オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
信長の野望 Online 〜覚醒の章〜公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

信長の野望 Online 〜覚醒の章〜

信長の野望 Online 〜覚醒の章〜
公式サイト http://www.gamecity.ne.jp/nol/kakusei/index.htm
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元 コーエーテクモゲームス
発売日 2014/12/17
価格 バーチャルパック,バーチャルスターターパック:各6800円(+税)
プレミアムバーチャルパック:9800円(+税)
TREASURE BOX:1万3800円(+税)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
80
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 和風MMORPGの草分け的ゲーム、十年以上続いてきた歴史は重い。 80
    • 投稿者:ponta(男性/30代)
    • 投稿日:2015/02/24
    良い点
    ・2015年6月で12周年を迎える、これは国内のMMORPGとしてはトップレベル(最長ではないが)の長さ。
    ・長く続いたゲームだけあってコンテンツの量の多さは凄まじい。
    (普通にやったらエンドコンテンツまで含めて効率的にやっても一年では全部は回りきれない。)
    ・月額課金なのでお金をそんなに使わない。(1〜2年に一回のアップデート料は別途必要)
    ・休止したユーザーが復帰するパターンが多い。
    ・後発ユーザーでも中級クラスまでは楽に到達することが出来る。
    ・日本の歴史や神話に出てくるような有名武将や古い神、妖怪などが数多く出てくる。(そういうものが好きなユーザーであれば)
    ・戦闘システムがシネマチックバトルというほかではあまりみない方式を使っているためアクション要素が苦手な人でもエンドコンテンツまで遊びやすい。
    ・BGMは相変わらず神レベル。
    悪い点
    ・コンテンツが多いので、何から手をつけたらいいか判らない。
    長く続いたゲームで、コンテンツが多いため初心者や帰参者(休止から復帰した人のこと)がチュートリアル的なクエストを終えたときに何をしたらいいのか(何をしてもいいのだが)戸惑う。
    ・PS2を引きずりすぎた。
    原点がPS2で発売されたゲームだけあってPS2対応期間を14年末まで続けた。結果グラフィックの点で他ゲームに遅れを取った。
    ・コンテンツの中には縛りが強すぎて実質使われていないコンテンツも存在する。
    多人数が必要なコンテンツ、特に高千穂系の神コンテンツは誰もプレイしていない(いくのが非常に難しい)
    ・他ゲームでいうギルド、クランシステムに相当する一門が今では国とあまり関係なくなっている。
    国の中の一門という位置づけであるはず。
    ・生産コンテンツの複雑さ、煩雑さ
    アップデート毎に増えたアイテムの多さが足を引っ張っている。
    ・新規獲得に向けての動きのわるさ
    新規ユーザーを獲得しようという宣伝の部分でコーエーの工夫が足りない。
    エロゲーのようなバナーを出してもユーザーは誤解するだけ。
    総評
    数年間このゲームから離れてここ数ヶ月復帰した。
    復帰してすぐは右も左も判らないくらいコンテンツが増えていた。
    戦闘の基本は同じだったが、使える技能や強さの桁が違うので戸惑った。


    良くも悪くも続いてきた歴史が広がったシステム、コンテンツを膨大なものにしている。
    大規模アップデートを含めて何度も大きな改変が行われているが『削る』ことの困難さを見て取ることが出来る。

    アイテムを作る生産システム、コレの大規模な手入れが行われ稼業システムになった。
    職縛りがなくなり、誰でも好きなものを作ることが出来るようになった一方で、生産に必要な素材の複雑さは解消仕切れなかった。

    10年をこえ、大規模アップデート毎に増えたコンテンツの現状に即した手入れが必要な時期であることは間違いないといえる。

    以上の全てを踏まえ、別ゲームなども体験した上で和風ものが好きなユーザーは今段階でも十分に楽しむことが出来ると評する。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 3 4 5
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日