オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[闘会議2018]帰って来た名作ダンスゲーム「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」最新デモ版をプレイしてきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/13 14:32

プレイレポート

[闘会議2018]帰って来た名作ダンスゲーム「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」最新デモ版をプレイしてきた

スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
 千葉・幕張メッセで2月10,11日に開催された「闘会議2018」。そのレトロゲームエリアには,多数の歴史的アーケード筐体や各種ワークショップ,そして定番の巨大コントローラなどが出展されていた。
 その中でも注目を集めていたのが,グランディングが開発している新作VRタイトル「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」の体験デモだ。

 オリジナルの「スペースチャンネル5」は,セガ・エンタープライゼス(当時)から1999年に発売されたドリームキャスト用のミュージカルアクションゲームで,2002年にはPS2でもリリースされている。音楽と映像の美しい同期が心地よい「Rez」でおなじみの,水口哲也氏がプロデュースした作品としても有名だ。

 筆者は2月10日の午後に体験したが,そのときの待ち時間は40分ほどだった。VRタイトルに待ち時間は付き物だが,ドリームキャスト版「スペースチャンネル5」を遊べるコーナーで,モロ星人に苦戦しているうちにあっさりと自分の番となった。

順番を待っている間に,オリジナルの「スペースチャンネル5」をプレイできた。筆者としては15年ぶりに見たドリームキャストだが,新品と見間違うほどきれいな状態だ
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー

プレイヤーはゲームの中で,新人レポーター(女性)に変身。写真はやたらと細い自分の腕などを眺めている様子
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
 プレイの前に,スタッフから指ぬきグローブとVR体験用マスク,そしてA4サイズのマニュアルを手渡された。マニュアルに目を通したら,「Vive Tracker」のゴムバンドに指を通し,「Vive」を装着すれば準備完了だ。

 今回のデモの内容は,先輩レポーターの“うらら”と,モロ星人に襲われたスペースポートをレポートするというもの。レポート中にはモロ星人と戦うことになるが,モロ星人のダンスパターンを記憶して,うまく真似できれば撃退できる。

 ダンスはオリジナル版とほぼ同様で,両腕を上げる「アップ」,その場にしゃがむ「ダウン」,手や身体を左右に動かす「レフト」「ライト」,手を突き出す「チュー」,そして決められた姿勢を取る「ポーズ」で構成されている。ゲーム内では,軽快な四つ打ちのリズムに合わせてうららやモロ星人が踊っているため,ついついこちらも無意識に身体でリズムを取ってしまう。

スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
Let’s ダンス! 黄色く縁取られた鏡に映っているのは変身した筆者と,同時に体験したもう1人のプレイヤーだ
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
チュートリアルでは,うららのモーションを覚えて再現する。最初はゆっくりした動きのため分かりやすいが,後半は徐々に楽曲のテンポが上がり,それと同時にダンスのスピードも上がってくる

 プレイ中は,思った以上に身体を大きく動かさないといけないシーンが多い。例えばビーム攻撃を避けるとき,少し頭を動かすだけでは直撃してしまい,腰から大きく身体を振らないと成功にはならない。そのため回避の「ライト」「レフト」が連続すると,必然的に身体を激しく動かすことになる。

スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー

 それだけでなく,アクションの間に「ポーズ」が挟まったり,チュートリアルにはなかった「頭上で腕をぐるぐる回すモーション」なども中盤から出現するため,とにかく脳に入ってきた情報を身体に伝えるスピードが求められる感覚だ。音楽のテンポもどんどん速まり,さらに激しくなるダンスと共に徐々にトランス状態になって来る。
 ちなみに,その際の外界の姿はこのようになっている。

スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
レフト,ライト。控えめに動いてたつもりが,カメラで捉えきれないほど動き回っている(恐らく,この時はビームを避けている)
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
アップ。皆さんは「勢い良く両腕を突き上げる」というモーションをしたことがあるだろうか。これが連続で続くと,予想以上にいい運動になる

 オリジナル版では,これらのダンスパターンは十字キーの上下左右に割り当てられていたが,本作では「ボタン操作でやっていたアクションを全身で行う」というわけだ。ダンスゲームで実際に身体全身を動かせるというのは,想像よりもはるかに相性がいい。次第にゲーム内のキャラクターと同調している感覚が生じてくる。

 さて,15分ほどの体験が終わってみれば,最初の定位置からはずいぶんと離れたところに立っていた。腕は疲れているし,汗もかいている。同時に体験した一般の方は「疲れましたね!」と言いながらも満足顔だ。筆者はVR酔いに弱いタイプなのだが,本作は場面転換のときはワープ演出で暗転するし,ダンスパートはオリジナル版と違って行進せず立ち位置が固定のため,まったく酔う要素がなく,むしろ動きが伴ったためかプレイ後は気分が良いように感じられた。

ボスであるココ★タピオカをやっつけて,人々の救出に成功!
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー

会場には,うららのfigmaやモロ星人のソフビ人形が展示されていた。モロ星人のソフビは,2月18日に同会場で開催される「ワンダーフェスティバル2018[冬]」で販売される予定だ
スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー

関連記事:[TGS 2016]「スペースチャンネル5 VR ウキウキビューイングショー」プレイレポート。HTC ViveのVR空間に飛び込んで,うららのリポートショーを体感しよう!

「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」公式サイト

  • 関連タイトル:

    スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日