オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!公式サイトへ
読者の評価
66
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!

ガールズ&パンツァー 戦車道、極めます!
公式サイト http://garupan-game.bngames.net
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2014/06/26
価格 通常版:6640円(税抜)
初回限定版:9980円(税抜)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
66
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ゲームとしてではなく、アニメDVDの代わり+ゲームはおまけ と考えたほうがいいかもしれない 75
    • 投稿者:samasama76(男性/10代)
    • 投稿日:2014/07/21
    良い点
    ・アニメ本編のほとんどの部分が収録されている。…全体的にカットシーン多めです。戦闘もステップごとに分かれている感じで、やることは「フラッグ車を走行不能にする」「全車走行不能にする」「特定の地点まで行く」の3種類程度しかないので初心者でも比較的簡単にクリアすることができます。基本的にあんこうチーム編すべてクリアすればアニメ本編をほぼすべて見たようなものになるので「アニメDVD欲しいけど6巻全部そろえるのはちょっと高いなぁ…」と思っている人にはいいかもしれません。

    ・それなりのマップの広さ…どのマップもそれなりの広さを持ってます。BFのコンクエマップほどではありませんがWoTとほぼ同じ大きさと思っていいでしょう。(ただし、ストーリモードでは都合上マップも一部小さくされるところもあります。) 特に大洗市街地の再現度はよく、物理的に通れない狭さの道を除いてほぼすべての道、特有の建物(主に作中に出てきた店や旅館等)が再現されてるといっていいでしょう。

    ・それなりの車両数…WoT程の収録数ではないですが、現段階で改造、仕様違い含め46車種確認しています。ストーリーに登場してきた車両以外にもまだあるようです。(早期購入特典のP40の前に7両存在します)おそらく今後DLCで配信されるものかと思います。

    ・システム全般…発売前に大洗町民などにプレイさせてたほど操作自体は簡単です。照準アシストも強いのでFPS、TPSでのエイムが苦手な人でも安心です。

    ・キャラクターグラフィック…一部の車種を除いて車長が時々キューポラから出てきます。(攻撃を受けると中に戻ってしまいますが)キャラクターも結構小さいのですが、一目で細部まで判別できるほどよくできています。特典のP40に搭乗するアンチョビも特徴的なドリルヘアーがきちんと再現されています。

    ・ボリューム…ストーリーもあんこうチームだけではなく他のチーム目線でのストーリーもあるので十分楽しめます。ただし、解放条件がちょっと厳しいものもあります。(基本的にはあんこうチームでの各ステージのクリア時の評価によって解放されます)

    ・限定版のおまけ…これはコレクターアイテムとしてはかなりいいと思います。ぶっちゃけこれを目的に買ってもいいでしょう。(知り合いにもVita持ってないのにおまけ目当てで買った方がいます。本人は満足してました。)

    ・バトルロワイヤルモード…これは自分の好きな組み合わせでバトルすることができます。その気になれば作中に登場した各校の隊長軍団VS各校モブキャラ戦車という容赦ないこともできます。
    悪い点
    ・グラフィック…プレイ上は最大20台が同時に闘い、PSVitaである都合上そこまでよくありません。WoTの最低設定に影がついたレベル、もしくはBF1942〜2程度のグラフィックだと思ってください。まぁ気にしない人には大した問題点ではありません。また黒森峰戦で煙幕を張るのですが、このとき処理落ちが発生しやすくなります。(すぐにカットシーンになり、カットシーンの間で煙を消す(というより裏でロードしなおしている?)のでそこまで問題でもありません。)

    ・挙動…超信地旋回はできません。WW2の戦車ではできる車種も少ないのでこれは仕方ないことですが、WoTではできる車両もあるので注意を。 BFやWoTで慣れてるとこの作品の戦車の挙動には違和感を覚えると思います。超信地旋回を除いても全体的に挙動は戦車というよりは車に近い感覚があります。 また走行中、柵は破壊できるのですが人の力でも簡単に倒せそうな木や道路標識は倒せず引っかかってしまいます。壁なども斜めに突っ込んでもそのまま前に進んで行ってしまいます。

    ・弾道…誰でも簡単にプレイできるようにしたために、弾道の低下とかはありません。スコープ表示で距離別のレティクルはありますが意味はないです。かなり遠くまでまっすぐに飛んでいきます。また、距離による威力減衰が大きく、たいていの車両で有効射程はだいたい0〜20m程と言っていいです。 それより遠いとたとえ後ろを狙ってもカスダメ程度ですし、100m程度を超えるとダメージはほぼ入りません。 まぁ戦車道で使われている弾は貫通することがないという設定なのでそれはそれでいいのかも知れません。

    ・敵のAI…これはどちらかというと一長一短です。敵もこちらが動いていれば偏差撃ちしてくるのでこっちも逆に急停止したり等の動きをしないと食らいます。たまにバグなのか見当違いの角度(最高、最低角度で撃ったりすることが)を撃ったりすることもあります。悪いところは、すでに別の味方と戦っている敵に攻撃を仕掛けると味方を無視してプレイヤーに攻撃対象を移してしまいます。ここはもう少し凝ってほしかったです(逃げ出すなどしてほしかった。)また走行不能になった戦車には当たり判定が消えるのではたから見れば貫通しているように見えることもあります。(まぁ道も狭いところがあるのでそういったところで塞がれないようにするための対策だと思いますが)

    ・マルチプレイ…通信対戦機能は無いです

    ・演出…作中ではIV号がドリフトするようなシーンもありましたが、ゲームではそのようなことは無理です(当たり前か)

    ・システム…オプションの項目は音量調整だけです。個人的にはアナログスティックの入力の反転のOn,Off スティックの感度などの調節ができればよかったと思います。 操作方法の変更は一切無いので、他のゲームと同じような操作方法にすることはできません。

    ・モブキャラ…基本的に名前のついていないモブキャラの乗っていた戦車も利用可能ですが、名前が判明しているキャラの戦車と違い会話は単調です。「当たったー」「当てられたー」ぐらいしか言いません。アニメではモブキャラもしっかり一人一人可愛くかけていたのでせめてゲームでの扱いも名前ありのキャラと同等ぐらいにしてもらいたかったです。
    総評
    ミリタリー系が好き+ガルパンの再放送見て面白かったのが理由で限定版を購入しました。
    WoT,BattleField(1942、2、BC2、3、4)ともに経験しているのでそれらとの比較も交えてのレビューです。
    総評としていえば戦車ゲームというよりはキャラゲーと言っていいでしょう。本格的な戦車ゲームをやりたい方はこれを買うよりはその金でWoTに課金するorBF4を買うほうがいいと思います。あくまで作品ファンの為のゲームだと思ってください。

    結構悪い点も書きましたが、別にそこまで悪いものではなくせめて次回作を出すのであれば操作性の改善とグラフィックの向上、演出を良くしてもらいたいです。(別にPSVitaでなくてもいいです。個人的にはPC版を作ってもらいたい…)
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 4 4
  • しまった、キャラゲーだった 60
    良い点
    ・女の子が可愛い
    みんな可愛いです
    ムカつくキャラもいますが、可愛いです。

    ・戦車の塗装が独特で面白い
    初めはこんな目立つ塗装があるかと怒りを覚えましたが、初めだけでした。
    戦争ではなく競技のようですので、
    「むしろ迷彩とか卑怯だろ」
    という今までにない男らしい視点のゲームだと思いました。

    ・数少ない戦車ゲームである。
    好きなチームを編成してのミッション挑戦が可能です。

    ・パラメータが分かり易い
    攻撃、防御、速度、HPのS・A・B・C・Dの5段評価です。
    かなりとっつきやすいと思います。

    ・原作ムービーが随所に織り込まれている。
    原作未見ですが、ストーリーやキャラクター性はよく理解できました。
    悪い点
    ・乗り換えは無い
    原作は見ていないのですが、戦車とキャラクターは一心同体みたいです。
    ですから、戦車能力=キャラ能力といってよく、編成バリエーションには限界があります。

    ・砲弾は基本直進
    砲弾は放物線を描きません。

    ・砲弾は1種類
    砲弾に種類はありません。

    ・戦車の能力値が適当
    ディーゼルエンジンの整地全速で時速25キロの八九式中戦車が速度S、
    ガソリンエンジンを積んで時速40キロ近かったM3リーが速度Bと、
    愛国心溢れるパラメータ設定になっています…かと思えば。
    シャーマン戦車はオールA、改造シャーマンのファイアフライにいたっては攻撃がSと
    アメリカでの発売を見越したアメリカ万歳パラメータとなっています。

    ・防御高/攻撃弱の世界観
    戦車砲が十何発命中してやっと倒せるという異常に装甲優位の設定です。

    ・壁付近での謎移動
    壁にほぼ併走中、斜めに壁にぶつかっても、戦車は止まらず、横滑りしつつ移動し続けます。
    敵がこれをやってくるとキャタピラと直角の平行移動で砲弾を避けられることもあり、
    壁付近でのエイミングには注意が必要です。

    ・ザッピングで能力値アップ
    プレイヤーキャラから仲間キャラにザッピングすると能力が上がります。
    攻撃力が増大して、砲の装填速度も上がります。
    ですが、自分自身にザッピングができないため、プレイヤーキャラはこの恩恵を受けられません。
    総評
    原作を見たことない戦車好きの衝動買いです。

    かつての戦車ゲームの名作、パンツァーフロントなどと比べると
    細かいところで「こんなの戦車の動きじゃないやい」的なツッコミは枚挙にいとまがありません。

    挙動や兵器特製のリアリズムをダイナミズムで無視した作品にしても
    チョロQタンクほどの完成度には遠く及ばず、戦闘自体の楽しさも乏しいものでした。

    もう少し戦車シューティングゲームとしての体裁を整え、成長要素やコレクション要素があれば、
    ゲーム単体としてもガールズ&パンツァーという作品が普及したかもしれないのに
    非常に残念な作品です。

    「キャラゲーってこんなものだよね。どうせ続編作らないし売り逃げればいいよね」
    という事になってしまえば、ますますこの手のゲームとしてのレベルは下がり、
    買い手に警戒され、間口は狭くなってしまうと思います。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 2 1
  • ガルパンファンのコレクタアイテムのひとつ 65
    • 投稿者:hatenhime(女性/20代)
    • 投稿日:2014/06/28
    良い点
    ・原作アニメの追体験ができる

    ・随所にアニメ(ムービー)が観れる

    ・ガルパンの登場戦車に乗れる

    ・原作とは違う展開も少しある

    ・ボイスは録り直しして収録(ムービーシーン以外)

    ・各陣営のテーマーソング?みたいないのは再現されてる又、いつでも視聴可能


    悪い点
    【ストーリモード】

    ・声優陣の取り直しボイスだが角谷 杏(会長CV福圓美里)がやる気無なのか原作と少しニュアンスやトーンが違う(他の方は原作と同じ)
    ※キャラゲーとしては非常に残念すぎる。スタッフ又はプロデューサはちゃんとチェックしてください。声優はプロなんだからちゃんとしてほしい。

    ・ストーリーモードの話の展開が繋がりがないためいきなし話が飛ぶので原作アニメ見てないとついていけない
    ※このあたりは原作アニメ見てるだろうという観点すぎ原作見てない方には特に意味不明

    ・ストーリーモードの立ち絵はアニメ版の切り抜き止画像で手抜き
    ※悪くはないが書き下ろしで表情付けてくれたほうがキャラのかわいさ等がひきたつ。ユーザー視点では手抜きとしか見れない

    ・各ミッションで時間制限はいらない
    ※好きなようにやらせてほしい。尚残り時間で敵のフラッグ車が登場したり、イベントが発生するので時間切れになりやすいこともある

    ・アンツィオ戦は皆無は残念
    ※ゲームくらいはちゃんとやらせてよ(観せて)

    ・ザッピングシステムは制限があって常に切り替えできない
    ※本格敵戦車ゲームじゃないんだから常に変更させてもらいたいもの


    総評
    ・過度の期待はしないでガルパンコレクションのひとつと考えるのが妥当。当然この手のゲームはファン以外購入しないだろうが最低限アニメを視聴していないとわけわからないことも多い。
    一応ガルパンの魅力は十分に堪能できるし、各陣営及びキャラの掛け声等も堪能できるは良。
    ただなんか中途半端でどうもところどころで手抜き観がみれてしまい残念。

    戦術(みほが支持して各車両を動かす)イベント以外では皆無。基本ゴリ押し戦闘になる。
    アニメの戦闘戦術が頭に入ってればイベントが発生するのもあるので試す価値あり。
    各ミッションに制限時間が儲けられてるが時間切れでゲームオーバーの箇所のある。これは別に制限なしでもいい気もするが・・。
    またミッションによっては難易度が高いのも有り何度もやり直しさせられる箇所もある。そのため戦車のクセや操作を覚えてないと厳しい。
    戦車の操縦はまあ、こんなものかなと慣れるしかないです。

    会話の噴出しも名前が出ないのでガルパン知らないと??な部分、またザッピングで切り替えも地図では番号と戦車の形なので切り替えるときは番号と各車の隊長?の顔だけなのでこれも知らないとわからない。ガルパンファン以外の方には不親切設計が多々あります。

    おおざっぱに言えば戦車ゲームしてるというよりアニメを見てる感じ。ファンならまだしもそれ以外の方にはお勧めできない代物。

    キャラゲー感にしても戦車ゲームにしてもどうも中途半端な出来ではがゆいのですがまあまあ遊べる範囲ではないでしょうか。少なくとも私はまあまあ、遊んでます。
    最後のお姉さん(まほ)戦はかなり厳しい展開で何度もやりなおしましたが・・。

    あんこうチームでただクリアするだけなら数時間でできてしまうでしょう。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 2 3 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月