オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
公式サイト http://cinderella.idolmaster.jp/sl-stage/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2015/09/03
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
65
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 今後の拡充が期待されるタイトル(2015/09/12時点) 65
    • 投稿者:垢魔37(男性/40代)
    • 投稿日:2015/09/12
    良い点
    ■モバマスのキャラが動く!喋る!可愛い!
     既にアニメやPS3のゲームで実現している部分ですが、原作テイストに近いキャラクター像で描かれていてとても好印象です。
     ゲームとしての価値よりファンアイテムとしての側面が強いタイトルですから、ここがしっかりしているのは本当に本当に素晴らしい事だと思います。

     個人的に「えっ、このキャラこんなキンキン声なの…?」とか「えっ、このキャラ歌推しっぽいのにこの程度の歌唱力なの…?」と思う部分もあるのですが、そこはユーザが支えて育てるかどうかで決まる部分だろうと割り切れました。


    ■課金圧力があんまりない!
     何をするにも課金課金!な雰囲気がわりとあったモバマスに対して、「あれっ、俺まだ全然金使ってないぞ!?」とか不安になるぐらい課金圧力が弱いです。
     今はガチャでお気に入りのアイドルを揃える期間という事なのかもしれませんが、取り敢えず様子見で遊んでみるにはいい感じです。

    悪い点
    ■音ゲーとしてつまらん
     曲に合わせて降って来るオブジェクトを、タイミングよくタップして繋げていく良くあるタイプの音ゲーです。
     ミスがたまると曲の途中でもゲームオーバーになります。

     タップすると、カラオケで鳴らすようなタンバリンの音がします。
     カラオケならばグルーヴ感もあるのでしょうが、CD聞きながら一人タンバリン振る気分。
     言ってしまえば、完成した楽曲に、タイミングよくノイズを足し続けるゲームです。

     ノイズならノイズなりに、例えば好きなリズムで鳴らして(クリアは出来なくても)好きにアレンジとか、そういう「ゲームというより玩具」な遊び方もあると思うんですが、やろうとするとすぐゲームオーバーになるので出来ません。

     オブジェクトの降らせ方も、難易度を出す都合見えにくくしてある、みたいな部分が透けて見えてちょっとがっかりします。


    ■曲が単調でつまらん
     これはゲームというよりシンデレラガールズというコンテンツ全体の問題なのですが、ほとんどの曲が「明るく可愛い、元気で毒のないアイドルの自己主張」といった感じの歌です。
     先祖(直系ではないのでネタ元と言うべきでしょうか)にあたるアイマスはもっとこう、「(アイドル本人のキャラクター性と必ずしもシンクロしない)アイドル歌謡曲」という感じで、バリエーション豊かだったと思うのですが。ここははっきり、劣化している部分でしょう。

     こうして音ゲーになったのを機に、バリエーションをどんどん増やしていければと思います。
     その過程で、詞の気持ち悪さ(内容は好みとして、詞をメロディに乗せた時アクセントや区切りが滅茶苦茶で聞いていて不愉快)も改善されればいいなと思います。


    ■動画のバリエーションが貧弱
     全てを確認したわけではないのですが、5人ユニットが基本(ソロとかデュオ、トリオ等は不可)です。
     そうなっている都合は「ボタン5つにそれぞれアイドルのアイコンを表示する」「人数が変わると振り付けやカメラワークも変えなければいけない」あたりだと思うのですが、正直「そこってこだわるトコ?」と思います。まぁ後者はコストの問題が入るので、そうせざるを得ない部分はあると思いますが。

     そしてこれまた全てを確認したわけではないのですが、プレイヤーが操作しても例えばアイドルが特別なアクションをしたり、アップになったりという事はありません。
     特定のアイドルを特定の楽曲に参加させた時のバリエーションとかはなく、衣装も全て曲毎に一定です。
     全て楽曲ごとのムービーで決められた通りです。

     ここは「悪い」というほどの話でもないのですが、今後の拡充に期待します。
    総評
    ゲーム部分を端的に表すとこんな感じ:
     PV見ながら一人タンバリンを鳴らすゲーム。ただしダメ出しアリ。


    総評として、音ゲーとしては凡作、ファンアイテムとしては超傑作という感じです。

    音ゲー部分は今後いくらでも化けると思うので、今後の発展に心から期待します。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 1 4 3 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月