オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Return to Castle Wolfenstein: Enemy Territory公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
90
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Return to Castle Wolfenstein: Enemy Territory

Return to Castle Wolfenstein: Enemy Territory
公式サイト http://games.activision.com/games/wolfenstein/
発売元 Activision
開発元 Splash Damage
発売日 2003/05/29
価格 無料ダウンロード
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
75
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 元祖FPS「RTCW」の続編 FPSゲーマなら絶対に一度プレイすべき作品 95
    • 投稿者:roflsunriz(男性/20代)
    • 投稿日:2009/09/16
    良い点
    ●完全に無料、アイテム課金等は一切無し!
    ●有志が作ったMAPが沢山あるため飽きない!
    ●MOD(雰囲気などを変更できるプログラムみたいな物)の種類も豊富!
    ●日本は勿論、世界中にプレーヤがいる!
    ●動作するパソコンを選ばない!(Vista向けに作られたPCなら確実に動作するでしょう)
    ●FPSゲームがどんなものか簡単に体験できる!

    悪い点
    ●FPSゲームはセンスがないとうまく遊べない(育てられるかもしれないが...)
    ●最新FPSと比較するとグラフィックは劣る
    ●回線がADSLだとMAPのダウンロードの遅さにイライラする
    ●BOTと呼ばれるコンピュータが操作するプレーヤが居るサーバが結構ある
    総評
    良い点が理由です。流石に何年もやると飽きてしまうが短期間でそうそう飽きる事はないと思う。楽しいのでやってみるといいと思う。
    まぁ楽しいか楽しくないかはプレーヤやその腕次第だけどね。
    俺の場合は五年間これのオンラインで遊んでたがサーバも豊富でCPU、初心者向け、エイリアン向け(かなり腕が立つ人のこと)などレヴェル別に自由に入ることができる。
    FPSの金字塔、元祖である「RTCW」の続編。シングルプレーヤの出来がいまいちだったのでオンラインのみ無料公開となった。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 3 5
  • FPSゲーマーを語るならば、絶対に一度プレイするべき名作。 60
    • 投稿者:PresidentMaa(男性/20代)
    • 投稿日:2008/10/07
    良い点
     まず第一にプレイ料金は一切かかりません。元々Retrun to Castle Wolfenstein(RtCW)の拡張として開発されていましたが、シングルプレイの出来があまりよくなく、オンライン版のみ無料でリリースされたという経緯を持ちます。
     このW:ETはチームプレイを主眼に置いたゲームです。プレイヤーは連合と枢軸の2つに分かれ、戦場を駆け巡ります。
     
     マップ毎にある定められた条件をクリアし、敵に勝利することが目的です。
     このゲームにはTeam FortressシリーズやBattle Fieldシリーズのようにクラス制と、XP制というシステムを採用しています。この二つのシステムが、このゲームを面白くしている理由の1つでもあります。
     クラス制というのは、職種毎に定められた特徴の違うキャラクターで戦うシステムを指します。その特徴を生かした戦いをすることが、このゲームでは非常に重要なこととなっています。各職種毎に出来ることが違い、どの職種が欠けても勝利を収めることはできません。プレイヤーは長所を伸ばし、チームメンバーのカバーによって短所を潰す必要があります。
     XP制というのは、経験値の制度です。基本的な野鯖では、六マップで一セットでゲームが構成されています。最初の時点では各自の経験値は0ですが、ゲームを進めて戦果をあげるにつれ経験値を獲得し、能力値がアップしたり使える武器が増えたりします。後半になるとお互いの能力もアップして、激しい戦闘が繰り広げられるようになるのです。こうした経験値もサーバーがリスタートされると初期化されるので、初めて参加する人でも不利が出ることはありません。
     またスポーツ系のような動きをするので、スピード感もあり、激しい戦いが展開されるのです。

     ユーザーにより作成されたマップやスキンも数多くあり、幾らでも遊んだことの無いマップを楽しむことができることと思われます。
     またMODのTrue Combat : Eliteというゲームも非常に優秀なゲームです。スポーツ系であるW:ETとはまったく違い、Call of Dutyのようなリアル系のゲームで、一味違ったゲームを楽しむことが可能です。こちらのほうには詳細な日本語解説サイトがありますので、導入も非常に簡単かと思われます。
    悪い点
     このゲームの悪い点ですが、一切日本語化がなされてないところと、インストールが若干複雑というところでしょうか。また前述の通り独自のシステムが多いので、それに慣れるまでは大変かもしれません。
     ゲーム全てが英語ですが、解説のwikiもありますし、困難な英語を必要としません。中学卒業程度の英語が分かれば問題ないと思います。
     インストール手順は複雑ですが、同様に解説の手順に従えば難しいことはないかと思います。
     また最新のゲームに比べると若干グラフィックの質は劣りますが、そのおかげもあって低スペックのパソコンでもFPSが出ます。
     
    総評
     MOFPSをメインにプレイしている人がよく言う「無料だから仕方が無い」がまるっきり言い訳にすぎないことを痛感できるゲームです。そういったゲームに月数千円を課金する前に、もっと広くFPSを知って欲しい。
     一時期に比べるとプレイヤーの人数は減りましたが、それでもまだ結構な数の人が居ます。
     タイトルの通り「FPSゲーマーを語るならば、絶対に一度プレイするべき名作」です。
     Auf wiedersehen.
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 5 5 5
  • 世界で人気の無料FPS 70
    • 投稿者:さぶゐぼ(男性/30代)
    • 投稿日:2008/10/04
    良い点
    無料ではなかなか無いクオリティ
    サーバーもそこそこ有り世界的に未だ現役のゲーム
    悪い点
    グラフィック面での物足りなさ
    銃弾の軌道などかなり大味
    総評
    元々有料だったものなので作りも良くかなり遊べる
    ただ昔のゲームなのでグラフィック等色んな部分での陰りは隠せない
    スキンのカスタムもでき大人数でワイワイ遊ぶとかなり楽しいゲーム
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 3 3 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月22日〜01月23日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月