたし

    ただ、女性固有キャラをイラスト基準?でかわいく仕上げてるので
    相対的に主人公が残念な事に…イラストの主人公は中性的で優しい目つきなのに
    ゲーム中では…あの眼光はどうみても修羅場を潜り抜けてきた、もののふの眼です

    ともあれ侍道、喧嘩番長が好き、かつオタク文化に造詣が深い人にはオススメです。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 4 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月