オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-公式サイトへ
  • 日本ファルコム
  • 発売日:2018/09/27
  • 価格:通常版:7800円+税
    永久保存版:11800円+税
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
67
投稿数:14
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-

英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-
公式サイト https://www.falcom.co.jp/sen4/
発売元 日本ファルコム
開発元
発売日 2018/09/27
価格 通常版:7800円+税
永久保存版:11800円+税
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
67
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • シナリオが完結したこと「だけ」はよかった 30
    • 投稿者:きど(男性/20代)
    • 投稿日:2019/05/05
    良い点
    とにもかくにもシナリオが内容的に一段落したこと
    悪い点
    ・機神という存在
    ・シナリオ
    無駄に風呂敷を広げすぎた設定+世界観の崩壊
    ・機種についてこれていないポリゴンなどのモデル
    総評
    なぜか四本も続いたゲームのシナリオがようやく終わった、この一言に尽きる。
    主に「検廚世、シリーズ全体として何が悪かったかを挙げていきます。

    ・よかったところ
    リィンくん報われてよかったね
    閃が一段落したのはプレイヤー側にとっても好材料です。

    ・機神戦
    間違いなくこのゲーム一番の癌
    この戦闘が本当にダメ。
    ラスボスに至ってはnightmareでバフが入るとこちらの四倍ほどのスピードで動いてくる(こちらの防御行動に対して防御がとける間に二回殴られる)上に主人公機以外は二発でダウンするためどうしようもない。結局は一回の戦闘で30分以上同じことの繰り返し。
    大味なバランスなだけならまだいいが演出も冗長で苦痛。
    人同士の戦いの場合はレベリングやアイテムで回避できる部分もあるが戦闘力が固定のためただただ作業。
    その上使用アイテムは雑魚狩りもしくはフィールドの破壊オブジェクトを破壊することでしかほぼ入手できないため、稼ぎが非常に面倒。せめて店売りにしてくれ。それと必要数も多すぎる。
    また、存在そのものがシナリオに与えた影響は大きい。
    たしかにシリーズではパテル=マテルやアイオーンなどの超常的なロボットは出てきていたが、自律行動型であることがほぼで人が搭乗して操作することはなかった。
    それに人が乗ってしまったら「人」の枠を超えてしまうのです。
    もともと人外キャラが多かったシナリオではあるが、その人外キャラまでロボに乗せてしまってはキャラ本体の魅力が半減以下になっていました。
    なんならお前乗らないほうが強いだろうと。
    ライターが書きたかった内容に設定が引っ張られすぎたおかげでずっと続いてきた諸設定が無駄になってしまっている。本当に悪。


    ・シナリオ
    ほかの方も多く書かれているが語彙力はなろう小説を書きたがっている中学生レベル。
    とても商業で出していいものとは思えないようなやり取りばかりを繰り返す上に陳腐な表現が続きまったく感情移入できない。
    その上メーカーが味をしめたであろう分割商法のあおりを受けたのか、無駄な内容が多すぎる。もっと短くして大丈夫でしょうこれ。
    ラストバトルで6人チーム×3で18人使っても半分くらい余ってるのを見てさすがに笑ってしまいました。そりゃあテンポも悪くなりますね。

    ちなみに、グッドエンドをみるためには一度ノーマルエンドを見る必要があるのですがこれ、必要性が感じられません。
    ノーマルエンドをみたからといってグッドエンドに対する評価も変わりませんし。
    ゲームの中の設定を使わせてもらうなら「可能世界」ってこういうことですよ、ってことですかね。


    また、「空」から続く世界観がこの閃シリーズですべて破壊されてしまいました。
    導力という前時代的だが先進的で、魅力的な設定がどうしてこうなってしまったのか。
    白兵戦がメインだったが気づけばロボバトル。敵は律儀にこちらがロボに乗るのを待ってくれるし、棒立ちで応援してるだけの仲間には触れもしない。
    人は死んでも生き返るし悪人設定だったはずの人も実は呪いの影響でって・・・は?
    15年前からあったとは思えないようなどんでん返しの連続にはさすがに悪い意味でびっくりしました。
    広げに広げてしまった風呂敷をどうやってたたむのか、見ものです。


    ・ポリゴンやモデリング
    有名どころで同じハードを使ったRPGですと、発売の二年前にペルソナ5が出ていて、一年前にはドラクエ11が出ています。
    ですが発売が一番遅いはずの閃の軌跡犬離櫂螢乾鵑一番酷いです。どこかカクカクしているし動きは一緒だしキャラによっては根本のモデリングが一緒だし悪いところを挙げればキリがありません。
    いいところはアルティナくらいですか。アルティナだけ異常に出来がいいです。なぜほかのキャラでこれができないのか、これがわからない。
    おそらく閃1で作ったvitaのものから全てを流用しているのだと思いますが、年単位で続編を作っておいてそれはさすがにお粗末じゃないですか。
    無駄に数の多いDLCを作る前にやることがあるんじゃないですかね。



    悪い点の方が圧倒的に多いですが、「シナリオ公式正統続編」を人質に取られていますので、とやかく言われても私は次回作もプレイすると思います。
    次回作への期待としては、閃を書いたライターが一人でも多く関わっていないことを祈っています。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 2 1
  • 軌跡シリーズを最初からプレイ済みなら最高の作品 95
    • 投稿者:daita(男性/40代)
    • 投稿日:2019/02/02
    良い点
    タイトルまんまです。かなり大雑把に空→零→閃とシリーズ全て
    プレイ済みならば間違いなく良作。

    シリーズの主人公や仲間がかなり集結して操作もできる。

    ご都合主義などと卑屈にとらえず素直に楽しめる人にはムネアツな展開が多い。
    故にストーリー重視のRPGを遊びたい人には合うと思う。

    戦闘システムが基本的にシリーズ通して変に変わってないので
    おっさんでも若人でも年齢を選ばず、操作も急がせたりしないので
    グダグダしながら自分のペースで遊べる。

    何よりもシリーズの中で最もハッピーな終わり方が可能。
    悪い点
    自分が好きなので悪い点があまりないのですが
    良い点であげたように空の軌跡から通してやっていない人は
    肝心の感情移入が出来ないと思うのでつまらないと切って捨ててしまうだろう。

    閃の軌跡はタイトル通り4部作で1〜3の終わり方にはかなり不満というか
    スッキリしない終わり方をする。(逆を言えば完結まで遊べるのでもう問題ないと思うが)
    総評
    完全に好みがわかれると思う。
    とにかく閃の軌跡から始めるのはお勧めできない。
    シリーズ全てをやってきて閃をプレイすれば最高と言える作品。
    物語を純粋に楽しめて戦闘が何故か飽きない。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • RPG製作者の意地と荒業 95
    良い点
    ・魅力的なキャラとその数が圧倒的
    ・押さえるところを押さえたストーリー
    ・ド安定のファルコムサウンド
    ・最終決戦時の盛り上がり、きっちりケリをつけた大団円
    ・明かされた謎と新たな謎により次回作への期待
    悪い点
    ・量に特化したため質の分での劇的な変化は前作からあまりない(グラフィック・モーション等)
    ・多くのキャラの物語にほぼケリを付けた半面、同じような展開がやや多くみられる
    ・それでも登場しないキャラ、もっと活躍が見たいキャラがいる
    ・OPアニメについてはプレOPがかっこいいので無理に作らなくてもいいのでは
    総評
    シリーズはまだ続くがここまでの総決算としての圧倒的な物量、詰め込めるだけ詰め込もうという意地を感じた。
    だからといって製作費・期間を倍増させられるわけでもなく、ではどうしたものかという知恵と、ここでやらなきゃいつやる?やってしまえ!という荒業の結晶ともいえる作品だと感じた。
    とにかくキャラ数、モブ達の作り込み、それぞれのストーリーの量、時系列が進むとモブ達が話すセリフが変わるのがこのシリーズの醍醐味だが、その部分はまぎれもなくシリーズ最高のもの。
    各街だけではなく、その各施設へスムーズに行けるファストトラベルもロード時間も短く、時系列が進みモブ達に変化があれば[NEW]の表記が出るのもシリーズファン心理に特化したは親切設計。
    ストーリーに関しては見たかったシチュエーションは大体あり、結末も3作焦らされた分、ド直球の大団円がキマったと思う。
    そしてこれもシリーズの醍醐味としての一つである次回作への宿題も忘れておらず今度はシリーズ完結へ向けての期待が高まり、新たな舞台となるであろう次回作が今から楽しみでしょうがない。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 5
  • ようやく終わりですね 50
    • 投稿者:gstron(男性/40代)
    • 投稿日:2018/12/14
    良い点
    ・ハッピーエンドである

    物語はハッピーでないとね。ノーマルエンドとトゥルーエンドの2つがあるが、これは2つ用意しなくてもいい気がする。

    ・戦闘バランスがマシになった

    敵の攻撃力がIIIから調整され、一撃でやられるようなことはまずなかった。ボスキャラのSクラフトも体力満タンならまず一撃死はしなかった(ボスキャラの威厳が下がったとも言えるが)。ブレイクによる敵の遅延も少なめになり、ブレイク後に加速系オーダーでタコ殴り→そのまま終了 という展開も控えめに。とはいえ、序盤は苦しいが進むにつれて装備が充実してくると楽勝になりすぎるところは相変わらずか。

    ・移動が楽になった

    昔は移動できなかった、民家などもすべて瞬間移動の対象となった。また、セリフや状況に変化があったりした地域はNEWと表記されて見回りしやすくなった(完璧ではないが・・・)

    ・ユウナが割といいこと言ってくれる

    割とプレイヤーが思ってそうなことを代弁してくれる

    ・マクバーンや結社の素性、ゼムリア大陸の謎がある程度見えてきた

    ある程度で止めちゃうのがファルコムクオリティなわけだけどね・・・
    続きを作るのでこれ以上は勘弁してって感じで寸止め

    ・アルティナがかわいい

    もうメインヒロインですねこれは。

    ・リィンの立ち姿にバリエーションが

    IIIでは相手が目上でも片手を腰に当てたちょっとかっこつけたポーズだったのだが
    両手を後ろに組んだ「休め」のポーズが追加されていた。IIIの感想で悪い点として挙げた点が修正されていたので嬉しかった。

    ・コンフィグで、Rボタンを押せば走ると歩くを切り替えることができる

    デフォルトだとRボタンを押してる間だけ走るようになっている。フィールドが広いため7割がた走ってるのでこういう変更ができるのは嬉しい。でもこっちをデフォにすべきだと思います・・・
    悪い点
    ・メインのストーリーがいまいち

    7つの騎神同士がつぶしあい一つになることで至宝復活という話(聖○戦争かな?)になるが、どうにもワンパターンという感じ。みなさまの動機の説明から入り、バトルして次へ。しかもすべて主人公が倒すのでワンパターンな印象が強まる。バトルロイヤル的な設定なのにね。

    また場を暖めないとイカンというのでロボ戦の前に人間で戦闘するということになっている。過去の出来事を知るための施設を使うときにも同じような理由で戦闘がある。戦わせるためだけに設定を作ってる感じで、無理矢理感が否めない。

    意味深な感じで敵対していたキャラや組織が実は大した理由なかった、みたいなパターンが散見される。黒月とかアリサママとかヒューゴとか。レクターもか。とくに空3rdから意味深に暗躍していたレクターがたいした見せ場もなく脇役で終わったのには失望した。黒月のメガネもそうだが、すべてお見通しという感じでいるくせに何も出来ずに流されてるだけなのは無能感溢れる。

    オズボーンもいつのまにか脳筋な感じになってたし、ミュゼの策も単なる真正面ガチンコ勝負だったし、賢い系のキャラを使いこなせていない感じがする。

    賢い系出しすぎってのもある。一人が出し抜いたら他のやつは出し抜かれた間抜けということになるわけで有能っぽい無能が無駄に増える。

    ・序盤リィンを閉じ込めてたのはなんだったのか

    解放しないと相克できないしあれ意味あったんだろうか

    ・終盤出てきた幻想機動要塞がたんなるラスダンだった

    なんかすごいとこ見せてくれ。不気味なだけの単なる迷宮だった。

    ・無理してサブクエを入れてる

    世界大戦間近というこの状況下でも、お尋ね者集団たる主人公たちに端末を通じてお仕事の依頼がある。仲間関係からの相談ならともかく全然関係ないのもある。サブクエは遊撃士だったから世界観にマッチしてたのであって、無理して入れるもんではないと思う。せめて端末からの依頼はやめて、隠しクエみたいに話を聞いてるうちに助けようか、という流れにしてほしい

    ・ロード時間が少々長いところがある

    たぶんオブジェクトが多いシーンだと長い。そんでそういう場面って盛り上がるべきシーンなのでなんか間が抜ける。イベントではカメラ位置動かせないんだからそこは動画にして収録しとけよと思う。容量余ってるし。

    ・全員と会話しないと話が進まないところがある

    前作のパーティーシーンでもあったが全員と会話しないと次に進めないところがある。だったら自動で全員と会話してくれませんかね?

    ・人数多すぎ問題

    たまに自嘲してるシーンもあるがお尋ね者集団が大勢でぞろぞろ町中に入っていったりするところは間抜けにしか見えない。実際に操るのは4人だが場合によっては10人以上引き連れてボスと対面したりして敵が可哀想な気すらする。

    リベールやクロスベル関係者も全員絡めさせて壮大な話にしたろ! と思ったかどうかは知らないがいろいろ出しすぎて話の焦点がボケてる感じがする。直接出てこないキャラ(アリオスとかリーシャとか)も今どうなってるのか知りたいでしょ? ってばかりにたまに動向の説明が入るが、なんかとってつけた感じで全然満足できない。イリアさんとか近くの村にいるはずなのに会えず、話には割と出てくるちぐはぐさ。

    ・冗長な演出

    閃の軌跡シリーズ全体に言える話だけど相変わらず。ちょっと目線を交わし合うだけでいいだろってところに律儀にうなずきあうシーンとか入れたりしてる。それに加えて人数が多いため余計長い。

    とくに死んだと思われていた(プレイヤーは誰もそう思っちゃいなかったろうが)キャラがさっそうと(?)再登場したところは各人の驚きをいちいち表現しようとしたためか5分くらいかかってた気がする。あれだけ時間かかってたら仮に死亡したと思ってても驚く気が失せそう。

    ・イベント戦闘シーンがしょっぱい

    大戦争ってことで空中でいろいろ入り乱れて戦ったりしたりするのだが、どうも一昔の3Dシューティングゲームみたいな演出で盛り下がる。空の軌跡でのグロリアスvsアルセイユ戦のころの重力や空気抵抗、慣性を感じさせる挙動のかっこよさを取り戻してほしい。

    ・騎神戦

    相変わらずである。これで最後だと思うと嬉しい。

    ・バグあり

    リィンのクラフトで強化されるが3ターン後暴走するものがあるが、メンバーチェンジすると控えにいて暴走状態になってることがある。暴走状態だとメンバーチェンジできず、控えだと治す手段もないため某ボス戦で詰む。

    ・トゥルーエンドはノーマルエンドを見たあとでないと見れない

    ノーマルエンドを見たあとでないと分岐選択肢が出ない。めんどくさい。別にノーマル見たあとじゃないとイカンって感じの内容でもないし。

    ・これより○○の攻略を開始する! おう!

    零/碧の頃から気になってたが、こういう演出って需要があるんだろうか? 正直ダサさしか感じない。

    ・いろんな情報が出てきたな 考えるのはあとからにして今は集中しよう! おう!

    そのあとがないのでそれっきり。伏線ばらまいとこ! って感じですかね。すっきり感を減らしに行くスタイル。

    ・告られたのに好感度MAXじゃない・・・だと・・・?

    些細な話だけど違和感あったので(笑)

    ・ミュラーのモデリングがおかしい

    もっとキリッとした感じの、いかつい系の漢だったと思うのだが弱そうな青年に見える。本校生のフリッツっぽい感じでよかったのではないか

    ・クロスベル独立運動、またエピローグで適当に流される

    やる気ないならもう触れるな

    ・お尋ね者の分校生たち、制服姿のまま巷に潜伏する

    私服のモデリングが面倒なんだろうけどアホかと思った。主要キャラのいろんな衣装を作る労力をそっちに振り分けていただきたい

    ・トールズ生徒たち、列車で移動して潜伏する

    移動ルートが限られすぎてすぐバレるだろ常識的に考えて・・・ 

    ・あやふやのまま終わったところがある

    なんで黒だけあんなに強いのとか贄ってなんだったのとか不死者のなりかたとか
    心臓移植すりゃ助かるやろっていう適当具合とかベリルとかニールセンとか
    聖女がアリオスに人間では勝てないと決まっているかのようだと言われてた理由とか

    ・VM最強設定のキャラがなぜかヴィクター

    そこはカシウスじゃないのか
    総評
    全部で約130時間。

    依頼はすべてこなし、金稼ぎ、セピス稼ぎもけっこうしたので長めにかかってると思うが、中身の割に長い。

    節目に入る魔女の村のダンジョンでの修行とか、明らかに要らんだろっていうものもあって水増し感がある。

    絆イベントや依頼をこなすフェーズと本筋ストーリーのフェーズが分離されており、どちらも同じくらい時間がかかる。これが水増し感の増大につながっている。街の人との会話が軌跡シリーズの面白さでもあるが、本筋の合間に話すぶんで十分なんじゃなかろうか。

    もっとギュッと圧縮して話を作ってくれるといい作品になるのではないかな

    次回はせめて2作で収めてください。1作が理想だけど。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 3 2
  • とりあえず終わった。 30
    • 投稿者:たけ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/12/14
    良い点
    閃の軌跡シリーズが完結し、空から続く因縁にも決着がつきました。
    条件を満たすと真のエンディングもあり、文字通りの大団円を迎えられます。
    やっと、七組が「全員」揃います。今までの戦いの数々は必ず、欠員が出ていた状態でした。
    だから、完全には勝てなかった。
    しかし、今回は別です。七組が全員揃っているので、どんな困難も
    「だからどうした」と乗り越えられます。絆の強さを感じる今作でした。
    悪い点
    言うまでもなくシナリオの流れ。
    2の焼き直しばかりか、最後の展開は東京ザナドゥ。
    正直、ユーザーを馬鹿にしているとしか思えない展開の数々。
    テキストのレベルも低く、お馴染みの「あ……」や「ぁ……」、「黒歴史」挙句の果てには
    「チート」といったフザケた言葉まで出てきます。これはもはや「なろう系」に
    侵食されているとしか思えない。ファンタジーものの世界には、それに相応しい語彙があります。
    テキストの統一がされていないから陳腐に感じ、焼き直しを二番煎じでしか楽しめない。
    言葉の選び方一つで、焼き直しでも十分楽しめたはずなのに。
    ストーリーRPGを謳っているなら、それに相応しいシナリオを書いて欲しい。
    これでは「なろう系RPG」です。ライターは「物語の作り方」を勉強して欲しいですね。
    総評
    悪い点しか目立ちませんでしたが、このシリーズで「閃」シリーズが終わりました。
    テキストは数年リリースされたゲームの中でワーストですが、次のシリーズの助走だと思うことにします。
    そうでも思わなければ、とてもではありませんがシリーズを追いかける気にはなれません。
    次シリーズからはライターを変えて、心機一転で臨んでほしいと思います。
    堅実・良作・そして高品質の音楽が売りなんですから。トレンドに流されすぎず、
    メーカーのいいところを押し出してほしい。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 5 3 2
  • 全部報われた。 90
    • 投稿者:panda(男性/20代)
    • 投稿日:2018/12/02
    良い点
    ・閃の軌跡が完結した

    ・軌跡シリーズ全体でも大きい区切り(終わったわけではない)

    ・絆イベントがその後の展開に(すこしだけ)影響を与える所。ユーシス、おススメです

    ・シリーズ全体から大量の参戦キャラ

    ・戦闘バランスが前作靴ら大幅改善

    ・音楽(特にダンジョン系が個人的に◎)

    ・ストーリー (終盤と大団円が特によかった)
    悪い点
    ・前作からだが、各キャラの言い回し。同じ言葉を繰り返し使う

    ・演出。楽曲は良いが、中盤似たような展開で同じ音楽を使うことが多発する。剣戟怒涛、テメーだよ

    ・同様に演出面。各ボスキャラとは戦う前後で会話をするが、余りに動きがない。

    ・結局帝国全体は回れないで終わる。行動範囲は靴箸曚榮韻言沼Δ里

    ・少数かつ地味ながらバグあり
    総評
     ここ数年の閃の軌跡シリーズ作ラストで味わってきたモヤモヤを全て吹き飛ばす大団円を迎えた本作。 (ややネタバレながら言っておくと真エンドのこと)

     シリーズでの主要キャラを随所に登場させ、主人公同士での絡みもあるなどシリーズを経験するほど楽しさが増す。
     当然ながら初見にはかなり厳しい。最低でも閃の軌跡は全部やってないとこの楽しさは恐らく半分以下。ゲーム中タイトル画面であらすじを確認できるがそれも閃シリーズのみなので。

     そしてこのシリーズの長さによる登場キャラの多さはそのまま各人の描写を薄くしている原因。長く続く作品の宿命だが、因縁の敵などいないキャラは終盤やや空気化してしまっている。敵以外の関係者は多いが、そこまで見る人は果たしてどれだけいるのか。

     戦闘バランスは前作と比べてかなり改善された印象。簡単にハメられた靴醗曚覆蝓▲屮譽ぅするタイミングなど考慮しないとすぐ復帰されるため、戦術を考える甲斐がある。ザコ戦はやりようによってはいくらでも簡略化できる一方で、ボス戦はちゃんと苦戦させられるようになっている。

     楽曲は靴らの使いまわしもあるが、フィールド・ダンジョンでの曲は新曲もありどれも大変良い。予約特典のミニサントラで言うと”シンクロニシティ#23”など良いです。マジで。

     惜しむらくは演出。
     前作でも指摘したが、「〜のためにも!」と「……あ/ぁ…」の多様は健在。特に前半部。後半ではかなり抑えられているが、その代わり各キャラのセリフの癖が強化された印象。アッシュ”パイセン”、おめーはいつの人間だ。
     敵との戦闘前後の会話もずっと棒立ちで気になる。人数多いだけに傍から見ると異常。空SCのヨシュアVSレーヴェ一騎打ちのような展開だってできたはず。
     展開そのものも展開ごとの曲選びもなんだかワンパターンで飽きる。序・中盤に顕著。
     今作の戦闘バランスは上に書いたようにそれなりに適正には感じたものの、前作までのゲームと設定の噛み合いの悪さで、敵のストーリー中での重さが感じられないこともままあった。

     全体のゲーム性も指摘したい。中盤見回りということでかなりの行動範囲が開放されるが、本当に一気に解放されるので、なんとなく疲労を覚える。
     ただ各地点で新しい会話など発生するとファストトラベルマップに「new」と表示される。かなりの精度のため、やりこみたい人にも便利な機能になっている。
     それでもストーリーをとにかく先に進めるというのでなければ、かなりのボリュームになってしまうため、胸やけを起こす人がいそうだ。

     総じてこれまでの積み重ねが良い面悪い面両方に作用した評価し難い作品。シリーズをやっていれば高得点をつけられるわけでもない。



     ――それでも、俺は最後の大団円で涙した。
     本当に全部報われたと思った。

     ただひたすらに、前に
     シリーズを追い続けてよかったと、それがこのゲームの一番の感想だ。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 5
  • 閃の軌跡は軌跡の負債を押しつけられてしまったゲーム 20
    • 投稿者:瀬川さん(男性/20代)
    • 投稿日:2018/11/04
    良い点
    ・アルティナのキャラ造形があまりにもよかった

     元は敵→ほぼ闇落ちしてたときに唯一寄り添ってくれた相手→そのうち関係性が変化していき……。という敵方初出ヒロインとしてはあまりによかった。

    ・というかセリーヌといいロリ枠があまりにもよかった。

    ・3〜4でグラフィックが異様に進化していたこと。まだ他の会社のPS3ちょい越えくらいだがこれでしょぼく感じるならまず自分を疑うべきレベルにはなっている。

    ・パ○ツでキャラクターを表現しているのはあまりにも天才。

    ・シャーリィと皇子の身分差コンビなどキャラの関係性は相変わらずうまい。

    ・ゼムリア大陸編が完結したこと。

    ・相変わらずBGMが秀逸なこと。

    ・声優が豪華なこと。

    ・かつてのキャラたちを新規グラフィックで見られたこと。

    ・クロスベルの顛末が一応見られたこと。一応……。

    ・スケールが大きかったこと。

    ・今までと違い、任意のキャラ以外とも恋人になれること。
     添い遂げるヒロインが固定されてるのも物語としていいが、ユーザーが介入できる近代のゲームでヒロイン数を少なくするべきという発想は正直10年以上昔のものであろう。

    ・ロリババアありがとう
     テンプレキャラかと思いきや完成度が高かったローゼリア様ありがとう。
     野菜を食べられないロリババアありがとう。
     大人に戻ったら食べられるようになるのありがとう。
     お酒で酔いつぶれたときに肝臓の年齢を言い訳にするの本当にありがとう。
     孫に頭が上がらないの本当にありがとう。
     でも孫たちにはなんだかんだ愛されてるの本当にありがとう。

    ・セリーヌはもっと長い間いちゃコラしたい相手だった。
    悪い点
    ・バランス調整が下手すぎて前作の利点をすべて消している
     →太刀風の陣が調整され、そのうえで強化クエストをやろう! といってくるのは控えめにいってもなにを考えているのかわからない。
    レベル99になったぞ! と思ったらレベル50くらいにされて「さあここから改めて頑張ればレベル100になるぞ!」といってくるのと同じレベル。

    ・不要な、表面だけをなぞったシステムが多すぎる。
     →釣りなどのミニゲームが不要。目の前に敵がいるストーリーシーンでさえ実行できる意味がわからない。FF15など他社作品に釣りがはいっている意味をよく考えてほしい。

    ・登場人物が多すぎてだいたいがただの背景。
     →こんなことになるならでない方がよかったのではないか。特にリィンの物語に終始しすぎて、まわりがリィンをもり立てるその他大勢のひとりにしかなっていないのは、3で新七組などの成長を見ていた身としては意味がわからない。

    ・長すぎるプレイ時間
     →大ボリュームといえば聞こえは良いが実態は煩雑な収集要素や薄められたカルピスのようなストーリーが原因である。

    ・ストレスしか溜まらないストーリー
     →呪いなどの理不尽感を演出したいのはわかるがプレイ時間がかかりすぎ、かつユーザーがストレスを発散するタイミングがない。典型的なやりたいことをおしつけてる感じがして、思想にストーリーが振り回されている。
      ゲームストーリーではなく、小説や漫画などの媒体でやるべきタイプでは?

    ・しかも戦闘前にキャラたちが敵を論破してしまう
     →なんのために自分たちは彼らと戦うのですか? もう心境に変化があったら戦闘を挟む意味はないですよね。ユーザーの行動で結果が変わるのがゲームでしょ……。
      まあこれはJRPGあるあるですけど、これから挑戦する敵に対して集団で論破して株を下げるとか誰が喜ぶのでしょうか。しかもこっちな十何人といるからシュール。

    ・空気なキャラに救済を
     →マキウスとエリオットは毎作宿敵もおらず突っ立ってるだけとかなんのためにいたのか?

    ・設定に振り回されすぎている
     →設定消化に振り回されてるので、ずっと出てきた敵と決着はつかず、そのくせ散々倒してきた敵に今更のように「ついに越えたか……」といわれ白ける。貴方たち散々ノーダメでボコられてましたよね?
     →設定上ここで倒されるわけにはいかない敵は色々意味深だったりおちょくることをいって逃げていくのでいちいち展開に水を差される。

    ・だらだらと間延びしたストーリーなのに終盤はナレーションで話が進行するなどガバガバ。

    ・大陸以外の知識がないのに「大気圏」など宇宙用語がでてくるあたりに技術レベルの不統一さというガバガバ感が設定を売りにしてるわりにお粗末。

    ・長い間プレイアブルだったのに結局言い訳がましい欠点しかないリィンという共感性も好意も抱けない主人公。
     →いや、悪いやつではないんです。単純に魅力がないんです。不幸な境遇になりまくるけど家、女、金、経歴、すべてに恵まれて、まわりに持ち上げられても「そこまでいうほどでは……」と謙遜するのがライターの言い訳に聞こえる。致命的な欠点も飛び抜けた特色もない、汎用的、テンプレ的、物語の主役を張る必然性のない醤油キャラ。
      もっとも、こういうキャラにせざる得なかった理由はわかる。そちらは総評に譲るが、それはそれとしてやはり魅力はない。

    ・キャラデザインが申し訳ないがRPGのメインを張るには足りない。過去作キャラのモデルと並んだときのデザイン力に差がありすぎる(でもロリ系の完成度は何故か頭一つ抜けてる)
     イースvsとかの頃に比べたらずいぶん上手くなってるのは素直に賞賛したいんですが、特色がないただそこそこ上手いだけの絵なのが残念です。フェチが感じない……※ただしロリを除く。

    ・後半ステータスが固定になるなどプレイの意味を喪失する。
     →ふつうそれまでレベルあげてきたキャラがいきなりステータス固定になるとかおかしくない!? RPGがなんで戦闘して強くなってラスボスにたどりつくかわかってる!?
      ザコ戦、するだけ嫌になります……。

    ・中途半端にスラングを取り込んだ古くさい文章
     要するにおじさんが若者言葉を取り入れるけど単語をいれてるだけなのでおっさんくささがぬぐえないとかそういうやつです。チートとか黒歴史とか半端に若者言葉をいれているのに文章は古いので統一感がなく、寒い。
     決めのシーンで「応ッ!」「総員、いくぞ!」などの名乗り向上とかむずがゆくなります。
     呼びかけとか号令は好きなんですが……若者言葉を使う子たちがいきなり決めシーンでおっさんくさくなるのが違和感ばりばりです。
     碧くらいのときまでは気になってなかったので、帝国の古めかしい口調含めてきつかったです。武人系の「○○するがよい!」とか……。
     ※なおババアキャラを除く。
    総評
    悪いところを書き出したら1万文字になりました。
    ふつうに書き切れません。
    なので良い点と悪い点に抜粋しました。
    ここから頑張って短くします。

    まず閃の軌跡というのは軌跡シリーズの負債を背負わされた作品だ。
    これまでの作品が面白かったのはキャラと、それに伴ったストーリーが展開されていたからだ。
    キャラの因縁とストーリー上の達成条件も同一線上にあり、話は面白いしキャラもエモかった。
    だが閃の軌跡はそうではない。

    完結に向けて設定を消化するためにキャラたちはストーリーという本筋に干渉できず因縁だけを空虚に解決する話になってしまった。

    その結果、彼らの行動はなにひとつとしてストーリーの解決に寄与しない。すべて敵の手のひらの上でラストまで進んでしまう。

    そのため、本当にカタルシスがない。
    キャラは全員、設定の奴隷なのだ。
    しかし、ひとりだけ例外がいる。リィンである。
    彼以外が奴隷で、彼以外は彼の物語を彩る書き割りでしかない。
    3で描かれた新七組の成長も、4でリィンが操作キャラとなった瞬間に「彼の教え子」という役割に押し込められてしまう。
    彼らがリィンに影響を与える事もある。人の絆がリィンを最終的なところで持っていくストーリーである。
    だがそれらがすべて、リィンによる負債をまわりが肩代わりしているようにしかみえない。
    だってリィンは最後まで、何も変わらない。自己犠牲も無茶も。まわりが負担してようやく戻ってくるのだ。
    オマエは300時間もRPGとして冒険してきてなにを学んだのだ?

    Web小説ライクな無個性万能主人公が完結作の主人公になるのは当然だ。
    世界を救うソーシャルゲームで主人公が無個性なのも、TOX2でルドガーが無個性なのも当然だ。もしこれが個性がつよいキャラだったら、過去作の主人公たちが彼の前座になるからだ。
    しかしリィンは、完璧すぎる。そして、普通に良い奴すぎる。
    それを補うための欠点が、致命的な瑕疵ではなく……つまり、ただの言い訳なのだ。

    このゲームの台詞も理由付けも回りくどい。台詞がおおい。これは、「シンプルな論理」を提示できていないからに他ならない。
    このゲームは設定を消化するためにキャラがこういう扱いや行動をとる言い訳を重ね続けたタイトルだ。

    負債を押しつけられてかわいそうという心と、よくも過去作含めて台無しにしやがって。
    ふたつの気持ちが同居している。

    良いところだってある。なのにそれが十全に発揮されないこの作品……。
    3は間違いなくよかった。なのに4では2以下の話になってしまった。自分は気持ちをどこにぶつければいい?

    最後まで救いを求めて遊んだが、そんなものはどこにもなかった。
    ただ、リィンという存在が後続のストーリーにとって癌になるだろうということしか自分には残っていない。
    彼はあまりに影響力が強くなりすぎた。ゼムリア大陸の話は、もはや作れないだろう。
    あ、ごめんうそ。アルティナちゃんが超絶かわいかったのは心にのこってる。水瀬いのり起用とキャラの書き方が最高だったのはマジでよかったのでロリコン王と勝手に崇めてます。まあだからこそ4で扱いが悪いのはゆるさないんだけど(でも他キャラよりマシだよね……)

    ストーリーのアウトラインをなぞればラスボスとの決戦含めて面白いのだが土壌がガタガタすぎた。
    それが、今の自分には本当に悔しいゲームです。

    次回作を作るでしょうから、自分に言えることはただひとつです。
    お願いだから、手放しで面白かったとレビューできる、そんな作品にもう一度してください。ということです。

    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 2 4
  • 完結、お疲れさまでした! 100
    良い点
    空から伏線張っていたエレボニア帝国編が完結した!
    リィンや帝国関連のことがほとんどスッキリした。

    過去作のキャラで全部ではないがプレイアブルが多いのが嬉しかった。

    騎神7体のデザインが良い。

    音楽!過去作からのものも含めて良かった。

    戦闘システム、靴ら改良されてて良かった。

    悪い点
    特にありません。
    総評
    帝国編完結をプレイできて良かったです。
    いままで色々叩かれて、出来る範囲で
    プレイヤーの要望が反映されたものもあったかも。

    全部が呪いのせい、ではないのが良かった。
    明かせる範囲でかなり伏線回収以上に情報が出ましたし、
    結社についてもまたチラ見せしてくれて今後も楽しみ。

    信者なので好意的に見ていると思いますが、
    個人の感想なので好きに言わせてもらうと
    軌跡シリーズの世界観はここまで全くブレてなかったから
    最高です!
    信仰だからか、疑問に思わない枷がハマってるのか
    ほとんどスッキリしたからいいと思ってます。

    エステルの「あんですってぇ〜」が懐かしいのなんのって。
    軌跡シリーズだなぁって感慨に浸ってました。
    もっとプレイアブルだったらと思ったらわがままかしら。
    兇澆燭い癖命佑砲覆譴襯▲セサリーが出たら何周でもしたい。

    技術的なことは他のゲームと比べた感想ではなく、
    軌跡シリーズとして進化し続けていればそれでいいと思っての評価です。

    音楽はいつも大好きです。

    あんまり書くとネタバレだらけになるのでこの程度しか絶賛できないのがもどかしいですが
    空から遊んでいて本当に良かったです。

    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 閃の軌跡シリーズとして期待以上の大団円 80
    • 投稿者:Sono(男性/30代)
    • 投稿日:2018/10/31
    良い点
    ・4作続いたシリーズをきっちりと終わらせていたこと
    ・シリーズ最多のパーティーキャラ数は圧巻
    ・倍速オート戦闘、イベントスキップ等の利便性の高いシステム
    ・OPアニメは歌も含めて今までで一番見応えがあった
    悪い点
    ・シリーズ4作は長すぎ(前後編の2作にまとめてほしかった)
    ・中盤はダラダラした締まりのない展開が続いた
    ・ボイス付きイベントが始まると15〜30分ほど見てるだけなのでテンポが悪い
    ・イベントシーンの演出が単調(ボッ立ちで喋ってる場面が多い)
    ・中盤までの展開が閃の軌跡IIと似通っている(IIIはIと似通っていた)
    ・今作中でも似たような展開が繰り返されて飽きる
    ・パーティーの入れ替えが多くて装備の入れ替えが面倒
    総評
     閃の軌跡シリーズとして期待以上の大団円を迎えてくれたことが何よりも良かった。プレイ中は文句ばっかり言ってたけどEDが良すぎた。スタッフロールのイラストで今回出番のなかったキャラも含めて軌跡シリーズ勢揃いは感動。
     そんな中でも次回作への伏線もきっちり入ってたので、文句言いつつもまだついていこうかな。

    ・グラフィックス 3点
     前作、閃の軌跡IIIと変わらず。次回作はもうちょっと頑張ってほしい。

    ・サウンド 3点
     OP、EDの歌は良かった。今作の新作BGMはあまり印象に残らなかった。

    ・快適さ 4点
     倍速オート戦闘とイベントスキップが使いやすかった。難易度VERY EASYだとサクサク進むのもありがたかったです。

    ・熱中度/ストーリー 4点
     終盤の怒涛の展開からのEDが何より良かった。中盤の展開とイベントシーンのテンポの悪さは改善してほしい。

    ・ボリューム 4点
     クリアまで65時間程度。もっとテンポよく短くまとめてほしいけれど、終盤の過剰なまでのボリュームが魅力でもあるので痛し痒し。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 4 4
  • 戦闘面は良くなったもののストーリーRPGとしては残念 55
    • 投稿者:クオレ(男性/30代)
    • 投稿日:2018/10/25
    良い点
    戦闘バランスが見直されたのか4よりも一方的な戦闘にはなり辛く
    BPを溜められる総数が5から7になってよりオーダーなどを使い易くなった
    コマンド式としては面白味のある凝ったシステムなため強敵相手は断然楽しい
    またマスタークオーツがサブの場合に限り装備数の制限がなくなったおかげで
    前よりもカスタマイズの自由度が上がっている


    相変わらず一部の箇所を除きロードが早く
    何処へでもファストトラベル可能なため移動によってテンポが阻害されない

    過去作主人公が出てくるのはシリーズをプレイした者にとっては感慨深い
    エステルやロイド達が現在のグラフィックで表現されたのには意味があった

    ゲーム内衣装もそれなりに多く無料DLCで3の衣装があったりするのは有難い

    ボリュームはかなり多め3も相当な時間が掛かったが今作も変わらず時間が掛かる
    コンプなども目的とするなら3以上に相当な時間を遊び込めるだろう
    またミニゲームにぽむっとが追加されたり3では弱かったVMのNPC達が
    戦略的な行動を取るようになったためやりごたえがある
    悪い点
    いつもの事であるが全体的なシステム面での変化は乏しい
    キャラクターが多く登場し一度に使えるPTキャラが増えたため
    オーブメントによるカスタマイズがかなり面倒になった
    試練の箱や複数PTで動く場合に普段使わないキャラの調整に時間が掛かる
    それとゲストキャラのオーブメントやアクセを変えられないのが地味に痛い

    ストーリーがとにかくワンパターン、2をなぞったようなシナリオに
    いつもお約束のピンチ助っ人、敵として対峙したキャラが直ぐにほだされたり
    実は試すために待ち構えていたなど幾度となく同じ展開が続くのでいい加減辛かった
    王道と言えば聞こえは良いが演出と展開が毎回同じなのと王道は違うと思う
    こうなるんでしょ?と分かってる展開でも盛り上げてくれるのが王道であって
    同じ展開をただ連続する事はお粗末でセンスのないシナリオだ

    クエストが似たり寄ったり、あえてなのかもしれないが過去作と似たような物が多く感じる

    相変わらず変えられる髪色がキャラ固定、髪型が衣装依存
    着飾らせることが目的なら髪色や髪型くらい自由にしたい

    これもいつもの事だがやはりボイス量が多いとは言えない
    出てきた1キャラのみがボイス有りでそれ以外のキャラはボイス無しや
    ついさっきまでボイス付きだった物が途端になくなるなど違和感がある

    独特なテキスト、よく言われるがやたら普段使わない言葉を使ったり
    あ…のような物などが多い
    個人的に特に気になったのは会話の初めに はは、ハッ、フフ、のような
    笑い声を何度も入れている点、どのキャラも使うため物凄い違和感がある
    総評
    ストーリーRPGとして閃の軌跡は4作も出たが
    今までは長くて3作しかもうち1作はファンディスク的な物で
    本編は2作で収めていたからこそ多少ワンパターンな展開があっても
    自分の中で気にならない部分があったと思う
    だが今回は4作も続いた上で3、4が1と2をなぞるようなシナリオが続き
    そのワンパターンな展開に途中で飽きてしまった
    特に閃の軌跡は強い相手が本気を出そうとして助っ人や他の邪魔が入るなど
    軌跡シリーズの中でも一際ワンパターンな展開が目立っていたけども
    ライターの限界なら軌跡シリーズを買うのも最後かもしれない
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 4 1 4
  • ラノベRPG 30
    • 投稿者:neruneru(男性/30代)
    • 投稿日:2018/10/24
    良い点
    2013年から続いたリィンの物語が完結した事。
    悪い点
    ストーリーの展開がワンパターン
    ハーレムラノベの様な女性関係
    進化しないグラフィック
    進行不能バグあり
    総評
    ストーリー進行中、「敵<ここは通さないぞ!→後ろから、もしくは頭上から主人公の関係者達がここは任せろ、先に行け!」が多すぎ。
    敵を倒しきれない場合多すぎ、悪党なら殺しきっても良かったのでは?中途半端にギャグが入ったりして苛立ちを感じる。
    後、なんでも呪いの所為にし過ぎ。

    同期も、教え子も、かつての先生すら恋愛関係にする内容に驚愕の一言。
    RPGのヒロインは一人か二人で十分です。このゲームはRPGでADVじゃないです。

    グラフィックはもうちょっと頑張って欲しかった。

    初の機甲兵戦にて2連戦の2回目突入時にユウナが戦闘不能状態で突入し、ドラッケン召喚しろと画面が表示されるが戦闘不能のため召喚出来ず。勿論蘇生等も実行できず。ゲーム終了しました。他にもいくつかあります。

    豪華声優陣を使用した、ライトノベル風RPGと表現をした方が良さそうです。




    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 3 1 3
  • ミシュラムワンダーランド良かった 80
    良い点
    まずは、システム、BGM、全てにおいて、かなり良い!
    悪い点
    悪い点というなら、たぶん、季節感
    夏真っ盛りなのに、夏服じゃないのは何故?ここおかしいです!
    夏真っ盛りなのだから、水着全員分、あってもいいと思う!
    夏真っ盛りなのだから、水着の鎧、でも良かったはず!
    季節感全くない!
    暑いのか寒いのか、全くわからない!!
    総評
    まあ、全体的にはかなり良いが、どうしても物足りない感があります!
    カレイジャス という飛空艇がありながら、操縦できない点!
    正直、空中戦もあれば、もっとかなり良いゲームだったと思う!
    正直、馬やバイクより、、飛空艇操縦移動が欲しかった!
    そこは言っておく!
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 王道だからこそ楽しめた作品 95
    良い点
    なんと言っても今まで続いてきたリィンのストーリーが完結したこと。
    様々な騎神のデザインがカッコよかったです。
    戦闘は上手く敵を倒すと凄く爽快感があるのでそこをどうするかが楽しめました。
    イベントシーンは後半になるほど盛り上がる部分が多く特に過去の主人公たち等の援軍は個人的には鳥肌が立つ程でした。
    またクリアには80時間もかかるほどボリュームがあり昨今そこまでやれたRPGのゲームは私にはそう無かったのでそこまでやれるほどの魅力はあったと言える作品だと思います。
    悪い点
    過去に比べて進歩はしていますがCGモデルはもう少し頑張って欲しい部分はあるかなと思う。
    キャラが過去最高なので把握しきれないこともたまにありました。
    サブクエのバラエティがそこまで幅が無かったかなと感じることがありました。
    展開の都合上仕方ないのですが帝都をまた色々見て歩きたかったですね。
    総評
    シリーズファンにとってここまでやってきた意味のある完結編でした。
    閃の軌跡においての謎や決着がほとんど明かされ、今までモヤッとした人こそ終わったときの達成感があったと思います。

    軌跡自体は随分と長く続いてきた作品ですが、自分にとっては特に閃の軌跡についての思い入れが強くあり、
    餐箸涼膣屬呂發舛蹐鵑修谿奮阿粒惘爐離ャラや今回は過去の主人公たちが勢揃いしたので、
    それらが集結した際はとても盛り上がる展開が多く手に汗握る場面が多かったです。

    バトルに関しても常にブラッシュアップされ爽快感を出せるようにしてあるので、如何に自分でそう出来るかがやっていて楽しかったですね。
    またロボが好きなので、騎神戦のやりとりで特に終盤の部分は熱くなった部分が多く、戦闘BGMと相まって勝つのが最高でした。

    ストーリーが終わってもあの後どうなったのか、あの時のあのキャラはどうだったのかともう少し見てみたい部分が多かったので
    そこら辺があればなと若干の悔いが残りました。

    最後に4作に渡って長い物語をここまで楽しめた事もそうないので、これからもまた1作目からやり始めて記憶に残したいと思っています。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 5
  • やはりワンパターン 30
    • 投稿者:jad(男性/20代)
    • 投稿日:2018/10/08
    良い点
    ・戦闘のバランスが良い
    オーダーやアーツなどが調整され、戦闘は3よりも楽しめました。

    ・プレイアブルキャラが多く、パーティー構成が多彩
    中盤からは非常に多いプレイアブルキャラから割と自由にパ―ティーを組めるため、構成を考えるのが楽しかったです。

    ・快適さ
    移動メニュー、スキップ、オート戦闘など快適にプレイできるようになりました。

    ・歴代キャラの参戦
    空から碧までの様々なキャラが登場します。パンタグリュエルでの会合はアツい。

    ・音楽が良い
    これは個人差があると思いますが、通常戦闘のBGMや閃1で人気だった「Atrocious raid」や「Belief」などのBGMのアレンジはとても良かったと思います。

    ・ポムっとが楽しい
    悪い点
    ・流れが2の焼き直し
    序盤はエリンを拠点に各地を順に周り、中盤からはメルカバ、カレイジャスで各地の依頼をこなし、最後に巨大ダンジョン攻略して終了…と全体的に展開が2の焼き直しの様だった。


    ・ワンパターンな展開
    各地での展開もワンパターンで、街についたらまず情報収集→なんかダンジョン攻略→ボス戦後にピンチ!→助っ人登場の閃おなじみの展開が繰り返されます。序盤の特異点に杭打つのとか一箇所で良かったのではとか思います。


    ・全体的に茶番臭い
    ミハイル少佐やテレジア&エミリーなど、「私は軍人だからあなたたちとは戦わなくちゃいけない」みたいなこと言っていたのに戦闘に勝つと急に味方になることに激しく違和感を覚えました。ほかにも大事な場面で敵が手加減して「そろそろ本気でいくぞ!」って言ったかと思えば退散したりと、全体的に茶番臭さを感じました。仮にも世界の命運がかかった戦争なんだからもう少しハードな感じでもよかったのでは…。


    ・テキストがあまりに酷い
    これも前作から言われていますが、今作でも「……ぁ……」「…っ……!」「〜というか。」
    「はは、」「ふふ、」「届く」「意気やよし」など、同じような台詞が乱用されています。そのせいでどのキャラの後ろにもライターの存在を感じてしまい、そのキャラが生きて喋っているように感じられませんでした。
    それと個人的には「チート」「(キャラが)ぶれない」「何気に」「付き合う」「(恋愛的な意味での)告白する」などの現代的な言葉が非常に気になりました。
    また、アッシュが突然街の人に向かって丁寧な言葉遣いでしゃべり始めたり、リィンとガイウスの会話でリィンがガイウスの口調でしゃべったりと、明らかにミスといえるような台詞も散見されました。


    ・「絆」の安売り
    強敵との戦闘前後などで毎回学芸会の様にキャラ一人一人が順番に「仲間」だとか「絆」を強調しますが、全く響きませんでした。

    ・恋愛要素の押し付け
    今作のリィン君はクラスメイトや教官、先輩はおろか教え子や義理の妹からも次々と告白されます。キャラが多すぎる弊害だと思いますが、一人一人のキャラにそこまで思い入れが無いのに急に恋愛関係になったりするのでプレイヤー(私)は置いてけぼりをくらったような気分になりました。恋愛イベントを作るにしても3人くらいでよかったのでは…と思います。
    また、ガイウスとリンデ、エリオットとミント、マヤと残念男(名前忘れた)など、仲間同士のカップリングの描写が増えましたが、これも押し付けがましくて不自然に感じました。そんなに仲が発展するような描写もされてないのに急に言われても…って感じでした。
    総評
    今作はボリューム自体は相当なものだったと思います。自分はかなりマラソンするほうというのもあるかもしれませんが、1周目クリアまでに110時間ほどかかりました。しかし内容自体は薄っぺらで、ワンパターンな展開の繰り返しによる水増しされたボリュームなのです。繰り返しを少なくしたら1,2と3,4をまとめて2作で完結させられたと思いますし、そちらのほうがゲームとして面白かったと思います。

    閃での反省点を生かし、次回作は良いものができることを願っています。


    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 1 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月21日〜05月22日